埼玉県ふじみ野市で解体工事
をお考えの方

埼玉県ふじみ野市内の解体工事実績豊富な企業と提携。埼玉県ふじみ野市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

埼玉県ふじみ野市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

埼玉県ふじみ野市

ふじみ野市の解体工事を巡る状況

ふじみ野市は埼玉県の南西部に位置する人口約11.2万人の市です。川越市、富士見市などと隣接し、東京都心部からは30km圏となっています。江戸時代から昭和初期まで舟運で栄え、農業も盛んな土地ですが、1960年頃に霞ヶ丘団地、上野台団地などの大規模団地が完成してからはベッドタウン化が急速に進んでいきました。

また、1993年に東武東上線の急行停車駅「ふじみ野駅」が開業したことで交通利便性が増し、超高層マンション「アイムふじみ野」をはじめとするマンション建設が相次ぎました。イオンモールなど大型商業施設も次々登場し、暮らしやすい生活環境が整っています。

ふじみ野市の住宅事情を調べると、「プラウドふじみ野」のような高級マンションや高層マンションが次々登場しており、新築のマンションが市内各所で目立っています。分譲戸建て住宅に関しても販売数が多く、賃貸用の住宅を見ても新築物件が目白押しです。

しかし一方で賃貸物件に関しては築30年以上のアパート等もかなり多く、総じて物件数の多さに驚きます。ふじみ野市は交通利便性の高さや優れた住環境を有し、ベッドタウンとして成長し続けていますが、市内には空き家が増え、空き家に関係する様々な問題が発生しています。

ふじみ野市では、空家等の適正管理と利活用の促進、管理不全な空家等の防止・解消及び特定空家等の除却の促進と跡地活用に関する施策を総合的・計画的に推進するため「ふじみ野市空家等対策計画」を策定しています。本計画の期間は平成30年度から5年間です。

ここからは、ふじみ野市の解体工事の現状を紹介し、解体工事費用の相場、解体工事を依頼する上で留意するべき点などを紹介していきます。

ふじみ野市の解体工事費の相場(平均坪単価)

解体工事は「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類に大きく分類されます。建物の構造で解体工事費の相場は大きく異なりますが、立地環境によっても差が出ます。ふじみ野市ではマンション建設や宅地造成が各所で進んでいますが、市内には老朽化した住宅も少なくありません。

著しく老朽化している住宅を解体する場合、隣家等に影響を及ぼさないよう手壊しでの解体作業が多くなることがあります。そうなると工期が長くなり費用が割高になることもありますので、これから紹介する解体工事費の相場についてはあくまでも見積りを取る際の一つの目安とお考えください。

ここからは、3つの分類ごとのふじみ野市の解体工事の相場(平均坪単価)を紹介していきます。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.8万円
20〜29坪 3.4万円
30~39坪 3.2万円
40~49坪 3.1万円
50~59坪 3.0万円

まず「木造」の解体費用相場です。「木造」というのは主要構造部分に木材を使用した建築物のことを言います。

ふじみ野市における木造建物の解体費用相場は、一般的な規模の30〜39坪で坪単価3.2万円。埼玉県内ではやや高い方でしょう。また、実際の解体費用は個別条件によって差が出ます。解体するメインの家屋以外にブロック塀等の附帯施設があればその費用がかかってきますし、庭木や敷地内の残存物を処分する場合は当然その費用が追加になります。

さらに、解体後の跡地を売却する場合はしっかりと整地を行っておく必要がありますから、地中埋設物等の状態によっては費用が割高になるでしょう。売却後にクレームが出ないよう、整地の程度については解体業者と念入りに打合せしておきましょう。

ちなみに、木造住宅の解体によって発生した木材や木屑等は状態が良ければ専門の業者に買い取ってもらうことができますので、着工前に解体業者と相談することをお薦めいたします。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 4.1万円
20〜29坪 3.7万円
30~39坪 3.5万円
40~49坪 3.4万円
50~59坪 3.3万円

続いて「鉄骨造」の解体費用相場です。鉄骨造の建物の解体工事においては大型重機や大型車両が必要になることもあり費用が木造より高くなります。また、建物の立地環境によって大型車両が長時間駐車できない場合、廃材の搬出等において時間と手間が余計にかかり、費用にも影響するでしょう。

さらに、2006年以前に建てられた建物であれば、アスベスト(石綿)を含む建材が使用されている可能性があり、アスベスト材が使われていた場合は厳しく定められた作業基準に従い専門の資格者が除去工事を行うことになります。健康被害を及ぼさないよう安全に工事を進めるためには、有資格者が在籍し、経験豊富な解体業者を選ぶことをお薦め致します。

なお、解体によって発生する鉄材や鉄くずに関しても有価物として業者に買い取ってもらうことができますので、解体業者と事前に確認しておきましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.4万円
20〜29坪 5.8万円
30~39坪 5.5万円
40~49坪 5.2万円
50~59坪 5.1万円

最後に「RC造」の解体費用相場です。「RC造」は柱、梁、床、壁などが鉄筋とコンクリートで作られているためとにかく頑丈です。そのため、解体工事の規模が大きくなり、工期も長くなりますが、工事期間中は騒音や粉塵、振動などの問題が避けられません。

近隣住民からクレームが出ないよう、着工前から近隣対策を充分に行っておかなければいけません。また、重量のある鉄骨やコンクリート魂などを扱うため、工事中に落下事故等を起こさないよう安全管理も大切です。工期を急ぐあまり事故を起こしては元も子もありません。

RC造の解体工事は規模がかなり大きなものとなるため、様々な面で経験豊富な信頼できる解体業者を選んでおきましょう。

ふじみ野市の空き家の種類と件数

ふじみ野市の空き家の現状について政府統計データに基づき分析してみましょう。

ふじみ野市の空き家の総数は7,580件です。総住宅数は51,080件ですから空き家率は14.8%になります。なお、空き家というのは誰も住んでいない、住めない家ということではなく、別荘として利用している「2次的住宅」、「賃貸用の住宅」、「売却用の住宅」、この3つに該当しない「その他の住宅」の4つの種類に分類されます。

ふじみ野市の空き家7,580件の内訳を見ると、2次的住宅は70件ですが、賃貸用の住宅は5,210件と多く、売却用の住宅は550件、この3つのような利用目的がないその他の住宅に関しては1,750件でした。このデータを見ると、ふじみ野市の空き家は「賃貸用の住宅」と利用目的のない「その他の住宅」の2つで大半を占めているようです。

まずは賃貸用の住宅が多い要因について調べてみます。ふじみ野市は都心まで約30kmという距離を活かし、早くから大規模団地が建設されるなどベッドタウンとして成長し続けて来ました。高度経済成長期には人口が急増し、住宅への需要がさらに高まったことから賃貸用の住宅に関しても一気に増えて行きました。

現在も人口は増加傾向を維持していますが、一時期に比べるとややトーンダウンしています。そういった状況のなか賃貸用の住宅は新築物件が毎年いくつも登場し、物件数は伸び続けています。需要が弱まっているにもかかわらず供給量がとても多い状態ですから需給バランスが崩れてしまいます。結果として賃貸用の住宅に空き家が多くなっているのでしょう。

続いて、「その他の住宅」が多い要因を調べてみます。1,750件のその他の住宅を建て方で分類すると1,220件が一戸建でした。空き家全体で見ると圧倒的に長屋建・共同住宅・その他の方が多いのですが、その他の住宅に関しては一戸建が大半を占めています。一戸建に関してはほとんどが個人所有と考えると、所有者によって今後どうするか決められていない空き家が多いということなのでしょう。

相続等で取得した一戸建の住宅に居住せず、賃貸等でも活用していなければその他の住宅になってしまいます。前述のとおりふじみ野市には賃貸用の住宅に空き家がかなり多いため、一戸建の空き家を賃貸活用することが難しいのかもしれません。ちなみに、ふじみ野市では売却用の住宅の空き家も550件とやや多いため、一戸建の中古住宅が売りにくい環境なのでしょう。

このような状況を踏まえつつ、ふじみ野市にある空き家の実情を統計データから分析してみましょう。

「平成25年住宅・土地統計調査」によると、ふじみ野市内にある空き家のなかで腐朽・破損がある物件の数は1,640件でした。空き家の総数は7,580件のため、約4.6件に1件の割合で腐朽・破損があることになります。その内訳を見ると、二次的住宅は30件ですが、賃貸用の住宅は1,070件で、売却用の住宅は70件、その他の住宅は460件でした。建て方で分類すると、一戸建が430件、長屋建・共同住宅・その他が1,210件でした。ふじみ野市では空き家数に比例し、賃貸用の住宅とその他の住宅に腐朽・破損のある空き家が多いようです。

賃貸用の住宅に関しては空き家数自体が多いため、長年空き家状態のアパート等に腐朽・破損が発生しているのでしょう。住宅情報サイトを見ると築年数の古いアパートが多数あり、老朽化しているとみられる物件も紹介されていました。賃貸物件は供給過多の状態で物件数が需要を超えているため、長期間空き家状態が続く物件というのが出てくるのでしょう。そういった物件が老朽化していくのは仕方がないことかもしれません。

一戸建の空き家について細かく見ると、総数1,550件のうち430件が腐朽・破損ありで、割合としては3.6件に1件となります。また、430件のうち280件はその他の住宅ですが、利用目的を失ったまま放置していることで腐朽・破損が発生しているのでしょう。一戸建の住宅に関しても空き家状態で何もしなければ思った以上のスピードで老朽化が進むものです。

ふじみ野市では、「ふじみ野市空家等対策の推進に関する条例」において空き家等の適切な管理を所有者等の責務とし、空き家の適正管理を促すとともに、「公益社団法人入間東部シルバー人材センター」と協定を締結し、同センターによる空き家等管理業務の紹介を行っています。シルバー人材センターでは、空き家の見回り・樹木の剪定、伐採、枝下ろし(高さ4m以内)・除草等・小修繕などを所有者に代わって行うことができますので、有料にはなりますが、空き家の管理でお悩みの方は問い合わせてみると良いでしょう。

空き家に関するお悩みは管理に関することだけでなく、売却・賃貸の方法、リフォーム、土地活用、解体など様々でしょう。ふじみ野市では「埼玉県宅地建物取引業協会 埼玉西部支部」と恊定を締結し、ワンストップ相談事業を行っています。空き家に関する相談は原則として無料で、市内に空き家を所有する方、または相続予定者を対象としています。

腐朽・破損のある空き家をリフォームしたい、解体したいと思っても経済的に難しいというケースも多々あるでしょう。ふじみ野市ではそういった問題に対応するため、市内金融機関5行と相互連携と協働を推進し、「空き家に関する地域活性化包括連携協定」を締結するとともに、空き家のリフォーム、解体に関するローンの情報提供を行っています。

各金融機関によって内容や対象、融資条件などが異なり、申し込みにあたっては審査がありますが、5行とも無担保融資となっています。詳しくはふじみ野市都市政策部建築課 住宅政策係にお問い合わせください。

また、ふじみ野市では売却や賃貸等で利活用が可能な空き家を「全国版空き家バンク」に登録するサポートを行っています。担当課は上記と同じ住宅政策係です。所有する空き家の利活用をお考えの方は一度問い合わせてみると良いでしょう。ちなみに、「空き家バンク」とは、空き家の売却もしくは賃貸情報をホームページなどで紹介し、空き家の所有者と利用希望者とのマッチングを図るための制度です。

一言で空き家といっても、すぐに居住できる状態のものから老朽化が著しいものまで様々でしょう。居住可能な空き家に関しては行政のサービス等を利用して売却もしくは賃貸活用することが空き家問題の大きな解決策ですが、腐朽・破損があり修繕を行っても居住が難しいような老朽化した空き家に関しては思い切って解体することも選択肢の一つです。

ちなみに、ふじみ野市の2019年の公示地価を調べると平均190,857円/㎡で、変動率は+2.07%でした。特にふじみ野駅周辺の地価が大きく上昇しています。ふじみ野市では住宅用地への需要が高くなっていますから、老朽化した空き家であれば思い切って解体し、跡地を売却することを検討してはいかがでしょうか。

国土交通省では、被相続人が居住していた家屋を相続した相続人が当該家屋または取壊し後の土地を譲渡した場合、その譲渡所得から3,000万円を特別控除できる「空き家の発生を抑制するための特例措置」を設けています。家屋そのものだけでなく、取壊し後の跡地にも適用される制度となっていますので、譲渡を検討している方は一度行政に問い合わせてみると良いでしょう。

まとめ:ふじみ野市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

ふじみ野市は交通利便性が高く、若い世帯にとっても暮らしやすい環境が整っていますが、市内には賃貸用の住宅を中心に空き家が増えており、空き家率は全国平均を超えています。また、一戸建の空き家も多く、利用目的を失くしたまま放置されている空き家が増えつつあります。

相続等で引き継いだ住宅の場合、相続人が居住すれば問題ありませんが、居住しないまま売却もせず、賃貸等で活用していなければ「空き家」になってしまいます。

空き家であっても所有者は定期的に清掃等を行うなど、適正に管理していく責務があります。とは言え遠方で生活している場合、空き家を管理していくことは大きな負担になるでしょう。将来的にも居住の予定がないのであれば行政のサービス等を利用して早急に利活用を進めることをお薦め致します。

一方で、老朽化が進んでいる空き家に関してはこれ以上悪化しないうちに思い切って解体することを検討してはいかがでしょうか。今後も固定資産税等の経済的な負担が続くことを考えたら、解体して跡地を売却する方が得策かも知れません。

解体すると決めたならば、行政の制度やふじみ野市特有の環境に詳しい地元の業者を選びましょう。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP