東京都渋谷区でオススメの解体業者に無料見積り!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都渋谷区

解体工事のお悩み解体工事のお悩み…
どんなことでも
お気軽にご相談ください!

内装解体、家屋解体、ビル解体、マンション解体、アパート解体、別荘解体etc...

査定・見積り完全無料

  • 発注確定するまで料金は0円!
  • 解体見積もり広場の上乗せ0円!

強引なセールスなし!

  • 申込後、複数の業者から電話がかかってくることは一切ありません。
  • 解体見積もり広場の専任担当者がお客様と解体業者の間に入り、窓口として対応します。
  • お見積り依頼後のキャンセル、お断りも代行します。

渋谷区の解体工事を巡る状況

渋谷区では、駅を中心に再開発の工事が進んでいます。一見すると駅周辺を中心に街も大きく変化していると考えている方も多くいますが、駅を外れると決してそうではありません。昭和中期以降に建てられた建物が多く集中し、空き家もあります。

渋谷区の解体工事を依頼すると、どの程度のコストがかかるのでしょうか。このページでは渋谷区の解体工事を巡る現状をご紹介しながら、渋谷区の解体工事についてご紹介します。

渋谷区の解体工事費の相場(平均坪単価)

渋谷区の解体工事費はどの程度かかるのでしょうか。また、工事費を少しでも抑える方法はあるのでしょうか。このページでは渋谷区の解体工事費の相場について紹介します。今回は解体工事を「木造」「鉄骨造」「RC造」の3つに大きく分類し、それぞれの違いを解説しながら、解体工事の相場について解説します。

木造の解体費用相場

渋谷区の木造住宅の解体費用は次の通りです。

坪数 坪単価
10〜19坪 4.4万円
20〜29坪 4.0万円
30~39坪 3.8万円
40~49坪 3.6万円
50~59坪 3.5万円

解体費用が高いと言われている千代田区、台東区とほぼ同程度の金額になります。渋谷区は駅中心に目を向けると木造住宅は無いと認識している方もいますが、駅を外れて恵比寿、新宿区などに接している地域では木造密集地帯が多くあります。

木造密集地帯に建てられた木造の家は昭和中期頃に建てられたものが多く、老朽化も進んでおり、居住者の高齢化により空き家が加速的に進んでいます。そのため解体工事への需要も高くなっているのです。

また渋谷区の解体工事現場は道幅が狭く住宅が密集しているエリアも多いため、このようなエリアで解体工事を依頼する際は、重機を持ち込むことができません。そのため職人さんによる解体工事がメインとなるケースもあります。職人さんによる解体工事は業者によって価格が大きく異なるので、事前に見積書を提示してもらった上で受注する業者を選定しましょう。

業者選びの際には、少人数で工期が短い手際の良い業者を選ぶことをオススメします。この時渋谷区で解体現場を多く経験している業者に依頼をすれば、コストを相場よりも安く抑えることができる可能性が高いので、ぜひ業者選びは地元の業者を中心に選ぶようにしてください。

鉄骨造の解体費用相場

渋谷区での解体費用の相場はどの程度なのでしょうか。坪単価の相場は次の通りです。

坪数 坪単価
10〜19坪 5.6万円
20〜29坪 5.1万円
30~39坪 4.8万円
40~49坪 4.6万円
50~59坪 4.5万円

渋谷区の解体費用は道路幅が狭く、職人さんの確保が必要不可欠です。解体工事の導線を確保するために、警備員を職人とは別に依頼する必要があるので、コストが必然的に高くなります。坪単価にすると、台東区や千代田区と価格が同じであることがわかります。

渋谷区の解体工事現場の特徴として、人通りの多い場所に面した飲食店の解体現場が多いという特徴があります。飲食店などは鉄骨造のお店が多く、解体工事をする際は近隣住民にクレームがこないよう配慮が必要になります。

鉄骨造では、廃材を有価償却で解体工事の費用に充てることも可能です。工事で生じた廃材をどのように扱うのか、業者と検討しながらコストを少しでも抑える方法を模索するようにしてください。

RC造の解体費用相場

渋谷区には老朽化したマンションやアパートも多くあります。これらの建物はRC造で解体工事も大掛かりな作業が必要になります。RC造の解体費用は次の通りです。

坪数 坪単価
10〜19坪 7.9万円
20〜29坪 7.2万円
30~39坪 6.8万円
40~49坪 6.5万円
50~59坪 6.3万円

安い現場でも、坪単価6.3万円以下にすることは難しいでしょう。またRC造の解体工事では通常の解体に比べてコンクリートと廃材をリサイクルしながら作業を行わなければならない法律があります。この手順に沿って解体工事を行うためには工法も特別な工法が必要になるため、コストがかかってしまうのです。

またコンクリート造といっても耐震性の高い建物になると、コンクリートの量が多く解体工事にも特殊な重機や工法でないと解体工事が難航してしまうこともあります。どのような工法が必要なのか事前に打ち合わせしておくと、スムーズに費用から日程の相談まで行うことが可能です。

打ち合わせをする際は建物の図面があると解体工事を行いやすくなるので、図面を入手し必要な書類を用意した上で打ち合わせをすることをオススメします。

東京都渋谷区で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

東京都渋谷区で設備解体工事を依頼する前に知っておくべきこと

店舗やオフィスの設備を解体する工事の総称は内装解体

設備解体工事といっても人それぞれ認識が異なることが多く、業者への見積もり前にあらかじめ理解を深めた上で依頼することが大切です。

ここでは、主に店舗やオフィスで依頼することがある工事の種類や名称、その内容の違いなどについて解説していきます。

内装解体とスケルトン工事・原状回復工事・設備解体工事の相関図
クリックで画像拡大

内装解体

内装解体とは、スケルトン工事や原状回復工事の総称です。

具体的には、スケルトン工事や原状回復工事を行う際に、店舗・オフィス内の造作物(厨房設備やカウンターなど入居時になかった物)を解体して撤去する作業のことを言います。

スケルトン解体工事

スケルトン解体工事とは、建物の構造体以外は何もない状態へ戻す工事の名称です。

入居時の内装工事で造作した間仕切りや天井、壁や床などの造作物を全て撤去していきます。鉄筋コンクリート造のビルなどの場合、コンクリート打ちっぱなしの状態と表現されます。

スケルトン工事、スケルトン仕上げ、スケルトン戻し、などと呼ばれることがありますが、そのどれもスケルトン解体工事のことを指しており、意味は同じとなります。

原状回復工事

原状回復工事とは、店舗やオフィスなど物件を借りた際の元々の状態にまで戻し、貸主に返却するために借り主が行う工事です。

物件を借りた時点でスケルトン状態だったのであれば、原状回復工事はスケルトン工事となり、そうでなければ造作物など後から付けたものを撤去する工事となります。

例えば、飲食店など店舗として物件を借りる場合、スケルトン状態で借りていることが多く、オフィスや事務所として借りる場合、スケルトン状態ではないケースが多いでしょう。

※物件を借りた際の契約書に解約時の原状回復工事内容について記載されています。

設備解体工事

設備解体工事とは、一般的に工場などの設備を解体するプラント設備解体工事を指す場合がほとんどです。店舗やテナントの場合、借りた際にはなかった厨房などの設備を解体・撤去する工事の名称としてはあまり使われません。

そのため、飲食店などの店舗を移転・閉店する際に厨房設備などを撤去・解体したいのであれば、多くはスケルトン解体工事を依頼することになるでしょう。

また、飲食店の改装などで現場を解体・撤去してスケルトン状態にするために、消火用設備電源装置などの消防設備工事も必要なケースがあります。そういった場合は消防設備工事業務、整備業務、点検業務も同時に対応可能な解体業者に相談してください。

まずは間違いを起こさないために、賃貸借契約書などで解約時の工事内容について確認した上で、解体業者に見積もりを依頼しましょう。

渋谷区の空き家の種類と件数

解体現場の需要を探るために、渋谷区の空き家がどのような状況にあるのか、空き家の区分を分析しながら渋谷区の現状を探ることにしましょう。

渋谷区で空き家として分類されている建物の総数が17,320件です。最も空き家が多いと言われている大田区が6万件なので、この数字はやや低い数字であることがわかります。空き家といっても、別荘として利用されている「二次的」、賃貸目的として空き家になっている「賃貸物件」、中古・新築問わず売却目的で空き家にしている「売却」、利用目的がなく完全に放置されている「その他」の4種類に分類されます。

2次的な空き家は240件と少なく、最も多いのが13,590件の賃貸です。このうちRC造の空き家が11,220件で、ほとんどの空き家がRC造の賃貸建物が多いことがわかります。利用目的のない「その他」の完全な空き家は現在4,680件で、これらの建物は解体工事を検討した方が良いでしょう。

渋谷区はアクセスもよく、他府県からの流入も期待できるため空き家を解体し、不動産物件として売却することで土地を有効活用することができます。空き家として持て余している方がいるのであれば、空き家の活用方法を真剣に検討することをオススメします。

老朽化と認定されている建物が4,680件と少なく、現在は解体する必要がないものの、高齢化による人口減少などを考えると、10~20年後には解体工事の需要が高まっている可能性があります。渋谷区は幸いにも23区内でも住民が多く多くの人で賑わう場所なので、土地活用の面で悩むことがない数少ないエリアと言えるでしょう。

まとめ:渋谷区の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

渋谷区では空き家の数は少ないものの、今後人口の減少により木造密集地域を中心に、空き家の数が飛躍的に増加する可能性があります。空き家にしたまま放置しておくと、治安上悪く渋谷区では犯罪が多く発生しているため、犯罪組織の潜伏先になることも考えられるでしょう。

このような状況を回避するためにも、近隣住民と協議を重ね解体工事を積極的に行うことをオススメします。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

サイト内キーワード検索

東京都渋谷区の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP