千葉県富里市で解体工事
をお考えの方

千葉県富里市内の解体工事実績豊富な企業と提携。千葉県富里市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

千葉県富里市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

富里市の解体工事を巡る状況

富里市は千葉県の北部、北総台地の中央に位置しており、東京都心から50km~60kmの距離にあります。古くから農業を中心に発展してきましたが、市の東側に成田国際空港が開港、東関東自動車道富里インターチェンジの開設などを契機に人口が急増し、平成14年に市制を施行しました。

昭和8年頃からすいかの栽培がはじまり、昭和11年に皇室にすいかを献上したことから、全国に「富里すいか」の名が知れ渡りました。全国でもトップクラスの生産量、収穫量を誇り、すいか祭りや富里スイカロードレース、すいかにちなんだイベントが毎年開催されています。

富里市の人口は平成17年をピークに減少傾向にあり、今後は高齢化も急速に進んでいくことが予想されています。人口急増時代に建築された住宅の老朽化等も重なり、今後は空き家の増加も懸念されます。

富里市では木造住宅耐震改修費補助制度を設けており、耐震基準に満たない住宅の改修工事を行う場合は補助金を交付していますが、高齢等を理由に改修せずに解体に踏み切るケースも増えています。

この記事では、富里市の解体工事費用の相場、業者選びのポイント、空き家の現状などを紹介していきます。解体工事をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

富里市の解体工事費の相場(平均坪単価)

住宅の解体にあたって最も気がかりなことは、解体費用がどのくらい掛かるのかということでしょう。住宅の解体は一生に何度もあることではないので、費用の相場や付帯工事の内容などについてしっかりと覚えておくようにしましょう。

建物の造りは大きく分けて「木造」「鉄骨造」「RC造」の3つがあり、どの構造かによって解体費用も変わってきます。所有する建物がどの構造かを踏まえたうえで、ぜひ参考にしてください。

では、3つの建物の解体費用の違い、業者を選ぶ際のポイントなどについて見ていきましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.3万円
20〜29坪 3.0万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.7万円
50~59坪 2.6万円

富里市における木造建物の解体工事費用の相場は、一般的な広さの30~39坪で坪単価2.8万円と、県内では比較的安めの金額です。

富里市は県内でも持ち家率の高い市で、その多くが木造の一軒家です。市内の地域別の現状を見ると、成田市の鉄道駅に近接している北部の都市化が進んでおり、近年はこのあたりを中心に住宅が建設されています。一方で、南部は人口減少、少子高齢化が著しく進んでおり、今後は解体工事の需要も高まるでしょう。

富里市の南部は農地や森林が広がる自然豊かなエリアで、葉山地区や両国地区に比較的多く住宅地が形成されています。こうした地域では1軒あたりの敷地が広いため、倉庫やガレージ、庭木などがあることが多く、これらの解体・除去費用は付帯費用として加算されることになります。

住宅は解体するが庭は残したい、または庭の一部を残したいという場合は、トラブルにならないよう事前の打ち合わせの際に相談しておきましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

鉄骨造の建物は、主にアパート、店舗ビル、倉庫などに多く見られる構造体です。木造の建物より強度が高く規模が大きい分、解体にも手間がかり、費用も高めになります。30~39坪の木造建物と比べると、坪単価で6千円ほどの差が生じます。

鉄骨造の建物は、その名の通り骨組みに鉄骨を使用しています。鉄骨とコンクリートを組み合わせたRC造の解体に比べると比較的容易で、工期も短く済むことがメリットでもあります。

一方、デメリットとしては、1970年代頃までに建築された建物には、アスベストが使用されているケースが多いということです。今後は、こうした古い建物の解体が一斉にピークを迎えるでしょう。

アスベストは人体に害を及ぼすため、解体や処理を行う際は厳しく規制されています。除去する際は大気汚染防止法に基づき、アスベスト使用の有無の事前調査、作業の届出等が義務付けられています。トラブルを避けるためにも、解体を依頼する際は資格を持っているか、きちんと廃棄物を処理してもらえるか等の確認をしておくことをおすすめします。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.6万円
20〜29坪 6.0万円
30~39坪 5.7万円
40~49坪 5.4万円
50~59坪 5.2万円

RC造は、住宅、マンション、ビルなど様々な建物に見られる構造体です。鉄筋の枠組みにコンクリートを流し込んで固めるため、耐震性や耐久性に優れていますが、強固な造りがゆえに解体工事も大掛かりになります。

解体には複雑な工程や人件費がかかるため、3つの構造体の中で最も解体費用が高くなります。上記の表は建物の解体のみの金額であり、これに基礎杭、地下階、ブロック塀などの外構等、様々な要素が加わることによって金額も大きく変わってきます。特に、大規模なビルやマンションの解体は非常に高額になるため、業者選びも重要なポイントになります。

解体業者に見積もりを依頼しても、その金額が高いのか安いのかを判断することは難しいでしょう。手間や労力がかかっても複数の業者に見積もりを依頼して比較すると、不必要な作業はないか、法外な金額ではないか、などがわかります。

また、80㎡以上の建築物を解体する場合は、建設リサイクル法により認可された業者でなければ施工することができないため、資格を持っているかどうかなども確認しておくことをおすすめします。

富里市の空き家の種類と件数

ここからは富里市の空き家の種類や件数に基づいて、解体工事の需要を探っていきます。

総務省が平成25年に行った住宅・土地統計調査によると、富里市の住宅総数は22,440件、そのうち空き家の総数は2,810件です。住宅総数に対する割合は12.5%で、千葉県全体の空き家率12.7%とほぼ同等の値になっています。

空き家の内訳を見ると、「賃貸用の住宅」が1,570件、「売却用の住宅」が40件、休暇の際の避暑・保養などを目的とした別荘などの「二次的住宅」が40件、この3つのどれにも属さない「その他の住宅」が1,170件です。

富里市は、成田国際空港の開港に伴い昭和50年代から人口が急増しました。しかし、平成17年をピークに人口は伸び悩み、今後は減少傾向が続くと予想されています。特に20歳から30歳代の市外への流出が多く、この背景には都心部へのアクセスの不便さ、市内の働き口の少なさなどの要因があると考えられます。

県内には定住する目的で市内に住宅を購入すると奨励金を交付される制度を設ける自治体もありますが、富里市では現在のところそういった制度もなく、流入人口も増えない状況が続いています。今後は、人口が急増した時期に建築された住宅の所有者の高齢化がピークを迎え、空き家はますます増加するでしょう。

続いて、空き家2,810件の建物の状態ですが、腐朽・破損のある建物は640件、破損等がなく住まいとして問題のない建物が2,180件です。更に詳しく見ると、何らかの破損のある建物のうち、「その他の住宅」に該当する物件は一戸建が460件、共同住宅が70件あります。老朽化の進んだ利用目的のない建物は、放置しておくと倒壊などの恐れもあるため、早急な対処が必要となるでしょう。

富里市では、こうした人口減少・空き家の増加問題を踏まえ「富里市空き家活用制度」を制定しています。これは、空き家情報を全国版空き家バンクサイトに掲載、または市役所内で空き家情報を共用し関係各課や団体で活用、のどちらかを所有者に選択してもらう制度で、空き家の有効活用および市内への移住・定住を促進することを目的としています。

また、市では住宅リフォーム補助事業や木造住宅耐震改修費補助事業制度を設けており、こうした制度を利用してリフォームや改修工事を行っておくと、賃貸物件や売却物件として活用しやすくなるでしょう。

まとめ:富里市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

富里市の住宅総数に対する空き家の割合は、千葉県全体とほぼ同等の値です。近年人口の伸び悩みが続いている富里市では、若年層の市外への流出等により、今後は高齢化がますます進行すると予想されています。

高齢者が多くなると、遠方の子供や親類の家に移り住む、入院または施設に入所するなどにより、空き家も増えていくことが懸念されます。空き家は定期的に管理ができていれば問題はありませんが、管理をしなければいずれは劣化が進み、周辺住民に悪影響を及ぼすことになります。

また、著しく危険な特定空家等に認定されると住宅用地の特例措置が適用されなくなり、固定資産税が高くなる可能性もあります。所有者の負担も増えるため、少しでも解体を考えている場合はこの記事で紹介した解体費用の相場等を参考に、信頼できる業者を探して解体工事を進めましょう。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP