千葉県いすみ市で解体工事
をお考えの方

千葉県いすみ市内の解体工事実績豊富な企業と提携。千葉県いすみ市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

千葉県いすみ市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

千葉県いすみ市

いすみ市の解体工事を巡る状況

房総半島の南部に位置するいすみ市は、平成17年に旧夷隅町、旧大原町、旧岬町の3町が合併して誕生しました。温暖な気候と肥沃な土地に恵まれているため農業が盛んで、「いすみ米」として知られる米を中心に、野菜、果実、花卉などが生産されています。

また、漁業ではイセエビ・タコ漁、ヒラメ・マダイ漁などが盛んで、特にイセエビの水揚量は日本一を誇ります。特急を利用して東京駅から70分とアクセスも良好で、田園風景や海など美しい自然環境に恵まれ様々なライフスタイルを実現できることから、宝島社発行の「田舎暮らしの本」では住みたい田舎ベストランキングで4年連続首都圏エリア総合第1位の評価を受けています。

いすみ市は、合併前に別々の町であった夷隅・大原・岬の3地域に既成市街地が形成されており、分散型の都市構造となっています。市域の約3割を農地が占めていますが、近年は農産物価格の低迷、農業従事者の高齢化、後継者不足などにより、農業就業人口は着実に減少しています。

市全体の人口を見ても減少傾向にあり、子育て支援や高齢者支援の充実、JR外房線を利用する通勤者及び通学者への特急料金補助など、人口減少に歯止めをかけるための様々な対策を講じています。しかし、人口減少・高齢化は今後ますます進行すると見られており、いすみ市における住宅等の解体工事の需要も一層高まることが予想されます。

この記事では、いすみ市の解体工事の動向、空き家事情などを紹介していきます。

いすみ市の解体工事費の相場(平均坪単価)

建物の解体工事費用の相場は地域によって差があり、いすみ市は千葉県の中で比較的安価な方と言えます。建物の造りは大きく分けて「木造」「鉄骨造」「RC造」の3つがあり、どの構造かによって解体費用も変わってきます。

いすみ市における住宅数は20,350件と千葉県内の市の中では6番目に少ない数字で、その多くが木造住宅と見られています。ここからは、木造、鉄骨造、RC造のそれぞれの解体費用の相場、業者選びのポイントなどを交えて紹介していきます。

では、3つの建物の工法や費用の違いについて見ていきましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.3万円
20〜29坪 3.0万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.7万円
50~59坪 2.6万円

いすみ市は夷隅地区・大原地区・岬地区一部の既存市街地に古くからの住宅や店舗が密集しています。

いすみ市では災害に強いまちづくりを推進するための「木造住宅耐震改修工事補助金制度」、快適な生活環境づくり等を目的とした「住宅リフォーム補助金制度」を設けていますが、高齢などの理由により改修工事やリフォームを行っていない住宅も多くあります。今後はこうした古い住宅を中心に解体工事が増えていくでしょう。

木造建物の解体の場合、主に対象となるのは空き家です。いすみ市の空き家は圧倒的に一戸建てが多く、アパート等の共同住宅は少ない状況です。一戸建て住宅の解体は比較的容易で工期もそれほどかかりませんが、狭い道路に面した住宅、高低差のある場所に建つ住宅などを解体する場合は、重機の搬入が困難なため解体費用が高くなるケースもあります。

また、敷地内に工事車両等の駐車スペースがない場合は、警備員を配置する可能性もあります。こうした場合も追加費用が発生することを覚えておきましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

一戸建てと聞けば木造を思い浮かべる方も多いと思いますが、近年は鉄骨造やRC造の一戸建て住宅も増えています。しかし、いすみ市では木造以外の一戸建て住宅はまだ少なく、鉄骨造の建物の多くは店舗やアパートなど比較的大きな建物になります。

鉄骨造の解体で最も注意することは、アスベスト使用の有無についてです。現在はアスベストの使用が禁止されていますが、1975年頃までに建築された建物には、耐火被覆材としてアスベストが多く使用されています。

解体する建物にアスベストが使用されている場合は、大気汚染防止法により事前調査、作業の届出等が義務づけられているほか、解体によって生じた廃棄物は建設リサイクル法に従って適切に処理する必要があります。

アスベストの除去費用は安くはなく、含まれる場所によっては数百万円かかるケースもあります。自治体によってはアスベスト除去作業の補助金制度を設けているところもありますが、いすみ市ではそういった制度は設けていないため、損をしないためにも業者選びが重要になります。

解体業者によってはアスベスト除去に対応していないケースもあるため、事前の打ち合わせではアスベスト除去の実績や見積金額、届け出を含めた対応についてしっかり確認しておくことをおすすめします。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.6万円
20〜29坪 6.0万円
30~39坪 5.7万円
40~49坪 5.4万円
50~59坪 5.2万円

RC造とは鉄筋コンクリート造のことで、解体する際はコンクリートの破砕、鉄筋の切断などに手間がかかります。使用する機材、工期、人手なども多くかかるため、3つの構造体の中では解体費用が最も高額になります。

RC造の解体は騒音、振動、粉塵の飛散など、周囲に与える影響も大きくなります。一般的に大規模な建物を解体する際は、着工する前に業者が近隣住民に対して解体工事の詳細についてのビラを配るなどの対応をとることが多いですが、中にはそういった対応が不十分な業者もあります。

また、著しい騒音や振動を発生する作業が伴う場合は、市に届け出が必要となります。RC造の解体工事を依頼する際は、こうした届け出や近隣対策をしっかりと行っている信頼できる業者を選ぶことが重要です。

いすみ市の空き家の種類と件数

解体工事の対象となる建物で最も多いのは、空き家もしくは引っ越し等により空き家になる予定の建物でしょう。ここからは、いすみ市には空き家がどの程度あるのか、また、市の空き家に関する対策などを紹介していきます。

いすみ市の住宅総数は20,350件で、千葉県の市の中では6番目に少ない数です。そのうち空き家は5,810件あり、空き家率としては28.6%、県内では勝浦市に次いで2番目に高い数字です。全国の空き家率は13.5%、千葉県の空き家率は12.7%で、いすみ市の空き家率はこれらを大きく上回っていることになります。

しかし、空き家の内訳を見ると、「賃貸用の住宅」が490件、「売却用の住宅」が70件、「二次的住宅」が1,980件、この3つのどれにも属さない「その他の住宅」が3,280件で、土地柄から休暇の際の避暑・保養などを目的とした別荘などの「二次的住宅」が他の市町に比べて多いことがわかります。そのため、いすみ市の空き家率は高く算出される傾向にあります。

いすみ市の空き家状況は、賃貸、売却用の空き家は少ないですが、「その他の住宅」においては、空き家全体の約56%を占めています。「その他の住宅」は転勤や入院など何らかの理由により長期不在になっている住宅のことで、全国的に増加傾向にあります。

住宅・土地統計調査の集計によると、この部分に属する物件は全国平均が41%であり、いすみ市はこれを大きく上回っていることになります。少子高齢化が深刻な問題となっているいすみ市では、今後このような利用目的のない空き家が一層増えていくことが懸念されます。

いすみ市では全国や千葉県と同様に人口の減少が進んでいますが、今後は国、県に比べて早いスピードで減少が進むことが予測されています。いすみ市の人口減少の大きな要因としては、10代後半から20代前半にかけての市外流出が大きいことが挙げられます。

いすみ市における働き口の少なさから、高校や大学の卒業を契機に転出者が増加しているのでしょう。こうした背景からいすみ市には高齢世帯が多く、夫婦のどちらかが亡くなり子供の家に身を寄せる、施設に入所するなどの理由で空き家が増えている現状です。

空き家は定期的に管理していれば問題はありませんが、適切な管理を行わなければ劣化が進み、外壁が崩れる、屋根瓦が吹き飛ぶ、更には地震による倒壊など、隣家にも悪影響を及ぼします。いすみ市には破損等のある空き家が1,210件あり、そのうち810件が利用目的のない「その他の住宅」に分類される物件です。

他の内訳は、「賃貸用の住宅」が40件、「売却用の住宅」が30件、「二次的住宅」が300件となっています。「その他の住宅」以外の建物に関しても、手入れを行わなければ住み手が見つからず、いずれは解体工事の対象となる恐れがあります。

いすみ市では、このような利用目的のない空き家を減らすため、定期的に「空き家活用セミナー」を開催し、活用方法や他人に貸すにあたってのメリット、空き家を放置しておくことのリスク等を紹介しています。

また、いすみ市に移住を検討している方に、空き家を利用して1週間以内滞在していただく「お試し居住」の実施、空き家の所有者と利用希望者のマッチングを図る「空き家バンク」の開設など、空き家の活用および移住・定住促進に向けた様々な対策を講じています。

まとめ:いすみ市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

農業のまちとして知られるいすみ市は、県内外から移住して就農する方も多くいます。しかし、近年は農産物価格の低迷、耕作放棄地の増大、イノシシによる被害の増加などにより、農業を取り巻く現況は厳しいものになっています。

いすみ市における人口の減少、少子高齢化は著しい速さで進んでおり、今後移住者が減少すると活用されないまま放置される空き家もますます増えていくでしょう。劣化のある空き家は、市で設けている「住宅リフォーム補助金交付制度」を利用して賃貸または売却物件として活用するという方法もありますが、金銭面や相続の問題等により難しいケースも多いでしょう。

空き家は手入れしないまま放置すると「特定空家等」に指定され、税金が高額になるということもあります。管理が困難で、活用方法も見つからない場合は、解体も考慮するべきと言えます。

この記事で紹介した解体費用の相場等を参考に、いすみ市の解体業者から見積もりを出してもらい、解体の検討をすることをおすすめします。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP