神奈川県南足柄市で解体工事
をお考えの方

神奈川県南足柄市内の解体工事実績豊富な企業と提携。神奈川県南足柄市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

神奈川県南足柄市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

神奈川県南足柄市

南足柄市の解体工事を巡る状況

南足柄市は神奈川県の西部に位置する人口約4.1万人の都市です。市の北部には丹沢山地がそびえ、「水の郷百選」に選ばれるなど自然の恵みが豊かな土地です。「新宿に通勤、週末は畑。」という市のキャッチフレーズがあるように、都心へは電車で約1時間半の距離で、週末に田舎暮らしを楽しみたいひとにとっては暮らしやすい環境が整っています。しかしながら人口が県内でもっとも少ない南足柄市では、近年少子高齢化が問題となっているため、子育て支援や移住および就農支援を充実させています。また、企業誘致にも力を入れており、富士フイルムやアサヒビールなど大手企業をはじめ、豊富な水資源を利用した化学工業や精密機械工業が市の基幹産業となっています。さらに、「足柄産業集積ビレッジ構想」によって「竹松・壗下地区」のインフラ整備が進められています。大雄山駅前の再開発も完了しており、長閑な田舎ではあるものの、新興住宅地には新築物件が続々と登場しています。
住宅事情を詳しく調べてみると、大雄山駅や和田河原駅周辺には分譲戸建て住宅が増えており入居状況も良好のようですが、築年数の古い戸建て住宅も数多くあり、長い間空き家状態が続いている物件も少なくないようです。

南足柄市では空き家等対策を総合的・計画的に進めるため、「空家等対策の推進に関する特別措置法」第6条第1項に基づき、「南足柄市空家等対策計画」を策定しています。期間は2019年度から2023年度までの5年間で、「新たな空き家等の発生抑制」「利活用の促進」「適正管理の促進」を空き家問題解消の3つの柱とし、具体的な施策を展開しています。

また、空き家に関する様々なお悩みに対応するため、都市計画課 建築住宅班を相談窓口としています。さらに市民相談室では弁護士や行政書士など専門家による各種相談を受け付けていますので、空き家についてお悩みの方は、南足柄市に相談してみると良いでしょう。

ここからは、南足柄市の解体工事の現状を紹介し、解体工事費用の相場、解体工事を依頼する上で留意するべき点などを紹介していきます。

南足柄市の解体工事費の相場(平均坪単価)

解体工事は「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類に大きく分類されます。解体工事費の相場は建物の構造で大きく異なりますが、立地環境によっても違ってきます。南足柄市は市域の約7割が森林のため、山の裾野の狭いエリアに市街地が形成されています。住宅密集地はそれほどありませんが、道幅の狭い場所や急こう配の土地に建つ住宅もあり、そういった場所での解体工事においては大型車両が使い難いため、工期が長くなることもあるでしょう。これから紹介する解体工事費の相場についてはあくまでも見積りを取る際の一つの目安とお考えください。

ここからは、3つの分類ごとの南足柄市の解体工事の相場(平均坪単価)を紹介していきます。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.2万円
20〜29坪 2.9万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.7万円
50~59坪 2.6万円

まず「木造」の解体費用相場です。「木造」というのは主要構造部分に木材を使用した建築物のことを言います。南足柄市における木造建物の解体費用相場は、一般的な規模の30〜39坪で坪単価2.8万円ですから、神奈川県のなかでは安い方です。ただし、上記のように建物の立地環境によって費用は違ってくるでしょう。木造住宅は大型重機を使って一気に解体できれば早いのですが、そういった重機や車両が使用しづらい環境では手作業メインの工事となります。自ずと工期が延びてしまい費用も割高になるでしょう。また、木造住宅以外にブロック塀などの解体・撤去が必要であれば当然その費用が追加となります。

ちなみに、解体によって発生した木材や木屑等は状態が良ければ専門の業者に買い取ってもらうことができます。廃棄処分するとなると処分費用がかかってしまいますから、着工前に解体業者と相談しておきましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

続いて「鉄骨造」の解体費用相場です。「鉄骨造」とは柱や梁などの骨組みに鉄骨を組んで造った建築物のことを言います。「鉄骨造」の建物を解体する場合、木造に比べると大掛かりな工事となるため費用も高くなります。また、大型重機や大型車両が必要となりますのでそれらのレンタル費というのも費用の中で大きな割合を占めるでしょう。工期が長くなるほど費用は嵩みます。また、解体する建物にアスベスト(石綿)が使用されている場合、作業中に健康被害を及ぼすことがないよう厳密な作業基準を守らなければいけません。アスベスト処理には専門資格が必要となりますので、外注費が発生しないよう、資格者が在籍する経験豊富な解体業者を選んでおくと良いでしょう。

ちなみに、解体によって発生する鉄材や鉄くずに関しても有価物として業者に買い取ってもらうことができますので、解体業者と事前に確認しておきましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.5万円
20〜29坪 6.0万円
30~39坪 5.6万円
40~49坪 5.4万円
50~59坪 5.2万円

最後に「RC造」の解体費用相場です。「RC造」とは柱、梁、床、壁などが鉄筋とコンクリートで作られており、その2つの組み合わせによって強度を増した建築物のことを言います。RC造の建物は頑丈さを追求して建てられていますので、解体するとなると複雑な工程を要します。また、コンクリートを破壊する際には騒音や粉塵、振動などが発生してしまいます。近隣住民への影響が大きいため、解体工事を始める前にしっかりと説明しておくことをお薦め致します。工事中には破壊したコンクリート塊などを排出するための大型車両が頻繁に出入りすることになるでしょう。この点においても事故が発生しないよう細心の注意が必要です。RC造の建物を解体する際には、経験豊富で安全管理が徹底できる解体業者を選ぶことをお薦め致します。

南足柄市の空き家の種類と件数

南足柄市の空き家の現状について政府統計データに基づき分析してみましょう。

南足柄市の空き家の総数は1,850件です。一見すると少ないように思われますが総住宅数は17,330件ですから約9.3件に1件が空き家ということになります。なお、空き家というのは誰も住んでいない、住めない家ということではなく、別荘として利用している「2次的住宅」、「賃貸用の住宅」、「売却用の住宅」、この3つに該当しない「その他の住宅」の4つの種類に分類されます。南足柄市の空き家1,850件の内訳を見ると、2次的住宅は50件で、賃貸用の住宅は960件、売却用の住宅は90件、この3つのような利用目的がないその他の住宅に関しては750件でした。このデータを見ると、南足柄市の空き家は約半数が賃貸用の住宅です。

南足柄市は富士フイルムの南足柄工場とともに発展した街と言えるでしょう。現在市内には大規模な工場をはじめ多数の関連事業所があります。1960年頃に南足柄市の人口が急増していますが、それには当時富士フイルムの工場が規模を拡大したことが大きく影響しています。合わせるように市内には賃貸用の住宅が増え、マンション建設も進みました。2000年頃までは人口が増え続けていたため物件数も増加していましたが、現在人口は減少傾向となっていますから余剰物件の数が多くなり、賃貸用の住宅に空き家が増えているのでしょう。

このような状況を踏まえつつ南足柄市にある空き家の実情を統計データから分析してみましょう。

「平成25年住宅・土地統計調査」によると、南足柄市内にある空き家のなかで腐朽・破損がある物件の数は340件でした。空き家の総数が1,850件ですから約5.4件に1件の割合で腐朽・破損があることになります。その内訳を見ると、二次的住宅は10件ですが、賃貸用の住宅は100件で、売却用の住宅は0件ですが、その他の住宅は230件と大半を占めています。建て方で分類すると、一戸建が270件で、長屋建・共同住宅・その他に関しては80件でした。さらに詳しく見ると、腐朽・破損がある一戸建のうち230件がその他の住宅という状況です。

ここまでのデータでわかるのは、南足柄市には賃貸用の住宅に空き家が多くなっているものの、老朽化した空き家状態の住宅はそのほとんどが一戸建ということでしょう。賃貸用の住宅にも腐朽・破損があるものが100件ありますが、深刻なのは戸建て住宅です。
南足柄市の高齢化率を調べると2015年国勢調査時には29.4%で、全国平均(26.6%)を超えています。一戸建住宅が空き家となる要因には相続が大きく関係していると言われています。親族から一戸建ての住宅を相続で引き継いだとしても遠方に住んでいれば適正な管理をすることが難しいでしょう。特に古い家屋に関しては修繕の必要があるため、賃貸等で活用することが難しくなります。入居者がいない状態が長く続けば、ますます傷んでいくのは明らかです。もしリノベーションや売却の予定がないのであれば、思い切って解体することも選択肢の一つでしょう。
ちなみに、南足柄市の2019年の公示地価を調べると平均62,433円/㎡で、変動率は-3.36%でした。一部上昇しているところもありますが、全体的に下降している状況です。土地としての資産価値が下がっているわけですから、空き家物件を所有している方は思い切って解体して早めに売却するか、行政のサポートを受けることを考えてみてはどうでしょうか。

南足柄市では公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部と「南足柄市における空き家等の対策の推進に関する協定」を締結し、南足柄市が運営する「空き家バンク」の活用を推進するべく体制を整えています。ちなみに、南足柄市の「空き家バンク」とは、市への移住希望者と空き家所有者との橋渡しをする制度です。市内に売却および賃貸等を希望する空き家を所有する方は誰でも利用できますので、詳しくは南足柄市 都市計画課 建築住宅班にお問い合わせください。

また、空き家の適正管理をサポートするため、南足柄市では「南足柄市シルバー人材センター」と協定を締結しています。シルバー人材センターでは「空き家見回り隊」として空き家の現状確認を行うほか、除草作業や簡易な修繕作業等を行っています。また、南足柄市では平成31年4月からふるさと納税の返礼品に南足柄市シルバー人材センターが実施する空き家管理サービスの提供を追加しています。遠方にお住まいのためご自身で空き家を管理することが難しい方は、問い合わせてみると良いでしょう。

まとめ:南足柄市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

南足柄市では人口減少及び高齢化によって空き家が増加しています。市では移住支援なども積極的に行っていますが、今後さらに空き家が増えることが予想されています。老朽化した空き家を所有する方は、賃貸として活用することもできずお悩みのことでしょう。空き家というのはただ所有しているだけで経済的な負担がかかります。南足柄市では「空き家バンク」を通じて空き家の利活用を推進していますが、同時に空き家解体後の跡地の活用にも力を入れています。市内には駅近エリアを中心に新築物件が増え続けています。空き家問題は先送りにせず、行政のサービスを利用するなどしてできる限り早く解決を図ることをお薦め致します。

解体すると決めたならば、行政の制度や南足柄市特有の環境に詳しい地元の業者を選びましょう。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP