解体工事の際に差し入れは必要?夏場や冬場におすすめの差し入れも紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
解体工事の際に差し入れは必要?夏場や冬場におすすめの差し入れも紹介!

49view

家屋や建物の解体工事を依頼する際に、作業員の方に対して差し入れをした方が良いのかと疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、解体工事と差し入れの関係に注目をして解説を行っていきます。古くからの風習や伝統で、解体作業員の方に差し入れをするという慣習がある地域もあります。現在はどうなっているのかという点に注目しつつ、差し入れの必要性について取り上げていきます。また、夏場や冬場におすすめの差し入れも紹介していきますので、どうぞ参考にしてください。

解体工事の際の差し入れ

それでは、解体工事における差し入れの関係について確認していきます。日本では昔から家を立てる大工に対して差し入れをするという文化が根付いてきました。その慣習にしたがって、現在でも大工や解体作業員に対して差し入れをするという人もいます。

しかし、実際に差し入れをする必要はあるのか疑問に感じるという方もいるでしょう。差し入れをしないと不都合な点があるのではないかと不安に思う方も少なくありません。その実態はどうなっているのか、解体工事と差し入れの関係について理解を深めていきましょう。

解体工事に差し入れは必要?

解体工事に差し入れは必要なのかという点についてですが、必ずしも必要だと言い切ることはできません。そもそも解体工事を依頼する際に、差し入れが必要であるという規定が存在するわけではありません。

あくまでも施主が感謝の気持ちを示す手段として利用されてきたのが差し入れであり、施主の義務として行わなければならないというものではありません。

中には、解体現場が自宅から離れていて差し入れをするのが大変だという方もいるでしょう。あるいは、仕事の関係でなかなか差し入れをする時間がないという方や、タイミングが取れないという方もいます。そういった場合は、無理をしてまで差し入れをする必要はありません。

また、現在は解体業者の方から「差し入れは不要です」、「お気持ちだけで十分です」といった回答を得ることもあります。解体業者としても差し入れをしてもらうことに引け目を感じている部分もあるので、相手との関係性も考慮することが重要です。

差し入れは感謝の気持ち

上記でご紹介したように、解体工事の際に絶対に差し入れをしなければならないというわけではありません。差し入れをするかしないかは個人の自由であり、しても良いですし、しなくても良いと考えることができます。

それでも施主として、暑い中や寒い中で作業をしてくれている業者の方に対して感謝の気持ちを伝えたいと感じることもあるでしょう。その場合に感謝の気持ちを表現する手段として差し入れが活用されてきました。

もともと、施主から解体業者の作業員に対して感謝の気持ちや心遣いを示す方法として食べ物や飲み物を渡してきたという歴史があります。それが現在でも差し入れという形で受け継がれているのです。

施主自身は解体工事を行うことができませんが、それでも何らかの形で解体業者に協力したいと感じることもあるでしょう。そうした場合に感謝の気持ちを表現するのが差し入れです。差し入れをすることで、業者の方と気持ち良くコミュニケーションを取ることもできます。

無理をしてする必要はありませんが、できるのであれば差し入れをするのも悪くありません。あくまでも、感謝の気持ちを示す手段として差し入れをするのだと認識しておきましょう。

差し入れのついでにできること

感謝の気持ちを示す手段として活用できる差し入れですが、そのついでにできることもあります。差し入れをするということは、実際に解体現場まで足を運んで作業員の方とコミュニケーションを取ることになります。黙って差し入れを置いていくのも良くないので、一言声をかけていくのが賢明です。

その際についでにできることとして、以下の点を挙げることができます。

  • 解体工事の進捗確認
  • 予定通りに工事を終えられそうか

差し入れを渡すついでに担当者とコミュニケーションを取ることで、上記のことを確認できます。工事に関することは全て業者の方に任せておいても問題ありませんが、施主として知っておきたい情報があることも確かでしょう。

特に、工事が予定通りに進んでいるのかどうかは施主の多くが気になるポイントです。差し入れを渡すという名目で進捗状況を確認することで、施主自身の安心感につなげることもできます。順調に進んでいれば問題ありませんし、遅れが出そうな場合も事前に聞いておくことで、心の準備をすることができます。

いずれにしても、施主自身にメリットがあるのも差し入れをすることの魅力です。工事が始まると、なかなか作業員とコミュニケーションを取ることができなくなるので、コミュニケーションを取りたい方にとっても差し入れをすることはおすすめです。

差し入れをしなくてもデメリットはない

解体工事の際の差し入れは施主自身の判断であり、絶対にしなければならないというものではありません。その際に気になるのが、差し入れをしなかったことによるデメリットがあるのではないかという部分でしょう。

結論から申し上げると、差し入れをしなくてもデメリットが生じることはありません。日本人的な感覚からすると、差し入れをしないと「工事が雑になるのではないか」、「解体作業が遅延するのではないか」といった余計な心配をすることもあるでしょう。

しかし、そういった心配は全く必要ありません。解体工事を依頼する際はすでに解体費用として代金を支払う契約をしているのであり、作業員たちは工事を終えることで報酬をもらうことができます。したがって、差し入れをしなかったからと言って工事が雑になったり、遅れが発生したりするようなことはありません。

差し入れをすることで作業員の気分が良くなるということはありますが、反対に差し入れをしなかった場合に気分が悪くなるということはありません。あくまでも差し入れは施主自身の気持ちであり、義務ではありません。

総じて、差し入れをしなかったからと言って、解体工事に悪影響が出ることはないと理解しておくことが大切です。

お茶出しの慣例も衰退

かつての解体現場や建物の施工現場においては、施主や依頼人がお茶出しをするという慣例がありました。古くからの日本の家造りの伝統として行われてきた慣例ですが、その慣例も徐々に衰退しつつあります。

日本全国にハウスメーカーや工務店が乱立する状況となり、地域密着といった結びつきが弱くなってきたことも事実です。全国展開をするようなハウスメーカーも増えてきており、時代の流れと共に、お茶出しの慣例もなくなってきました。

特に、解体工事の場合はその傾向が強くなってきています。お茶出しを求めるような業者も減ってきているので、無理をして差し入れやお茶出しをする必要はありません。個人的にしたいという場合は別ですが、無理をして行うものではないと理解しておくことが賢明です。

解体業者に対しては解体費用という形でお金を支払っているので、それ以上何かをする必要はありません。伝統や慣例に縛られることなく、ご自身の価値観や判断を大切にするようにしましょう。

解体工事の差し入れをする頻度とタイミング

ここからは、解体工事の際に差し入れをする頻度とタイミングについて解説していきます。必ずしもする必要のない差し入れですが、実際に行う場合は頻度とタイミングにも注意を払うことが求められます。

せっかく差し入れをするのであれば、作業員の方に喜んでもらえるように意識することが大切です。そのために必要となる頻度やタイミングの考え方について確認していきましょう。

差し入れの頻度

まずは、差し入れの頻度から確認していきます。差し入れの頻度に関しては無理のない範囲で行えば問題ありません。そもそも施主に差し入れをする義務はないので、全くしなくても大丈夫です。

実際に差し入れをするのであれば、1週間に1回程度が無難でしょう。工期が1ヶ月以上になる場合は、1週間に1回程度差し入れをしてあげれば、作業員にも喜んでもらうことができます。毎日する必要はなく、1日に何度も差し入れをする必要もありません。

無理のない範囲で行うところがポイントであり、差し入れをすることに嫌気が差してしまっては元も子もありません。1週間に1回でもきついと感じる場合は、工期中に1回だけ差し入れをするという選択をすることもできます。

距離的に解体現場から近いという場合は、毎日食べ物や飲み物を持って行っても良いでしょう。頻度に関して正解と呼べるものはないのが実際のところです。差し入れ自体が施主からの感謝の気持ちなので、してもしなくても構いません。

解体業者から差し入れを強要されることもないので、ご自身が行ける時に行けば大丈夫です。

差し入れのタイミング

続いては、差し入れのタイミングについても確認していきます。差し入れをするにしても、いつ行っても良いというわけではありません。作業中に差し入れを持っていくと、かえって作業員の迷惑になることもあるので注意が必要です。その点を考慮すると、以下の時間帯が差し入れのタイミングとして適切です。

  • 作業開始前
  • 10時と15時の休憩時間
  • 作業終了後

上記のいずれかの時間帯を狙って差し入れを持って行くと、スムーズに手渡すことができます。解体工事や他の工事現場については、だいたい10時と15時の2回に分けて休憩を取ることが一般的です。そのタイミングで差し入れを渡してあげると、休憩時間中に食べたり飲んだりしてもらうことができます。

また、10時や15時といったタイミングに現場に行くことが難しい場合は、作業開始前と作業終了後のどちらかのタイミングで差し入れを持って行くことがおすすめです。解体現場によって異なりますが、8時前後から作業を開始して、17時前後に終えるというスケジュールが一般的です。

その前後の時間帯を見計らって差し入れを持って行くことで、作業員の方にスムーズに手渡すことができます。作業開始時間と作業終了時間については、作業員の方に事前に確認することができるので、

あらかじめ聞いておくことがおすすめです。

上記の時間帯以外に差し入れを持って行く場合は、声をかけられそうな作業員を見つけて「ここに置いておきますね」などと声をかければ問題ありません。あまり作業の邪魔にならないように配慮することが大切です。

差し入れの目的

差し入れの頻度やタイミングについて確認してきましたが、ここで改めて差し入れをする目的について解説していきます。差し入れは、「暑い中や寒い中で解体作業をしてくれてありがとうございます」という感謝の気持ちを示すために行うものです。

感謝の気持ちを示すことこそが差し入れをする目的であり、あまり気を遣いすぎないことが重要です。何度も何度も差し入れを持って行くと、作業員が気を遣ってしまったり、差し入れをしてもらうことのありがたみが薄れたりしてしまうことがあります。

たまに持って行くからこそ、感謝の気持ちが伝わりやすいという側面もあるのが差し入れです。また、解体作業中は常に危険と隣合わせであり、素人が何度も現場に現れると作業員たちに迷惑をお掛けすることになる可能性もあります。

せっかく差し入れを持って行くのであれば、作業員の方たちにも喜んでもらいたいと考えるのが自然でしょう。差し入れの目的を頭に入れて、作業員たちの迷惑にならない頻度やタイミングを意識しつつ持参することが重要です。

夏場の解体工事におすすめの差し入れ

ここからは、夏場の解体工事の際におすすめの差し入れについてご紹介していきます。近年、日本の夏場は猛暑と呼ばれるような暑さを感じる日も多くなっており、外で作業を行う作業員の方たちにとっても体力が奪われる時期でもあります。

そういった暑さを考慮して差し入れを選択してあげると、作業員たちの方に喜んでもらうことができるでしょう。作業員に喜ばれる差し入れを持って行くことで、感謝の気持ちも示しやすくなります。食べ物や飲み物を含めて、おすすめの差し入れを確認していきましょう。

おすすめの飲み物

まず、夏場におすすめの飲み物から取り上げていきます。差し入れの飲み物と言えば、お茶をイメージする方も少なくありません。お茶でも問題ありませんが、夏場は汗をかくことが多いので、スポーツドリンクを差し入れしてあげることもおすすめです。

その他、冷たい水を持参するのも良いでしょう。できれば、ペットボトル入りの飲み物をクーラーボックスなどに入れて冷えた状態で飲めるようにしてあげるとベストです。

缶の飲み物を渡してしまうと、その場で飲み切らなければならなくなるので、できればペットボトルにしてあげた方が親切です。以下、おすすめの飲み物をまとめておきます。

  • 冷たいお茶
  • スポーツドリンク
  • 冷たい水

おすすめの食べ物

続いて、夏場の差し入れにおすすめの食べ物を取り上げていきます。夏場は暑さが厳しい時期でもあり、冷たい食べ物が好まれる傾向にあります。特に喜ばれる食べ物として、アイスを挙げることができます。

クッキーやまんじゅうといった食べ物も差し入れとしては人気がありますが、夏場の差し入れとしてはおすすめできません。夏の暑さでバテている中で、なかなか喉を通らないという方も多いからです。

一方で、アイスであれば夏の暑い時期にぴったりであり、食べやすいものとしておすすめです。身体を内側から冷やしてくれる効果にも期待することができて、作業員の方たちにも喜んでもらえます。

ただし、アイスを暑いところに置いておくと溶けてしまうので、すぐに食べられるような時間帯に渡すか、クーラーボックスを用意して溶けないようにすることが大切です。施主ができる心遣いとして、万全の対策を取っておきましょう。

仕事終わりのおすすめ

夏場の差し入れとして、仕事終わりの時間帯におすすめのものもあります。それはビールです。夏場に限った話ではありませんが、仕事終わりに一杯飲みたいと思う作業員の方も多いでしょう。

作業中は飲むことができませんが、作業後の時間帯にみんなでビールを飲むことで1日の作業の疲れを一気に吹き飛ばすこともできます。心身の疲れを癒して、また明日も頑張ろうという気持ちにさせてくれるという意味では、ビールの差し入れは最適です。

中にはお酒が苦手だという作業員がいることもあるので、お茶も用意してあげると親切です。ビールを飲むのは作業終了後となるので、工事が終わる時間帯に合わせて持参してあげるのが賢明です。

冬場の解体工事におすすめの差し入れ

ここからは、冬場の解体工事の際におすすめの差し入れについてご紹介していきます。夏場にもおすすめがあるように、冬場の差し入れに関してもおすすめがあります。夏場と冬場では体感温度も異なるので、それぞれの季節に合わせた差し入れを持って行くことがベターです。

冬場の差し入れについても、飲み物と食べ物に分けて紹介していきます。それぞれ頭に入れた上で、差し入れするものを検討していきましょう。

おすすめの飲み物

冬場の差し入れとしておすすめの飲み物としては、温かいものと常温のものを両方用意してあげるのが最適です。作業員によって飲みたいものが異なることがあるので、選択肢を用意してあげると良いでしょう。

飲み物の種類としては、温かいコーヒーやお茶、常温のお茶や水などがベストです。冬場は身体が冷えやすい時期でもあるので、身体が温まるような飲み物を用意してあげましょう。

  • 温かいコーヒー
  • 温かいお茶
  • 常温のお茶
  • 常温の水 etc…

また、コーヒーに関しては、味の好みが分かれることもあります。砂糖入りが良いといったケースやミルク入りが良い、ブラックコーヒーは飲めないという方やミルク入りは苦手という方もいるでしょう。そうした個々の嗜好に配慮するために、ポットでコーヒーを用意してあげて、砂糖とミルクを別々で準備してあげると親切です。

缶コーヒーを持参する場合はバラバラの種類のものを用意していくことで、選択肢を与えてあげることが有効です。いずれにしても、作業員の方たちに喜んでもらえるように配慮することがポイントです。

おすすめの食べ物

続いては、冬場の差し入れとしておすすめの食べ物をご紹介します。冬場のおすすめとしては、肉まんを挙げることができます。温かくて食べやすい肉まんは、冬場の冷えた身体を温める食べ物としても大人気です。

コンビニなどで買って温かいうちに食べてもらうことで、心身共に作業員たちを癒すことができます。ただし、肉まんを持って行く場合は時間帯に注意を払う必要があります。時間が経つと冷めてしまい、美味しく食べることができません。

そのため、休憩時間や作業終了後の時間帯を見計らってすぐに食べられるようなタイミングで持って行くことが求められます。

気候を意識することがポイント

解体工事の際のおすすめの差し入れについて確認してきましたが、ポイントとなるのは気候を意識することです。解体工事は屋外で行われる作業であり、天候や温度に左右される部分も大いにあります。

そのため、寒い季節であれば温かいものを、暑い季節であれば冷たいものを差し入れしてあげることが有効です。いずれにしても、作業員に喜んでもらうことが最優先であり、そのために必要なものを考えると良いでしょう。そうすることで、自然と施主からの感謝の気持ちを受け取ってもらうことができます。

その他のおすすめの差し入れ

夏場や冬場といった季節ごとにおすすめの差し入れを紹介してきましたが、ここからはその他のおすすめの差し入れについて取り上げていきます。オールシーズン喜ばれる差し入れや、季節に合わせて持って行くのがおすすめの差し入れもあります。

選択肢を増やすという意味でも、いろいろなタイプの差し入れを認識しておくことが有効です。中には避けた方が良い差し入れもあるので、それらも含めて理解を深めていきましょう。

食事のおかず

まず、その他のおすすめの差し入れとして挙げられるものに食事のおかずがあります。解体作業は基本的に朝から夕方まで行うことが多く、作業員たちは各自でお弁当を持参することが少なくありません。

そこで現場での食事のお供として、漬物やから揚げといったおかずになるようなものを持って行ってあげると喜んでもらうことができます。特に、夏場の暑い季節には塩分をしっかりと摂ることが重要であり、漬物の他、梅干しなどを持って行くと喜んでもらえます。

反対に生魚などの生ものは傷みやすいので、差し入れとしてはおすすめできません。食事のおかずとしてスムーズに食べられるものを持参すると良いでしょう。

おしぼり

その他のおすすめの差し入れとしては、おしぼりも挙げることができます。解体作業中は、粉じんや泥、ほこりにまみれることも多く、身体がベタベタしたり、顔がほこりまみれになったりすることもあります。

そこで、おしぼりを差し入れしてあげることで、休憩時間中に顔や身体を拭くことができます。食べ物や飲み物とは違った差し入れとして、おしぼりは人気があります。

夏場の暑い時期であれば、クーラーボックスに入れて持参することで、いつでも冷えていて冷たいおしぼりで顔や身体を拭いてもらうことができます。

反対に、冬場であれば温かいおしぼりを用意してあげると喜ばれますが、常温のものでも十分です。

お菓子

お菓子も、季節を問わない差し入れとしておすすめすることができます。休憩中にサクッと食べられるのがお菓子の良さでもあり、作業員たちが雑談をしながらおつまみにすることができます。

特に小分けになっているタイプのお菓子を持って行ってあげると、作業員たちが分け合って少しずつ食べることができます。余った場合に持ち帰ることを考慮しても、袋に小分けになったお菓子がおすすめです。

差し入れのお菓子としては、クッキーやチョコレート、スナック菓子やおせんべいなどが定番です。解体作業中は甘いものを食べたくなることも多いので、そのニーズを満たしてあげると効果的です。

カイロ

カイロもその他の差し入れとしておすすめすることができます。カイロを持って行くのは冬場になりますが、作業員たちの冷えた身体や手を温めてあげるという意味では最適です。

食べ物や飲み物だけではなく、カイロのようなアイテムも一緒に持って行くことで、施主としての気遣いを表現することができるでしょう。

現金

おすすめというわけではありませんが、差し入れとして現金を持参する人もいます。引っ越しなどの際にもよく見られるケースですが、現金を渡して「自由に使ってください」と伝える方法もあります。

近くにコンビニや自動販売機があれば、そこで作業員たちが自由に好きなものを買うことができます。あまり高額な現金を渡す必要はありませんが、食べ物や飲み物を持参するのが大変だという場合は、現金を渡すのも悪くありません。

避けた方が良い差し入れも

季節ごとのおすすめの差し入れや季節を問わずおすすめできるものなど、差し入れにもさまざまな種類があることがわかります。その一方で、避けた方が良い差し入れもあるので理解しておくことが大切です。

せっかく差し入れを持参しても、作業員に喜んでもらうことができなければありがた迷惑となってしまいます。そうならないように、あらかじめ避けておいた方が良い差し入れについて認識しておきましょう。

具体的には、以下のようなものを挙げることができます。

  • ケーキ
  • シュークリーム
  • りんごやもも
  • 生魚 etc…

ケーキやシュークリーム、生魚といった生物については、食べるタイミングを誤ると傷んでしまい、食中毒の原因になることもあります。特に、夏場は暑さですぐに食べ物が傷んでしまう可能性があるので、差し入れとしては向いていません。

りんごやももなどの果物に関しては、あらかじめ切って持って行けば良いですが、そうすると傷みやすくなります。そのまま持っていくと現場で切り分けなければならなくなり、作業員たちに手間をかけてしまうことになります。余った際の持ち帰りに不便ということもあり、差し入れとしてはおすすめできません。

果物を持っていきたいのであれば、バナナやみかんなど、パッと食べられるものがおすすめです。

高価なものも避ける

解体工事の際の差し入れとして、高価なものも避けておいた方が無難です。いくら感謝の気持ちを伝えたいからと言って、あまりにも高価なものを渡してしまうと、恐縮されて逆効果となります。

現金を渡す場合もそうですが、高級銘菓や高級和菓子、有名店の洋菓子などは解体工事の差し入れとしては相応しくありません。解体作業員たちは職人気質な人が多いこともあり、おなじみのものの方が喜んでもらいやすくなります。

作業の休憩時間や作業終了後にパッと食べられるようなものを持って行くと良いでしょう。

まとめ

解体工事と差し入れの関係に注目をして、具体的に解説を行ってきました。解体工事の際は必ずしも差し入れをする必要はないと理解しておくことが大切です。施主としては工事を行ってもらうことに対してお金を支払っているのであり、それ以上何かをする必要はありません。

それでも、作業員たちにプラスアルファの感謝の気持ちを示したいという場合は、差し入れをすることも悪くありません。その際は、作業員たちに喜んでもらえる差し入れを準備することが大切です。頻度やタイミングも合わせて作業員たちの迷惑にならないように配慮することもポイントです。そうしたことを総合的に頭に入れた上で、行動を起こしていくことが賢明です。