神奈川県横浜市南区で解体工事
をお考えの方

神奈川県横浜市南区内の解体工事実績豊富な企業と提携。神奈川県横浜市南区の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

神奈川県横浜市南区でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

横浜市南区の解体工事を巡る状況

南区は横浜市を構成する18の行政区の1つで、人口密度が市内で最も高い区です。南区は横浜市のほぼ中央に位置しており、区域を横切るように流れる大岡川には約500本もの桜が咲き誇ります。また、横浜市最古の寺院である弘明寺など歴史ある神社・仏閣が多く、全体として下町情緒に溢れる街です。北部には首都高速道路狩場線、西部には横浜横須賀道路が通り、主要道路沿いにはビルや高層マンションが建ち並んでいますが、それ以外の地域はほとんどが住宅地で、昔ながらの街並みが多く残っているところです。また、人口密度が高いことでわかるように住宅密集地も多く、一部地域には昭和の雰囲気が色濃く残るアーケード商店街や古めかしい商店などが残っています。南区は豊かな自然と歴史を感じる街ですが、場所によってはその景観を損ねるような老朽化した空き家が多数見られます。

横浜市では耐震性が不足する木造住宅等の除却工事費用を市が補助する制度「住宅除却補助制度」を設けています。昭和56年5月末日以前に建築確認を得て着工された2階建以下の在来軸組構法の木造個人住宅(自己所有のもの)など、一定の基準を満たせば工事費用の助成が受けられます。さらに「建築物不燃化推進事業補助」という制度もあり、火災による被害が特に大きいと想定される地域において古い建築物を除却する場合、除却工事費等の一部を助成しています。南区も南太田や清水ヶ丘のほか一部地域が補助対象地域です。このような制度についても解体工事の着工前に調べておくと良いでしょう。

ここからは、横浜市南区の解体工事の現状を紹介し、解体工事費用の相場、解体工事を依頼する上で留意するべきことなどを紹介して行きます。

横浜市南区の解体工事費の相場(平均坪単価)

解体工事は「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類に大きく分類されます。解体する建物の構造によって解体工事費は異なりますが、その建物の立地環境も重要です。南区はとにかく住宅密集地が多いところです。こういった場所には解体工事に必要な大型車両や重機が入らないでしょう。そのため手作業での解体工事が中心になりますので、その分工期が長くなってしまいます。また、廃材の運搬の際にも搬出し難いという問題があります。解体する物件の立地環境によっては費用負担が大きくなるでしょう。

ここからは、3つの分類ごとの横浜市南区の解体工事の相場(平均坪単価)を紹介していきます。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 4.0万円
20〜29坪 3.7万円
30~39坪 3.5万円
40~49坪 3.3万円
50~59坪 3.2万円

まずは「木造」の解体費用相場を見てみます。「木造」というのは主な構造部分に木材を使用した建築物のことを言いますが、南区における木造建物の解体費用の相場は、一般的な規模の30〜39坪という広さで坪単価が3.5万円ですから神奈川県の中でも高めの費用相場と言えるでしょう。木造住宅は解体が比較的容易なため「鉄骨造」「RC造」に比べると費用が低くなりますが、敷地内にある庭木や庭石などを撤去する場合にはその分費用が追加となります。また、ブロック塀がある物件で、それを解体する場合には隣家への影響を考え細心の注意が必要となります。ブロック塀の解体撤去作業費についても忘れず見積りをとっておきましょう。

ちなみに、木造の建物には家屋だけでなく昔建てられた土蔵などもあるでしょう。南区は歴史が古い街なのでこういった物件も残っています。土蔵は通常の木造建物とは異なる構造のため、その解体費用はやや割高になるようです。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 4.9万円
20〜29坪 4.5万円
30~39坪 4.2万円
40~49坪 4.0万円
50~59坪 3.9万円

続いて「鉄骨造」の解体費用相場です。「鉄骨造」とは柱や梁などの骨組みに鉄骨を組んで造った建築物のことを言います。「鉄骨造」は「RC造」(鉄筋コンクリート)に比べて軽いため、工場や高層ビルに多く見られます。南区は大半が住宅地のため工場や高層ビルは少ないのですが、残念ながら寂れた商店街が多く、いったいいつからシャッターが閉まったままなのだろうと思わせるような老朽化したビルも見られます。鉄骨造の建物を解体するとなれば周辺への影響も大きく、工期も長くかかります。また、南区には建物が密集している場所が多く、狭い道沿いに所狭しと建物が並び建つ景色がよく見られます。解体工事の際には大型重機を入れて作業したいところですが、それが難しい場所も多いでしょう。

鉄骨造の建物は木造よりも解体費用が高くなりますが、廃材として出た鉄材を有価物として業者が買い取る場合があります。解体工事の見積もりを取る際には、この点についてもしっかりと解体業者に確認しておきましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 8.1万円
20〜29坪 7.4万円
30~39坪 7.0万円
40~49坪 6.7万円
50~59坪 6.5万円

最後に「RC造」の解体費用相場です。「RC造」とは柱、梁、床、壁などが鉄筋とコンクリートで作られれており、その2つの組み合わせよって強度を増した建築物のことを言います。RC造の建物は非常に頑丈な構造のため解体には多くの作業員と大型重機を必要とします。解体費用は一般的な30〜39坪の建物でも坪単価7.0万円で、木造の場合の2倍くらいになります。また、RC造の建物を壊す際にはコンクリートを破壊する際の騒音が大きな問題となるため、近隣住民への対応に関してもより丁寧にやる必要があるでしょう。近隣トラブルを避けるためにも、周辺住民への事前説明などきめ細やかな対応ができる解体業者を選ぶことをお薦め致します。

南区は下町風情が漂うどこか懐かしい街並みですが、区内には昔ながらの商店街が多く、老朽化した商店やテナントビルをよく見かけます。建物を解体したあとの土地の利用方法については売却ということも選択肢の1つですが、コインパーキングにするケースもあるようです。解体後の土地利用をどうするのか決めてから解体業者と打合せすれば、費用面の効率化が期待できるでしょう。

横浜市南区の空き家の種類と件数

空き家に関しては全国的な問題となっています。解体工事の対象となる物件には空き家が多いため、横浜市南区の空き家の現状について政府統計データに基づいて分析してみましょう。

南区の空き家の総数は13,250件で、横浜市内では4番目の多さです。ただし、空き家というのは誰も居住していない、居住できない家ということではありません。空き家は、別荘として利用している「2次的住宅」、「賃貸用の住宅」、「売却用の住宅」、この3つに該当しない「その他の住宅」の4つの種類に分類されています。南区の空き家13,250件の内訳を見ると、2次的住宅が100件、賃貸用の住宅が8,010件、売却用の住宅が600件で、この3つのような利用目的がないその他の住宅に関しては4,540件でした。このデータから、南区の空き家のほとんどが賃貸用の住宅と利用目的がないその他の住宅であることがわかります。

その要因を考えてみましょう。南区のあたりは横浜港の開港とともに発展しましたが、1960年代に宅地の開発が進み、人口が急激に増加しました。そのため区内にはその頃に建設された建物が多く、人口の増加に合わせて賃貸用の集合住宅も多く建てられました。しかし、横浜市営地下鉄の沿線などに新築マンションが増える一方、老朽化したマンションなどは人気がなく、空き家物件が増えている状況のようです。また、南区は横浜市のなかでも高齢化率が非常に高いところで、高齢者だけの世帯や高齢者の一人暮らしが多く、ご高齢の方がお亡くなりになられた後に誰も居住しない状態となっている物件も多数あるようです。

このような背景を踏まえつつ南区にある空き家の実情を統計データを見て分析してみましょう。

「平成25年住宅・土地統計調査」によると、南区内にある空き家のなかで腐朽・破損ありという物件は3,450件でした。内訳を見ると、二次的住宅が30件、賃貸用の住宅が2,160件、売却用の住宅が50件、その他の住宅が1,200件でした。腐朽・破損ありの物件を建て方で分類すると、一戸建て住宅は890件ですが、長屋建・共同住宅・その他に分類される住宅は2,560件という多さでした。このデータから、南区内にはアパート、マンション、テナントビルなどの賃貸物件に腐朽や破損がある空き家が多いということがわかります。

南区の家賃相場を賃貸情報サイトで調べると、ファミリー向けの3DKで約12万円と横浜市のなかでは比較的高い方でしたから、住む場所として人気があることがわかります。ではなぜ空き家が多いのでしょうか。2016年度には南区内で年間約500戸のマンションが販売されていました。また、横浜市の調査によると、南区にはマンションの管理組合が617あり横浜市内では最多となっています。このデータから南区には集合住宅が多いことがわかりますが、その人気は新しい物件に偏り、腐朽・破損ありの古い物件には需要があまりないのでしょう。賃貸物件は、老朽化すればするほど新築物件に押され、ますます空き家が増えて行くでしょう。そのままでは資産価値が下がることはもちろんですが、火災や地震などが発生した際には被害を拡大させてしまうかもしれません。

こういった空き家の状況や問題に対応するため、南区が属する横浜市では「横浜市空家等対策計画」を策定しています。
この計画に基づき、空き家所有者への家財撤去費用補助・空き家譲渡時の3000万円特別控除・空き家に関する相談窓口の設置など取り組みを行うことで「空家化の予防」「空家の流通・活用促進」「管理不全な空家の防止・解消」「空家に係る跡地の活用」を推進しています。
また、南区には「建築物不燃化推進事業補助」という制度の対象地域がありますので、その地域に空き家をお持ちの方は、こういった制度の活用についても忘れず確認しておきましょう。

まとめ:横浜市南区の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

南区の空き家のほとんどが賃貸用の住宅もしくはその他の住宅ですが、そのなかには腐朽・破損がある老朽化した物件もあり、借り手がつかずに放置されている建物も少なくありません。また、一部地域には廃れたままになっている閉店した飲食店やテナントビルなどがあり、廃墟のような状態となっている場所もあります。そのような物件には持ち主が亡くなり親族が相続によって引き継いだものの処理に困って放置しているという建物もあるでしょう。思い切って解体工事を行い更地にする方が資産として価値を持つかも知れません。また、新しい賃貸物件には人気がある南区ですから、解体して建て替えるというのも選択肢の一つでしょう。

横浜市には「横浜市空家等対策計画」が策定されていますので、空き家物件の所有者の方は行政に相談してみることをお薦め致します。また、「住宅除却補助制度」のほか、南区の一部地域が対象となる「建築物不燃化推進事業補助」という制度もありますので、迷ったときにはこのような制度の利用についても積極的に相談してみましょう。

解体を決めたならば所有する物件の構造上の特徴や立地環境などを踏まえ、経験豊富な地元の解体業者に依頼しましょう。

神奈川県横浜市南区の解体業者
DEMOLITION CONTRACTOR

神奈川県から解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP