千葉県習志野市で解体工事
をお考えの方

千葉県習志野市内の解体工事実績豊富な企業と提携。千葉県習志野市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

千葉県習志野市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

千葉県習志野市

習志野市の解体工事を巡る状況

習志野市は千葉市・船橋市・八千代市と隣接する県の北西部、東京都心から30km圏内に位置します。戦前は騎兵連隊・鉄道連隊が置かれる群郷として知られていましたが、戦後はこれらの跡地に病院や学校が建設され、文教住宅都市として発展を遂げました。

昭和40年代から50年代にかけては臨海部を埋め立て市域が拡大し、袖ケ浦団地、秋津団地などの大型団地が相次いで建設されました。また、平成に入ってからも高層マンションなどの建設が相次ぎ、JR総武本線、JR京葉線、京成本線、京成千葉線、新京成線の5 路線が乗り入れるなど充実した交通網も相まって、人口は一貫して増加し続けました。

平成以降は人口の伸び率は落ち着いてきたものの、現在も増加傾向にあります。習志野市は学生が多い街のためキャンパスや駅の周辺には多くの賃貸アパート、マンションがありますが、今後は少子高齢化の影響によりこういった賃貸物件の空室も増えていくことが予想され、借り手がなく老朽化の進んだ物件等の解体工事も増加するでしょう。

この記事では、習志野市の解体工事の現状や業者を選ぶ際の留意点などについて詳しく解説していきます。

習志野市の解体工事費の相場(平均坪単価)

都心へのアクセスが良くベッドタウンとしての側面を持つ習志野市には、木造住宅から鉄筋コンクリートマンションまで様々な構造の建物が立ち並んでいます。

建物は大きく分類すると、「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類がありますが、解体する際はそれぞれの構造によって工法や費用などが変わってきます。自分の所有する建物がどの構造体か、また、周辺環境はどのようになっているかを踏まえた上で参考にすることをおすすめします。

習志野市の解体費用の相場は、郊外に比べると若干高めになっています。まずはしっかりと相場を把握し、信用できる解体業者に依頼するようにしましょう。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.6万円
20〜29坪 3.3万円
30~39坪 3.1万円
40~49坪 3.0万円
50~59坪 2.9万円

習志野市で木造建物の解体工事を依頼する場合、一般的な広さの30~39坪で坪単価3.1万円、広めの50~59坪の土地だと1坪あたり2.9万円です。

習志野市では近年、総武線から京成線以北を中心に中高層住宅が増えている一方で、南部は古くからの住宅地が形成され、木造住宅が密集した地域や狭隘道路も多く存在します。また、習志野市には昭和55年以前に建てられた旧耐震基準に適合した木造住宅が約22%を占めており、今後はこうした古い住宅を中心に解体工事が増えていくでしょう。

住宅密集地域で木造住宅を解体する場合は大型重機が入れないこともあり、手壊しでの解体になる場合もあります。そうなると、工期が延びて作業人員も多く割かなければならなく、解体費用も高額になることもあります。

しかし、手壊し解体には騒音・振動・粉塵等を低減できるといったメリットもあり、隣家にかかる迷惑は最小限で済みます。こうした場所に建つ住宅の解体工事を行う場合は手壊しでの作業を得意とする業者を選び、しっかりと事前調査を行ってもらうようにしましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 4.4万円
20〜29坪 4.0万円
30~39坪 3.7万円
40~49坪 3.6万円
50~59坪 3.5万円

鉄骨造は骨組部分に形鋼・鋼管などの鋼材を用いるため、解体する場合はそれなりの手間や時間がかかり、木造建物の解体よりも工期が長く費用も割高になります。

習志野市は、千葉工業大学、日本大学、東邦大学の理系3大学が市内に立地・隣接しており、学生が多く住む街でもあります。習志野市には元々木造のアパートが多くありましたが、近年は鉄骨造のアパートやマンションも増えており、耐震性や耐火性を考慮して非木造の賃貸住宅を選ぶ学生も多くいます。

しかし、全国的に少子高齢化が進んでいる中、習志野市においても今後は老年人口の増加が予想されており、現在は学生の多い習志野市も今後は単身用アパートを中心に空室が目立つようになってくるでしょう。

アパートやマンションなどの解体は木造一戸建て住宅の解体よりも工事の規模が大きいため、近隣住民への配慮も必要です。鉄骨造の建物の解体を依頼する際は、同規模の建物の解体実績が豊富で、適切に対処してくれる業者を選ぶようにしましょう。

また、習志野市の「住宅施策情報ガイド」にて国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の相談窓口「住まいるダイヤル(電話相談窓口)」を紹介しており、マンションの建て替え、敷地売却等についての相談を行うことができます。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 7.3万円
20〜29坪 6.7万円
30~39坪 6.3万円
40~49坪 6.0万円
50~59坪 5.8万円

最後に、RC造の解体費用の相場について解説します。RC造とは鉄筋コンクリートのことで、柱や梁などの主要構造部に鉄筋の入ったコンクリートを用いる構造です。構造が複雑で頑丈に造られている分、解体費用も木造・鉄骨造に比べて高くなります。30~39坪の建物で見ると、木造が3.1万円に対しRC造は6.3万円、1坪あたりでも3.2万円の差があります。

RC造はコンクリートと鉄筋が複合された強固な造りのため手作業での解体は不可能で、大型重機の使用が必須となります。自社で重機を所有し、解体現場の道路状況を確認して重機が入れるかなどをしっかり調査してくれるような、RC造の解体を得意とする業者に依頼するのが望ましいでしょう。

また、古い建物は耐火被覆にアスベストを使用していることも多くあます。習志野市ではアスベストの除去が伴う解体工事を行う場合、着工前に工事計画届、特定粉じん排出等作業届出書の提出、作業員の健康を守るための教育、周辺住民への周知などを行う必要があります。

アスベストが使用されている可能性がある建物の解体を依頼する場合は、業者がこうした点も徹底しているか確認しておきましょう。

習志野市の空き家の種類と件数

ここからは、習志野市の空き家の状況から今後の動きを予想し、解体工事の需要を探っていきます。

習志野市の住宅総数は80,660件、そのうち空き家の数は9,330件で、空き家率は11.6%です。この数字は全国の空き家率13.5%から見てもやや低い値であり、習志野市は特に空き家が多い地域とは言えないでしょう。空き家の内訳を見てみると、「賃貸用の住宅」が最も多い6,350件、「売却用の住宅」が560件、別荘等として使用する「二次的住宅」が50件、このどれにも当てはまらない「その他の住宅」が2,370件です。

習志野市で最も多いのは、賃貸用住宅の空き家です。これは、千葉工業大学、日本大学、東邦大学の理系3大学が市内に立地・隣接しており、男子大学生の転入・転出が多いことが影響していると考えられます。

市が策定した「習志野市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」によると、男性における年齢階級別の人口移動の特徴は、15~19 歳、20~24 歳にかけて大幅な転入超過となり、その後、大学卒業後の25~29 歳にかけては急激な転出超過となっています。こうした背景により、年度によって変動があるものの、習志野市には賃貸住宅の空き家が多いと思われます。

賃貸用の住宅は需要があるため、空室もそれほど問題ではないでしょう。習志野市で最も問題なのは、長期にわたり人が住んでいなく利用目的のない「その他の住宅」に区分される建物です。習志野市も全国の市町村と同様に高齢化が進んでおり、今後はますます住み手のない空き家が増えてくることが予想されます。

では、これらの空き家のうち、どのくらいの建物が破損のない健全な状態なのでしょうか。政府統計の資料によると、習志野市の空き家総数9,330件のうち、破損等がなく住まいとして問題のない建物が7,510件、腐朽・破損のある建物が1,820件です。

更に、何らかの破損等のある建物に焦点を当てると、二次的住宅には該当する建物がなく、賃貸用住宅が1,130件、売却用住宅が140件、その他の住宅が560件となっています。

平成2年以降は新規住宅開発が鈍化したものの、習志野市では現在も新築のマンションやアパートの建設ラッシュが続いており、築年数が経過した不朽や破損のあるアパート等はこの先どんどん借り手がなくなってくるでしょう。また、老朽化の進んだ「その他の住宅」については、倒壊や衛生面の不安など近隣の住民に悪影響を及ぼすため、早急な対処が必要となります。

習志野市では空き家を有効に活用するための対策として、所有者に対し空き家対策相談員が様々な相談に対応しています。また、バリアフリー修繕などの業者を紹介する「住宅修繕あっせん制度」、「木造住宅耐震改修費助成制度」などを制定し、空き家を増やさずに長く住み続けられる環境づくりに取り組んでいます。

まとめ:習志野市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

文教住宅都市として発展した習志野市は、東京のベッドタウンとして現在も人口は増え続けています。20歳前後の若者が多い活気ある街でもあり、千葉県全体と比較すると借家世帯の割合が高い状況にあります。

しかし、全国の市町村と同様に、習志野市においても今後は少子高齢化がますます進行すると予想されており、いずれは空室が目立ち老朽化した賃貸住宅等の解体工事の需要も高まるでしょう。また、核家族化も進み、一戸建て住宅の空き家も増加していくと考えられます。

管理が行き届かない空き家は、放置し続けると屋根や壁が脱落するなど老朽化が進み、いずれは倒壊する危険もあります。また、著しく危険と判断される特定空家等に認定されると、固定資産税が高くなるなど所有者の負担も増えてしまいます。

空き家を解体して土地を有効に活用するためにも、解体工事に特化した優良な業者を選び、速やかに対処することをおすすめします。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP