東京都稲城市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都稲城市の解体工事を巡る状況

東京都稲城市は、多摩市や府中市、神奈川県にも面した市です。
緑につつまれ、友愛に満ちた、市民の街を将来の都市像として順次建物の解体を進めています。稲城市では南山東部地区や上平尾地区が現在も土地区画整理事業を行っている途中であることから老朽化している建物も多くなっていることがわかります。稲城市では、木造建築物の解体に関して木造住宅耐震診断助成金を設けています。

稲城市の解体工事費の相場(平均坪単価)

稲城市の解体工事費用の前に、オーナーとしては建物の構造についての理解が必要でしょう。解体工事の対象になる建物は基本的に木造と鉄骨造、RC造が主流になっています。建物の解体工事は基本的に坪単価で算出することは難しいのですが、目安として坪単価についてまとめました。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 3.9万円
20~29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

上記が木造の解体費用です。木造はその名の通り木で出来た建築物のことです。解体工事の中でも工期が短いことから費用が安く済む傾向です。ですが、構造の中では木造は比較的費用が安く済みますが、実際に木造の建物を見てみないとわかりません。木造の中でも費用には幅が生じることは覚えておきましょう。

住宅密集地域の解体工事の場合には費用は通常よりも高くなることが多いです。建物を解体する際には重機を使用して行いますが、重機の進入が難しい住宅集合地域ではその分手間がかかります。また、解体作業を行う重機の駐車スペースを確保することも難しくなるため費用が高くなりやすいです。稲城市は自然豊かな場所ではありますが、住宅地も多く駅前などは密集地域になっているケースがあるので注意しましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 5.1万円
20~29坪 4.6万円
30~39坪 4.3万円
40~49坪 4.1万円
50~59坪 4.0万円

こちらが鉄骨造の解体費用です。鉄骨造は木造よりも解体費用が高くなるケースが多いです。鉄骨造を解体するには鉄骨を破断する作業や圧砕する作業に手間がかかるからです。鉄骨造の解体の場合、有害物質であるアスベストに注意する必要があります。アスベストは有害物質としてメディアでも取り上げられることがあるので知っている人も多いと思います。アスベストは鉄骨造で吹き付け材に利用されていることがあるのです。アスベストは調査から撤去、処分までそれぞれ費用がかかることがあります。
鉄骨造の建物を解体する場合にはオーナーさんは、アスベストが使用されているかについても注意しておくべきと考えられます。アスベストが使用されているか調べる方法としては、発注所やリフォームの契約書に記載がある場合もあります。実際に建造を請け負った業者に直接問い合わせてみてもいいでしょう。オーナーさんは最悪アスベストの有無を調査する業者に別途で依頼することも考えておかなければいけません。

RC造(鉄筋コンクリート造)の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 7.1万円
20~29坪 6.5万円
30~39坪 6.1万円
40~49坪 5.9万円
50~59坪 5.7万円

最後にRC造の解体費用の相場です。木造や鉄骨造に比べるとRC造はコンクリートを使用していることから建物の耐久度や耐震性が高いとされています。日本では地震が多いことからマンションなどで利用されているRC造。耐久度が高いRC造は、解体工事にも手間がかかるので費用は高めです。

コンクリートが使用されているRC造を解体するには圧砕することや打ちつけによる破砕が一般的です。ですが、その際に大きな騒音と振動が発生します。振動や騒音を完全に防ぎながら解体することは出来ません。RC造の解体には住宅密集地域の場合に隣家に被害が及んでしまうこともあるでしょう。
解体業者の対応としては、近隣へ工事をすることの挨拶回りをすることが多いです。近隣の現地調査をすることで、隣家に起きた損害が解体工事が原因なのかを調べるために写真を撮影しておくケースもあります。
RC造の解体工事では、アスベストが使用されていることもあります。アスベストは発見してから処分までに手間もかかる素材であることから解体業者としても厄介な存在です。鉄骨造も含めてRC造の解体を検討するオーナーさんはアスベストの有無も含めて考える必要があるといえます。

解体費用は建物の構造で大きく異なる

解体工事を考える時に建物の構造によっても費用が大きく変わります。RC造は耐久性が高いことから解体工事もスムーズにはいかないでしょう。工期が長くなることもあり、工期が長くなればその分費用もかさむことになります。

解体工事を発注するオーナーさんは、これらを把握して解体工事の見積もりや契約に進むようにしましょう。

稲城市の空き家の種類と件数

解体工事を行うのは現在誰も住んでいない空き家が対象になります。解体工事の対象になる空き家は大きく4つに種類が分けています。政府統計では空き家の種類を賃貸用の住宅、売却用の住宅、二次的住宅、その他の住宅の区分があります。
政府統計によると稲城市の空き家の総数は3,320件です。東京都下26市内では25番目の空き家件数で、空き家が少な目と言えます。稲城市の空き家の内訳としては、賃貸用の住宅が2,630件、二次的住宅が40件、売却用の住宅が210件、その他の住宅が440件になっています。

賃貸用の住宅は賃貸で人に貸すために現在空き家になっている住宅を指します。売却用の住宅はこれから売却をするために空き家になっている住宅、緊急用に寝泊りするような別荘としての利用など普段は人が住んでいない住宅を二次的住宅と言います。その他の住宅は、長期不在や入院などで現在人が住んでいない事や解体費用の建物も含めています。

日常的に使用されていない、売却予定のない建物がその他の住宅になりますが、稲城市では東京都下26市内では24番目となります。東京都下で考えるとその他の住宅の数が少なく優秀な順位ではありますが、ゼロではなく放置することで周辺に悪影響を及ぼしてしまうでしょう。早い段階での対処が望まれています。

次は空き家のうち一戸建と長屋建・共同住宅・その他という区分けがあります。さらに木造と非木造でも分けられています。稲城市では空き家総数に対して一戸建は木造360件、非木造は40件、長屋建・共同住宅・その他は木造が520件、非木造が2,390件になっています。

腐朽・破損の有無についても調査がされていて、全ての空き家のうち腐朽・破損ありとされたのは650件でした、そのうち最も多かったのは長屋建・共同住宅・その他で木造が210件、非木造が320件の合計530件という結果です。

稲城市では木造建築の密集で火災や倒壊を防ぐ取り組みを行っています。稲城市で木造家屋に絞って見てみると一戸建と長屋建・共同住宅・その他の木造住宅の合計は880件、東京都下26市内では25番目となります。
稲城市では木造住宅の件数も少なく、木造住宅への取り組みが積極的に行われていることが分かります。

まとめ:稲城市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

空き家を解体するかどうかはオーナーさんにとって悩みのポイントといえるでしょう。空き家をそのままにしておくことで隣家に迷惑をかけてしまったり、失火や倒壊のリスクは否めないでしょう。稲城市では市が対策を進めていて、木造住宅の件数も26市内で見ると少ないですが木造住宅が密集している場所も多くあります。
木造住宅に限らずにRC造や鉄骨造も放置していると腐朽してしまいます。適切なタイミングで稲城市の解体業者に相談することが肝要です。

東京都稲城市の解体業者