千葉県木更津市で解体工事
をお考えの方

千葉県木更津市内の解体工事実績豊富な企業と提携。千葉県木更津市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

千葉県木更津市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

千葉県木更津市

木更津市の解体工事を巡る状況

木更津市は、千葉県の県庁所在地である千葉市から約30km、東京都心から直線距離で30~40km圏内に位置します。

千葉市、成田市、柏市とともに業務核都市に位置付けられており、東京都区部への一極依存型を回避しバランスのとれた地域構造に改善するための整備が進められています。2002年にテレビドラマ「木更津キャッツアイ」が放映、2003年に映画が上映され大ヒットしたことから、若い世代を中心に知名度がアップしたまちでもあります。

木更津市の人口は増加傾向にあり、県内で平成22年から平成27年にかけて人口が増加した15市区の中で4番目の伸び率となっています。市街地が整備され子育て世帯が住みやすい住環境が形成されていますが、全国的に人口減少・少子高齢化が進行する中で、現在はさほど深刻ではないものの今後は人口の減少や空き家の増加が懸念されています。

この記事では木更津市の解体工事にかかる相場を分析し、解体工事を依頼する上での留意点などを交えながら紹介していきます。

木更津市の解体工事費の相場(平均坪単価)

木更津市の解体工事費の相場は、千葉市や船橋市など県の中心部に比べると比較的安価な傾向にあります。しかし、解体工事は建物の構造や周辺環境によって費用が変わってくるため、木更津市内の解体工事費用が一概に安いとは言い切れません。

建物の種類は、大きく分けて「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類があります。所有する建物がどの種類か、また周辺環境はどのようになっているかを考慮しながら参考にすることをおすすめします。

では、3つの分類ごとに、それぞれの解体工事の特徴やコスト削減の方法、確認するポイントなどを紹介します。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.3万円
20〜29坪 3.0万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.7万円
50~59坪 2.6万円

木更津市の木造建物の解体費用を見てみると、一般的な広さ30〜39坪の建物の坪単価は2.8万円、50~59坪の広めの建物であれば1坪あたり2.6万円です。木造建物の解体は、鉄骨造やRC造よりも比較的安いことが特徴です。

木更津市は戸建ての持ち家率の割合が68%と、全国や県と比較して高いことが特徴です。更に、戸建て住宅のおよそ80%が木質系(木造、防火木造)であり、木造の建物が非常に多いエリアです。

木更津市は大きく分けると8つの地区に区分され、木更津駅がある木更津地区、浪岡地区などは面整備による住宅地が形成され比較的新しい住宅が立ち並んでいます。一方で、鎌足地区、中郷地区、富来田地区等の集落部や昭和の時期に整備された住宅地では高齢化の進行が著しく、住宅の解体工事の需要も高まっています。

木更津市は土地区画整理事業により市街地整備が進展していますが、面整備の行われていない既成市街地では木造住宅が密集し、袋小路や細街路の多いエリアも見られます。こうした住宅密集地で解体工事を行う場合に最も注意しなければならない点は、ほこりや粉塵の飛散のための養生や防音対策です。

また、幅の狭い道路沿いに建つ住宅を解体する場合、大型重機が入れないなどの問題も生じます。既成市街地の解体工事を依頼する場合は、小型重機を所有する業者や、防音シートなどでしっかりと養生対策を取れる業者を選ぶことがポイントとなるでしょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

木更津市で鉄骨造の建物を解体する場合、1坪あたりの単価は30~39坪の建物で3.4万円、50~59坪の建物で3.1万円です。鉄骨造の建物の解体には手間や時間がかかるため、木造建物の解体工事よりも坪単価で5~6千円程度高くなります。

鉄骨造の建物はビルやテナント、マンションなどが多く、木造の建物に比べて解体工事の規模も大きくなります。また、通常の家屋と違い、地中杭やアスベスト(石綿)が使用されている場合もあります。

これらの除去作業が伴う場合は高額な別途費用が発生することもあるため、打ち合わせの段階で建築図面や建物の登記簿があるとより正確な見積もりを出すことができ、予想外の追加費用が発生するリスクを避けることができます。

アスベストが使用されている建物を解体する場合は、適切な除去及び処分が義務付けられています。適切に処理されない場合は解体工事業者ばかりでなく、依頼主も法的に罰せられる恐れがあります。解体を依頼する建物にアスベストが使用されている場合は、アスベストの除去を含めた解体工事の経験が豊富な業者を選ぶようにしましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.6万円
20〜29坪 6.0万円
30~39坪 5.7万円
40~49坪 5.4万円
50~59坪 5.2万円

RC造とはReinforced Concreteの略で、鉄筋コンクリート造の建物のことです。鉄筋の枠にコンクリートを流した造りで、熱に弱い鉄筋と引張力に弱いコンクリートのお互いの短所を補うことで強度の高さを生み出しています。主にマンションや団地、大規模なビル等に見られる構造体で、解体する際は多くの工程や人手が必要になり、費用も高額になります。

木更津市には市営住宅をはじめとした多くの団地がありますが、建築後40年を経過したものや、古い建物では50年を経過し老朽化した団地も見られます。古い団地では高齢化が著しく空室も目立つ状態で、今後はこういった古い団地などを中心に、RC造の解体工事も増えていくでしょう。

解体工事の中でも、特に周囲への影響が大きいのがRC造の解体です。耐震・耐火性に優れた強度の高い建物のため、木造建物の解体に用いる重機よりも大型のものが必要になり、振動や騒音も非常に大きくなります。周囲への影響ができるだけ少なくなるよう、養生対策や安全管理の面で定評のある業者を選ぶことが大切です。

また、一定の規模以上の建築物の解体工事を行う場合、建設リサイクル法によりコンクリート、アスファルト・コンクリート、木材等の分別や再資源化が義務付けられています。解体業者を選ぶ際は、資格や許可を持ち、法律に則った適切な処理ができる業者かどうかを見極めることも大切なポイントと言えるでしょう。

木更津市の空き家の種類と件数

ここからは解体工事の主な対象となる空き家のデータに基づき、木更津市の今後の空き家の動向、市の対策などを探っていきます。

総務省統計局が実施している住宅・土地統計調査によると、木更津市の住宅総数は60,680件、そのうち空き家の総数は9,810件です。空き家率としては約16%で、全国平均の13.6%をやや上回る状況です。

空き家の種類には4種類あり、木更津市の空き家の内訳は「賃貸用の住宅」が6,070件、「売却用の住宅」が220件、別荘等として利用する「二次的住宅」が380件と、今後も利用目的があるものの、現時点では空き家の状態という物件が約7割です。一方、何らかの事情により長期不在になっている利用目的のない建物「その他の住宅」に属する物件は3,150件、空き家物件のおよそ3割を占めています。

木更津市は、東京湾アクアライン通行料金の引き下げ、相次ぐ大型商業施設の出店、住宅地整備の進展などを背景に、近年人口は増加傾向にあります。平成27年の国勢調査では過去最多の13万4,141人を記録し、令和元年は13万5千人を超えるなど、全国的に人口の減少が続く中で増加の一途を辿っています。ニュータウンの開発も進み新築の住宅が増加していますが、一方で中古住宅市場が低迷し賃貸用住宅や売却用の住宅の空き家が増えている現状です。

次に、空き家9,810件のうち、腐朽・破損の有無の件数を見てみましょう。何らかの破損等のある建物が3,070件、破損等がなく住まいとして問題のない建物が6,740件で、およそ3割の建物がそのまま放置しておくと更に老朽化が進み危険がある状態です。

木更津市では、平成27年に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づき、空き家等を適切に管理していない所有者・管理者に助言又は指導、勧告、命令等の措置を行っています。勧告を受けた場合は固定資産税の住宅用地特例の対象から除外され税金が高くなるため、管理不能の空き家を所有している場合は早めの対処が望ましいでしょう。

住宅用の土地は固定資産税の「住宅用地特例」が適用され、税額が低く抑えられています。住宅を解体撤去するとこの特例が適用されなくなるため、「税金が高くなるから空き家を放置している」という方も少なくないでしょう。

木更津市では2018年1月から2023年3月までの5年間限定で、空き家を撤去した場合その土地にかかる固定資産税を減免する制度を制定しました。市が定める要件を満たした場合に限りますが、該当する場合は住宅用地特例が適用されていた時との差額が減免されます。空き家の処分を検討している方は、この制度が適用される期間に解体工事を進めることをおすすめします。

まとめ:木更津市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

木更津市は、アクアラインの開通および通行料金引き下げなどにより都心部とのアクセスが向上し、それに伴い人口が増加傾向にある活気あふれる街です。一方で、少子高齢化の進行に伴い、使用されていない住宅、適切な管理が行われていない空き家も少しずつ増え始めています。

市では既存法や条例に基づく指導などを行っていますが、所有者や管理者の特定が困難な場合があるなど課題も多い現状です。空き家をそのまま放置しておくと、景観や防災・防犯面など周辺住民へ悪影響を及ぼすだけでなく、税金が高くなる可能性もあります。

管理不能の空き家を所有している場合は、放置していても所有者の負担が増えるばかりです。早急に信頼できる解体業者を選び、速やかに対処することをおすすめします。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP