千葉県八街市で解体工事
をお考えの方

千葉県八街市内の解体工事実績豊富な企業と提携。千葉県八街市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

八街市の解体工事を巡る状況

八街市は千葉県のほぼ中央に位置し、東京都心から約50km圏内、成田国際空港まで約10kmの距離にあります。

JR総武線が走る市の北部から中央部にかけて住宅地が広がっており、周辺や南西部にかけては田畑が広がり野菜を中心とした都市近郊型農業が盛んです。中でも明治29年頃から栽培が始まった落花生は日本一の収穫量を誇り、「八街産落花生」として地域ブランド登録されるなど全国的に知られています。

八街市の人口は、バブル経済期の宅地開発により昭和50年頃から急増しましたが、平成16年をピークに減少傾向にあり、近年は少子高齢化が進行しています。高齢夫婦世帯、高齢単身世帯の増加に伴い空き家も増えており、特に古い町並みが形成されているエリアに多く存在しています。八街市の解体工事の需要は、今後住宅を中心に高まることが予想されます。

この記事では、八街市の解体工事費用の相場、業者選びのポイント、空き家の現状などを紹介していきます。解体工事をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

八街市の解体工事費の相場(平均坪単価)

八街市の解体工事費用は千葉市などと比較すると相場は若干安いため、賢い業者選びができればコストを抑えることも可能でしょう。

建物の造りは大きく分けて「木造」「鉄骨造」「RC造」の3つがあり、どの構造かによって解体費用も変わってきます。所有する建物がどの構造かを踏まえたうえで、費用の相場、付帯工事に関わる注意点などを頭に入れておくと良いでしょう。

では、3つの建物の工法や費用の違いについて見ていきましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.3万円
20〜29坪 3.0万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.7万円
50~59坪 2.6万円

八街市における木造建物の解体工事費用の相場は、一般的な広さの30~39坪で坪単価2.8万円です。一口に解体工事と言っても、建物の大きさや平屋、2階建てなどの違いによって費用も異なるため、解体を依頼する建物についてよく理解しておくことが重要です。

八街市の持ち家率は約8割と非常に高く、その多くが木造の一軒家です。八街駅周辺の古くからある住宅地や郊外の集落などには古い木造住宅も多く、リフォームや建て替えを検討している方も多いでしょう。木造住宅の解体は比較的容易で、工期も短く済むため他の構造の解体工事に比べて費用も安いことが特徴です。

道幅が狭く重機が入れないと手壊しの部分が多くなり、その分費用もかさんでしまいますが、八街市は都心のように住宅が密集したエリアも少なく、そういった心配はあまりないでしょう。

しかし、古い住宅の解体では外付けの鉄製階段、アルミ架けベランダ、ブロック塀などの撤去を伴うことも多く、これらの撤去工事は別に費用がかかります。見積もりの際には、付帯工事費用がどのくらいかかるかもしっかり確認しておきましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

鉄骨造の建物には、厚みが6ミリ未満の材料で組み立てられた軽量鉄骨造、6ミリ以上の材料で組み立てられた重量鉄骨造の2種類があり、そのどちらかによって解体費用も変わってきます。所有する建物がどちらなのか、事前に図面等で確認しておくと業者との打ち合わせもスムーズに進むでしょう。

鉄骨造は事務所ビル、店舗ビル、アパート・マンションなどに多く見られる構造体で、S造とも呼ばれています。木造建物の解体と異なり鉄骨解体用のアタッチメントを使用する必要があり、解体には手間や工期がかかります。

鉄骨造の解体工事で気を付けなければならない点は、吹き付けアスベストの有無です。古い鉄骨の建物には耐火材、耐熱材としてアスベストが使用されているケースが多く、除去するには高額の費用がかかります。

解体を依頼する建物にアスベストが使用されているかどうかは、建築時の施工図や設計図書で確認したり、施工した業者に問い合わせるとわかります。使用されている場合は法律に従って適切に除去しなければならないため、アスベスト除去の実績がある解体業者に依頼することをおすすめします。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.6万円
20〜29坪 6.0万円
30~39坪 5.7万円
40~49坪 5.4万円
50~59坪 5.2万円

最後に、RC造の解体費用の相場を見てみましょう。RC造は、住宅、マンション、ビルなど様々な建物に見られる構造体です。鉄筋の枠組みにコンクリートを流し込んで固めるため、耐震性や耐久性に優れていますが、強固な造りがゆえに解体工事も大掛かりになります。

3つの構造体の中で最も解体費用が高く、30坪の一戸建ての場合でも約170万円、大規模なビルやマンションの解体だとかなり高額な費用がかかります。更に、上記の表は建物の解体のみの金額であり、これに基礎杭、地下階、ブロック塀などの外構等、様々な要素が加わることによって金額も大きく変わってきます。

業者に正確な見積もりを出してもらうには、事前の現地調査が欠かせません。図面、建物、周辺環境などを細かくチェックしてもらい、信頼できる解体業者と契約するようにしましょう。

また、80㎡以上の建築物を解体する場合は、建設リサイクル法により認可された業者でなければ施工することができないため、資格を持っているかどうかなども確認しておくことをおすすめします。

千葉県八街市で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 千葉県八街市における解体工事の費用事例は現在作成中となっております。

八街市の空き家の種類と件数

ここからは八街市の空き家の種類や件数に基づいて、解体工事の需要を探っていきます。

総務省が平成25年に行った住宅・土地統計調査によると、八街市の住宅総数は29,000件、そのうち空き家の総数は3,360件です。空き家率は11.6%と全国の空き家率13.5%を下回っており、千葉県の平均よりも若干低い値です。

空き家の内訳を見ると、「賃貸用の住宅」が1,030件、「売却用の住宅」が250件、休暇の際の避暑・保養などを目的とした別荘などの「二次的住宅」が160件、この3つのどれにも属さない「その他の住宅」が1,920件です。

空き家の中で最も問題となるのが、転勤や入院など何らかの事情により長期不在になっている「その他の住宅」です。八街市の空き家はこの部分に属する物件が最も多く、今後高齢化が進むとますます増加することが懸念されます。八街市の人口は平成17年頃から減少傾向にあり、特に20歳から30歳代の市外への流出が多くなっています。

この背景には、都心部へのアクセスの不便さ、市内の働き口の少なさなどの要因があり、市は若者世代が定着できる街づくりを課題としています。県内には定住する目的で住宅を購入すると奨励金を交付される制度を設ける自治体もありますが、八街市では現在のところそういった制度もなく、流入人口も増えない状況が続いています。

続いて、空き家3,360件の建物の状態ですが、腐朽・破損のある建物は730件、破損等がなく住まいとして問題のない建物が2,630件です。更に詳しく見ると、何らかの破損のある建物のうち、「その他の住宅」に該当する物件は一戸建が550件あります。老朽化の進んだ利用目的のない建物は、放置しておくと倒壊などの恐れもあるため、早急な対処が必要となるでしょう。

八街市では、こうした人口減少・空き家の増加問題を踏まえ、市内への移住・定住希望者へ空き家を貸出または売却する目的で「八街市空き家バンク制度」を制定しています。空き家を売りたい・貸したい方の物件を市のホームページ上に掲載し、入居希望者と所有者の橋渡しを行っています。

ただし、老朽化が目立つ建物、大規模な修繕が必要な建物については登録することができません。市では住宅リフォーム補助事業も行っているため、こうした制度を利用してリフォームしておくと、賃貸物件や売却物件として活用しやすくなるでしょう。

まとめ:八街市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

八街市の空き家率は、全国水準よりも若干低い値です。しかし、空き家の中でも最も問題のある長期にわたり所有者が不在の空き家が多い状況です。空き家の所有者の多くが高齢者で、遠方の子供や親類の家に移り住んでいたり、高齢のため管理が難しいというケースも少なくありません。

今後利用するつもりがあり、定期的に管理ができていれば問題はありませんが、管理をしなければいずれは劣化が進み、周辺住民に悪影響を及ぼすことになります。また、著しく危険な特定空家等に認定されると住宅用地の特例措置が適用されなくなり、固定資産税が高くなる可能性もあります。

空き家を増やさないためには、市で制定している空き家バンク制度を利用して有効に活用する方法もありますが、解体して土地を活かすという方法もあります。少しでも解体を考えている場合は、この記事で紹介した解体費用の相場等を参考に、信頼できる業者を探してみてはいかがでしょうか。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP