埼玉県秩父市で解体工事
をお考えの方

埼玉県秩父市内の解体工事実績豊富な企業と提携。埼玉県秩父市の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

埼玉県秩父市でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

埼玉県秩父市

秩父市の解体工事を巡る状況

秩父市は埼玉県北西部の秩父地方の中心となる人口約6万人の市です。その面積は県内の自治体で最も広く、秩父山地に囲まれた長閑な土地です。秩父盆地の中央部に市街地が形成されていますが、市域の多くは緑豊かな自然が残る環境で、奥秩父エリアには山の裾野に沿うように小さな集落が点在しています。

秩父市は水資源に恵まれているため昔から酒造りが盛んで、「秩父錦」「武甲正宗」など多くの銘酒を生み出しています。豊かな自然と長い歴史を有する秩父市は観光地として人気がありますが、1923年(大正12年)に開設された秩父セメント工場の名前で記憶している人も多いでしょう。

秩父市の住宅事情を調べてみると、分譲マンションの数は少なく、賃貸であれば築浅のマンションがいくつか見つかります。分譲戸建て住宅に関しても新築物件はめずらしく、中古物件が大多数を占めています。価格相場を見ると中古物件には1,000万円以下のものもありますが、大体は築年数が相当古い住宅です。

なかには築50年以上の古民家もあり、秩父の歴史を感じさせます。また、住宅情報サイトには土地(住宅用地)が多数掲載されており、住居用の建物を解体した跡地が目立ちます。秩父市では人口が年々減少し、高齢化率も非常に高いため空き家が多くなっています。空き家の増加というのは秩父市にとっても深刻な問題のようです。

秩父市では、平成25年に「秩父市空き家等の適正管理及び有効活用に関する条例」を施行し、平成30年には「秩父市空き家等対策計画」を策定しています。計画の期間は平成 30年度からの5年間とし、空き家等の発生予防から跡地利用までを視野に入れた各種対策を総合的かつ計画的に展開しています。

ここからは、秩父市の解体工事の現状を紹介し、解体工事費用の相場、解体工事を依頼する上で留意するべき点などを紹介していきます。

秩父市の解体工事費の相場(平均坪単価)

解体工事は「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類に大きく分類されます。解体工事費の相場は建物の構造で大きく異なりますが、立地環境というのも重要です。秩父市は豊かな自然に恵まれる長閑な土地です。

歴史を感じる街並みも多く残っており、観光地として魅力がありますが、市内には旧耐震基準で建てられた古い住宅が多く、またそういった住宅が密接している場所も少なくありません。そのような環境で解体工事を行うとなると隣家に影響しないようかなり慎重に工事を進めなくてはいけません。

手壊しでの作業が多くなることもあり、工期や費用に影響が出るかもしれません。これから紹介する解体工事費の相場についてはあくまでも見積りを取る際の一つの目安とお考えください。

ここからは、3つの分類ごとの秩父市の解体工事の相場(平均坪単価)を紹介していきます。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.0万円
20〜29坪 2.7万円
30~39坪 2.6万円
40~49坪 2.5万円
50~59坪 2.4万円

まず「木造」の解体費用相場です。「木造」というのは主要構造部分に木材を使用した建築物のことを言います。秩父市における木造建物の解体費用相場は、一般的な規模の30〜39坪で坪単価2.6万円ですから安い方ですが、建物の立地環境や個別の条件によって費用は違ってきます。

秩父市の大滝エリアなどでは山間の斜面に住宅が建てられているケースが多く、住宅の前の道が未舗装ということも珍しくありません。そのような環境で工事を行うとなると大型重機が使い難く、手作業メインの工事となる可能性が高いでしょう。廃材の搬出にも手間と時間が余計にかかりますから相場よりも割高になるかもしれません。

また、老朽化が進んだ住宅に関しては倒壊しないよう慎重に工事を進めなくてはいけませんから、手壊しによる解体工事に関して経験が豊富な解体業者を選んでおくと安心でしょう。

ちなみに、解体によって発生した木材や木屑等は状態が良ければ専門の業者に買い取ってもらうことができますので、着工前に解体業者と相談しておきましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.3万円
20〜29坪 3.0万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.7万円
50~59坪 2.6万円

続いて「鉄骨造」の解体費用相場です。「鉄骨造」とは柱や梁などの骨組みに鉄骨を組んで造った建築物のことを言います。2006年以前に建てられた「鉄骨造」の建物を解体する場合、アスベスト(石綿)を含む建材が使用されているかどうか事前に調査する必要があります。

アスベストの除去工事は特殊な作業となるため、もし使用されていた場合はアスベスト処理に必要な専門資格を有する経験豊富な解体業者を選ぶことをお薦め致します。建物の解体におけるアスベストに関する相談は、お住まいの地域を管轄している環境管理事務所または秩父市役所にお問い合わせください。

ちなみに、解体によって発生する鉄材や鉄くずに関しても有価物として業者に買い取ってもらうことができますので、解体業者と事前に確認しておきましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 5.1万円
20〜29坪 4.7万円
30~39坪 4.4万円
40~49坪 4.2万円
50~59坪 4.1万円

最後に「RC造」の解体費用相場です。「RC造」とは柱、梁、床、壁などが鉄筋とコンクリートで作られており、その2つの組み合わせによって強度を増した建築物のことを言います。RC造の建物を解体する場合、工事が大掛かりになるだけでなく廃材の処分というのが大きな負担となります。

コンクリート魂と鉄材は分別して処分場まで運ばなくてはいけませんし、コンクリート魂に関しては特に処理費用が高額となります。廃材運搬のための大型車両を自社で保有し、産業廃棄物の処理に関しても得意な業者がいますから、複数の業者に見積りを依頼し、その内容をよく見比べてみると良いでしょう。

秩父市の空き家の種類と件数

秩父市の空き家の現状について政府統計データに基づき分析してみましょう。

秩父市の空き家の総数は5,110件です。総住宅数は29,330件ですから空き家率は17.4%という高い値になります。なお、空き家というのは誰も住んでいない、住めない家ということではなく、別荘として利用している「2次的住宅」、「賃貸用の住宅」、「売却用の住宅」、この3つに該当しない「その他の住宅」の4つの種類に分類されます。

秩父市の空き家5,110件の内訳を見ると、2次的住宅は740件で、賃貸用の住宅は1,910件、売却用の住宅は10件ですが、この3つのような利用目的がないその他の住宅に関しては2,450件と最多でした。このデータを見ると、秩父市の空き家は「賃貸用の住宅」と利用目的のない「その他の住宅」の2つで大半を占めていることがわかります。

まずは最も数が多い「その他の住宅」について調べてみます。秩父市では1960年以降人口減少が続いており、老年人口比率が県内で最も高い地域となっています。同時に少子化が深刻で、若者人口の流出が大きな問題です。秩父市の持ち家率は77.3%と高く、全住宅に占める戸建て住宅の割合が高いことが特徴です。政府統計データによると、空き家総数5,110件のうち3,140件が一戸建で、そのうち2,120件が「その他の住宅」という状況です。

戸建て住宅が空き家となる大きな要因は「相続」です。秩父市が実施した空き家所有者への意向調査によると、空き家になった理由は「相続人等で取得したが住む人がいないため」が最も多く、空き家の状態については「長期間空き家状態にある」という回答が多くなっています。高齢化が深刻な秩父市においては相続等で引き継いだものの長年利用することのない空き家が多いのでしょう。そういった空き家が利用目的を失った「その他の住宅」になっているのだと考えられます。

続いて、賃貸用の住宅に空き家が多い要因を調べてみます。セメント産業、繊維産業が盛んだった秩父市では1955年頃までは人口が増え続けていました。しかしながら1960年をピークとして現在は減少傾向にあり、その減少率が年々高くなっています。市内の住宅情報を調べると、築浅の物件もありますが、築30年以上の古い物件が多数見られます。

また、アパートやマンションだけでなく戸建ての賃貸用住宅も多数ありました。近年賃貸用の住宅が新築される件数は減っているようですが、人口が大きく減少しつつある秩父市ですから賃貸用の住宅に空き家が多くなるのは自然な流れなのでしょう

このような状況を踏まえつつ、秩父市にある空き家の実情を統計データから分析してみましょう。

「平成25年住宅・土地統計調査」によると、秩父市内にある空き家のなかで腐朽・破損がある物件の数は2,080件でした。空き家の総数が5,110件ですから約2.5件に1件という高い割合で腐朽・破損があることになります。

その内訳を見ると、二次的住宅は130件で、賃貸用の住宅は740件、売却用の住宅は10件ですが、その他の住宅は1,200件と過半数を占めています。建て方で分類すると、一戸建が1,210件で、長屋建・共同住宅・その他に関しては870件でした。さらに詳しく見ると、腐朽・破損がある一戸建1,210件のうち970件がその他の住宅という状況です。

秩父市には「その他の住宅」に空き家が多いのですが、腐朽・破損がある空き家状態の住宅は大半が一戸建でした。

前述のように秩父市には戸建て住宅に空き家が多く、腐朽・破損がある空き家もその大半が戸建て住宅という状況です。持ち家率が高い秩父市ですが、少子高齢化が大きな問題となっており、高齢者だけの世帯の数も増加しています。市の調査によると、空き家の管理について困っているひとが多く、驚くことに「管理をしたことがない」という回答が2割を超えています。今後の活用についても「予定なし」という回答が思いのほか多く、ただ放置しているだけという状態の空き家があることがうかがえます。

秩父市では適切に管理されていない空き家等の所有者に対する意識啓発を図るとともに、提携する「秩父市シルバー人材センター」による空き家管理業務の利用を案内しています。また、市の相談窓口で空き家に関するお悩みに対応するほか、「埼玉県宅地建物取引業協会」など民間関係団体による相談窓口を案内しています。そのほか、金融機関による「空き家活用ローン」等の紹介も行っていますので、空き家についてお悩みの方は一度行政に相談してみると良いでしょう。

ちなみに、秩父市では「空き家バンク制度」の活用を推進しており、新規利用登録者数は年々増えています。平成29年度の成約数は売買が10件、賃貸が2件です。「空き家リフォーム等工事費助成金」や「移住者向け賃貸住宅リフォーム等工事費助成金」などの経済的な支援も充実させていますので、空き家の利活用をお考えの方は秩父市役所にお問い合わせください。

さらに、秩父市には「空き家の譲渡所得の3,000 万円特別控除」という制度もあり、一定の要件がありますが、家屋を相続した相続人が当該家屋又は取壊し後の土地を譲渡した場合、当該譲渡所得から3,000万円を特別控除することとなっていますので、老朽化が進んだ空き家を所有する方は思い切って解体し、跡地を売却することも選択肢の一つでしょう。

秩父市の2019年の公示地価を調べると平均34,650円/㎡で、変動率は-0.79%でした。エリア別に見てもほぼ全域で地価が下降している状況です。秩父市の公示地価は1992年以降下がり続けている状況ですから、利用することのできない老朽化した空き家を所有する方は、資産としての価値がこれ以上下がらないうちに建物を解体し、跡地を売却することを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ:秩父市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

秩父市の空き家率は非常に高く、戸建て住宅を中心に空き家が増加している状況です。また、高齢化が進み人口が減少していることもあり、賃貸用の住宅に関しても空き家が多くなっています。市では空き家対策に包括的に取り組んでいますが、適正管理ができていない老朽化した空き家が増えています。

所有者それぞれに事情があるとは思いますが、住宅というのは居住者がいない状態が長くなると腐朽していくものです。何もしないまま老朽化が進めば地域に悪影響を及ぼす「特定空家等」になりかねません。

また、固定資産税などの経済的な負担もかかり続けますから、空き家問題は先送りにして良いことは何もないのです。秩父市は空き家に対する施策が充実している自治体ですから、空き家をどうするべきかお悩みの方は、行政のサービス等を利用して早期に解決を図ることをお薦め致します。

解体すると決めたならば、行政の制度や秩父市特有の環境に詳しい地元の業者を選びましょう。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP