東京都台東区でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

台東区の解体工事を巡る状況

台東区は浅草寺で賑わう浅草、「アメ横」で知られる上野周辺、問屋街の浅草橋、など区全体で知名度の高いエリアが多くあります。これらの街は昭和から繁栄しているエリアなので、現在は建物の老朽化が進んでおり、今後も都内の他の地域以上に空き家の解体工事が進んでいくことが考えられるでしょう。

このページでは、台東区の解体工事について詳しく紹介します。台東区の解体工事事情はどのようになっているのでしょうか。

台東区の解体工事費の相場(平均坪単価)

台東区の解体工事費の相場について、詳しく解説をしていきましょう。台東区の解体工事費用を「木造」「鉄骨造」「RC造」に区分して費用の相場を紹介します。相場は次の通りです。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 4.4万円
20〜29坪 4.0万円
30~39坪 3.8万円
40~49坪 3.6万円
50~59坪 3.5万円

台東区で最も解体工事が多い建物が「木造」です。その特徴として台東区には木造密集地域が多く、地震などの災害が発生した時にこのような密集地帯で火事が発生することが予想されています。台東区は都内でもいわゆる「下町」に当てはまる地域を抱えており、防災・減災の対策が急務となっているのです。木造密集地帯を改善して防災につなげていくために、台東区では解体工事を行い安全な家に建て替えてもらうという呼びかけが他の区以上に広まっています。

しかし、木造密集地帯で懸念しなければならない点が費用の高さです。これは解体工事を行う際に、特定の重機を用いた解体作業を行うことが困難で、職人の手によって解体をする必要があるためです。また周囲への騒音対策なども考慮しなければならないため、作業時間も限定され必然的に工期が遅くなってしまうという問題点があります。

そのため他の地域に比べると坪単価が高いため、解体工事だけでも費用が高くなってしまう傾向があります。しかし助成金制度を利用すれば解体費用を安く抑えることが可能になるので、依頼をする時は台東区の助成金制度を利用することができないか検討した上で、解体作業を行うことがベストでしょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 5.6万円
20〜29坪 5.1万円
30~39坪 4.8万円
40~49坪 4.6万円
50~59坪 4.5万円

一軒家の建物や昭和後期に建設された建物の多くは、鉄骨造で作られています。鉄骨造の解体工事を行う際は職人の手を借りるだけでなく、重機を用いた解体工事が必要です。また鉄筋といっても構造によって、解体費用が大きく異なります。重量鉄骨造の建物を解体する際には費用が高くなり、軽量鉄骨と言われる建物を解体する場合は費用が安くなります。

業者に依頼する際はどちらの構造かを伝え、工期を相談したのちに解体費用を算出してもらうようにしましょう。また鉄骨造の建物が木造住宅密集地域に近い場所に建てられている場合は、道路を塞いで作業をする必要もあるため、業者との入念な打ち合わせが必要です。

解体工事を依頼する際は、現場周辺の環境を考慮した上でどのような工事が最適か業者と慎重に話し合った上で決めるようにすると良いでしょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 7.9万円
20〜29坪 7.2万円
30~39坪 6.8万円
40~49坪 6.5万円
50~59坪 6.3万円

解体工事で最も費用が高い工事が、RC造の建物です。RC造の建物はただ解体をすれば良いということではありません。建設リサイクル法の改正に伴い、鉄筋とコンクリートを分別しながら解体工事を行う必要があるため、解体工事の工程も他のものに比べて高くなってしまうという傾向があります。

台東区にあるRC造の建物の中には70年代に建てられた建物も多くあるため、耐震工事や建て替えのため、RC造解体工事の需要も今後高くなることが予想されます。また坪単価の解体費用が他の地域に比べるとやや高いため、解体工事に費用が多くかかってしまうということを依頼側は認識しておくと良いでしょう。

台東区の空き家の種類と件数

解体工事の需要が高い台東区では、どの程度「空き家」があるのでしょうか。空き家の4つの種類を解説しながら、台東区の空き家の現状を分析していきましょう。

空き家の総数は10,900件です。23区内で比較をすると大田区が「61,790件」であるため空き家の総数は少ないということがわかります。

4つの区分の分析

普段住んでいないものの、別荘や保養地として利用している「2次的な空き家」を分析します。2次的な空き家は230件で全体の2%程度と少ないことがわかります。そのため、このような利用で使われている空き家は台東区にはほとんどないのが現状です。

賃貸利用を目的としての空き家は7,670件となっており、台東区の中でも空き家の大半は賃貸利用として区分されていることが分かります。台東区では、現在も新築マンション・賃貸マンションが多く建てられています。特に蔵前や浅草橋近辺では建て替えが相次いで続いているので、今後も賃貸利用を目的とした空き家が多く登場することが予想されます。

新築・中古関係なく売却用として残されている空き家は、1,160件です。賃貸のように多くの数はないものの、今後も売却用の空き家が増えていくことが予想されます。

どの利用にも該当しない空き家が1,840件です。一見少なく感じられますが、今後空き家の数が増えていく可能性があります。台東区の下町でもある浅草、浅草橋、鳥越などでは住人の高齢化が進んでいます。このままいけば空き家の数が増えていくことが考えられるため、今後も解体工事の需要が高まっていくことが考えられるでしょう。

台東区では空き家は全体的に少ないものの、気をつけなければならないのが「老朽化した建物」です。老朽化した建物が2,340件あり、その多くが賃貸用の建物が多いため、今後は解体工事の需要が数値以上に高まる可能性があります。これはオフィスビルと同様昭和後期に建てられた建物が多く、ちょうど建て替えの時期に差し掛かっているという背景があるためです。「下町」に該当する地域では老朽化している建物が密集している地域もあり、こういった地域では防災のためにも解体工事を進めていくことが急務になります。

また、解体工事の需要を高めているのは高齢化だけではありません。台東区内には、1970年代、60年代に建てられたオフィスビルが多く存在しています。このようなビルの多くは耐震基準を満たしていない建物が多く、建て替え、耐震化を進めなければいけないという背景があります。そのため、今後も解体工事の需要が高くなることが予想されています。

まとめ:台東区の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

台東区は木造建築建物の増加、老朽化したコンクリート造の建物が多く今後も解体工事の需要が高まることが予想されます。解体工事は業者によって値段が大きく異なるので、慎重に業者を検討する必要があります。

空き家は放置しておくと、税金が高くなるだけでなく放火や不審者が潜む場所を提供し地域の防犯上も良いとは言えません。解体工事を依頼する際は、適正価格で工事を請け負ってくれる台東区の解体業者に依頼することをオススメします。

東京都台東区の解体業者

  • 桐野建設株式会社

    資本金:1,000万円

    所在地:〒110-0015 東京都台東区東上野1-14-13 東ビル508号

    事業内容:

    • 総合建設業

    許認可:

    • 建設業許可 東京都知事許可-第137121号

    公式HP: http://kirino-kensetsu.jp/

  • 株式会社石渡工務店

    設立:昭和51年6月4日

    資本金:1,000万円

    所在地:〒111-0031 東京都台東区千束1丁目17番5号

    事業内容:

    • とび・土工工事業
    • 解体工事業
    • コンクリート工事

    許認可:

    • 建設業許可 東京都知事許可-第071424号

    公式HP: http://ishiwatari.co.jp/index.html

  • 株式会社東京解体工事工業所

    資本金:3,300万円

    所在地:〒111-0042 東京都台東区寿三丁目5番10号

    事業内容:

    • 各種解体工事
    • 産業廃棄物収集運搬
    • 土木建築一式工事
    • 古材の販売

    許認可:

    • 建設業許可 国土交通大臣許可-第000667号
    • 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 01300019257

    公式HP: https://www.tokyokaitai.co.jp/

  • JFEコンフォーム株式会社 東京支店

    資本金:30,000万円

    所在地:〒111-0051 東京都台東区蔵前2丁目17番4号 JEF蔵前ビル3階

    事業内容:

    • 土木・建築工事の設計・監理・施工等の請負及びコンサルティング業務
    • 増改築,改装,改修,補修工事の設計・監理・施工等の請負及びコンサルティング業務
    • 外構・造園の設計・監理・施工及びコンサルティング業務
    • 照明・空調・給排水機器・家具・室内装飾品の製造・販売・施工
    • 各種解体事業

    許認可:

    • 建設業許可 国土交通大臣許可-第015929号

    公式HP: https://www.jfe-civil.com/jfeconform/index.html

  • 永井産業株式会社

    設立:昭和58年7月20日

    資本金:2,450万円

    所在地:〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目25番5号 鈴友ビル4階

    事業内容:

    • 一般建築業
    • 建造物総合解体・設計・施工

    許認可:

    • 建設業許可 東京都知事許可-第091156号

    公式HP: http://www.nagaisangyou.co.jp/

  • 株式会社三栄建設

    設立:平成29年4月

    資本金:4,200万円

    所在地:〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目21番6号 移川ビル

    事業内容:

    • 解体事業
    • 産業廃棄物収集運搬業
    • 建築物の設計・工事監理・調査及び鑑定
    • スケルトン工事
    • 防水工事

    許認可:

    • 建設業許可 東京都知事許可-第147530号

    公式HP: http://www.saneikensetsu-co.jp/pc/

  • 株式会社コクボノベルティ

    設立:平成10年11月18日

    資本金:4,000万円

    所在地:〒111-0051 東京都台東区蔵前4丁目6番8号 サニープレイスビル8F

    事業内容:

    • 建物の解体工事の請負
    • 建築、土木工事の請負並びに施工
    • 建物廃棄物、産業廃棄物の再生処理業務
    • 産業廃棄物収集運搬業務
    • ゴミ焼却炉等機械装置の販売
    • コンピュータの販売並びにメンテナンス管理業務
    • 割烹、料亭等飲食店の経営
    • 宅地建物取引業
    • 不動産の売買、交換、貸借の仲介並びに所有、管理および利用

    許認可:

    • 建設業許可 東京都知事許可-第110549号
    • 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 第13-00-139483号

    公式HP: http://www.kokubo-novelty.com/