千葉県四街道市で解体工事
をお考えの方

千葉県四街道市内の解体工事実績豊富な企業と提携。千葉県四街道市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

四街道市の解体工事を巡る状況

四街道市は千葉県の北部に位置する市で、都心から約40km圏、千葉市から約8kmの距離にあります。

広域幹線道路の国道51号線、東関東自動車道が市内を横断しており、成田国際空港や幕張新都心に近接する恵まれた地理的条件に加え、豊かな緑が残された自然環境と都市機能が調和した暮らしやすい街です。昭和40年代から50年代にかけて大型団地が相次いで建設されたことに伴い人口が急増し、首都圏のベッドタウンとして発展を遂げました。

四街道市の人口・世帯数ともに増加の一途を辿っていますが、平成27年の高齢化率は28.2%と、高齢化においては近隣の自治体を上回る高さになっています。

近年は1人暮らしの高齢者も増加しており、今後は住宅を中心に解体工事の需要が高まるでしょう。また、四街道市には昭和40年代に建てられた古い団地も多く、RC造の解体工事も増えてくると予想されます。

この記事では四街道市の解体工事にかかる相場を分析し、解体工事を依頼する上での留意点、空き家の動向などを探っていきます。

四街道市の解体工事費の相場(平均坪単価)

四街道市の解体工事費の相場は、千葉市や船橋市など県の中心部とほぼ同等の高めの水準です。しかし、解体工事の費用は、建物本体の解体だけでなく、付帯物の撤去、周辺環境などによって金額が変わってきます。

解体工事の費用は決して安いものではないので、金額面で納得することはもちろんですが、信頼できる業者かどうかを見極めることも大事なポイントと言えます。

建物の種類は、大きく分けて「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類があります。ここからは、それぞれの解体工事の特徴や確認するポイントなどを紹介します。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.6万円
20〜29坪 3.3万円
30~39坪 3.1万円
40~49坪 3.0万円
50~59坪 2.9万円

四街道市で木造建物の解体工事を依頼する場合、30~39坪の建物で坪単価3.1万円です。鉄骨造やRC造の建物の解体工事よりも安いとはいえ、少しでも費用を抑えておきたいところでしょう。

四街道市は都心や千葉市へのアクセスが良いことからベッドタウンとしての性質が色濃く、多くの住宅地が形成されています。持ち家率が約8割と県内でも非常に高く、中でも木造一戸建ての割合が高くなっています。

地区別に見ると、人口密度、空き家率共に最も高いのは四街道地区で、人口密度が同程度のさちが丘、旭ヶ丘地区に比べても空き家が多い現状です。

JR四街道駅周辺は古くに形成された既成市街地が広がり、計画的に開発された市街地と比べると敷地が狭く狭隘道路に面した住宅も多くあります。こういった場所で解体工事を行う場合、重機が入ることが困難で手壊しによる作業になることもあり、工期が延びて費用も通常の相場より2~3倍高くなってしまうケースもあります。

道幅の狭い場所にある建物を解体する場合は重機が入れないということもあるため、業者に依頼する際は事前に現地を確認してもらうことをおすすめします。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 4.4万円
20〜29坪 4.0万円
30~39坪 3.7万円
40~49坪 3.6万円
50~59坪 3.5万円

鉄骨造は、アパート、雑居ビル、店舗や倉庫などによく使用される構造体です。四街道市では地域商店街の後継者不足、経営者の高齢化などにより空き店舗が増えており、市では、空き店舗等を利用して事業を始める方を対象に賃貸料や改修費の一部を補助する制度を設けていますが、今後ますます高齢化が進行すると空き店舗の解体工事も増えてくるでしょう。

鉄骨造はその名の通り骨組みに鉄骨を利用した造りで、解体費用は木造より高くRC造より安い中間に位置していると言えます。耐震性や耐火性などに優れ、シロアリ等による被害の心配もない強固な造りですが、内部結露等で湿気を帯びることにより、錆が発生しやすいことが弱点とも言えます。錆は強度の低下にも繋がるため、腐朽の進んだ建物は思い切って解体して建て替えるのも1つの方法です。

また、古い鉄骨造の建物には耐火被覆材としてアスベストが使用されているケースも多くあります。アスベストを除去する場合は、大気汚染法などの法令に定められた調査や届出、適切な除去作業が必要となります。アスベスト除去の作業が伴う場合は、アスベストに関する知識や除去経験のある業者を選ぶようにしましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 7.3万円
20〜29坪 6.7万円
30~39坪 6.3万円
40~49坪 6.0万円
50~59坪 5.8万円

RC造とは鉄筋コンクリート造の建物のことで、低層構造物、高層構造物、一般住宅、ビルなど幅広く用いられる構造体です。耐震性や耐火性、断熱性、遮音性などに優れた強固な造りであるため、解体の際は大掛かりな工事になります。

四街道市の空き家は木造建物が多くを占めていますが、千代田地区ではRC造の空き家が多く見られます。劣化が進み借り手がいなくなると、いずれは解体工事も増えてくるでしょう。RC造の建物の解体はコンクリートの破砕が伴うため、振動や騒音が発生します。近隣の建物に迷惑がかからないよう、しっかりとした養生や防音対策が必要になります。

また、解体の際に発生するコンクリート、アスファルト、木材などの建設廃棄物は、建設リサイクル法に基づき分別解体等及び再資源化等が必要となります。業者の中には無資格で実務を行う悪質な業者も存在するため、解体を依頼する際は信用できる業者かどうかしっかり見極めることが重要です。

千葉県四街道市で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 千葉県四街道市における解体工事の費用事例は現在作成中となっております。

四街道市の空き家の種類と件数

ここからは、空き家の種類と件数から見えてくる四街道市の今後の空き家の動向、市の対策などを探っていきます。

平成25年に実施した住宅・土地統計調査によると、四街道市の住宅総数は36,970件、空き家の総数は3,370件です。空き家率としては9.1%で、これは全国の空き家率13.5%、千葉県の空き家率12.6%と比較しても低く、県内の市の中では3番目に低い数字です。

空き家の内訳を見ると、「賃貸用の住宅」が1,680件、「売却用の住宅」が140件、「二次的住宅」が70件、「その他の住宅」が1,490件です。四街道市の空き家率は低いものの、平成15年の調査時から空き家の数は増加傾向にあります。

建て方別で見ると、空き家全体のうち一戸建てが1,450件、長屋建・共同住宅が1,920件と、アパート等の空き家が多いことがわかります。しかし、所有者が長期にわたり不在、または取り壊す予定のある「その他の住宅」に焦点を当てると、一戸建てが1,240件、長屋建・共同住宅が240件と、圧倒的に一戸建てが多くなります。

この結果から、四街道市の空き家は、数字で見ると「賃貸用の住宅」の空き家が最も多いですが、今後利用されるかどうか不明の「その他の住宅」に分類される一戸建て住宅の割合が高いことがわかります。

「賃貸用の住宅」の空き家は、現在のところ借り手がいなくても、今後入居する可能性があります。しかし、「その他の住宅」は賃貸物件や売却物件として活用されていなく、このまま放置される可能性もあります。全国的に人口減少、高齢化率増加の傾向にある中、四街道市は人口、世帯数ともに年々増加しています。しかし、それと同時に高齢化率も増加しており、今後も所有者不在の空き家が更に増えていくことが予想されます。

四街道市では、親・子・孫の三世代で同居・近居をするために住宅を取得した場合、住宅取得費用の2分の1以内(上限100万円)を補助しています。こうした制度を利用して、親世帯・子世帯が同居または近くに住むという選択をすることも、管理不全の空き家を増やさないための一つの方法と言えるでしょう。

次に、四街道市の空き家の破損状況を見てみると、破損等のある建物が680件、破損等がなく問題のない建物が2,690件です。何らかの破損がある建物のうち、一戸建て住宅は350件となっており、これらの建物は早急に対処しなければ倒壊の危険、衛生上の問題、火災のおそれなど様々なリスクが生じます。

四街道市では、相続問題や管理など様々な空き家問題を抱える所有者に対し、専門的アドバイス等を受けられるように関係団体を紹介しています。その他の具体的な空き家対策としては現在のところ十分に整っていない状況ですが、2019年に「四街道市空家等対策計画」を策定し、空き家の発生抑制、有効活用に向けて計画を進めています。

まとめ:四街道市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

四街道市の人口は現在も増加傾向にあり、それと同時に高齢化も進行しています。空き家も着実に増加しており、今後も高齢化が進むと、所有者が施設や病院に入るなどの理由により管理が困難という建物がますます増えていくでしょう。

四街道市は現在のところ空き家対策が十分に整っているとは言えないため、劣化した建物はリフォームして活用するなど個々の取り組みが大切になります。

しかし、様々な事情によりリフォームして賃貸・売却物件として再利用するのは難しいということもあるでしょう。解体を少しでも考えている場合は、まずは信頼できる解体業者を探してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP