東京都文京区で解体工事
をお考えの方

東京都文京区内の解体工事実績豊富な企業と提携。東京都文京区の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

東京都文京区でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都文京区

文京区の解体工事を巡る状況

文京区は都心の中でも古くから多くの住人が住んでいる地域です。新しく建てられる建築物もありますが古くからの建物も多く、木造密集地帯が集結しているエリアもあります。また水道橋や湯島といった地域は戦後から徐々に発展した街であるため、現在少しずつ街の様子が変化しています。

老朽化した建物も多いため、今後解体工事の需要が高くなっていく可能性が高いです。このページでは、文京区の解体工事事情について紹介します。

文京区の解体工事費の相場(平均坪単価)

まず文京区の解体工事費の相場について分析していきましょう。文京区の解体工事費の相場を「木造」「鉄骨造」「RC造」に分類して紹介していきます。東京都の中でも、建て替え工事が進んでいるため現段階では、解体工事の費用はあまり高くないと言われています。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

文京区の木造の解体費用相場から分析していきましょう。文京区の相場を見ると10~19坪で3.9万円、40〜49坪で3.2万円となっています。最も工事として多いのが、10〜30坪の木造です。特に文京区では、他の区「荒川区」「台東区」「豊島区」と隣接している地域は、木造密集地帯で解体工事の需要が高まっています。

このような密集地域では解体現場に重機を持ち込むことができず、職人自ら手で解体作業を行わなければならず、費用が必然的に高くなってしまうという問題点があります。このような問題を解決させるためには、地元密着の解体工事業者に価格交渉を行うか、工期を長期間で行ってもらい人件費を最低限に抑えるなどの工夫も必要です。

また解体工事を行う際は密集地域のため事前の徹底周知をしておかないとクレームになってしまう可能性があります。解体をすることが決定したら、業者と入念に打ち合わせ近隣住民の迷惑のかからないように努力することが重要です。

鉄骨造の解体費用相場

鉄骨造の解体費用相場はどのようになっているのでしょうか。鉄骨造の解体費用相場を紹介していきましょう。

坪数 坪単価
10〜19坪 5.1万円
20〜29坪 4.6万円
30~39坪 4.3万円
40~49坪 4.1万円
50~59坪 4.0万円

木造と比較をしてみると、鉄骨造の解体現場では10〜19坪で5.1万円、50〜59坪で4.0万円と木造と比較をしてやや高い費用相場になっています。また木造密集地帯などに建てられている鉄骨造の建物は、他の建物に配慮しながら解体工事を行う必要があるので、事前の周知が木造建築物と同様に周知活動が必要です。

鉄骨、鉄骨造の場合、廃材を有価物として売却しコストを抑えることも可能です。解体業者に依頼をする際に、廃材の有価償却がどのようになるかを検討し、それに合わせて見積書を作成してもらう方法もオススメです。廃材を有価物として認められることができれば、依頼した解体作業もかなり安く抑えることができます。

RC造の解体費用相場

RC造の解体費用の相場を分析していきましょう。

坪数 坪単価
10〜19坪 7.1万円
20〜29坪 6.5万円
30~39坪 6.1万円
40~49坪 5.9万円
50~59坪 5.7万円

30〜39坪の現場になると、6.1万円、50坪以上になれば5.7万円になるため、少しでも広い建築物の方がコストを安く抑えることが可能になります。またRC造ではコンクリートと鉄骨材料を分別しなければならないという法律があるので、他の工事に比べて工期も長くかかりコストも高くなります。

また騒音も他の解体現場と比較すると発生しやすいので、木造や鉄筋の場合以上に近隣住民への事前の徹底周知が必要です。昭和後期に建てられた建物が多くあるため今後は解体需要が高くなり、それに合わせてコストが高くなることが予想されます。

そのため、解体工事を依頼する際は長期的な視野で計画をし、地元で経験豊富な解体業者を選択するようにしてください。

文京区の空き家の種類と件数

文京区の空き家状況を分析していきましょう。文京区の空き家の数は12,950件と空き家が多い大田区と比較をしてもその数は5分の1程度です。では具体的にどのようなタイプの空き家が多いのか、詳しく分析していきます。

別荘としての2次空き家は430件です。都心ということもあり、別荘や保養地という形で空き家にしているケースが少ないと言えます。圧倒的に多いのが「賃貸」での空き家であり、その数は8,370件です。また「売却物件」は1,620件で、賃貸と合わせると約1万件に達します。これは空き家全体のうち、ほぼ賃貸・売却目的の物件が多いということがわかります。

一方でどれにも該当していない空き家は2,530件と、他の区と比較しても平均並みであることがわかります。文京区は東京23区内でも教育水準が高く、移住してくる人も多くいるため、しばらくは空き家の数値はなだらかに増加していくと考えられるでしょう。

しかし空き家が少ない一方で、昭和後期に建てられた建物や、木造密集地帯に建てられた長屋が共同住宅の老朽化が進んでいます。現在は老朽化と認定されている建物が2,740件と少ない状況が続いています。しかし今後老朽化が進む建物も多くあるので、10年、20年進めば急速的に解体工事の需要が高くなると考えられるでしょう。

空き家の数は現在多くはないものの、今後地域住人の高齢化によっては空き家が加速的に進むことが考えられます。また解体する必要がないと言われている建物に対しても、バリアフリー化を
進めるために既存の家を解体する工事も高齢化に合わせて増えていく可能性もあるのです。

文京区という東京23区内での安全性の高い地域+住民の高齢化が、解体工事の需要を高める可能性があるので、解体費用の変動が大きく変わる可能性があるので工事を依頼する際は、地元業者と入念な打ち合わせをしながら工事費用を決定させるようにしてください。

まとめ:文京区の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

文京区は他の23区と比較をしても空き家の状況は比べて少ない状況が伺えます。しかし空き家があるとその街の防犯性を低くするだけでなく、大震災などが発生した時に空き家が原因で火災を招くといった可能性が考えられます。

また近所から空き家と判明するとゴミの不法投棄などが行われやはり迷惑をかけてしまう可能性が高いので、近隣の迷惑にならないためにも早急に解体業者に相談をして対策を行うようにしてください。

東京都文京区の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP