東京都目黒区でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

目黒区の解体工事を巡る状況

目黒区は、高級住宅街として都心でも富裕層の人が多く暮らしています。一方で、駅周辺は地元の住民が古くから住んでおり、このような地域では高齢化が進み一部の建物が空き家に変わってしまっていることもあります。

目黒区で解体工事を依頼する上でどのようなことに気をつけるべきか、このページでは、目黒区の解体工事について紹介します。これから解体工事を依頼する方は参考にしてください。

目黒区の解体工事費の相場(平均坪単価)

目黒区で解体工事を依頼するとどの程度の費用がかかるのか、目黒区の解体工事費の相場を紹介していきましょう。ここでは、解体工事を「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類に分けて解説し、それぞれの特徴を紹介していきましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

目黒区の木造建築物を解体すると、1坪あたり3.1〜3.9万円ほどのコストがかかります。一般的な家は30坪程度なので、1坪あたり3.4万円程度かかることが考えられます。

しかし、これはあくまで目安なので実際の解体工事にかかる費用は高くなります。目黒区では特に道路幅が狭く、重機で解体作業ができないエリアもあります。特に品川区に近い地域では木造住宅が密集し、他の家に迷惑のかからないように解体工事を行うとなると、職人の手で解体作業を行わなければなりません。

また破損や老朽の程度が酷い建物になると、倒壊の危険性があるので足場を組みながら作業をすることが必要になり追加料金がかかってしまう可能性があります。解体工事を行う際は、一度下見をしてもらいどの程度予算がかかるか見積書を作成してもらいましょう。

鉄骨造の解体費用相場

鉄骨造の建物は、アパートや飲食店や小売店の建物が多く、建て替えに伴い解体工事を行うケースが多くあります。鉄骨造の場合、どの程度費用がかかるのでしょうか。

坪数 坪単価
10〜19坪 5.1万円
20〜29坪 4.6万円
30~39坪 4.3万円
40~49坪 4.1万円
50~59坪 4.0万円

目黒区の鉄骨造の建物の場合、解体費用は1坪あたり4.3〜5.1万円かかると考えられます。鉄骨造では、マンションやアパートに使用されている重量鉄骨と、一軒家などを中心に使われている軽量鉄骨があります。どちらの鉄骨を使用しているかで解体工事の作業工程が異なるので、事前に図面などを入手して業者が作業をやりやすい環境を作るようにしてください。

木造に比べて解体作業の手順が多くなってしまうため、費用が高くなってしまうことは避けることができません。そのような場合は、廃材を売却することで解体費用に充てられないか業者と打ち合わせをすることをオススメします。

業者によっては、有価償却の件を伝えず自分たちの利益にしてしまうケースもあります。このような業者は施工事例が少ない会社が多いため、依頼をするのであれば、昔から解体現場を数多くこなしている信頼性の高い業者を選ぶようにしてください。

RC造の解体費用相場

最も解体工事の中で費用が高いとされているRC造の解体費用の相場を紹介しましょう。

坪数 坪単価
10〜19坪 7.1万円
20〜29坪 6.5万円
30~39坪 6.1万円
40~49坪 5.9万円
50~59坪 5.7万円

RC造を解体する際の1坪あたりの単価は5.7〜7.1万円です。RC造の建物はコンクリートと廃材を分別しながら廃材を処理しなければならないので、業者としても作業量が増え必然的にコストがかかります。特にRC造では、建物によっては強固な杭が打ち込まれており、解体作業が難航することもあります。

解体費用を少しでも抑えたいのであれば、必ず図面を用意しどのような建物であるかをわかりやすく説明できる資料を用意してください。また、1970 年代、1980年代に建てられた建物の中には、アスベストが含まれる建物もあります。

アスベストを含んだ建物は、解体工事を行う際に適切な方法でアスベストを処置しなければなりません。手順を無視すると、違法になってしまいます。業者がアスベストを処置できるノウハウがあれば問題ないですが、そうでなければ専門業者を別で雇う必要があるので、コストが必然的に高くなってしまいます。

またRC造は、他の工事に比べて大量の粉塵と騒音が発生します。業者を選ぶ際は、近隣住民に細心の注意を払うことができる実績豊富な業者を選び、解体作業で起こりうるトラブルとその対処方法を聞いておくと良いでしょう。

目黒区の空き家の種類と件数

次に、空き家の状況から目黒区の解体工事事情を紐解いていきましょう。

目黒区の空き家の総数は15,040件です。これらの空き家を大きく分けて4つに分類をします。保養地、別荘として利用している「二次的」、アパートやマンションの賃貸利用のために空き家になっている「賃貸用」、中古、新築に限らず売却を目的としている「売却」、どれにも該当しない「その他」です。

目黒区の空き家のうち最も多いのが、賃貸で11,250件です。都心からのアクセスも良いということもあり、多くの賃貸物件が空き家として分類されていることがわかります。その次に多いのが「その他」で、3,030件です。目黒区では完全な空き家になっている建物も少なくなく、今後さらにこのような使途のない空き家が増えていく可能性があります。

幸いにも空き家に分類されている3,030件のうち、老朽化や破損がある建物が540件と少ないため、早急に解体する必要はありません。しかし破損や老朽化している空き家を放置していると、最悪のケースでは倒壊などを起こし近隣住民に迷惑をかける可能性が高いので、今後少しずつ解体工事の需要が増える可能性があります。

建て替え工事などを行うための解体工事は比較的依頼されやすいものの、解体作業だけになるとコストがかかりそのまま放置しているケースもあります。このような状況を打開するため、目黒区では「老朽建築物除去費助成」という制度を設けています。この制度を利用することで、解体工事の費用を行う際に助成金がおりるため、通常よりもコストを抑えることが可能です。

建て替え工事を検討している方でもこの制度を利用できる場合があるので、一度専門家に相談し、助成金の対象になっている建物か診断してもらいましょう。

まとめ:目黒区の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

目黒区は現在解体が必要な空き家の数は少ないと言えますが、今後高齢化社会が進んでいくと、急速的に解体工事が木造密集地域を中心に拡大する可能性があります。

空き家をそのままにしておくと所有している人の税金が高くなるだけでなく、倒壊や放火などの対象となり、近隣住民へ迷惑をかける恐れがあります。解体工事を依頼するのであれば、実績豊富な地元業者に依頼しましょう。

東京都目黒区の解体業者

  • 豊南建設株式会社 目黒営業所

    設立:平成20年12月22日

    資本金:1,000万円

    所在地:〒 153-0051 東京都目黒区上目黒2-25-13 エムス南402

    事業内容:

    • 建築施工・監理
    • ビル総合リニューアル
    • 住宅リフォーム

    許認可:

    • 建設業許可 東京都知事許可-第138054号

    公式HP: http://www.hounan-const.com/

  • 株式会社森商会

    設立:昭和36年設立

    資本金:9,500万円

    所在地:〒153-0053 東京都目黒区五本木1-2-21

    事業内容:

    • 解体工事全般
    • 産業廃棄物収集運搬
    • 中間処分業
    • 廃棄物再生事業
    • 非鉄金属及び鉄スクラップの収集・運搬、リサイクル

    許認可:

    • 建設業許可 国土交通大臣許可-第020999号
    • 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都01300040109

    公式HP: http://www.morishokai.co.jp/