東京都多摩市でオススメの解体業者に無料見積り!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都多摩市

解体工事のお悩み解体工事のお悩み…
どんなことでも
お気軽にご相談ください!

内装解体、家屋解体、ビル解体、マンション解体、アパート解体、別荘解体etc...

査定・見積り完全無料

  • 発注確定するまで料金は0円!
  • 解体見積もり広場の上乗せ0円!

強引なセールスなし!

  • 申込後、複数の業者から電話がかかってくることは一切ありません。
  • 解体見積もり広場の専任担当者がお客様と解体業者の間に入り、窓口として対応します。
  • お見積り依頼後のキャンセル、お断りも代行します。

東京都多摩市の解体工事を巡る状況

東京都多摩市は、日野市や府中市、八王子市や町田市など多くの市や神奈川県にも隣接しています。多摩市ではホームページに土地区画整理事業について記載していて住み良い街づくりを進めています。
多摩市の北西部や愛宕から和田にかけて急な坂が多く、斜面に立つ建造物が多い特徴があり、解体を行う際に多摩市から助成金を受ける事も可能です。

多摩市の解体工事費の相場(平均坪単価)

多摩市の解体費用を検討する前に建物の構造についても理解が必要です。構造によっても費用は異なりますが、解体工事の対象となるのは木造と鉄骨造、RC造です。建物の解体工事は単に坪単価だけで費用を出すことは難しいです。基本的な目安で、平均的な坪単価をまとめました。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 3.5坪
20~29坪 3.2坪
30~39坪 3.0坪
40~49坪 2.9坪
50~59坪 2.8坪

木造の解体費用が上記です。木造の解体は工期が短く済み、費用も安くなるケースが多いです。鉄骨造やRC造に比べて費用が安くなるということなので、それぞれの家屋の状態によっても費用には幅が出てきます。

解体工事でも住宅が密集している地域の場合には費用が高くなることが多いです。解体工事は基本的に重機を使用して行いますが、住宅が密集していると重機の進入が難しい場合があります。駐車スペースを確保する事も出来ない事も高くなる理由の一つです。多摩市の中でも駅周辺は住宅が密集しているケースがあるので注意しましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 4.5坪
20~29坪 4.1坪
30~39坪 3.9坪
40~49坪 3.7坪
50~59坪 3.6坪

こちらが鉄骨造の解体費用です。鉄骨造は木造よりも高くなる傾向です。鉄骨造は木造と異なり鉄骨を破断、圧砕する手間がかかることもあり、木造よりも費用が高くなるのです。

鉄骨造の建物はアスベストが使用されていることがあります。有害物質でもあるアスベストは調査から撤去、処分までそれぞれ費用がかかる厄介な素材です。

鉄骨造の建物を解体する際にはオーナーさんもアスベストが使用されているか確認しておきましょう。アスベストが使われているか確認する方法としては、発注書や契約書をチェックする事が一つあります。記載がなければリフォームを請け負った業者に直接問い合わせてみるのも良いでしょう。場合によってはアスベストを調査する専門の業者を別途で依頼する事も考えておかなければいけません。

RC造(鉄筋コンクリート造)の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 6.3坪
20~29坪 5.8坪
30~39坪 5.4坪
40~49坪 5.2坪
50~59坪 5.0坪

こちらがRC造の解体費用です。RC造は木造に比べると一般的に耐久性が高いと言われています。日本ではマンションなどに多く使用されているRC造ですが、耐久性が高い素材だからこそ解体の手間と費用がかかります。

RC造の解体方法としては、重機でコンクリートを圧砕する、打ち付けて破砕する事がメジャーです。コンクリートを破壊する時には大きな騒音と振動が発生します。振動や騒音は完全に防ぐ事は出来ませんし、住宅密集地域では隣家に被害が及ぶこともあります。

解体業者としての対策は近隣へ工事の挨拶回りを行うことが多いです。場合によっては写真を撮影しておく事もあります。写真は隣家に発生した損害が解体工事が原因なのか後で分かるようにするためです。

耐久性が高いRC造ですが、鉄骨造と同じくアスベストが使われているか確認が必要です。アスベストは発見してから処分まで取り扱いには注意が必要です。RC造の解体工事は業者にとっても手間が多く、依頼するオーナーさんとしては費用もかかるものだと考えておかなければいけません。

解体費用は建物の構造で大きく異なる

木造や鉄骨造など建物の構造によっても解体費用は異なります。耐久性の高いRC造の解体は解体工事が簡単にはいかない事も。工期が長くなり費用が多くなると考えておきましょう。

解体工事を発注するオーナーさんは、全てを理解して見積もりや契約をすると良いでしょう。

東京都多摩市で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 東京都多摩市における解体工事の費用事例は現在作成中となっております。

東京都多摩市で設備解体工事を依頼する前に知っておくべきこと

店舗やオフィスの設備を解体する工事の総称は内装解体

設備解体工事といっても人それぞれ認識が異なることが多く、業者への見積もり前にあらかじめ理解を深めた上で依頼することが大切です。

ここでは、主に店舗やオフィスで依頼することがある工事の種類や名称、その内容の違いなどについて解説していきます。

内装解体とスケルトン工事・原状回復工事・設備解体工事の相関図
クリックで画像拡大

内装解体

内装解体とは、スケルトン工事や原状回復工事の総称です。

具体的には、スケルトン工事や原状回復工事を行う際に、店舗・オフィス内の造作物(厨房設備やカウンターなど入居時になかった物)を解体して撤去する作業のことを言います。

スケルトン解体工事

スケルトン解体工事とは、建物の構造体以外は何もない状態へ戻す工事の名称です。

入居時の内装工事で造作した間仕切りや天井、壁や床などの造作物を全て撤去していきます。鉄筋コンクリート造のビルなどの場合、コンクリート打ちっぱなしの状態と表現されます。

スケルトン工事、スケルトン仕上げ、スケルトン戻し、などと呼ばれることがありますが、そのどれもスケルトン解体工事のことを指しており、意味は同じとなります。

原状回復工事

原状回復工事とは、店舗やオフィスなど物件を借りた際の元々の状態にまで戻し、貸主に返却するために借り主が行う工事です。

物件を借りた時点でスケルトン状態だったのであれば、原状回復工事はスケルトン工事となり、そうでなければ造作物など後から付けたものを撤去する工事となります。

例えば、飲食店など店舗として物件を借りる場合、スケルトン状態で借りていることが多く、オフィスや事務所として借りる場合、スケルトン状態ではないケースが多いでしょう。

※物件を借りた際の契約書に解約時の原状回復工事内容について記載されています。

設備解体工事

設備解体工事とは、一般的に工場などの設備を解体するプラント設備解体工事を指す場合がほとんどです。店舗やテナントの場合、借りた際にはなかった厨房などの設備を解体・撤去する工事の名称としては、あまり使われません。

そのため、飲食店などの店舗を移転・閉店する際に、厨房設備などを撤去・解体したいのであれば、多くはスケルトン解体工事を依頼することになるでしょう。

まずは、間違いを起こさないために、賃貸借契約書などで解約時の工事内容について確認した上で、解体業者に見積もりを依頼しましょう。

多摩市の空き家の種類と件数

解体工事の対象となるのは空き家ですが、政府統計では種類を4つに分けています。大きなくくりとして空き家の種類を賃貸用の住宅、売却用の住宅、二次的住宅、その他の住宅に分けています。

政府統計によると多摩市の空き家の総数は7,080件です。東京都下26市内では多摩市は15番目に空き家が多い状況になっています。多摩市の空き家の内訳としては、最も多いのが賃貸用の住宅で5,590件、売却用の住宅は730件、その他の住宅は490件、二次的住宅は270件です。

賃貸のために空き家になっているのが賃貸用の住宅です。売却することを目的として空き家になっている住宅を売却用の住宅、別荘での利用や仕事などで緊急的に寝泊まりする普段は人が住んでいない住宅を二次的住宅と言います。長期不在や入院などで現在人が住んでいない住宅や解体予定の建物などはその他の住宅に含まれています。

日常的に使用されない、売却予定のない建物がその他の住宅ですが、多摩市では、その他の住宅が東京都下26市内で23番目に多くなっています。放置することで倒壊の危険性もあり周辺にも良い影響はありません。早い段階での対処が望まれています。

空き家のうちに一戸建と長屋建・共同住宅・その他という区分けがあります。さらに木造と非木造という区分けがされています。多摩市では、空き家総数に対して一戸建ては木造が320件、非木造が20件です。長屋建・共同住宅・その他は木造が960件、非木造が5,780件になっています。

腐朽や破損の有無についても調査がされています。腐朽・破損ありと全空き家の中で判断されたのは1,280件です。最も多かったのは、長屋建・共同住宅・その他で木造が360件、非木造が870件の合計で1,230件です。

多摩市では火災や倒壊を防ぐ取り組みを行ってきました。木造家屋に絞ってみてみると多摩市の一戸建と長屋建・共同住宅・その他の木造合計は、1,280件、東京都下26市内では22番目に多い数字です。

木造住宅は東京都下26市内で比較すると数は少ない傾向にありますが、多摩市では市をあげて住みやすい街づくりを目指すために解体工事は積極的に行なっているのです。

まとめ:多摩市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

オーナーさんにとって空き家を解体する事は悩ましいところでしょう。ですが空き家をそのままにしておくと倒壊や失火のリスクが高くなります。税金が高くなる事もあるでしょう。多摩市では市が対策を進めていますが、木造住宅は東京都下26市内で比べるとあまり多くはありません。それでも住宅が密集してある場所も多くあります。

木造だけでなくRC造や鉄骨造は放置している事で腐朽は起こります。タイミングを見て多摩市の解体業者に依頼をしましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

サイト内キーワード検索

東京都多摩市の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP