東京都三鷹市で解体工事
をお考えの方

東京都三鷹市内の解体工事実績豊富な企業と提携。東京都三鷹市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

東京都三鷹市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都三鷹市の解体工事を巡る状況

東京都三鷹市は、東京都下で23区寄りの市です。杉並区と世田谷区の横に位置しています。現在でも三鷹市は竣工・土地区画整理事業を行っている現状もあり、老朽化が懸念される建物も多くなっています。

三鷹市は現在、こうじた状況を受けて解体工事を順次対応を行っています。 東京都で実施している木密地域不燃化プロジェクトがあり、老朽化した建物の解体を行う際に助成金を受ける事も出来ます。

三鷹市の解体工事費の相場(平均坪単価)

解体工事を検討する際にその解体する建物の構造を理解する必要があります。一般的に解体工事の対象となる構造は木造、鉄骨造、RC造です。建物の解体工事は単に坪単価だけで費用を算出することはできませんが、基本的な目安についてまとめてみました。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 4.4万円
20~29坪 4.0万円
30~39坪 3.8万円
40~49坪 3.6万円
50~59坪 3.5万円

こちらは木造の解体費用の相場です。木造の建物は解体費用も比較的安く済む傾向があります。その理由は解体工事の中でも工期が短い事が多いためです。実際の木造の家屋の状態によっても異なるので、幅があることは理解しておきましょう。

住宅が密集している地域の場合には費用が高くなるケースが多いです。建物を解体する場合には重機を使用することになりますが、重機の侵入が難しい住宅密集地域は高くなってしまうのです。重機を駐車しているスペースが確保できないとなるとさらに費用は高くなるでしょう。三鷹市の中でも杉並区や世田谷区寄りの駅周辺は、密集地域になっているケースがあるので注意しましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 5.6万円
20~29坪 5.1万円
30~39坪 4.8万円
40~49坪 4.6万円
50~59坪 4.5万円

鉄骨造の解体費用がこちらです。鉄骨造の建物は鉄骨を破断や圧砕する手間がかかるので、木造よりも費用が高くなるケースが多いです。

鉄骨造の解体の場合にはアスベストの問題が出てきます。アスベストはメディアでも取り上げられることが多い有害物質ですが、鉄骨造には使用されていることがあります。アスベストは調査から撤去、処分まで、それぞれの段階で費用が掛かることもあるので注意しましょう。

鉄骨造の建物の解体を検討しているオーナーさんは、アスベストの有無にも注意しましょう。アスベストが使われているのかを判断する方法としては、建物を建造した発注書やリフォームをした際の契約書に記載されているケースがあります。請け負った業者に直接連絡してみるのも良いでしょう。

RC造(鉄筋コンクリート造)の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 7.9万円
20~29坪 7.2万円
30~39坪 6.8万円
40~49坪 6.5万円
50~59坪 6.3万円

最後に、RC造の解体費用です。RC造は木造・鉄骨造などに比べ、一般に建物の耐久度・耐震性が高いとされており、地震の多い日本では多く採用されている構造のひとつです。耐久度が高いことから、それだけ解体工事にも手間と費用がかかります。

RC造の建物を解体する際には、重機によって鉄筋コンクリートを圧砕、または打ち付けによる破砕といった方法で解体工事を進めていくのが主流ですが、このとき大きな騒音と振動が発生し、また粉塵も発生します。振動や騒音は完全に防ぐことは不可能ですが、特に住宅密集地域の場合には隣家の玄関タイルや壁、屋根などに被害が及んでしまうことがあります。

解体業者側の対策としては、近隣へ工事の挨拶回りを行ったり、近隣の現地調査を行うことが必要になります。

さらに、RC造の建物の解体工事では鉄骨造と同様、アスベストが使われていることが多いです。先にも述べたように発見~最終処分まで取り扱いに注意を要する素材であるため、RC造の建物の解体工事は、解体業者にとっては手間が多く、オーナーさんはそれを費用に含めて考える必要があるということになります。

解体費用は建物の構造で大きく異なる

このように建物の構造によって、解体費用は大きく前後します。特にRC造はその耐久性の高さから解体工事も一筋縄ではいかず、工期が長くなり費用もかさむということになるケースが多くあります。

解体工事を発注するオーナーさんは、これらのことを把握して解体工事の見積もりや契約に進むことで、スムーズに契約処理を行うことができるでしょう。

三鷹市の空き家の種類と件数

解体工事対象になる空き家は政府統計によるといくつか種類を分けています。空き家の種類は、大きく「賃貸用の住宅」「売却用の住宅」「二次的住宅」「その他の住宅」に分けられます。

三鷹市の空き家総数を政府統計から見ると、10,860件です。東京都下26市内では八王子市をトップとして、三鷹市は6番目に空き家件数が多い状況です。三鷹市の空き家の内訳は「賃貸用の住宅」が7,840件と最も多く、「売却用の住宅」が1,270件、「二次的住宅」は40件、「その他の住宅」が1,720件になっています。

「賃貸用の住宅」は部屋を貸すために空き家になっている住宅を指しています。「売却用の住宅」はこれから売却することを目的に空き家になっている住宅、別荘や仕事などで緊急的に寝泊まりするような住宅が「二次的住宅」、入院や転勤で現在人が住んでいない、利用目的のない建物は「その他の住宅」に含まれています。

日常的に使わない建物が「その他の住宅」ですが、三鷹市では「その他の住宅」が東京都下26市内では、9番目に多い結果が出ています。これらの建物は放置すると倒壊や周辺の悪影響があることから早い段階での対処が望まれているのです。

一戸建や長屋建・共同住宅・その他という空き家には区分があり、木造と非木造の区分けがあります。三鷹市では空き家総数に対して一戸建は木造が1,290件、非木造は0件、長屋建・共同住宅・その他は木造5,080件、非木造は4,490件となっています。

腐朽についても調査されていて、全ての空き家のうち腐朽ありと判断されたのは、180件です。最も多いのは一戸建で木造130件、非木造0件の合計130件という結果です。

三鷹市では木造によって火災や倒壊を防ぐための取り組みを積極的に行っています。木造家屋に絞ると三鷹市の一戸建と長屋建・共同住宅・その他の木造建物の合計は、6,370件と東京都下26区と比較すると多い数字と言えます。

三鷹市では木造建物が多いので、現在進行形で解体工事に取り組んでいると考えられます。

まとめ:三鷹市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

空き家を解体するかと言うことはオーナーにとっても悩むポイントでしょう。そのままに空き家をしておくことで失火や倒壊などのリスクも懸念されます。近隣住民の迷惑になるケースもあり、市が対策を進めています。

木造建築ではなくRC造や鉄骨造でも放置していれば破損が起こってしまいます。タイミングを考えて三鷹市の解体業者に相談するようにしましょう。

東京都三鷹市の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

東京都から解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP