東京都杉並区で解体工事
をお考えの方

東京都杉並区内の解体工事実績豊富な企業と提携。東京都杉並区の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

東京都杉並区でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都杉並区

杉並区の解体工事を巡る状況

住宅地が多い杉並区では、人口増加により解体需要は他の地域に比べて低く、解体業者へ依頼すると価格が高くなってしまう傾向があります。今後杉並区の解体工事はどのように変化していくのでしょうか。このページでは、杉並区の解体工事について分析し、今後どのように解体工事の需要が変化していくのかをさまざまな観点から分析します。

杉並区の解体工事費の相場(平均坪単価)

杉並区の解体工事費の相場を、「木造」「鉄骨造」「RC造」に分類して紹介します。それぞれどのような違いがあるのかを分析しながら、杉並区の解体工事事情を紹介していきましょう。

木造の解体費用相場

杉並区の木造住宅に関する解体費用について解説します。杉並区の木造住宅での解体現場は次の通りです。

坪数 坪単価
10〜19坪 4.4万円
20〜29坪 4.0万円
30~39坪 3.8万円
40~49坪 3.6万円
50~59坪 3.5万円

10〜19坪では1坪あたり4.4万円、50~59坪であれば1坪あたり3.5万円かかります。木造住宅の相場は、他の23区と比較をしても大きな差がありません。坪単価で見ると杉並区の解体費用は高いと感じる方もいますが、決してそうではありません。杉並区の住宅は、道路幅が広い住宅が多く、木造密集地帯のようなエリアも少ないので、解体工事をスムーズに行うことが可能です。

また、重機を現場に入れて解体作業を行うことができる現場もあるため、解体工事を通常よりも短期間で行うことが期待できます。そのため坪単価が高くても、複雑な解体工事ではなく単純な工事で作業を終えてしまうことができるケースが多くあるため、他の区と比べて費用を抑えて工事を行うことが可能になります。

解体工事を依頼する際は、費用を抑えてスムーズに行ってもらうためにも杉並区で解体工事を多くこなしている業者に依頼するように心がけましょう。

鉄骨造の解体費用相場

杉並区での鉄骨造の解体費用は次の通りです。

坪数 坪単価
10〜19坪 5.6万円
20〜29坪 5.1万円
30~39坪 4.8万円
40~49坪 4.6万円
50~59坪 4.5万円

鉄骨造の解体費用も他の23区と同じ程度の金額となっています。杉並区では動線にゆとりが多い地域が多いため、相場よりも安く引き受けてくれる業者も少なくありません。

鉄骨造の建物では廃材をどのようにするかによって、解体費用をさらに安く抑えることも可能です。業者によっては、廃材を有価償却として解体費用に割り当てることを提案してくれる業者もいます。

知識がないとこの件に触れずに解体工事を行なってしまうケースもがあるので、依頼する際は必ず解体費用相場を検討した上で工事を依頼するようにしてください。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 7.9万円
20〜29坪 7.2万円
30~39坪 6.8万円
40~49坪 6.5万円
50~59坪 6.3万円

RC造の解体費用は3種類の解体現場の中でも、最も工事費用が高くなります。杉並区の相場は他の区と比較しても同じ程度の金額なので、依頼する業者のサービス内容によってどの業者に依頼をするか検討しましょう。

RC造では他の工事に比べて大きな騒音を発生させてしまうだけでなく、粉塵の量も多く場合によっては近隣住民からクレームが来てしまうことが想定されます。解体実績の多い業者になれば、どのような工事を行えば、クレームを最小限に抑えることができるか、解体工事を行う上でどのようなことに気をつける必要があるのかアドバイスをしながら解体工事の計画を提案してもらうことが可能です。

業者によっては、事前に図面を用意するようにと打ち合わせ段階でアドバイスする業者もいます。解体工事の業者を選ぶ際は、料金に大差が無いためサービスの質が高い業者を選びましょう。あまりに安い業者を選ぶと、違法な工法で解体工事を行う可能性があるだけでなく、工事中に追加料金を提示してくる可能性が高いので、価格をはっきり提示する業者を選択するようにしてください。

杉並区では特定緊急輸送道路に指定されている道路が多いため、助成金で解体工事の費用を安く抑えることが可能です。特定緊急指定道路に指定されている道路は、次の通りです。

  • 新青梅街道
  • 青梅街道
  • 井の頭通り
  • 甲州街道
  • 環状七号線、八号線

この道路に面している建物は耐震化工事の助成金を受け取ることができるので、既存の建物を解体して耐震性の強い建物にすることができます。解体工事を依頼する際は、この助成金制度を活用できないかを検討した上で、解体業者に工事を依頼するようにしてください。

杉並区の空き家の種類と件数

次に杉並区の空き家の現状を紹介していきましょう。杉並区の空き家の総数は35,690件です。これは大田区の空き家件数が6万件なので、その半分程度の空き家があることがわかります。空き家は、別荘としての「2次的」、賃貸目的の「賃貸」、売却用の空き家、どれにも該当しない「その他」の4つの種類に分類されます。

その中で賃貸用の物件が最も多く26,680件、次いで多いのが「その他」の7,650件です。特に杉並区は住宅街が多く人口も多いため、賃貸の空き家が必然的に多くなります。また地域によっては高齢化が進んでいる関係で、利用目的のない「その他」に分類される空き家の数も少なくありません。

一方で、老朽化、破損ありの建物はどの程度あるのでしょうか。総数は6,780件と破損状態の建物は少なく、その大半が賃貸用の建物で4,630件です。今後これらの建物は大幅な改修工事、解体しての建て替えが予想されます。

このように、杉並区の空き家の多くは賃貸用のマンションやアパートであり、今後このようなマンション、アパートが解体工事を行う可能性があると言えるでしょう。

高齢化による空き家の上昇

現在、杉並区の空き家はほとんどが賃貸用の住宅が多いため今すぐ空き家に対する対策を考えなくても問題ないと考えている大家さんも少なくありません。しかし、今後は杉並区でも急速な高齢化が考えられます。人口の上昇により、現在は現役世代が多いものの、今後現役世代が高齢化になり、一気に空き家が多くなってしまう可能性があります。

そのため、今後杉並区に住んでいる住人の高齢化によって急速に解体工事の需要が高まることも考えられます。既存の相場よりも高い費用が必要というケースも考えられるため、解体時期をいつ行うか慎重に検討してから工事を検討するようにしてください

まとめ:杉並区の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

杉並区は現在空き家問題が他の区に比べて深刻的ではないので、解体工事を受注する業者が地元にはあまり多くなく、相場よりも高い値段での工事を依頼しなければいけない状況が考えられます。

しかし空き家をそのまま放置していると税金が高くなるだけでなく、防犯上空き家があることは良いとは言えないので、速やかにどのように対処をするのか考える必要がありそうです。

東京都杉並区の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP