千葉県勝浦市で解体工事
をお考えの方

千葉県勝浦市内の解体工事実績豊富な企業と提携。千葉県勝浦市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

勝浦市の解体工事を巡る状況

勝浦市は千葉県の南東部、千葉市から約50kmの太平洋岸に面しており、海岸線は美しいリアス式海岸で自然景観に富んでいます。

市域の3分の2が丘陵地という豊かな緑に恵まれており、漁業も盛んでカツオやイセエビの水揚げ高は全国トップクラスを誇ります。また、日本の三大朝市の1つである勝浦朝市は400年に渡る長い歴史を持ち、地元住民と観光客の交流の場となっています。

勝浦市の人口は昭和30年以降、ほぼ一貫して減少しており、地域活力の衰退が懸念されています。人口減少の要因としては地上産業の低迷や少子化、若者の市外への流出などがあげられます。

市では定住促進のために住宅取得奨励金や賃貸住宅入居奨励金を交付する「若者等定住促進奨励金交付制度」を設けていますが、今後も人口の減少は続くものと予想されています。今後は人口減少や高齢化の進行に伴い空き家もますます増えると考えられ、解体工事の需要も一層高まっていくでしょう。

このページでは、勝浦市の解体工事の動向、業者選びのポイントなどを紹介していきます。

勝浦市の解体工事費の相場(平均坪単価)

勝浦市の解体工事費用は千葉市などと比較すると相場は若干安いため、上手に解体工事業者を探すことができればコストを抑えることができるでしょう。建物の造りは大きく分けて「木造」「鉄骨造」「RC造」の3つがあり、どの構造かによって解体費用も変わってきます。

勝浦市における住宅数は13,730件と千葉県内の市の中では最も少ない数字で、その多くが木造住宅と見られています。ここからは、木造、鉄骨造、RC造のそれぞれの解体費用の相場、付帯工事に関わる注意点などを交えて紹介していきます。

では、3つの建物の工法や費用の違いについて見ていきましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.3万円
20〜29坪 3.0万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.7万円
50~59坪 2.6万円

木造建物の解体は他の構造体の解体と比べて容易なため、費用の相場も安めになっています。勝浦市には木造住宅が多いため、解体業者も木造に慣れた業者が多いでしょう。

勝浦市の宅地はわずか6%で、市域の大部分を山林と原野が占めています。市街地は勝浦駅東側、興津駅南側及び興津久保山台地区に集積しており、平成18年以降は大規模な住宅開発は行われていない状況です。

一方で高齢者のいる世帯は、10年間で11%増加、独居高齢者数は66%増加するなど、高齢化の傾向が顕著です。また、市内製造業の事業所数、従業者数も平成20年をピークに減少していることから、今後は木造建物の解体工事が増えていくでしょう。

勝浦市には、1軒あたりの敷地面積が比較的広い住宅が多く見られます。ブロック塀で覆われている住宅も多く、庭木、ガレージ、門扉などがある場合は、それらの撤去費も加算されます。上記の解体費用相場の表は建物の解体のみの金額のため、付帯工事費が加算されることを覚えておかないと、想定外の請求がくるというケースも珍しくありません。

自治体によってはブロック塀撤去費用の助成制度を設けていることもありますが、勝浦市ではそういった制度を設けていないため、業者に解体工事を依頼する際は打ち合わせの段階で付帯工事費用についてしっかりと確認しておくことをおすすめします。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 3.4万円
40~49坪 3.2万円
50~59坪 3.1万円

鉄骨造の建物には軽量鉄骨造と重量鉄骨造の2種類があり、軽量鉄骨造には主にアパートや店舗、重量鉄骨造には比較的規模の大きなマンションやビルなどが分類されます。解体する建物がどちらかによって費用も変わってくるため、所有する建物について事前に図面等で確認しておくと業者との打ち合わせもスムーズに進むでしょう。

勝浦市は人口の減少により消費需要が縮小していることに加え、観光客の減少、近隣市町への大型店の進出などが相まって商店街の空き店舗が目立ちます。また、少子高齢化の進行に加え、若者の市外流出に歯止めがかからず、賃貸の共同住宅などの空室も多い状況です。

規模の大きな建物を解体する場合、敷地もそれなりに広く効率よく解体できるため、一般的に坪単価は安くなります。しかし、隣接建物との距離が近い、トラックなどの駐車場所を確保できないなど周辺状況が良くない場合は、廃材を手で運び出すなどの手間がかかってしまうため、費用が若干高くなる場合もあります。

解体業者に依頼する際は、事前に丁寧に現地調査を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.6万円
20〜29坪 6.0万円
30~39坪 5.7万円
40~49坪 5.4万円
50~59坪 5.2万円

最後に、RC造の解体費用の相場を見てみましょう。木造、鉄骨造に比べて耐久性に非常に優れたRC造ですが、その頑丈な造りゆえに解体する際は手間がかかり、費用も高額になってしまいます。

RC造の法定耐用年数は47年となっていますが、実際には様々な理由によりそれ以前に取り壊される建物も多く存在します。勝浦市は圧倒的に木造建物が多い地域ですが、築年数の経過したRC造の建物もあり、所有者にとっては解体時期や費用が気になるところでしょう。

50坪の建物であれば建物のみの解体費用は260万円ですが、RC造の建物には目に見えない部分が多くあります。例えば、古い建物にはアスベストを使用されていることも多く、解体の途中で発見された場合は高額な除去費用が掛かることもあります。

また、杭抜き作業の際に、見積もりよりも多い本数があることが分かるというケースもあります。こうした予定外の費用が上乗せされないためには、事前に建築図面を用意しておくと業者もより正確な見積もりを出すことができます。

千葉県勝浦市で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 千葉県勝浦市における解体工事の費用事例は現在作成中となっております。

勝浦市の空き家の種類と件数

ここからは勝浦市の空き家の種類や件数に基づいて、解体工事の需要を探っていきましょう。

勝浦市の住宅総数は13,730件、そのうち空き家の総数は5,050件です。空き家率としては36.8%で、全国の空き家率(13.5%)や千葉県の空き家率(12.7%)を大幅に上回っています。

空き家率の高さを見ると大きな問題のように感じられますが、内訳を見ると「賃貸用の住宅」が1,410件、「売却用の住宅」が20件、「二次的住宅」が2,390件、この3つのどれにも属さない「その他の住宅」が1,230件で、休暇の際の避暑・保養などを目的とした別荘などの「二次的住宅」の数が圧倒的に多いことがわかります。

勝浦市には、「日本の水浴場88選」「日本の渚百選」などに選定され屈指の透明度を誇る守屋海水浴場をはじめ、鵜原海水浴場、豊浜海水浴場など多くの海水浴場があります。スキューバダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツも盛んで、平日は仕事の拠点がある都市部で生活し、週末や休暇にマリンスポーツを楽しむためのセカンドハウスを勝浦市に持つ人も多くいます。きちんと管理され、定期的に使用されている「二次的住宅」が多いことは、大きな問題とは言えないでしょう。

続いて、勝浦市の空き家のうち、破損等のない健全な建物がどのくらいあるのか見てみましょう。空き家総数5,050件のうち、腐朽・破損のない建物が4,090件、腐朽・破損のある建物が960件で、何らかの破損がある空き家は2割程度です。この2割の内訳を見ると「賃貸用の住宅」が430件、「売却用の住宅」が10件、「二次的住宅」が90件、「その他の住宅」が430件あります。

老朽化の進んだ利用目的のない建物は、放置しておくと倒壊などの恐れも出てくるため、早急な対処が必要となります。勝浦市では人口の減少に加えて少子高齢化の進行が著しく、今後空き家はますます増えていくと考えられます。現時点では利用目的のある賃貸用住宅、二次的住宅などの空き家も、利用されない期間が長く続くと老朽化が進み、「その他の住宅」に転じる恐れもあります。

勝浦市では、空き家を売りたい・貸したい方と利用希望者の橋渡しをする「空き家バンク」制度を設けており、所有者がバンクに登録した空き家のリフォームを行った場合は補助対象経費の20%(50万円を上限)を補助しています。こうした制度を利用して、長期間使われていない空き家を有効活用することも、空き家を増やさないための1つの方法です。

また、空き家バンクを通して賃貸借契約が成立した空き家所有者に対して、10万円の奨励金を交付する「空き家活用奨励金交付制度」を制定しています。

まとめ:勝浦市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

勝浦市は着実に人口が減り続けており、過疎の問題は避けて通れない現状です。このような状況を踏まえ、市では東京23区から勝浦市に移住して就業または起業した方に支援金を支給する制度や、若者が安心して生活できる住宅環境の確保を支援する制度などを設け、人口の増加に努めています。

しかし、少子高齢化の進行により今後はますます空き家が増加することも懸念されており、住み手のない手付かずの空き家が増え続けると、倒壊の危険や景観が損なわれるという問題も発生します。

利用目的のない空き家を放置しておくと、火災の発生、草木や衛生面による近隣とのトラブルなど、様々なリスクも生じてきます。いずれは税金が高くなるなど所有者の負担も増すばかりのため、そのような状況になってしまう前に速やかに対処するようにしましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP