外構除去工事の種類や費用相場とは?業者選びのポイントも紹介!

外構除去工事の種類や費用相場とは?業者選びのポイントも紹介!

家屋や建物の解体工事をはじめとしてさまざまな分野の工事がありますが、外構除去工事もよく行われる工事の1つです。外構除去工事と聞いてどういったイメージをお持ちになるでしょうか。すぐにイメージできる方もいればそうではない方もいるでしょう。そこで今回は外構除去工事の種類や費用相場に焦点を当てて解説を行います。外構除去工事の考え方や知識に関して積極的に身につけましょう。

外構除去工事の種類

それでは、外構除去工事の種類についてご紹介します。外構除去工事とは簡単に言えば自宅周辺や庭の工事を行うことです。一軒家にお住まいの場合はブロック塀やフェンス、門柱や門扉など、さまざまな構造物があることでしょう。

そうした構造物を撤去したり除去したりすることがメインの工事であり、新たな構造物を取り付けるための準備作業とも言えます。その具体的な種類について確認しましょう。

ブロック塀の解体

まずはブロック塀の解体が挙げられます。庭や自宅敷地内にブロック塀が積まれていることも多いでしょう。新しく積んだばかりのブロック塀や定期的にメンテナンスが施されているブロック塀であれば、そのままの状態にしておいても問題ありません。

ただし、以下のような状態の場合は解体や除去を検討することがおすすめです。

  • ヒビが入っている
  • 不安定で傾いている
  • 塀が高すぎる
  • 築年数が長い
  • 耐震補強が不十分 など

不安定で傾いていたり、ひびが入っていたりする状態のブロック塀をそのままにしておくのは危険です。また、ブロック塀の高さは1.2m以下が理想的とされているので、それ以上高い場合は解体したり補強工事を行ったりすることが有効です。

築年数に関してブロック塀は30年が寿命と言われており、中に使用されている鉄筋は15年から20年ほどで寿命を迎えることがあります。鉄筋が錆びてくると強度が保たれなくなるので、ちょっとした風雨や地震で崩れやすくなります。

その他にも状況を見ながら除去や解体工事を行い、新しいブロック塀を積み上げることも選択肢の1つです。

門柱や門扉の解体

外構除去工事の種類としては、門柱や門扉の解体も挙げられます。自宅の敷地内の入り口に門が設置されていることもあるでしょう。門柱や門扉も古くなってくると傾きやヒビが見られることがあります。そうした状況になる前に解体して、新たな門を設置することも悪くありません。

また、門自体を取り外してオープンスタイルにしたいというニーズもあります。その場合も門柱や門扉を解体することでオープンな環境を作り上げられます。

フェンスの取り外し

フェンスの取り外しも外構除去工事の1つです。庭や自宅敷地内と敷地外の境界線にフェンスを設置している家庭も多いでしょう。柵も同様ですが、「フェンスの高さを調整したい」、「フェンス自体を取り外したい」といったニーズが出てくることもあります。

その際に業者に依頼することで、施主のニーズを満たすことができます。

テラスの撤去

テラスを撤去することも外構除去工事に含まれます。庇(ひさし)などを取り付ければ快適な空間を演出できるテラスですが、場合によっては不要になることもあるでしょう。

増築工事に伴ってテラスを解体することもよく見られるケースです。あるいは庭の拡張に伴ってテラスを解体することもあります。テラスはさまざまなニーズを満たすために解体されることがある外構設備です。

カーポートの解体

庭や自宅敷地内の解体という点ではカーポートの解体も珍しくありません。カーポートの拡大や縮小、あるいはカーポート自体が不要になったなど、さまざまな理由で解体工事が行われます。

カーポートの解体は家や建物の解体工事と一緒に行われることも多く、作業に慣れている業者も少なくありません。

石垣や花壇の解体

不要になった構造物や工作物の解体という点では、石垣や花壇の解体も挙げられます。外構除去工事の1つであり、庭の拡張のために解体することもあるでしょう。

花壇を解体する場合は、花壇の中にある土も一緒に撤去することが一般的です。また、石垣に関しては埋めたり粉砕したりしながら解体作業を進めます。

どういった方法で撤去、解体するのかは解体業者と話し合いながら進めることがポイントです。

土間コンクリートの解体

続いては、土間コンクリートの解体についてです。土間コンクリートは庭や駐車場に打たれていることが多いです。土間コンクリート自体が不要になるというよりも、「アスファルト舗装にしたい」、「地面に砂利を敷きたい」などといったニーズで解体することが多いです。

土間コンクリートは頑丈にできており、解体にも手間がかかります。実際に解体する場合は、作業に慣れている業者やある程度の実績がある業者に依頼すると良いでしょう。

庭木や庭石の撤去

外構除去工事には庭木や庭石の撤去も含まれます。庭木や庭石を置いて庭のデザインや空間、雰囲気を楽しむという方も多いでしょう。そのまま設置し続けておいても問題ありませんが、何らかの理由やタイミングで撤去したくなることもあります。

特に庭木に関しては年数が経つと大きく成長して、視界を遮ってしまう可能性があります。不要だと感じたタイミングで撤去を検討すると良いでしょう。

庭木や庭石の撤去は大掛かりな作業になることも多いため、実績のある業者に依頼することがポイントです。

その他の外構除去工事

外構除去工事の種類に注目して解説を行っていますが、その他にも外構除去工事と呼ばれるものはあります。主な工事対象としては以下の構造物や工作物などが挙げられます。

  • 物置
  • 灯籠
  • 残土処分
  • 雑草
  • ポスト
  • 表札
  • インターホン
  • 天端モルタル
  • 笠置 など

庭や玄関先、自宅敷地内にはさまざまな構造物や工作物があります。そうしたものを撤去したり除去したりすることが外構除去工事であり、さまざまな目的で実施されます。

美しい景観を保つこともできますし、「他の構造物を備え付けたい」、「スペースを拡張したい」など、人によって異なるニーズを実現できることが大きなメリットです。

主な外構除去工事の費用相場

ここからは主な外構除去工事の費用相場についてご紹介します。上段ではさまざまな種類の外構除去工事があることを取り上げましたが、それぞれの工事には一定の費用がかかります。

工事前に目安となる費用相場を把握しておくと、実際に工事を依頼する際の予算なども設定しやすくなるでしょう。全ての工事が相場の範囲内に収まるわけではなく、解体する対象物や大きさ、個数など、各種条件によって変わります。一定の目安として費用相場について把握しておきましょう。

全体的な費用目安

まずは、全体的な費用目安についてご紹介します。外構除去工事に関しては安ければ1万円程度から行うことができます。雑草の抜き取りや根切りなど、1万円前後で依頼できる工事もあるでしょう。

高くなると100万円程度の費用がかかることもあります。重機を使って行う作業や何日も日数を要するような作業の場合は費用が高くなるでしょう。

したがって、1万円から100万円の間が全体的な費用目安であり、対象物や作業内容によって金額にばらつきが見られることが特徴です。一般的には数十万円程度の費用が必要だと認識しておくと良いでしょう。

ブロック塀の解体費用

それでは個々の対象物の費用相場についてご紹介します。まずは、ブロック塀の解体費用について確認しましょう。ブロック塀の解体費用については、平米単価となることが一般的です。

  • 5,000円~1万円/㎡

費用相場としては1㎡あたり5,000円~1万円が目安であり、作業範囲が広がれば解体費用も高額になることが特徴です。

門の解体費用

門の解体費用に関しては、門扉と門柱の両者に分けて考えることができます。

門の解体・撤去費用相場
門扉8万円~11万円
門柱3万円~5万円

上記のような形でそれぞれ費用相場が設定されています。門全体を撤去する場合は、それぞれの費用が合算されてさらに高くなることがあります。最終的には業者に確認する必要がありますが、1つの目安として頭に入れておきましょう。

フェンスの撤去費用

続いては、フェンスの撤去費用についてご紹介します。一般的な戸建てに設置されているフェンスや柵を撤去する場合は、以下の金額がおおよその相場です。

  • 3万円~10万円

上記の金額にフェンスの解体費と撤去費、処分費のそれぞれが含まれることが一般的です。処分に関しては廃材ごとに分けて行う必要があるので、適切な業者に依頼するようにしましょう。

石垣の解体費用

石垣を解体する場合は、1kgあたりで費用計算が行われることが一般的です。その相場の金額は以下の通りです。

  • 20円~40円/kg

石垣の解体は粉砕したり砕いたりしながら行われます。場合によっては地中に埋めるという方法を取ることもあります。工法は業者によってさまざまなので、作業前に確認すると良いでしょう。

花壇の解体費用

最後に花壇の解体費用についてご紹介します。花壇の解体はブロック塀の解体と同様に、平米単価が採用されることが多いです。対象面積によって費用が変わります。

  • 2万円~3万円/㎡

1㎡あたり、2万円から3万円程度が相場であり、花壇の中の土の撤去も含めて行ってもらえます。業者によっては花壇自体の撤去と土の撤去を分けて計算することもあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

外構除去工事の費用を安くする方法

ここからは外構除去工事の費用を安くする方法についてご紹介します。家屋や建物の解体工事もそうですが、外構除去工事に関しても少しでも安い費用で行ってもらいたいと考える施主が多いでしょう。

あまりにも安すぎる場合は注意が必要ですが、一定の範囲内で安くなることは施主にとっても嬉しいことです。実際にどうすれば費用を安くできるのか確認しましょう。

相見積もりを行う

効果的な方法としては、相見積もりを行うことが挙げられます。1社だけに連絡を入れて契約してしまうと、提示された金額が高いのか安いのか判断が難しくなります。

そうではなく、2社から3社程度の話を聞きながら金額や工法、工期などを確認することで、最適な業者を探しやすくなります。

業者側としても相見積もりが行われていることを理解した上で話し合いに応じることが多いです。多少の値切り交渉であれば応じてくれる可能性も十分にあるでしょう。

インターネットで検索すれば、一括見積もりサイトやサービスを簡単に利用できます。そうした媒体を活用して相見積もりを行うことも悪くないでしょう。

自分で撤去や解体を行う

外構除去工事の費用を安くするためには自分で撤去や解体を行うことも有効です。日頃から日曜大工やDIYなどを積極的に行っている方であれば、自分で撤去することも十分に可能です。

特にカーポートなどはそれほど頑丈なつくりでなければ工具を使って解体することもできます。全て自分で解体できない場合は一部分だけでも解体することで、多少費用を安くできることがあります。

その他、解体対象物の近くに残置物や不用品を残さないようにすることもポイントです。余分な作業が増えると、その分費用が高くなることがあります。

自分たちでできるところまで行って、最後は専門業者に依頼するという考え方もおすすめです。

外構除去工事の業者選びのポイント

外構除去工事の業者選びのポイントについてもご紹介します。一言で外構除去工事と言ってもさまざまな種類の工事があり、対象物によっても業者選びの考え方が変わることがあります。

基本的な方針を変える必要はありませんが、多少柔軟な考え方を持っておくことも大切です。外構除去工事がスムーズに終わるように、業者選びの際の基準を持つと良いでしょう。

スピード感のある対応

まず、業者選びのポイントとしては、スピード感のある対応をしてくれるかどうかを見ることがおすすめです。外構除去工事は範囲が狭ければ1日で終わることも珍しくありません。時間がかかる場合は3日から5日程度かかることもありますが、できるだけ短期間で終わらせてくれる業者を選ぶと良いでしょう。

と言うのも、作業期間が長くなればなるほど人件費が高くなるからです。人件費が高くなると、その分、工事の総額が高くなって施主の負担が重くなります。

契約前の見積もりや工事内容の説明など、事前段階のスピード感も意識すると良いでしょう。金額も含めて全体的に誠意ある対応だと思えるかどうかが重要なポイントです。

自社で施工できる業者

自社で施工できるかどうかも業者選びのポイントです。業者によっては顧客からの工事依頼だけを請け負っていて、実際の工事は下請け会社や提携している業者に任せるということもあります。それ自体は問題ないことですが、できれば自社で施工部隊を持っている業者に依頼した方が良いでしょう。

他社に工事を依頼する場合は、その分の仲介手数料が発生する可能性があります。そうなると、支払い負担が重くなることがデメリットです。

また、工事の信頼性という点でも疑問が残ります。実際に工事を行うのは別業者になると、契約だけ取ってしまえば良いという考え方になるケースもあるからです。

元請け業者と下請け業者が責任の押し付け合いのような形になるリスクもあるので、できるだけ自社施工を行っている業者に依頼すると良いでしょう。

外構除去工事実績の確認

外構除去工事実績の確認を怠らずに行うことも重要なポイントです。施主としては業者にも得意分野と不得意分野があることを認識しておくことが大切です。例えば、ブロック塀の解体や撤去に自信を持っている業者があれば、植木の撤去に自信を持っている業者もあります。

自分が解体して欲しい対象物の解体実績や工事実績などを踏まえた上で業者探しをすることが重要です。業者が得意な分野の方が工期が短くなり、費用も安く済む可能性が高いからです。

わからないことがあればインターネットで業者の情報を検索したり、実際に電話やメールで解体実績を尋ねたりすることも有効です。

除去後の新設工事に対応できる業者

外構除去工事後に新設工事を検討している場合は、新設工事まで対応できる業者を優先的に選ぶと良いでしょう。解体と新設工事をセットで行ってもらった方が費用的に安く済みますし、コミュニケーションもスムーズにいくからです。新設工事に向けた解体や撤去を行ってくれるので、一連の流れがスムーズに行きやすいこともメリットです。

一方で、解体工事と新設工事を別々の業者に依頼すると費用的に高くなりやすいことがデメリットです。また、解体工事と新設工事が切り分けられた形で行われるので、対応する業者によっては工期が延びる可能性もあります。

一連の流れの中で解体工事と新設工事をセットで行ってもらった方が良いと認識しておきましょう。

まとめ

外構除去工事の種類や費用相場などに焦点を当てながら解説を行いました。外構除去工事は家屋や建物本体の解体工事に比べれば、小規模な工事で済むことがほとんどです。それでも一定の費用がかかることは間違いなく、経済的な負担が重くなることもあります。

相見積もりなどを通して信頼できる業者を見つけつつ、費用的にも安く済む業者を選ぶこともポイントです。その他の業者選びのポイントも含めて、安全で確実な外構除去工事を実現するようにしましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP