埼玉県川口市でオススメの解体業者に無料見積り!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

埼玉県川口市

解体工事のお悩み解体工事のお悩み…
どんなことでも
お気軽にご相談ください!

内装解体、家屋解体、ビル解体、マンション解体、アパート解体、別荘解体etc...

査定・見積り完全無料

  • 発注確定するまで料金は0円!
  • 解体見積もり広場の上乗せ0円!

強引なセールスなし!

  • 申込後、複数の業者から電話がかかってくることは一切ありません。
  • 解体見積もり広場の専任担当者がお客様と解体業者の間に入り、窓口として対応します。
  • お見積り依頼後のキャンセル、お断りも代行します。

川口市の解体工事を巡る状況

川口市は埼玉県南東部、荒川北岸にある人口約59.2万人の都市です。埼玉県ではさいたま市に次いで2番目に人口が多く、中核市、保健所政令市に指定されています。古くは鋳物の街として知られていましたが、近年はベッドタウンとして人気を集めており、川口駅前には超高層マンションが建ち並んでいます。

都市として発展し続けている川口市ですが、市内には昔ながらの団地も多く、昭和感の漂う商店街や共同住宅も多数残っています。交通利便性の高さからベッドタウンとして発展している川口市ですが、工業都市という側面も失っておらず、市内には大小様々なメーカーの製造拠点があります。外国人労働者が多いことも川口市の特徴の一つでしょう。

川口市の住宅事情を調べてみると、2016年には新築マンション1,096戸が販売されるなど不動産市場に活気があることがわかります。また、分譲戸建て住宅も新築物件が多数販売されており、市内各所で新興住宅地が次々誕生しているようです。大手住宅情報サイトで賃貸に関して調べると約3万件掲載されており、新築から築30年以上の物件まで幅広く紹介されています。

今も人口が増え続けている川口市ですが、想像したとおり賃貸用の住宅に関しては物件数がとても多いようで、空き家の数が少なくないことがわかります。超高層マンション等が目立っている川口市ですが、市内には老朽化した戸建て住宅やアパートも多く、空き家問題が深刻なものになりつつあります。

川口市では、空家等に関する対策を総合的・計画的に推進するため、「空家等対策の推進に関する特別措置法」第6条第1項の規定に基づき、「川口市空家等対策計画」を策定しています。計画期間は令和9年までですが、事業の進捗状況等にともない5年ごとに見直しを行うものとしています。

ここからは、川口市の解体工事の現状を紹介し、解体工事費用の相場、解体工事を依頼する上で留意するべき点などを紹介していきます。

川口市の解体工事費の相場(平均坪単価)

解体工事は「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類に大きく分類されます。建物の構造で解体工事費の相場は大きく異なりますが、立地環境によって差が出ます。川口市はベッドタウンとして人気を集めており、川口駅周辺を中心に高層マンションが多数立地しているイメージがありますが、市内には古くからの住宅地も多く残っており、住宅密集地も少なくありません。

そのような環境で解体工事を行うとなると、手作業メインの工事となることがあります。大型重機で一気に解体できない分、工期は長くなるでしょう。自ずと費用も割高になりますので、これから紹介する解体工事費の相場についてはあくまでも見積りを取る際の一つの目安とお考えください。

ここからは、3つの分類ごとの川口市の解体工事の相場(平均坪単価)を紹介していきます。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.8万円
20〜29坪 3.4万円
30~39坪 3.2万円
40~49坪 3.1万円
50~59坪 3.0万円

まず「木造」の解体費用相場です。「木造」というのは主要構造部分に木材を使用した建築物のことを言います。川口市における木造建物の解体費用相場は、一般的な規模の30〜39坪で坪単価3.2万円です。ただし、建物の立地環境や個別の条件によってトータルの費用は変わってくるでしょう。

もし住宅以外にブロック塀等の解体・撤去がある場合はその費用が追加となりますし、庭木や庭石などの撤去があれば同様になるでしょう。また、よくあるのが住宅内に家財道具がそのままになっているケースですが、そういった残存物の廃棄費用は思いのほか高額になりますので、着工前にできる限りご自身で処分しておきましょう。

ちなみに、解体によって発生した木材や木屑等は状態が良ければ専門の業者に買い取ってもらうことができますので、着工前に解体業者と相談しておきましょう。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 4.1万円
20〜29坪 3.7万円
30~39坪 3.5万円
40~49坪 3.4万円
50~59坪 3.3万円

続いて「鉄骨造」の解体費用相場です。「鉄骨造」とは柱や梁などの骨組みに鉄骨を組んで造った建築物のことを言います。「鉄骨造」の建物を解体する際に特に注意しなければいけないのがアスベストについてです。2006年以前に建築された建物の場合、アスベスト(石綿)を含む建材が使用されていることがあります。

事前に調査をしておくことはもちろんですが、もし使用されていた場合は行政に届け出を出して除去工事をしなければいけません。また、アスベストの除去工事には厳密な作業基準が定められていますので、専門の資格を有する経験豊富な解体業者を選んでおくと安心でしょう。

ちなみに、解体によって発生する鉄材や鉄くずに関しても有価物として業者に買い取ってもらうことができますので、解体業者と事前に確認しておきましょう。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 6.4万円
20〜29坪 5.8万円
30~39坪 5.5万円
40~49坪 5.2万円
50~59坪 5.1万円

最後に「RC造」の解体費用相場です。「RC造」とは柱、梁、床、壁などが鉄筋とコンクリートで作られており、その2つの組み合わせによって強度を増した建築物のことを言います。RC造の建物を解体する場合、近隣対策というのが重要になります。コンクリートを破壊する際には騒音や粉塵、振動などが発生しますから、近隣住民の生活への影響は避けられません。

費用面はもちろん大事ですが、近隣対策が丁寧な解体業者を選ぶことをお薦め致します。また、川口市は荒川北岸に位置するため場所によっては地盤強化のための地中杭が多いことがあります。その撤去・処分にかかる手間と費用は工事が始まってからでないとわからないことがありますので、ある程度費用に追加が出ることを想定しておきましょう。

埼玉県川口市で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 埼玉県川口市における解体工事の費用事例は現在作成中となっております。

埼玉県川口市で設備解体工事を依頼する前に知っておくべきこと

店舗やオフィスの設備を解体する工事の総称は内装解体

設備解体工事といっても人それぞれ認識が異なることが多く、業者への見積もり前にあらかじめ理解を深めた上で依頼することが大切です。

ここでは、主に店舗やオフィスで依頼することがある工事の種類や名称、その内容の違いなどについて解説していきます。

内装解体とスケルトン工事・原状回復工事・設備解体工事の相関図
クリックで画像拡大

内装解体

内装解体とは、スケルトン工事や原状回復工事の総称です。

具体的には、スケルトン工事や原状回復工事を行う際に、店舗・オフィス内の造作物(厨房設備やカウンターなど入居時になかった物)を解体して撤去する作業のことを言います。

スケルトン解体工事

スケルトン解体工事とは、建物の構造体以外は何もない状態へ戻す工事の名称です。

入居時の内装工事で造作した間仕切りや天井、壁や床などの造作物を全て撤去していきます。鉄筋コンクリート造のビルなどの場合、コンクリート打ちっぱなしの状態と表現されます。

スケルトン工事、スケルトン仕上げ、スケルトン戻し、などと呼ばれることがありますが、そのどれもスケルトン解体工事のことを指しており、意味は同じとなります。

原状回復工事

原状回復工事とは、店舗やオフィスなど物件を借りた際の元々の状態にまで戻し、貸主に返却するために借り主が行う工事です。

物件を借りた時点でスケルトン状態だったのであれば、原状回復工事はスケルトン工事となり、そうでなければ造作物など後から付けたものを撤去する工事となります。

例えば、飲食店など店舗として物件を借りる場合、スケルトン状態で借りていることが多く、オフィスや事務所として借りる場合、スケルトン状態ではないケースが多いでしょう。

※物件を借りた際の契約書に解約時の原状回復工事内容について記載されています。

設備解体工事

設備解体工事とは、一般的に工場などの設備を解体するプラント設備解体工事を指す場合がほとんどです。店舗やテナントの場合、借りた際にはなかった厨房などの設備を解体・撤去する工事の名称としては、あまり使われません。

そのため、飲食店などの店舗を移転・閉店する際に、厨房設備などを撤去・解体したいのであれば、多くはスケルトン解体工事を依頼することになるでしょう。

まずは、間違いを起こさないために、賃貸借契約書などで解約時の工事内容について確認した上で、解体業者に見積もりを依頼しましょう。

川口市の空き家の種類と件数

川口市の空き家の現状について政府統計データに基づき分析してみましょう。

川口市の空き家の総数は31,170件です。総住宅数は275,640件ですから空き家率は11.3%となります。なお、空き家というのは誰も住んでいない、住めない家ということではなく、別荘として利用している「2次的住宅」、「賃貸用の住宅」、「売却用の住宅」、この3つに該当しない「その他の住宅」の4つの種類に分類されます。

川口市の空き家31,170件の内訳を見ると、2次的住宅は400件ですが、賃貸用の住宅は22,540件と非常に多く、売却用の住宅は2,320件、この3つのような利用目的がないその他の住宅に関しては5,900件でした。このデータを見ると、川口市の空き家は大半が賃貸用の住宅ですが、利用目的がないその他の住宅もかなり多いことがわかります。

まずは、賃貸用の住宅に空き家が多い要因を調べてみます。川口市の人口は昭和初期に急激に増加し、その後も右肩上がりで増え続けました。高度経済成長期に進んだベッドタウン化・平成の大合併の影響もあり、現在の人口は60万人近くまで膨れ上がっています。

人口の増加に伴う宅地開発も活発で、大規模団地が造成された時期を経て、近年は鋳物工場の跡地などに高層マンションの建設が多数進んでいます。毎年新築の物件が増える一方で、賃貸用の住宅に関しては築年数の古い物件も数多く残っており、供給過多の状態であることから空き家が多くなっていると考えられます。

続いて、川口市の空き家にその他の住宅が多い要因を調べてみます。川口市で「その他の住宅」となっているのは5,900件ですが、そのうち一戸建は3,800戸と6割を超えています。戸建て住宅が空き家となる要因には「相続」が大きく関係していますが、川口市においても同様のことが考えられます。近年都市開発が進むエリアには高層マンション等が増えていますが、昔からある住宅地には老朽化した戸建て住宅が多く、なかには適正管理がなされていない住宅も見られます。

市の調査によると、空き家等の大半は木造の専用住宅で、旧耐震基準の古い空き家が8 割以上あるという状態です。所有者によって空き家の適正管理ができておらず、賃貸等の利活用もできていないことで、その他の住宅が多くなっているのでしょう。

ちなみに、川口市の高齢化率は低めですが、地域別の高齢者単身世帯割合は昭和40年当時の人口集中地区で高い傾向にあり、古くから住宅地だったエリアに高齢者の一人暮らしが増えています。また、「住宅・土地統計調査」によると、高齢者単身世帯のうち「子はいない」割合が比較的高く、推計約2,300世帯となっています。持ち家を相続する人が居ない世帯主が亡くなった際には、所有者不明の空き家が発生することが予想されています。

このような状況を踏まえつつ、川口市にある空き家の実情を統計データから分析してみましょう。

「平成25年住宅・土地統計調査」によると、川口市内にある空き家のなかで腐朽・破損がある物件の数は7,060件でした。空き家の総数が31,170件ですから約4.4件に1件の割合で腐朽・破損があることになります。その内訳を見ると、二次的住宅は30件ですが、賃貸用の住宅は4,740件で、売却用の住宅は200件、その他の住宅は2,080件でした。

建て方で分類すると、一戸建が2,080件で、長屋建・共同住宅・その他に関しては4,980件でした。さらに詳しく見ると、腐朽・破損がある一戸建のうち約7割がその他の住宅で、長屋建・共同住宅・その他については9割近くが賃貸用の住宅という状況です。

川口市にある空き家のうち腐朽・破損がある一戸建は、大半がその他の住宅になっており、腐朽・破損がある長屋建・共同住宅・その他に関しては当然ながらほとんどが賃貸用の住宅です。一戸建の空き家物件に関しては大半が老朽化し、利用できない状態なのでしょう。また、数としては賃貸用の住宅に腐朽・破損があるものが多く、今後増加していくことが予想されます。

川口市では、空き家対策の一環として、まちづくり活動拠点や地域コミュニティの活性化等に資する目的での空家等の利活用を支援するため、「川口市空家利活用補助金」を設置し、NPO団体等が行う空家等の利活用のための工事費用の一部の補助を行っています。

また、空家等を除却するにあたり、一括で除却費用等を支払うことが困難な所有者がいることから、空家等の除却費用等について融資を実施している金融機関と連携し、市の窓口においてリーフレットの配布を行うなど、空家等所有者に除却費用等に関する情報提供を行っています。

さらに、川口市では相談体制の強化を図るべく、埼玉県「空き家相談窓口」や川口市造園業協会など、空き家に関するお悩みに専門的に対応できる窓口を紹介し、速やかに各専門家に相談できる体制を整えています。

ほかにも「相続した空き家の譲渡所得の特別控除」や、空き家を貸したい人、住み替えのために自宅を貸したい人向けの「マイホーム借上げ制度」など、空き家の発生予防、空き家の利活用につながる制度を設けていますので、空き家についてお悩みの方は一度市役所に相談に行ってみると良いでしょう。

ちなみに、川口市の2019年の公示地価を調べると平均254,340円/㎡で、変動率は+3.97%でした。特に川口駅周辺の地価が大きく上昇していますが、市内ほぼ全域で上がっている状況です。川口市では住宅用地に対して需要が高い状態となっていますから、老朽化した空き家を所有する方は、思い切って解体し、跡地を売却することを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ:川口市の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

川口市はベッドタウンとして人気がある街ですが、市内には老朽化した戸建て住宅が多く、賃貸用の住宅に関しても空き家が非常に多くなっています。賃貸用の住宅は余剰があるにも関わらず新築物件が増え続けていますから、今後さらに空き家が増加することが考えられます。

川口市では空き家対策に力を入れており、具体的な対策が多数展開されていますので、空き家を所有する方は行政のサービスを利用することをお薦め致します。老朽化した空き家を放置していれば年々腐朽が進み、その間経済的な負担もかかり続けます。空き家問題は先送りにせずできるだけ早期に解決する方が得策と言えるでしょう。

解体すると決めたならば、行政の制度や川口市特有の環境に詳しい地元の業者を選びましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

サイト内キーワード検索

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP