東京都国分寺市で解体工事
をお考えの方

東京都国分寺市内の解体工事実績豊富な企業と提携。東京都国分寺市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

東京都国分寺市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

国分寺市の解体工事を巡る状況

国分寺市は現在災害に強い都市にするため、市が中心になって耐震性の強い建物に建て替えることを推進しています。国分寺市で建て替えや取り壊しに必要な解体工事はどの程度かかるのでしょうか。このページでは、国分寺市に関する解体工事について詳しく紹介します。

国分寺市の今後の解体工事の需要やコストを抑える方法を紹介しますので、解体工事を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

国分寺市の解体工事費の相場(平均坪単価)

国分寺市の解体工事費の相場を紹介します。解体工事といっても、建物の種類によっては行う工事が異なるため費用が大きく変化します。そこで、「木造」「鉄骨造」「RC造」に分類して解体現場を紹介していきましょう。

木造の解体費用相場

木造建物の解体費用相場を紹介していきましょう。

坪数 坪単価
10〜19坪 3.5万円
20〜29坪 3.2万円
30~39坪 3.0万円
40~49坪 2.9万円
50~59坪 2.8万円

国分寺市で解体工事を行うと、坪単価2.9万円になります。坪単価で比較をすると、都心部では3.5万円以上かかることが多いため、解体工事の費用は安く抑えることが期待できます。

しかし、立地条件によっては平均単価よりも高くなってしまうこともあります。例えば重機が使用できないような木造密集地帯に建てられている現場では、解体工事を行うのは職人さんになるので、人件費が高くなってしまうこともあります。また、崩壊の恐れのある建物は、足場を組み安全を確保してから作業を行うことになるので、こちらも別料金がかかってしまいます。

現場によっては、通常よりも高くなり工期も長くなってしまうことがあるので、一度業者に下見をしてもらい見積書を作成してもらいましょう。解体業者を選ぶ際は、実績豊富で最小人数で作業を行うことができる業者を選ぶようにしてください。

鉄骨造の解体費用相場

鉄骨造の解体費用相場を紹介しましょう。

坪数 坪単価
10〜19坪 4.5万円
20〜29坪 4.1万円
30~39坪 3.9万円
40~49坪 3.7万円
50~59坪 3.6万円

鉄骨造の解体費用の相場は、1坪あたり3.6〜4.5万円です。日本の家屋の多くは、20〜29坪の建物が多いため1坪あたりに換算すると、4.1万円程度になります。

鉄骨造の現場では、「重量鉄骨」「軽量鉄骨」の2つの種類があり、使用されている資材によっては解体方法が異なるので、事前に確認をするようにしてください。この時、アスベスト材が使用されていないかをチェックしておきましょう。

アスベスト材が使用されていると、有害な物質であるためそのまま解体工事を行うことができません。業者によっては、アスベスト材を除去するために別の業者に依頼をして工事を2つの業者で行うこともあります。業者が多くなれば、その分解体工事の費用も高くなってしまうので、地元の業者でも、アスベスト材を扱うことができる業者を選ぶようにしてください。

RC造の解体費用相場

最も費用が高いと言われるRC造の解体費用を紹介していきましょう。

坪数 坪単価
10〜19坪 6.3万円
20〜29坪 5.8万円
30~39坪 5.4万円
40~49坪 5.2万円
50~59坪 5.0万円

RC造の解体費用は、坪単価にすると、5.0〜6.3万円になります。都心に比べて費用を抑えることができるものの、RC造は、騒音や粉塵が大量に発生するので、防音幕、粉塵を抑えるための人員配置などを行う必要があるためコストが高くなります。

耐震性の強い強固な建物になれば、特殊な重機を持ち込んで作業を行う必要があります。業者が事前に把握していない場合は、追加で料金を取られることがあるので、必ず現場の下見をしてもらい、見積書を作成してもらうようにしてください。

RC造は、コンクリートと廃材を分別しなければなりません。業者によっては廃材を売却して有価償却として解体工事の費用に充てることを提案する業者もいます。解体業者を選ぶ際は、親身に対応をしてくれる業者を選ぶようにしてください。

国分寺市の空き家の種類と件数

国分寺市では、今後解体工事の需要はどのように変化していくのでしょうか。国分寺市の空き家から解体工事の需要を分析し、今後解体工事がどのような需要に変化していくのか解説していきましょう。

国分寺市の空き家の総数は、8,450件です。都内で最も多い件数を誇る大田区では、空き家の数が6万件ほどあるので、この数字だけ見ると空き家の数は比較的少ないということが考えられます。

空き家といっても、4種類に区分をされます。別荘地や保養地として活用される「2次的」、賃貸用の物件として活用される「賃貸用」、売却目的の「売却用」、これらの空き家に分類されない「その他」です。国分寺市で最も多い空き家が、賃貸用の6,890件で、多くの建物が賃貸用として一時的に空き家になっていることがわかります。

賃貸用の空き家のうち、破損ありと診断されている建物が690件あり、近い将来解体を行うか大幅修繕工事を行う可能性があります。今後、解体工事と大幅修繕工事どちらが多くなりそうかを予測していきましょう。

現在、その他に分類されている空き家は1,250件ありそのうち破損と診断されている建物が430件あります。3分の1は破損や老朽化が進み放置されている建物であるため、今後解体工事を行う必要がある建物です。

賃貸用の建物でも、高齢化が進み住む人が少なくなっていけば、このような空き家が近い将来多く登場する可能性があります。空き家の総数は少ないので、空き家が数年で急増する恐れがないものの、老朽化が進んだ空き家は今後も多くなり、周辺住人への被害も考えられるため解体工事は必要不可欠になることが考えられます。

老朽化した建物は、放置されがちですが国分寺市ではこのような建物を取り除くために、助成金制度を導入しています。昭和54年以前に建てられた木造住宅であれば、最大100万円まで助成金を受け取ることが可能です。賃貸用の建物で破損ありと診断されている690件のうち、木造の建物は560件該当します。場合によっては、助成金を利用するとコストを抑えて建て替えることも可能になります。

まとめ:国分寺市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

国分寺市内にある空き家は、他の地域と比較をすると深刻的な問題とは言えませんが、今後も空き家が増えていくことが考えられます。空き家の解体を行うとコストがかかるので放置をするのではなく、税金が高くなるだけでなく近隣住民への迷惑が考えられるので、早急に対応をするようにしてください。

解体工事を行う際は、助成金制度を利用してコストを抑える方法も1つの方法なので、ぜひ前向きに検討してください。

東京都国分寺市の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

東京都から解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP