東京都奥多摩町でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

東京都西多摩郡奥多摩町の解体工事を巡る状況

東京都西多摩郡奥多摩町は、東京多摩地域の北西部に位置する町です。多摩地域における多くの自治体の対応が遅れている中で、早くから空き家対策について取り組んできた自治体の一つです。

奥多摩町では「空家バンク制度」を設けており、主に空き家の再活用に向けた事業を展開しています。「空家調査・活用システム」を設置し、奥多摩町内の企業と協力協定を結び、空き家等の所有者と、奥多摩町内での住宅購入や賃貸希望者とのマッチングを行っています。

奥多摩町の解体工事費の相場(平均坪単価)

住宅の解体工事費用については、平均坪単価による算出が目安になることが知られています。坪単価は地域によってある程度異なり、それに応じて解体工事費用も上下しますが、実際の解体工事費用の見積もりを出す際には、建物の構造形式の違いも大きく考慮されます。

解体工事対象となる構造形式上の主な分類としては、「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造(RC造)」があります。構造形式の違いは、解体工事の工期の決定、使用する重機や人員の規模を左右しますので、費用にも大きく関わります。

ここでは、各構造形式の建造物の解体に際する工事費用の相場を坪単価ごとに見ていきますが、上述の通り、坪単価や構造の違い以外にも金額に影響する要因がありますので、あくまでも目安としてご覧ください。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 3.5万円
20~29坪 3.2万円
30~39坪 3.0万円
40~49坪 2.9万円
50~59坪 2.8万円

こちらは奥多摩町における木造建築の解体費用の目安です。東京各地の中でも、とりわけ西多摩郡で木造建築の空き家の増加が著しく、特に木造建築が密集して建てられている地域に関しては、解体を推進するべきとされています。

木造建造物の解体については硬い素材の破砕などの面倒な作業がなく比較的容易であることから、3つに大別された構造形式の中では最も安価となっています。工事が容易であるので工期が短く済み、その分設備費用や人件費が抑えられるからです。

場所によっては道が狭く、密集して建てられているため住宅同士の隙間が極端に少ない場合もあります。こうした場合、重機が入れない、使用できない、と言ったこともありうる話です。重機を使えばすぐに終わる解体を全て手作業で行わなければならなくなり、工期が延び、人件費も増えてしまいます。

こうした場合は木造であっても目安より大幅に高い費用になる可能性もありますので、周辺環境については、特に自然倒壊や失火の可能性がある木造建築においては、事前に入念な確認が必要です。
そのため、この点は念頭に置いておく必要があります。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 4.5万円
20~29坪 4.1万円
30~39坪 3.9万円
40~49坪 3.7万円
50~59坪 3.6万円

続いて、鉄骨造の建造物の場合の解体工事費用の目安がこちらとなります。鉄骨造の場合、柱や梁など、木造建築では木が使われる、建物の骨組みを構成する重要な部分に鉄骨(鋼材)が用いられています。

鉄骨造に用いられる鉄や鋼といった建材は、木材よりも遥かに硬く頑強な素材です。その分、解体にもそれなりの手間と時間を要し、手間がかかる分工期も伸び、人件費、設備費用もそれに応じて増します。なので、木造よりも費用は高くなっています。

また、鉄骨造の場合、有害物質「アスベスト」が用いられている懸念があります。アスベストは石綿と呼ばれる細かい繊維状の物質で、アスベストが用いられている建物をそのまま解体してしまうと、粉塵が周りに飛散し、環境悪化を招く危険性があります。

人体に継続的にアスベストが吸入されてしまうと、肺がんなどの重大な疾患に繋がりますので、アスベストが使用されている可能性が少しでもあるなら、入念な調査が必要になります。まずは施工業者の契約書にアスベスト使用の明記がないか確認しましょう。

素人目でも推察できる基準としては、建物にセメント瓦、サイディング外壁などが用いられていると、アスベスト使用の危険が大いにありうると言われています。

鉄筋コンクリート造(RC造)の解体費用相場

坪数 坪単価
10~19坪 6.3万円
20~29坪 5.8万円
30~39坪 5.4万円
40~49坪 5.2万円
50~59坪 5.0万円

最後に、鉄筋コンクリート造の建物の、解体工事費用の目安です。鉄筋コンクリート造の建物は、鉄筋をコンクリートで覆うことで鉄の酸化や腐食を防ぎ、曲がる力に弱い鉄筋の強度を高めています。

また、コンクリートの内部に鉄筋が張り巡らされていることで、引っ張る力に弱いコンクリートの圧縮強度を高めています。鉄筋とコンクリートがそれぞれの弱点を補い合う構造になっているわけです。

こうした相互補完的な構造によって、鉄筋コンクリート造の建物は木造や鉄骨造に比べると遥かに寿命が長く、頑強であり、耐震性も高いと言われています。長期的にみれば劣化はするものの、長きに渡る保存性を持っています。

建物が頑丈で複雑な構造をしている分、解体工事には手間がかかります。特に鉄筋コンクリートは、最終的に鉄筋とコンクリートを明確に分別して処理しなければならないので、工期も相応に長く、複雑な工程を余儀無くされます。

こうした事情から、鉄筋コンクリート造は3種類中で最も解体工事費用の相場が高くなっています。

解体費用は建物の構造で大きく異なる

以上のように、解体費用は建物の構造形式によって大きく違いが出ることがわかりました。特に鉄骨造、鉄筋コンクリート造の場合は建材の特性上、粉塵、騒音、振動など周辺環境への影響が強い工事となってしまいますので、配慮が欠かせません。

解体工事を依頼する際には、こうした構造形式の違いによる手間のかかり具合の違いや、工法の違いや、必要な設備の違いなどをしっかり認識しておくことが必要です。

奥多摩町の空き家の種類と件数

総務省統計局による住宅・土地統計調査において、空き家の件数に関する統計を紐解くと、奥多摩町が属する西多摩郡については一部の市町の統計しかありません。

なので、空き家事情を知るには、奥多摩町が発表している資料に頼る必要があります。奥多摩町が平成31年4月に発表している「奥多摩町空家等対策計画」によると、奥多摩町では、平成27年より継続的に、空き家の状況把握を目的に、空き家等の実態把握調査を実施しています。

調査によると、平成28年4月の空き家等の総数は444軒、平成29年4月の空き家等総数は463軒で、平成30年4月の調査での空き家等の総数は480軒となっています。空き家率は16.4%、17.1%、17.6%とじわりじわりと増加傾向にあります。

調査を受けて、奥多摩町では「奥多摩町空家活用・管理システム」が構築されました。システムを活用し、空き家等の所在地、所有者など情報を記載したデータベースを整備し、必要に応じて加除・修正を都度行なっていくことで、継続的な状況把握が進められています。

奥多摩町の空き家等対策計画によれば、課題として、「空家等の管理・除却に要する経済的な負担」を第一に挙げています。その他にも「所有者の高齢化」や、「独居高齢世帯の施設入居に伴う不在化」「所有者や相続人の遠方居住に夜管理不行き届き」など、単身高齢世帯の増加や生産年齢人口の減少が進む、西多摩郡に広く見られる課題が重く受け止められています。

そうした現状を踏まえ、空き家バンク制度への物件登録の推進を始め、空き家のリノベーションを行い町営住宅として活用する試み、空き家を除却して町営住宅や若者定住用の分譲地として活用するなどの方向性が定められています。

奥多摩町では、特に若者世帯の移住に対する試みも進めており、定住を目的とする住宅新築、増築、改築、既存の住宅の購入などに対して補助金の交付、資金借入に対する利子補給などの支援事業を行っています。

こうした支援事業と、空き家バンク制度、前述の空き家活用・管理システムによる継続的な空き家等の状況把握が掛け合わさることによって、空き家の改修、補修に関する潤沢な支援制度がますます整備されていくと考えられます。

まとめ:奥多摩町の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

空き家をそのまま放置すると倒壊の危険性だけでなく、不審火などの失火や非行の温床になるなど周辺環境の悪化も懸念されます。また、法律による「特定空家」に設定されると固定資産税の軽減措置が受けられず、高額な税金がかかってしまいます。

こうした事情もあって、奥多摩町では空き家対策の為、改修や増築、リフォームなどに際し補助金を出すなどの対策を進めています。

また、空き家等対策計画の課題として、空き家の除却や、除却後の町営住宅化、分譲地としての活用などが提案されていることからも、解体や除却に関しての費用補助も今後検討されていくでしょう。

いざ解体工事を行う場合には、土地勘があり、地域特有の事情に精通している奥多摩町内の解体業者に依頼の相談してみましょう。自分が所有する空き家の状態や、周辺の環境などを入念に調査した上で、まずは見積もりを出してもらってみてはいかがでしょうか。

東京都奥多摩町の解体業者