神奈川県足柄上郡開成町で解体工事
をお考えの方

神奈川県足柄上郡開成町内の解体工事実績豊富な企業と提携。神奈川県足柄上郡開成町の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

神奈川県足柄上郡開成町でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

足柄上郡開成町の解体工事を巡る状況

開成町は神奈川県の西湘地区に位置し、東日本にある「町」の中で最も面積が小さい町です。人口は約1.8万人で、小田原市、南足柄市などと隣接しています。とても小さい町ですが、東名高速道路「大井松田IC」から都心まで約1時間半の距離、小田急線で新宿駅まで直通で行ける交通利便性の高さから人口の増加率は県内随一となっており、出生率も高水準です。小田急線「開成駅」周辺は大規模な区画整理が完了し、マンションや大型商業施設が建設されています。東口にオープンした「ぷらっと・かいせい」には、「子育て支援センター あじさいっこ」や「ファミリーサポートセンター」があり、町民の暮らしを幅広くサポートしています。また、企業誘致に関しても積極的に行われており、富士フイルムや日本製紙クレシアなど、大手企業の関連事業所も多数立地しています。
開成町の住宅事情を調べると、開成駅周辺の区画整理事業地内を中心に分譲戸建て住宅が続々と売りに出されています。価格帯としては1,800~2,000万円の物件が多く、都心と比べるとかなり手頃なようです。また、開成駅周辺には築浅のきれいな分譲マンションが多数あるようです。小さい町ながら活気があり、子育て世代が多く暮らす開成町ですが、新築物件が増えている一方で町内には老朽化した戸建て住宅やアパートも存在し、空き家状態の物件も少なくないようです。

開成町では、空き家対策の一環として「空き家バンク」を開設しています。町内で増加傾向にある空き家の有効活用を通じて定住促進につなげ、地域の活性化を図ることを一つの目的としています。

ここからは、開成町の解体工事の現状を紹介し、解体工事費用の相場、解体工事を依頼する上で留意するべき点などを紹介していきます。

足柄上郡開成町の解体工事費の相場(平均坪単価)

解体工事は「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類に大きく分類されます。解体工事費の相場は建物の構造で大きく異なりますが、立地環境でも差が出ます。開成町は、山々に囲まれる小さな町です。平地の市街地だけでなく丘陵部にも住宅が多く、幅の狭い道路に面する住宅も少なくありません。そういった環境で解体工事を行うとなると大型重機が使用し難いでしょう。手作業での解体がメインとなる場合はその分費用が割高になります。これから紹介する解体工事費の相場についてはあくまでも見積りを取る際の一つの目安とお考えください。

ここからは、3つの分類ごとの開成町の解体工事の相場(平均坪単価)を紹介していきます。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.2万円
20〜29坪 2.9万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.7万円
50~59坪 2.6万円

まず「木造」の解体費用相場です。「木造」というのは主要構造部分に木材を使用した建築物のことを言います。開成町における木造建物の解体費用相場は、一般的な規模の30〜39坪で坪単価2.8万円ですから、神奈川県の平均より低くなります。開成町の総家屋数に占める木造住宅の割合を調べると約8割が木造住宅でした。おそらく開成町で解体を検討している方の大半が木造住宅の所有者でしょう。解体工事において注意しなければいけないのは建築資材にアスベストを含んでいるものがあるかどうかです。屋根瓦にも含まれていることがありますので、解体工事の着工前に調査をしておくと良いでしょう。そのほか、庭木や庭石、残存物等の撤去がある場合はその費用が追加になりますので、事前にしっかりと打合せしておくことをお薦め致します。

ちなみに、解体によって発生した木材や木屑は再資源化できる状態であれば業者に買い取ってもらうことができますので、解体業者と相談しておきましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

続いて「鉄骨造」の解体費用相場です。「鉄骨造」とは柱や梁などの骨組みに鉄骨を組んで造った建築物のことを言います。鉄骨造には、軽量鉄骨と重量鉄骨があり、鋼材の厚みに違いがあります。軽量鉄骨は一般の住宅やアパートなど、重量鉄骨はビルや高層マンションなどに用いられていますが、重量鉄骨の方が解体に手間がかかるため費用が高くなります。また、2006年以前に建てられている「鉄骨造」の建物の場合、建材にアスベスト(石綿)が使用されて可能性がありますが、アスベスト除去工事を行うとなると専門の資格者の指示に従い安全に解体工事を進めなくてはいけません。安全性はもちろんのこと、費用的な面で見ても有資格者が在籍する経験豊富な解体業者を選ぶことをお薦め致します。

なお、解体によって発生する鉄材や鉄くずに関しても有価物として業者に買い取ってもらうことができますので、事前に解体業者と打ち合わせしておきましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.5万円
20〜29坪 6.0万円
30~39坪 5.6万円
40~49坪 5.4万円
50~59坪 5.2万円

最後に「RC造」の解体費用相場です。「RC造」とは柱、梁、床、壁などが鉄筋とコンクリートで作られており、その2つの組み合わせによって強度を増した建築物のことを言います。RC造の建物は頑丈な構造ゆえ壊しにくく、解体工事が大掛かりなものとなります。また、コンクリートを破壊する際に、騒音や粉塵、振動等が発生してしまいますので、近隣住民の生活への影響が避けられません。RC造の場合、複雑な工程で解体工事が行われますので工期も長くなるでしょう。近隣トラブルを避けるためには事前に説明会等を行うことをお薦め致します。また、工事中も近隣住民に対して丁寧な対応ができる解体業者を選んでおくと良いでしょう。

足柄上郡開成町の空き家の種類と件数

開成町の空き家の現状について政府統計データに基づき分析してみましょう。

開成町の空き家の総数は360件です。総住宅数は6,410件ですから空き家率は5.6%という低い値です。なお、空き家というのは誰も住んでいない、住めない家ということではなく、別荘として利用している「2次的住宅」、「賃貸用の住宅」、「売却用の住宅」、この3つに該当しない「その他の住宅」の4つの種類に分類されます。開成町の空き家360件の内訳を見ると、2次的住宅は40件ですが、賃貸用の住宅は200件と多く、売却用の住宅は0件ですが、この3つのような利用目的がないその他の住宅に関しては110件でした。このデータを見ると、開成町にある空き家は大半が賃貸用の住宅で、利用目的のないその他の住宅もやや多いということがわかります。

開成町には賃貸用の住宅に空き家が多いのですが、その要因を調べてみます。開成町では1965年から1970年の間に人口が急増し、増加率は約35%という高い値でした。その後も人口は増え続けており、町内には新興住宅地が次々と出来ています。また、人口増加に合わせるように集合住宅も増えており、毎年のように新築物件が建てられている状況です。しかしながら、町内には人口が急増した時期に建てられた老朽化したアパート等も数多く残っており、賃貸物件は余剰していると言えます。若い世代の転入者が多い開成町ですが、傾向としては新築物件を好むところがあるのでしょう。自ずと古い賃貸物件は競争力が弱くなり、空き家が多くなるのだと考えられます。
利用目的のないその他の住宅にも空き家がやや多いのですが、その要因も同様のことが考えられます。江戸時代に穀倉地帯として栄えた開成町には築300年の「あしがり郷瀬戸屋敷」に代表される古民家が多くあります。特に北部地域には伝統的な農家型民家が多数残っていますが、一部を除き保存が難しくなっています。また、一般的な戸建て住宅にも築年数の古いものが多く、相続等で引き継がれたものの所有者が居住せず、賃貸等で活用されないままになっている空き家も少なくありません。現在数としては110件ですが、高齢化が進んで行けば今後さらに増加していくでしょう。

開成町では、こういった空き家の利活用を推進するため「空き家バンク」を開設しています。対象となるのは開成町内の建築物であり、現に居住その他の使用がなされていない空き家です。「空き家バンク」は、空き家の売却もしくは賃貸等を希望する所有者からの申込みを受け利用希望者へ情報提供を行うとともに、必要に応じて開成町における空き家対策に関する協定を締結している「不動産関係団体」に対して、空き家の不動産取引の仲介等のために必要な情報を提供する仕組みです。
なお、適正な建築物であり、居住の場として問題がないことが利用条件となりますので、老朽化によって人が住めない状態となっている場合、そのままでは「空き家バンク」を利用することができません。

ちなみに、開成町では町内にある古民家を活用したイベント開催等の利活用が積極的に行われています。民間企業等の取り組みではありますが、「あしがり郷 瀬戸屋敷」や「古民家ガーデン紋蔵」は成功例と言えるでしょう。町内に古い空き家をお持ちの方は、一度調べてみることをお薦め致します。また、開成町役場においても伝統的な「古民家」の実態調査を行うなど、新たな動きがあります。「空き家バンク」の活用とともに今後が期待されるところです。

開成町の空き家は大半が賃貸用の住宅ですが、利用目的のないその他の住宅も少なくありません。何らかの方法で利活用できれば良いのですが、老朽化したまま放置していると数年後には「特定空家等」に指定されることも考えられます。また、賃貸用の住宅に関しても、町内には次々と新築物件が建てられていますから、修繕やリノベーション等を行わなければ借り手を見つけることが年々難しくなっていくでしょう。人口が増え続けている開成町ですから、立地環境が良いのであれば思い切って解体して建て替えることも選択肢の一つでしょう。
ちなみに、開成町の2019年の公示地価を調べると平均84,266円/㎡で、変動率は-1.49%でした。開成駅に近いエリアは地価が上昇していますが、それ以外は下降している状況です。居住が難しい老朽化した住宅を所有している方は、建物を解体して跡地を売却するなど、早めに何らかの対応をした方が良いでしょう。

まとめ:足柄上郡開成町の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

1985年に小田急小田原線の開成駅が開通し、2019年からは急行の全列車停車駅となったこともあり、交通利便性の向上によって開成町の人口は増え続けています。子育て環境が整っており、戸建て住宅の価格相場も手頃なことから若い世代の転入も増えているようです。豊かな自然と都市機能が上手く融合している開成町ですが、町内には北部エリアを中心に古い住宅が多数あります。開成駅がある南部エリアには新築マンション等も増えていますが、北部と南部の地域差は大きくなる一方です。開成町では「空き家バンク」を開設し、町内の空き家の利活用を推進していますが、実際にはその取り組みが町民に上手く活用されていない状況です。
住宅というのはただ所有しているだけで固定資産税や都市計画税など経済的な負担がかかります。相続等で引き継いだものの居住しておらず、適正管理が難しい場合は、思い切って解体することも選択肢の一つでしょう。

解体すると決めたならば、行政の制度や開成町特有の環境に詳しい地元の業者を選びましょう。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP