無料見積受付中!
地域最安値をお約束

解体のことなら何でもご相談下さい!(平日10時~19時)

050-5267-8480

解体のことなら何でもご相談下さい!(平日10時~19時)

友だち追加

港区の解体工事を巡る状況

港区は、現在各地で解体工事が行われています。東京オリンピックを視野に入れた解体工事だけでなく、災害に強い地域としての整備計画が進行しているため、今後も空き家・建て替え建物に対する解体工事が推進していくことが期待されています。

港区で解体工事を依頼すると、どの程度のコストがかかるのでしょうか。また解体工事を行う際に助成金を受けることができるのでしょうか。港区の解体工事事情について解説しましょう。

港区の解体工事費の相場(平均坪単価)

港区で解体工事を依頼する際、費用はどの程度かかるのでしょうか。港区の解体工事にかかる費用について、「木造住宅」「鉄骨造」「RC造」の3種類に分類し平均単価をご紹介します。

木造の解体費用相場

木造の解体費用の相場は次の通りです。

坪数 坪単価
10〜19坪 5.6万円
20〜29坪 4.4万円
30~39坪 4.0万円
40~49坪 3.8万円
50~59坪 3.6万円

最も高い木造住宅で10〜19坪あたり5.6万円、最も安いのは50~59坪で3.6万円です。港区は木造密集地帯が比較的少ないため、他の区に比べて木造の解体工事が多くないという特徴があります。
しかし、その一方で解体工事費用が安いというわけではありません。

港区には道路幅が狭く解体工事を行う際に必要なトラックや重機の導線を確保することが難しいエリアもあるため、場合によっては解体工事を行う際に重機を扱うのではなく職人さんの手によって解体工事を進めなければならない地域も存在します。

このような現場で解体工事を依頼すると、工期が想定よりも長くなり現場によっては警備員、職人を雇う必要があるため費用が必然的に高くなることが考えられます。また、港区の高級住宅街と呼ばれる地域では近隣住民によるクレームが考えられるため、解体工事を行う際は近隣住民への配慮を行う必要が出てくるのです。

しかし、解体工事費用は助成金制度を利用すれば抑えることが可能です。対象となる住宅ですが、個人住宅・木造2階建以下・昭和56年以前に建てられているという条件を満たすことができれば、最大100万円の助成金を受け取ることができるので、解体工事を依頼する際は、該当する住宅の状態を見極めてから工事を依頼するようにしましょう。

鉄骨造の解体費用相場

鉄骨造の解体工事の費用相場を紹介していきましょう。

坪数 坪単価
10〜19坪 5.6万円
20〜29坪 5.1万円
30~39坪 4.8万円
40~49坪 4.6万円
50~59坪 4.3万円

木造と比較をしても、解体工事費用が高くなっていることがわかります。10〜19坪の解体現場では、1坪あたり5.6万円、50〜59坪の解体現場になると4.3万円です。1坪あたりの単価が最も安くても4.3万円程度必要になるので、木造住宅の現場よりも必然的にコストが高くなることが予想されます。

鉄骨造といっても、マンションに使用されている重量鉄骨と、戸建住宅で使用されている軽量鉄骨では使用する重機や解体の方法が異なります。費用も大きく変化するので、依頼をする際はどちらの鉄骨造かを伝えた上で費用を相談することがオススメです。

鉄骨造の解体現場では、廃材を有価物として売却することも可能です。廃材の中には鉄くずなどを売却することでお金に変えることが可能で、換金した分を解体工事の費用に充てることもあります。どの程度の費用になるかは解体現場によって異なりますが、この制度を利用しない手はありません。

しかし、業者の中にはこの制度があることを依頼者に伝えずに解体工事を行なってしまう業者もあるので、依頼を行なった際に、有価償却についてどのようにするのか検討するようにするとコストを安く抑えることが期待できます。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 7.9万円
20〜29坪 7.2万円
30~39坪 6.8万円
40~49坪 6.5万円
50~59坪 6.3万円

RC造の解体現場は他の建物に比べて解体工事の難易度が高いためコストも高くなることが考えられます。10~19坪のRC造で坪単価7.9万円、50〜59坪の建物で坪単価6.3万円なので、他の工事に比べるとその価格が高いということがわかります。

RC造では、コンクリートと廃材をリサイクル必要があるだけでなく、どのあたり鉄柱が埋め込まれているのかを細かく調べながら解体工事を行わなければなりません。RC造の建物でも強固な建物になれば、特殊な工法で解体工事を進めなければならないこともあります。そのため、入念な打ち合わせを行い、業者とどのような工法で解体を行うのか慎重に検討をする必要があるのです。

また、RC造の解体現場では他の現場に比べて粉塵や騒音が発生しやすいため、近隣住民への配慮が必要です。場合によっては1ヶ月程度解体作業が必要な可能性もあるので、近隣住民への事前周知の徹底、防音幕の設置など現場以外に必要なコストが発生することも認識しておくとトラブルなく解体工事を依頼することができます。

東京都港区で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

東京都港区で設備解体工事を依頼する前に知っておくべきこと

店舗やオフィスの設備を解体する工事の総称は内装解体

設備解体工事といっても人それぞれ認識が異なることが多く、業者への見積もり前にあらかじめ理解を深めた上で依頼することが大切です。

ここでは、主に店舗やオフィスで依頼することがある工事の種類や名称、その内容の違いなどについて解説していきます。

内装解体とスケルトン工事・原状回復工事・設備解体工事の相関図
クリックで画像拡大

内装解体

内装解体とは、スケルトン工事や原状回復工事の総称です。

具体的には、スケルトン工事や原状回復工事を行う際に、店舗・オフィス内の造作物(厨房設備やカウンターなど入居時になかった物)を解体して撤去する作業のことを言います。

スケルトン解体工事

スケルトン解体工事とは、建物の構造体以外は何もない状態へ戻す工事の名称です。

入居時の内装工事で造作した間仕切りや天井、壁や床などの造作物を全て撤去していきます。鉄筋コンクリート造のビルなどの場合、コンクリート打ちっぱなしの状態と表現されます。

スケルトン工事、スケルトン仕上げ、スケルトン戻し、などと呼ばれることがありますが、そのどれもスケルトン解体工事のことを指しており、意味は同じとなります。

原状回復工事

原状回復工事とは、店舗やオフィスなど物件を借りた際の元々の状態にまで戻し、貸主に返却するために借り主が行う工事です。

物件を借りた時点でスケルトン状態だったのであれば、原状回復工事はスケルトン工事となり、そうでなければ造作物など後から付けたものを撤去する工事となります。

例えば、飲食店など店舗として物件を借りる場合、スケルトン状態で借りていることが多く、オフィスや事務所として借りる場合、スケルトン状態ではないケースが多いでしょう。

※物件を借りた際の契約書に解約時の原状回復工事内容について記載されています。

設備解体工事

設備解体工事とは、一般的に工場などの設備を解体するプラント設備解体工事を指す場合がほとんどです。店舗やテナントの場合、借りた際にはなかった厨房などの設備を解体・撤去する工事の名称としてはあまり使われません。

そのため、飲食店などの店舗を移転・閉店する際に厨房設備などを撤去・解体したいのであれば、多くはスケルトン解体工事を依頼することになるでしょう。

また、飲食店の改装などで現場を解体・撤去してスケルトン状態にするために、消火用設備電源装置などの消防設備工事も必要なケースがあります。そういった場合は消防設備工事業務、整備業務、点検業務も同時に対応可能な解体業者に相談してください。

まずは間違いを起こさないために、賃貸借契約書などで解約時の工事内容について確認した上で、解体業者に見積もりを依頼しましょう。

港区の空き家の種類と件数

港区の空き家の現状を紹介します。解体工事と空き家の関係性は切り離せないため、港区がどのような状況なのか区分ごとに紹介しましょう。

空き家を区分すると、「2次的」「賃貸」「売却」「その他」に分類されます。それぞれどの程度の空き家があるのでしょうか。港区内では保養地や別荘目的として使用している空き家が少なく2次的な物件は340件です。

その一方で圧倒的に空き家として多いのが賃貸用の建物で、11,580件あります。賃貸用の建物として、木造の建物が320件でそれ以外の11,440件が非木造に該当するので、これらの空き家の解体工事を行う際は、鉄筋・RC造での解体工事が必要不可欠になることが考えられます。

売却用の空き家は1,470件とそこまで多くはないものの、どれにも該当しない物件が3,760件とやや多めです。

空き家ではない「破損」「老朽化」の建物はどのような状況になっているのでしょうか。全体の総数は4,120件。そこまで多い数ではありません。そのうち2,160件が賃貸用の物件です。この先状況によっては建て替えのために解体需要が高まることが予想されます。また、賃貸や売却などに該当しないその他に分類される建物が1,540件あり、こちらも解体工事が行われることが考えられます。

解体をする必要がない建物が13,020件で、そのうち賃貸が9,140件と健全で解体する必要がない建物が多い港区ですが、今後高齢化が進むとこの状況が大きく変化することが予想されます。人口の都市部への集中が変化し地方へと分散した場合、賃貸物件として機能しない空き家が将来的に多発することも考えられます。

また、昭和後期〜平成初期に建設された建物も少なくないので、10年後には老朽化が加速することも考えられます。そのため解体工事の需要が今後高くなる可能性があるので、所有している物件をもし解体することになったら、どのようなことが必要か検討しておく必要があると言えるでしょう。

まとめ:港区の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

港区における解体工事の現在需要はあまり高いとはいえません。しかし、今後は需要が高まり解体業者に依頼する可能性が高くなります。

現在ある空き家は放置しておくと、税金が高くなってしまうケースや、近隣住民への迷惑になることが考えられるので、これから解体工事を検討している方は港区の解体業者に依頼しておくと良いでしょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

サイト内キーワード検索

東京都港区の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP