東京都葛飾区でオススメの解体業者に無料見積り!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都葛飾区

解体工事のお悩み解体工事のお悩み…
どんなことでも
お気軽にご相談ください!

内装解体、家屋解体、ビル解体、マンション解体、アパート解体、別荘解体etc...

査定・見積り完全無料

  • 発注確定するまで料金は0円!
  • 解体見積もり広場の上乗せ0円!

強引なセールスなし!

  • 申込後、複数の業者から電話がかかってくることは一切ありません。
  • 解体見積もり広場の専任担当者がお客様と解体業者の間に入り、窓口として対応します。
  • お見積り依頼後のキャンセル、お断りも代行します。

葛飾区の解体工事を巡る状況

葛飾区は、東京都の北東に位置する特別区です。住宅や商業施設が立ち並ぶ地域ですが、工業の発達とともに発展してきた経緯もあり、区内には古い木造住宅もかなり残っています。耐震化率の低い建物は、地震の際などに被害を大きくし、震災時の避難の妨げになることも懸念されます。

このことから、葛飾区では現在、区内の建物の耐震化率を向上するため、一定の要件を満たす木造住宅に対して耐震診断や改修工事等の費用の一部が助成されています。

葛飾区の解体工事費の相場(平均坪単価)

解体工事費の相場は、建物の構造や立地している地域の状況、さらには土地が面している道路が広いかどうかや周辺の交通量などでも異なります。たとえば、面している道路が狭くて重機が入りにくい場合よりも、面している道路が広くて交通量が少なく作業がしやすい場合の方が費用が安くなります。

他にも相場は様々な要素で変化しますが、特に重要なのは建物の構造です。建物の構造は、「木造」「鉄骨造」「RC造(鉄筋コンクリート造)」の3つが代表的です。そこで、ここでは解体工事費の目安を知るために、構造別の坪単価を見てみましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 4.4万円
20~29坪 4.0万円
30~39坪 3.8万円
40~49坪 3.6万円
50~59坪 3.5万円

はじめに、木造の解体費用相場です。一般的な住宅規模の30~39坪で見ると、相場は坪単価で3.8万円です。木造は、次にご紹介する「鉄骨造」や「RC造(鉄筋コンクリート造)」よりも解体しやすいことが多いため、3つの構造の中では坪単価が低くなっています。

ただ、古い住宅が密集しているような地域では、大きな重機が入りにくかったり、駐車スペース・作業スペースが確保できなかったりして解体費用が高くなることがあります。葛飾区の一部地域には、古い住宅が密集しているエリアがあり、そのようなエリアでは費用にも影響が出ると考えられます。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 5.6万円
20~29坪 5.1万円
30~39坪 4.8万円
40~49坪 4.6万円
50~59坪 4.5万円

次に、鉄骨造の相場です。鉄骨造は、多くの鋼材が使用され、木造よりも頑丈に作られているのが一般的です。解体の際には使われている鉄骨を破断したり運搬したりする必要があるため、相場は木造より高くなります。相場は30~39坪で4.8万円となっています。

ただ、鋼材は売却することも可能です。もし、解体で出た鋼材を解体業者に買い取ってもらうことができれば、その分、解体費用も抑えることが可能です。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 7.9万円
20~29坪 7.2万円
30~39坪 6.8万円
40~49坪 6.5万円
50~59坪 6.3万円

最後にRC造(鉄筋コンクリート造)です。RC造は3つの構造の中でもっとも高い坪単価となっていて、30~39坪では6.8万円です。

RC造は、地中に杭打ちをしたりして耐久性を高めた建物が多いため、その分、解体するのにも多くの工程を要し、費用も高くなります。特に、葛飾区は地盤が弱く、液状化が懸念されている地域のため、RC造の建物を建設する際は地中深くに杭を打ち込み、頑丈に造るのが一般的です。そのような建物の解体は、地中杭の解体なども必要となるため、特別な重機を用いた工事が必要となり、費用も相応に増加する可能性があります。

また、RC造の建物の解体工事は騒音や振動が生じるため、近隣へのあいさつ回りや、近隣の損害を防ぐための事前調査を行うこともあります。そのような手間も工事費に影響してくるでしょう。

このように、解体工事の費用は建物の構造によって異なります。建物の構造以外の様々な要素も影響するため、解体工事を発注する際は、建物を取り巻く環境をしっかりと把握しておきましょう。

東京都葛飾区で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 東京都葛飾区における解体工事の費用事例は現在作成中となっております。

東京都葛飾区で設備解体工事を依頼する前に知っておくべきこと

店舗やオフィスの設備を解体する工事の総称は内装解体

設備解体工事といっても人それぞれ認識が異なることが多く、業者への見積もり前にあらかじめ理解を深めた上で依頼することが大切です。

ここでは、主に店舗やオフィスで依頼することがある工事の種類や名称、その内容の違いなどについて解説していきます。

内装解体とスケルトン工事・原状回復工事・設備解体工事の相関図
クリックで画像拡大

内装解体

内装解体とは、スケルトン工事や原状回復工事の総称です。

具体的には、スケルトン工事や原状回復工事を行う際に、店舗・オフィス内の造作物(厨房設備やカウンターなど入居時になかった物)を解体して撤去する作業のことを言います。

スケルトン解体工事

スケルトン解体工事とは、建物の構造体以外は何もない状態へ戻す工事の名称です。

入居時の内装工事で造作した間仕切りや天井、壁や床などの造作物を全て撤去していきます。鉄筋コンクリート造のビルなどの場合、コンクリート打ちっぱなしの状態と表現されます。

スケルトン工事、スケルトン仕上げ、スケルトン戻し、などと呼ばれることがありますが、そのどれもスケルトン解体工事のことを指しており、意味は同じとなります。

原状回復工事

原状回復工事とは、店舗やオフィスなど物件を借りた際の元々の状態にまで戻し、貸主に返却するために借り主が行う工事です。

物件を借りた時点でスケルトン状態だったのであれば、原状回復工事はスケルトン工事となり、そうでなければ造作物など後から付けたものを撤去する工事となります。

例えば、飲食店など店舗として物件を借りる場合、スケルトン状態で借りていることが多く、オフィスや事務所として借りる場合、スケルトン状態ではないケースが多いでしょう。

※物件を借りた際の契約書に解約時の原状回復工事内容について記載されています。

設備解体工事

設備解体工事とは、一般的に工場などの設備を解体するプラント設備解体工事を指す場合がほとんどです。店舗やテナントの場合、借りた際にはなかった厨房などの設備を解体・撤去する工事の名称としては、あまり使われません。

そのため、飲食店などの店舗を移転・閉店する際に、厨房設備などを撤去・解体したいのであれば、多くはスケルトン解体工事を依頼することになるでしょう。

まずは、間違いを起こさないために、賃貸借契約書などで解約時の工事内容について確認した上で、解体業者に見積もりを依頼しましょう。

葛飾区の空き家の種類と件数

解体工事で対象となる建物は主に空き家が多いので、葛飾区の空き家の状況について、統計データをもとに詳しく見てみましょう。
平成25年(2013年)の「住宅・土地統計調査」によると、葛飾区の空き家総数は24,960件です。このうち4,340件が「一戸建」、20,620件が「長屋建・共同住宅・その他」です。

それぞれ、「木造」か「非木造」かを区分した戸数が公表されていて、「一戸建て」は「木造」が4,120件、「非木造」が210件と「木造」が圧倒的に多いです。一方、「長屋建・共同住宅・その他」は「木造」が5,980件、「非木造」が14,640件で「非木造」の方が多くなっています。「長屋建・共同住宅・その他」は大規模なマンションやアパートが含まれるので、「非木造」が多いものと考えられます。

また、空き家の戸数は「二次的住宅」「賃貸用の住宅」「売却用の住宅」「その他の住宅」の種類別でも公表されています。別荘などを指す「二次的住宅」は130件、賃貸用のために空き家となっている「賃貸用の住宅」は19,020件、売却用のため空き家となっている「売却用の住宅」は1,530件、「その他の住宅」は4,270件です。

「その他の住宅」とは、日常的に使用されていないにも関わらず、売却や賃貸の予定もない建物です。空き家として放置されている可能性もある「その他の住宅」が葛飾区には4,270件もあるという現状について、早期の対応が望まれます。

統計では、腐朽・破損の有無も公表されていて、空き家総数のうち「腐朽・破損あり」は4,540件、「腐朽・破損なし」は20,410件となっています。「腐朽・破損あり」の内訳は、「二次的住宅」が90件、「賃貸用の住宅」が2,960件、「売却用の住宅」が180件、「その他の住宅」が1,320件です。

また、「腐朽・破損あり」のうち「一戸建」は1,410件、「長屋建・共同住宅・その他」は3,130件で、「一戸建」の戸数の割合が比較的高くなっています。さらに、「腐朽・破損あり」のうち1,320件が「その他の住宅」ですが、このうち970件が「一戸建」で、「長屋建・共同住宅・その他」の360件を大きく上回っています。

これらのことから、葛飾区には特に利用の予定がない空き家が存在し、中でも腐朽・破損がありながらも放置されていると思われる戸建住宅等が多い実態が伺えます。

まとめ:葛飾区の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

建物を建てた時の想いやこれまで使用してきた長年の愛着を考えると、たとえ現在は使用していなくても、簡単には解体に踏み切れないというオーナーさんもいらっしゃるでしょう。

しかし、葛飾区の一部区域のように木造住宅が密集しているエリアで空き家を放置することは、倒壊や災害時の避難の妨げとなる可能性がありますし、火事の延焼や失火の懸念もあります。木造ではなくRC造や鉄骨造でも、経年劣化に伴う腐朽の恐れがあります。葛飾区では、液状化対策のためRC造の建物では杭が深く打ち込まれていることが多くあり、解体費用への影響も考えられるでしょう。さらに、近隣住民の迷惑となる場合や税金が高くなる場合もあります。

解体工事は、周辺状況等によっては事前の準備が必要になります。様々なリスクを考慮し、手遅れにならないよう、ぜひ適切な時期に葛飾区の解体業者に相談しましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

サイト内キーワード検索

東京都葛飾区の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP