別荘の解体を検討する際に考慮すべきこととは?別荘解体のメリット・デメリットを解説

別荘の解体を検討する際に考慮すべきこととは?別荘解体のメリット・デメリットを解説

かつて、高度経済成長やバブル経済の勢いに乗って別荘を購入する方が大勢いました。しかし、現在ではその別荘ブームも終息傾向にあり、売却や解体を検討する方も増えています。実際に解体工事を行う方も多く、別荘を所有している人にとっては今後の方向性を決めなければいけない時期に差し掛かっていると言えるでしょう。今回は、別荘の解体工事を行う際に考慮するべきことを中心にご紹介します。別荘解体のメリットやデメリットも含めて参考にしてください。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

負動産になった別荘を解体するメリット・デメリット

以前は日常の喧騒を離れて避暑地と呼ばれるような場所に別荘を持つ方も少なくありませんでした。しかし、現在では「負動産」と揶揄されるような存在になっていることも事実です。

その現実と向き合い、解体を検討する方も増えてきています。改めて、解体のメリットやデメリットを確認した上で今後の行動につなげられると良いでしょう。

別荘を解体するメリット

別荘を解体するメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  1. 維持管理の手間が省ける
  2. 土地を売却できる可能性がある
  3. 固定資産税の支払いをゼロにできる可能性がある

大きなメリットとしては、別荘を維持管理するための手間が省けることが挙げられます。別荘は定住して生活を送る場所ではなく年に何回か訪れる場所です。

そのため、訪れた時に掃除や建物のメンテナンスを行いますが、長期間にわたって訪れる機会がないと、どんどん汚れや傷みがひどくなってしまいます。

そうなると、メンテナンスのために定期的に訪れなければならない可能性も出てきます。解体すればそうした手間も省けることがメリットです。

また、別荘を解体すれば土地の購入者が見つかる可能性もあります。土地を売却できれば自身が所有する資産はなくなるので、固定資産税の支払いもゼロにできます。

こうした可能性があることが別荘解体のメリットであり、十分に検討する価値があることです。

別荘を解体するデメリット

別荘を解体するデメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  1. 解体費用がかかる
  2. 別荘に遊びに行くことができなくなる
  3. 固定資産税の支払いが高くなる可能性がある

まずは解体費用がかかることが大きなデメリットです。別荘の規模や構造などにもよりますが、解体するためには数十万円から数百万円単位のお金が必要です。

そうした費用を捻出するだけでも経済的には大きなダメージとなるでしょう。

また、別荘を解体してしまえば、その場所に遊びに行くことができなくなります。家族旅行などを楽しんでいた方にとってはデメリットとなるでしょう。

別荘を解体して土地を売却できれば問題ありませんが、なかなか買い手が見つからない可能性もあります。そうなると土地だけを所有することになり、固定資産税の支払いが高くなる可能性があります。

それは建物が建っていた時に受けられていた税金の軽減措置を受けられなくなるからです。解体後の利用方法を検討せずに解体工事を急いでしまうと、かえって支出が膨らむリスクがあるので注意が必要です。

遠くて面倒でも、できるだけ放置は避ける

別荘は基本的に避暑地や別荘地と呼ばれるような地域に持つことが多く、普段の生活を送る場所からは離れた場所にあるものです。

そのため、なかなか気軽に訪れられる場所ではなく、一度行かなくなると数年にわたって放置してしまうということも珍しくありません。

しかし、遠くて面倒だと感じてもできるだけ放置は避けることが賢明です。別荘も基本的には家と同じであり、長期間にわたってメンテナンスを怠ると建物自体が傷んでしまいます。

畳や梁、壁や柱など、構造自体に損傷が出ることもありますし、シロアリなどの害虫被害に遭うリスクも高まります。

こうしたリスクを避けるためにも定期的に訪問して掃除や管理を行うことが重要であり、別荘を持つ人間として果たすべき責任です。

遠方でも別荘の見積もり・解体を依頼する方法

ここからは遠方でも別荘の見積もりや解体を依頼する方法についてご紹介します。普段の生活を送る場所から離れた場所に別荘があると、なかなか解体工事に向けて気が進まないこともあるでしょう。

そうした場合でも見積もりや解体工事の依頼をすることは可能です。実際にどういった方法や考え方があるのか確認しましょう。

立ち会いしないで見積もり・解体したいなら建物の図面などは必須

基本的に解体工事を依頼する場合は、現地に赴いて解体業者の担当者と一緒に立ち会いを行うことが重要です。しかし、何らかの事情や理由で立ち合いが難しいこともあるでしょう。

立ち会いをせずに見積もりや解体工事の依頼をしたい場合は、必ず建物の図面を用意することがポイントです。最低限、図面があれば解体業者もおおよその見積もりや工期を算出することができます。

建物の構造物以外に物置や庭木、その他の物品がある場合はそうしたものの位置や個数、大きさなども伝えるようにしましょう。現場の写真があるとなお良いです。

解体や撤去して欲しいものを全て伝えることで、より正確な見積もり提示へとつながります。

遠方の解体工事業者に見積もり代行してくれるサービスを使う

現地での立ち会いが難しい場合、遠方の解体工事業者に見積もり代行をしてくれるサービスを使うことも選択肢の1つです。

例えば、当サイトで提供している「解体見積もり広場」のサービスを利用した場合、当サービスセンターがお客様に代わって最適な解体業者を探して提案を行います。解体工事に特化した業者を複数社選び、その中から最も良いと思われる業者を紹介して解体工事を行うという流れです。

電話やインターネットからの見積り依頼をいただければスムーズに業者の紹介を行います。

こうしたサービスを活用することでお客様自身の負担を減らし、別荘の解体を滞りなく実現することができるでしょう。

数社から見積もりを貰ったら1社選んで解体を発注

インターネットサービスなどを利用しつつ、複数の業者から見積もりを貰ったらその中から最適だと思える業者を選びます。金額面やスケジュール面、工法などを総合的に検討しつつ、良いと思える業者が見つかればその業者に発注すれば問題ありません。

万一、良さそうな業者が見つからなければ再度別の業者に見積もり依頼をすることも可能です。大切なのは数社から見積もり提示を受けた上で比較検討をすることです。

比較対象を作ることでより納得感のある業者選びをしやすくなります。そのことを肝に銘じて行動に移すと良いでしょう。

別荘の解体費用事例

ここからは別荘の解体費用に注目して解説を行います。一般的な建物の費用相場も含めて確認することで、どのくらいの資金を用意すれば良いのか見当をつけることができます。

基本的には坪単価が優先されますが、その他の付帯工事や地中埋設物の有無などによって追加費用がかかることもあります。別荘の解体工事を依頼する場合の参考として費用事例について確認しましょう。

一般的な解体費用相場

それでは一般的な解体費用相場についてご紹介します。構造ごとの坪単価の目安について、以下の表にまとめます。

建物の構造坪単価
木造4万円~5万円
鉄骨造6万円~7万円
RC造(鉄筋コンクリート造)6万円~8万円

一般的な建物の解体費用相場としては上記の通りです。別荘の場合も構造によって坪単価が決まる部分はそれほど変わりありません。

鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの頑丈な構造の方が解体作業が大変なため、坪単価も上がりやすくなります。

最終的な費用に関しては必ず解体業者に確認することが大切です。

別荘の費用事例

それでは、実際に行われた別荘の解体工事の費用事例についてご紹介します。

構造坪数解体費用
木造15坪37万円
木造10坪70万円
木造64坪250万円

いずれの建物も長野県にある別荘を解体した際の費用です。金額にばらつきはありますが、参考として頭に入れておくことがおすすめです。

建物本体の解体に加えて外構除去工事や上下水道の切り離し工事、土間解体などが必要となることもあります。

いずれにしても高額な費用が必要となるので、しっかりと資金調達も行った上で解体の検討を進めることがポイントです。

補助金制度の活用も有効

別荘を解体するためにはまとまった資金が必要です。なかなか自己資金を捻出するのが難しいという場合は、各自治体が実施する補助金制度を活用することもおすすめです。

一例として、群馬県嬬恋村の補助金制度についてご紹介します。

支給対象

  • 毎年度の3月31日までに完了報告書を提出し、嬬恋村内の事業者が請け負う工事であること
  • 税金に滞納がないこと
  • 倒壊や周囲に危険を及ぼす可能性があると認められる建物

補助額

  • 解体面積1㎡あたり5,000円が基準
  • 上限は15万円まで

嬬恋村では上記のような支給条件と補助額を定めています。自治体によって条件や支給額は異なるので、まずは役所に問い合わせてみることがおすすめです。

制度がある場合は事前申請が必要なケースが多いです。解体工事を開始してから補助金を受け取ろうと思っても申請できないことがあるので注意が必要です。

また、場合によっては補助金制度自体がないケースもあるので注意しましょう。

フリーローンの活用もおすすめ

別荘の解体費用を捻出するという点ではフリーローンの活用もおすすめです。フリーローンとは利用目的が定められていないローンのことで、別荘の解体工事にも使うことができます。

銀行を中心に金融機関で取り扱っているケースも多いので、事前に確認することがポイントです。場合によっては「空き家解体ローン」として申請が通ることもあります。

まずは金融機関で事情を説明した上でどのローンを使えるかどうか確認しましょう。フリーローンの場合はやや審査が厳しいこともあるので、しっかりと話を聞くことが重要です。

負担になっている別荘を手放す際の考え方

ここからは負担になっている別荘を手放す際の考え方についてご紹介します。購入してから年数が経過している別荘や、近年ではほとんど行かなくなった別荘を所有し続けるのは経済的にも精神的にも苦しい部分があるでしょう。

実際に別荘を解体したり手放したりする人は増えており、決して他人事ではありません。別荘を手放そうと考えた時の参考としてご覧ください。

まず解体する前に売却を選択肢に入れる

別荘を手放すのであれば、解体前に売却を検討することが有効です。なかなか買い手が見つからない可能性もありますが、まずは売りに出すことでそのまま手放すチャンスを作ることが重要です。

価格的には購入時よりも大幅に下がることを視野に入れる必要があります。現在は「古民家ブーム」と呼ばれる流行もあり、地方や郊外に家を持ちたいと考える人も増えています。

安い値段であれば購入しても良いという方がいるかもしれないので、まずは不動産会社と連携して買い手を探すことがおすすめです。

別荘を解体した上で更地にしてから売る

別荘を手放す場合の選択肢としては解体して更地にしてから売るという方法も挙げられます。特に長年にわたって放置されてきた別荘は買い手が見つからないこともあるでしょう。

その場合は更地にすることで、購入希望者の数を増やせる可能性があります。「土地であれば購入したい」、「その場所に家を建てたい」といったニーズを持つ人にとっては魅力的な買い物です。

更地であれば購入者が別荘を解体する必要もなくなるので、心理的にも買いやすくなります。別荘の所有者としては解体費用がかかりますが、別荘と土地を手放す方法としては悪くありません。

管理負担や税金の問題を避けるなら二束三文でも売却を

管理の負担や税金の支払いをやめたいと考えるのであれば、どんなに安くても売却する意思を持つことが大切です。

近年の日本では空き家の増加が問題視されていますが、別荘に関しても同様です。適切に管理されず放置されている別荘も増加傾向にあり、不動産としての価値も下がり続けています。

そうした中で管理の面や税金面での不安を抱えているのであれば、安くても手放すことが賢明です。ある不動産サイトでは「100円」で別荘が売りに出されるなど、とにかく手放したいと考える家主も増えてきています。

二束三文でも別荘を手放すことで自らの負担をなくすことに価値があるでしょう。

迷ったら売買専門の不動産会社への相談が無難

何かと負担になっている別荘を手放そうと考えていても、複数の選択肢があってなかなか選び切れないという方もいるでしょう。これだと思う選択肢がない場合は売買専門の不動産会社へ相談することが無難です。

売買専門の不動産会社であれば、それまでの経験や知見をもとに適切なアドバイスをしてくれます。そのまま売却した方が良いのか、あるいは解体して更地にした方が良いのかなど、家主にとって最善と思われる選択肢を提示してくれるところが魅力です。

売却価格も含めて素人ではなかなかわからないことも多いでしょう。何か迷うことがあれば、まずは不動差会社へ連絡を入れることがおすすめです。

解体をすると決めているなら一括見積りを使おう

別荘を手放す際の選択肢として解体することを決めている場合もあるでしょう。そうしたケースでは、一括見積りサービスを利用することがおすすめです。

当サイトが運営する「解体見積もり広場」では、お客様に代わって解体業者を探します。当サービスを利用していただいた場合、仲介業者を通さずに直接解体業者と契約を結ぶことが可能であり、余分な仲介手数料を支払う必要がありません。

その分、解体費用の総額を安くすることも可能です。こうした一括見積りサービスを活用して解体業者探しをするのも良いでしょう。

まとめ

高度経済成長やバブル経済に伴って隆盛を迎えた別荘ブームも近年では下火となっています。かつて購入した別荘を手放す方も増えており、実際に解体工事や売却を検討しているという方もいるでしょう。

負動産となった別荘をいつまでも所有していてもなかなか展望は開けてきません。解体や売却によって手放すことでさまざまな不安から解放されることも選択肢の1つです。

個人ではなかなか判断できない場合は、専門の不動産会社や解体の見積りサービスなどを利用して専門家からのアドバイスを受けることも悪くありません。使えるサービスを積極的に活用して、納得のいく形で別荘のあり方を決定すると良いでしょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP