東京都西多摩郡日の出町でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都西多摩郡日の出町の解体工事を巡る状況

東京都西多摩郡日の出町は、東京都の多摩地域から西側に位置する町です。他のも多摩地域には2つほど、町があります。

1965年頃の人口増加にともない、教育施設やごみ処理施設の建設から整備を施してきましたが、この年代の頃に設置された建築物の半数くらいが30年以上過ぎており、老朽化が進んでいます。

日の出町は、この現状を踏まえて平成25年に「インフラ長寿命化基本計画」を立ち上げて、耐震化や安全監視をさらに強固にしていこうとしています。

日の出町の解体工事費の相場(平均坪単価)

建物の構造にはいくつか種類がありますが、その中でも現在解体工事の対象となる建物の中で主要な構造は、「木造」「鉄骨造」「RC造(鉄筋コンクリート造)」の3つが主流です。建物の解体工事は単純に坪単価だけで費用を算出することはできませんが、基本的な目安として、これらの平均的な坪単価についてまとめてみましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 3.5万円
20~29坪 3.2万円
30~39坪 3.0万円
40~49坪 2.9万円
50~59坪 2.8万円

まずこちらは木造の解体費用です。東京都の都心部に比べると郊外にあるため、木造建築の解体費用は低めの傾向にあります。しかし、木造建築の様式など木造家屋によっても費用がかわる可能性があります。

地域密集地の解体工事の場合、付帯工事がついてくることがあるのでさらに費用がかさなり高くなることが多いです。特に平井川や大久川近くの平野に、集落が集まっているので密集地になっているケースがありますので注意が必要です。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 4.5万円
20~29坪 4.1万円
30~39坪 3.9万円
40~49坪 3.7万円
50~59坪 3.6万円

次に鉄骨造の解体費用です。木造建築より少し高めにはなりますが、木造建築と差はあまりありません。特に日の出町は郊外にあるため費用もそこまで高くはなりませんが、鉄塔工事の解体工事はアスベストの除去費用が掛かってくることがあるので、鉄骨造の建物の解体を考えている場合はアスベストの有無にも注意を払っておく必要があります。

古い公共施設も多数あるため、アスベストの解体工事の費用や注意点など建物を建造された際の発注書なども残してあるかどうかを調べておく必要があります。

RC造(鉄筋コンクリート造)の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 6.3万円
20~29坪 5.8万円
30~39坪 5.4万円
40~49坪 5.2万円
50~59坪 5.0万円

最後に、RC造の解体費用です。RC造は木造・鉄骨造などに比べ耐久度が高いため、解体工事にも手間と費用がかかります。

木造や鉄骨造に比べると工事をする際に重機を使うことがあるので、近隣への挨拶周りなどの手回しをしておくことが必要です。リサイクルについても法が変更されているので、RC構造の場合は分別と処理の手間がかかる為費用も高額になりがちです。

解体費用は建物の構造で大きく異なる

このように建物の構造によって、解体費用は大きく前後します。さらに首都圏中央連絡自動車道のインターチェンジが併用されているので、解体工事を行う地域によって手間と費用が想像以上にあがるケースがあります。

解体工事を発注するオーナーさんは、これらのことを把握して解体工事の見積もりや契約に進むことでスムーズに契約処理を行うことができるでしょう。

また、業者によってはかなり安い金額で対応してくれる業者もいますが、上記に挙げた相場より下回る場合、違法業者というケースもあり得るので気を付けておきましょう。建物の構造上で金額が変わるケースはありますが相場はある程度決まっています。

東京都西多摩郡日の出町の空き家の種類と件数

東京都西多摩郡日の出町の付近の解体工事の対象となる空き家について、政府統計では空き家の種類を分けています。まず大きなくくりとして「空き家の種類」を「賃貸用の住宅」「売却用の住宅」「二次的住宅」「その他の住宅」と4つの区分に分けています。

政府統計では、空き家の内訳は約54,3200件です。賃貸用住宅は約38,977件、売却用住宅が34,700件、その他は114,100件と、人口減少も伴い郊外にいく程、人が住んでいない長期不在住宅や取り壊しが計画されている建物が多数存在します。

空き家自体は数多くあり、特にその他の住宅をそのまま放置されていると人が住んでいないのに固定資産税が高くつくでしょう。

日の出町は人口が減少していく中、建築物を増やす取り組みより更新や長寿命化を計画的に推進しようとされています。東京より郊外にあるために人口現状が顕著に出始め、空き家が多数存在しています。

空き家を減らすことやその家や土地を有効活用するために、様々な取り組みがなされています。また、地方公共団体が公共目的のための土地の取得をしやすくするための方法としての法律も立案されています。ただ、地域によっては細かいルールを定めている地域もあるので、地区計画が定められている地域は地区計画の確認も必要になってくるでしょう。

まとめ:東京都西多摩郡日の出町の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

空き家を解体するかどうかということは、オーナーさんにとって悩ましいポイントの一つといえるでしょう。しかし空き家をそのままにしておくと倒壊や失火のリスクのほか、税金が高くなったり近隣住民の迷惑となったりするケースも多くあります。

空き家の種類も多くあるので、解体する建築物に関してはどういう構造で造られているのかも確認しておくべきです。

空き家の種類でも対応してくれる解体業者は様々です。詳しくHPなどに載せている会社もあれば載せていない会社もあるので、解体工事の主となる「木造」「鉄骨造」「RC造(鉄筋コンクリート造)」を対応しているのか、解体業者の保有許可の有無なども確認しておきましょう。

もちろん、木造建築でなくRCや鉄骨造であっても放置していれば腐朽や破損は起こります。企業によって廃棄物処分分業許可をされてない企業もあるので、解体業者選びは慎重にしましょう。

日の出町は古い建物も多いので老朽化が進んではいますが、適切なタイミングで日の出町の解体業者に相談して対策を講じるのがよいでしょう。

東京都西多摩郡日の出町の解体業者