東京都瑞穂町でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都瑞穂町の解体工事を巡る状況

東京都瑞穂町は東京都の多摩地域にある町で、西多摩郡に属しています。羽村市と武蔵村山市に隣接している比較的小さな街です。殿ヶ谷や箱根ケ崎駅西などは現在でも土地区画整理事業をしている途中で老朽化している建物も多い現状があります。
瑞穂町はこうした状況を受けて順次建物の解体を進めています。瑞穂町では老朽化した建物の解体において助成金を利用が出来ます。

瑞穂町の解体工事費の相場(平均坪単価)

建物の構造にはいくつか種類があり、解体工事の相場の前に知っておく事が良いでしょう。解体工事の対象になるのは木造と鉄骨造、RC造の3つです。建物の解体工事は単に坪単価だけで費用を出す事は出来ません。平均的な坪単価について目安として理解しておきましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 3.5万
20~29坪 3.2万
30~39坪 3.0万
40~49坪 2.9万
50~59坪 2.8万

木造の解体費用がこちらです。木造の建造物は解体工事の中でも工期が短い特徴があります。工期が短く済む事は、解体費用も安価になるという事。あくまで木造の構造で考えると安いという事であり、それぞれの木造家屋の状況によって幅が生じてきます。
住宅が密集している地域を解体する場合には費用が高くなるケースが多いです。理由としては重機の侵入が難しい事や重機の駐車スペースが確保できない事が挙げられます。瑞穂町は東京都で考えると田舎の方で自然豊かな場所ではあるものの駅周辺や住宅地は住宅が密集している事があります。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 4.5万
20~29坪 4.1万
30~39坪 3.9万
40~49坪 3.7万
50~59坪 3.6万

続いて鉄骨造の解体費用相場です。木造に比べると鉄骨造は費用は高くなる傾向にあります。鉄骨造を解体する場合には鉄骨を破断して圧砕しながら行います。鉄骨を解体するのは手間がかかるので、費用は高くなるのです。
鉄骨造の建物の場合には、有害物質のアスベストが吹き付け材に使用されている事があります。アスベストはメディアでも取り上げられている事から知名度も高いと言えます。アスベストは調査や搬出など費用がかかることもあります。

鉄骨造の解体を検討しているオーナーさんは、アスベストが使用されているかも注意しておく必要があります。アスベストの使用有無を調べる方法としては建物を建造した発注書や契約書に記載されている事があります。リフォームを請け負った業者に聞いてみる方法も良いでしょう。オーナーさんとしてはアスベストの使用有無を調査する業者を別途で手配する事も頭に入れておきましょう。

RC造(鉄筋コンクリート造)の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 6.2万
20~29坪 5.8万
30~39坪 5.4万
40~49坪 5.2万
50~59坪 5.0万

最後にRC造の解体費用です。木造や鉄骨造に比べると耐久性や耐震性が高く解体に手間がかかります。それだけ解体費用も高くなる傾向にあります。
RC造を解体する場合には、重機によってコンクリートを圧砕して打ち付けによる破砕で工事を進めていきます。コンクリートを圧砕する時にはどうしても振動や大きな音、粉塵が発生してしまいます。騒音や振動は完全に防ぐ事は出来ませんし、住宅が密集している地域では隣家の屋根や壁に被害が出てしまう事もあります。

解体業者としては近隣へ工事を行うことの挨拶回りを行うことが多いです。他にも近隣の現地調査を行うことで、発生した損害は解体工事が原因かどうか調べられるように写真を撮影しておく事もあります。

RC造を解体する場合には鉄骨造と同じく有害物質のアスベストが使用されている事が多いです。アスベストは発見して処分、搬出まで手間がかかり取り扱いにも注意が必要な素材です。オーナーさんはアスベストの有無でも費用に含めて考える必要があります。

解体費用は建物の構造で大きく異なる

建物の構造によって解体費用は大きく変わります。木造、鉄骨造やRC造それぞれ特徴がありますが、RC造は耐久性が高いことから解体工事も簡単にはいきません。工期が長くなり費用もかさむでしょう。
工事を依頼するオーナーさんは構造での特徴を理解して見積もりや契約に進む事が大切です。できるだけスムーズに解体工事をするためには必要なことと言えるでしょう。

瑞穂町の空き家の種類と件数

解体工事の対象になる空き家について政府統制では空き家の種類をいくつかに分けています。空き家の種類は賃貸用の住宅、売却用の住宅、二次的住宅、その他の住宅の4つに分けられています。

政府統計によると瑞穂町の空き家総数は、1,120件です。東京都の町である日の出町が640件という結果を考えると倍近い数字と言えます。それでも東京都下26市で比べると一番空き家が少ない結果になります。日の出町の空き家の内訳としては賃貸用の住宅が最も多く840軒、二次的住宅が10件、売却用の住宅が60件、その他の住宅が210件です。

賃貸用の住宅とは人に貸すために空き家になっている住宅で、売却用の住宅はこれから売却することを目的として空き家になっている住宅です。通常は人が住んでいない別荘などで利用するような住宅を二時的住宅と言います。解体予定や長期不在で普段は人が住んでいない住宅は全てその他の住宅に含まれています。

普段人が住んでいない住宅で売却予定のない建物はその他の住宅になりますが、瑞穂町ではその他の住宅が日の出町と比べると日の出町が440件に対し210件しかないので倍近く少ない結果です。東京都全体で考えると下から二番目に少ない結果です。いくら少ないとはいえ放置しておくと倒壊のリスクがあり、周辺に悪影響を及ぼす可能性もあるでしょう。早い段階で対処する事が大切で、自治体としても対策を進めていくでしょう。

空き家では一戸建と長屋建・共同住宅・その他で区分けられていて、さらに木造か非木造かでも分けられています。瑞穂町では木造の一戸建が圧倒的に多く全体の75%以上を占めています。
腐朽・破損の有無についても調査がされていて、住宅総数のうち腐朽ありとされたのは620件です。当然空き家も含まれています。

瑞穂町では木造建築の密集によって起こる火災や倒壊を防ぐ取り組みを行ってきました。瑞穂町では空き家に限らず全体的に木造の建物が多い特徴があります。
なので、瑞穂町ではコンセプトである「ずっと ほこれるまち」を目指してまちづくりを進行中と言えます。

まとめ:瑞穂町の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

空き家を解体するかどうかはオーナーさんにとって悩ましいポイントと言えるでしょう。空き家をそのままにしておくことで、倒壊のリスクや失火問題、税金などもが高くなる事もあるでしょう。瑞穂町では自然溢れる町であり、空き家総数も少ないですが木造住宅が多い事は懸念されます。木造住宅でなくてもRC造や鉄骨造でも放置していれば腐朽する事になります。オーナーさんは解体工事のタイミングを考えて業者に相談しましょう。

東京都西多摩郡瑞穂町の解体業者