解体工事前の挨拶は必要か?挨拶回りに行くタイミングや範囲も解説!

解体工事前の挨拶は必要か?挨拶回りに行くタイミングや範囲も解説!

解体工事をする前に、近隣の方々へ挨拶をした方が良いのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は解体工事前の挨拶に注目して、その必要性について具体的に解説を行っていきます。挨拶をすることの意義や回り方も含めて理解することで、実際の行動につなげられる部分も出てきます。挨拶回りに行くタイミングや範囲なども取り上げていきますので、どうぞ参考にしてください。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体工事の前に挨拶が必要

解体工事をする前に挨拶は必要なのかという点についてですが、原則としては必要だと考えておくことが賢明です。必ず挨拶をしなければならないというわけではありませんが、特に何もなければ挨拶しておくのが無難です。

挨拶なしで解体工事を開始すると、近隣トラブルに発展する可能性も出てきます。解体工事は少なからず近隣住民の方へご迷惑をお掛けすることになります。その点を考慮しても、挨拶は行っておくものだと考えておくことが賢明です。

挨拶の重要性

家屋や建物の解体工事が開始されると、、騒音や振動、粉じんの飛散や道路の利用など、それまでの平穏無事な生活が損なわれることになります。そのことに近隣住民がストレスを感じ、トラブルやクレームにつながる可能性も否定できません。

そこで重要になってくるのが解体工事前の挨拶です。人は、突然被害や迷惑を被ると一気に怒りが高まる傾向にありますが、予定されていた迷惑や被害についてはそれほど怒らないという習性があります。その習性を上手く利用するためにも、事前に挨拶に行っておくことが重要です。

特に解体工事を終えた後に新築物件を建てる場合などは、その後の近所付き合いが続くことになります。解体工事を通してお互いの関係が悪化してしまっては元も子もありません。

「解体工事を行うことでご迷惑をお掛けして申し訳ございません」という謝罪の意思を持って、近隣に挨拶に行くことで、無用なトラブルやクレームの発生を抑えることができます。

解体工事の理解を得る

解体工事前の挨拶に関しては、近隣住民の方々から解体工事の理解を得ることも役割として挙げられます。挨拶では以下のようなことを伝えることが重要です。

  • 解体工事への協力の挨拶
  • 工事の名称
  • 工事依頼者
  • 工事場所
  • 工事期間
  • 休業日
  • 施工業者と担当者

最低限、上記のことをお伝えして工事への理解を得ることが重要です。解体工事中は解体業者としても、近隣にご迷惑が掛からないように配慮してくれます。

それでも、往々にして被害や迷惑を掛けてしまうのが解体工事の特徴でもあります。洗濯物に汚れがついてしまったり、解体した物件から飛び出した害虫が近隣住宅に被害を与えたりといったケースもあります。

そうした被害や迷惑についても事前に説明して、対策を取ってもらうことが有効です。工事中は洗濯物を部屋干しにすることや、害虫対策をすることなど、事前に対応することで被害を軽減できる部分もあります。

それらも含めて総合的に解体工事への理解を得ることが重要であり、工事開始前に挨拶に行くことの意義と言えます。

施主も一緒に挨拶する

解体工事前の挨拶に関しては、施主も一緒に回ることが重要です。場合によっては、解体業者の担当者だけが近隣の方へ挨拶に行ってくれることもありますが、できる限り施主も一緒に回るようにしましょう。

近隣住民の中には、施主が挨拶に来ないことを失礼に感じて不信感を抱くこともあります。そうした不信感が後々のトラブルにつながることもあるので、しっかりと挨拶に伺うことが重要です。

解体業者からは工事に関する専門的な内容について説明してもらうことができます。施主が専門的なことを説明するわけではありませんが、心情的な部分で訴えかけることができます。

解体業者の担当者が「工事期間中はご迷惑をお掛けして申し訳ございません」と言うよりも、施主が同じことを言った方が相手に伝わりやすい部分もあります。

どうしても解体業者の担当者と日程が合わない場合は、後からでも良いので個人的に挨拶をすることがポイントです。解体工事前の挨拶は施主に求められる役割でもあるので、責任感を持って対応するようにしましょう。

挨拶なしはトラブルの元

解体工事前の挨拶の重要性について解説していますが、挨拶なしで解体工事を始めてしまうとトラブルの元になるので注意が必要です。

解体工事を開始する前には、解体業者が挨拶を行うことが一般的です。反対に挨拶なしで解体工事を始める方が珍しいケースであり、そういった業者に限って、時間やルールを守らずに工事を進めてしまうことがあります。

例えば、休日に作業を行ったり、早朝や夜遅くになっても工事を続けていたりと、不信感を抱かせるような行動をするケースも少なくありません。

ルールを守って真面目に解体工事を進めていても、事前の挨拶がなかったことによる近隣住民たちの不信感やストレスは一気に高まっていきます。

そうなると、ちょっとしたことでクレームやトラブルに発展しやすくなり、工事が思うように進まない可能性があります。施主としても解体業者に事前の挨拶を依頼するようにお願いして、自らも回る意識を持って行動することが大切です。

事前に挨拶に行っておくことで、工事期間中のトラブルやクレームを減らすことができれば、それだけ工事を順調に進めることができます。ちょっとした労力ではありますが、施主や解体業者側のメリットを考えても挨拶をしておくくことが有効です。

解体工事での近隣への影響

解体工事を行う際は、近隣住民の方々へ挨拶しておくことが重要であるという認識を持つようにしましょう。その中で、ここからは解体工事での近隣への影響について解説を行っていきます。

最初にも触れましたが、解体工事期間中は近隣住民にご迷惑をお掛けすることが少なくありません。実際にどういった迷惑を掛けることになるのか把握しておくことで、より一層挨拶の重要性を理解しやすくなります。

反対の立場だったらという視点を持つと、実感を持ちやすくなります。基本的に、自分がされて嫌なことは相手がされても嫌なことです。そうした視点を持ちながら、近隣への影響について理解を深めていきましょう。

騒音や振動

まず、解体工事での近隣への影響として、騒音や振動を挙げることができます。解体工事期間中は、重機を使って壁や屋根の取り壊し、基盤の掘り起しなどを行うことが一般的です。

そうなると、どれだけ気を遣って工事をしていても騒音や振動が発生することになり、普段の穏やかな日常生活が失われることになります。

業者としても防音パネルの設置などによって対応するケースは少なくありませんが、それでも十分ではありません。

早朝や夕方に騒音や振動が発生する作業は行わないことが基本ですが、日中の時間帯でもストレスに感じる住民は多いはずです。事前の挨拶に伺う際に騒音や振動についての被害があることを丁寧にお伝えして、理解を得ることが大切です。

ほこりや粉じんの飛散

解体工事中に与える近隣住民への影響としては、ほこりや粉じんの飛散も挙げることができます。解体工事を開始すると、もともと家屋や建物に溜まっていたほこりが飛び散ることになります。

また、木材を取り壊すと風で粉じんが舞い散ることも少なくありません。そうして飛び散った粉じんやほこりが、近所の洗濯物や車を汚してしまうことがあります。

こうした被害についても解体工事期間中はよくあるケースで、事前挨拶の際にしっかりと説明しておく必要があります。

解体業者としてもほこりや粉じんの飛散を防止するために、養生を丁寧に設置することになります。あるいは水撒きを丁寧に行って飛散防止につなげることもあります。そうした対策を取っていても、ほこりや粉じんの飛散を防げないことがあるのも事実です。

故意に飛散させているわけではないので、この辺も事前の挨拶を通してご理解とご協力を得ることがポイントです。

害虫被害

家屋や建物の解体工事を行うと、それまでその場所に留まっていた害虫が拡散することになります。ゴキブリやネズミなどの害虫が逃げ出して、近隣の家や建物に被害を与えるケースも少なくありません。

解体工事中は大きな音や振動が発生することになりますが、こうした騒音や振動に害虫も驚いて近所の家の中に逃げ込むことがあります。そうすると、必然的に近隣住民の方々が被害を被ることになります。

そのため、事前挨拶に伺う際は、施工前に害虫対策をしてもらうように促すことも大切です。施主や解体業者としては、解体する建物に燻煙剤や害虫用の餌を使用して事前に駆除する必要があります。

それでも完全に駆除し切れなかった害虫が逃げ出す可能性があるので、近隣の方にも対策を取ってもらうのです。振動や騒音、粉じんやほこりの飛散などもそうですが、被害が発生する可能性を事前に説明して対策を取ってもらうことが重要です。

道路の利用

解体工事期間中は道路の利用によって、近隣の方々へご迷惑をお掛けすることもあります。解体工事中はトラックや重機、収集運搬車など、さまざまな車両が解体現場の道路を利用することになります。

工事を開始する前に道路使用許可を取っておく必要がありますが、それでも近隣の方々にとって迷惑であることは変わりありません。

道路使用許可

公道において通行の妨げとなるような作業や工事を行う際に、その地域を管轄する警察署へ申請することで得られる許可のこと。

本来通ることができるはずの道が通行できなくなることで、普段より遠回りすることを余儀なくされる住民が出てくることも想定されます。そうした不便とご迷惑をお掛けすることに対しても、事前の挨拶を通してきちんと謝罪の意思を示しておくことが大切です。

工事期間中に道路の道幅を広げることは難しいので、有効な対策はありませんが、解体業者としてもなるべく長時間駐停車させないような心がけが求められます。施主としてもご迷惑をお掛けしていることを認識しつつ、解体業者と連携することがポイントです。

挨拶回りに行くタイミングと範囲

ここからは、挨拶回りに行くタイミングと範囲について解説を行っていきます。解体工事前に挨拶をすることが重要であると認識することができたら、続いては、どのタイミングでどれくらいの範囲の住民に挨拶に行けば良いのか理解することがポイントです。

ある程度の原則を守って行動することで、近隣の方々からの理解も得やすくなります。施主自身と解体業者を守るという意味でも、タイミングと範囲について意識しておきましょう。

挨拶をするタイミング

まずは、挨拶をするタイミングについて確認していきます。挨拶のタイミングについて、一般的には解体工事開始前の1週間から10日前程度にすることが多くなっています。

基本的には同じタイミングで複数の住宅を訪問することになります。ただし、そのタイミングでは不在の住宅もあり、全ての住民に直接挨拶できないこともあります。

その場合は日を改めて挨拶に伺うのも良いですし、挨拶状と呼ばれる手紙をポストに投函しておくのも悪くありません。挨拶状に関しては後ほど取り上げますが、いずれにしても、挨拶に来ましたという証拠を残すことが大切です。

そうすることで近隣の方の理解を得やすくなりますし、無用なトラブルを避けやすくなります。本来は直接対面して挨拶するのがベストですが、場合によっては挨拶状による対応でも問題ありません。

挨拶する範囲

続いては、挨拶する範囲について確認していきます。解体工事前の挨拶に関しては、明確にどこからどこまで挨拶をした方が良いという範囲が決まっているわけではありません。あくまでも挨拶した方が良いとされる範囲についてご紹介します。

一般的に最低限挨拶した方が良いとされているのは、解体する建物の両隣の家と向かいの家、裏の家です。さらに、道路を挟んで向こう側にある家に関しても、正面から見て3件程度は挨拶しておくのが無難です。

と言うのも、道路を挟んで向こう側の家に関しても、道路の利用によってご迷惑をお掛けする可能性があるからです。普段使っている道路にトラックや重機、収集運搬車などが通ることでいつもと違うルートを通らなければならないことも出てきます。

そのため、できる限り道路を挟んだ向かい側の家にも挨拶に行っておくことが賢明です。

両隣や向かいの家、裏の家に関しては、解体工事によって発生する騒音や振動、粉じんやほこりの飛散などを直接受けやすい建物でもあります。そのため、確実に挨拶に伺い、丁寧に工事の説明と謝罪の意思を伝えることが重要です。

その他、解体現場から離れていても、近所付き合いがある家や個人的に親しくさせていただいていた家などは、挨拶に行っておくのがおすすめです。解体後も新築を建てるなどして、同じ場所に住み続ける場合は特に挨拶しておくことが重要です。

以下、挨拶しておいた方が良い範囲についてまとめておきます。

  • 両隣の家
  • 向かいの家
  • 裏の家
  • 道路を挟んで向かい側にある家
  • 近所付き合いがある家(個人的に親しくさせていただいている家)

工事終了後の挨拶

ここまでは解体工事開始前の挨拶に注目してきましたが、ここからは工事終了後の挨拶について解説を行っていきます。工事開始前に挨拶をしておくことはとても重要ですが、工事が終わった際も挨拶しておくことがおすすめです。

工事開始前ほど重要ではありませんが、工事終了後も挨拶に伺うことで、近隣住民の方々に対してお礼の気持ちを伝えることができます。

想定されていた期間で工事が完了すれば特に問題ありませんが、作業スケジュールが遅れている場合は余計に挨拶に行った方が良いでしょう。近隣住民としても、「いつになったら工事が終わるんだ」とやきもきしていることがあります。

そうした心情に配慮して、工期が遅れた場合は「長期間にわたってご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした」という謝罪の意思を示すことが求められます。

数日程度で終わるような簡易的な工事の場合は挨拶しなくても良いことがありますが、1ヶ月以上に渡る長期的な工事に関しては、工事終了後も挨拶することを意識しておきましょう。

解体工事における挨拶状の役割

ここからは、解体工事における挨拶状の役割に注目をして解説を進めていきます。近隣に挨拶回りに行った際に、住宅によっては不在の可能性もあります。その際に効果を発揮するのが挨拶状の存在です。

本当は直接対面して挨拶するのが良いですが、お互いの都合上、なかなか対面できないこともあります。その際に挨拶状をポストに投函しておくことで、お互いの関係性を保ったまま工事を開始することができます。

挨拶状に記載するべき項目や挨拶文の例も含めて理解を深めていきましょう。

挨拶状に記載するべき項目

それでは、挨拶状に記載するべき項目について確認していきます。一般的には、以下の11点を記載することを意識しておくことが大切です。

  1. 工事協力のお願い
  2. 工事名称
  3. 工事場所
  4. 工事依頼者名
  5. 工事期間
  6. 工事時間
  7. 休業日
  8. 施工業者名
  9. 施工業者側の担当者
  10. 施工業者の住所
  11. 施工業者の連絡先

上記の11点については、近隣住民の方々が工事に対して何か気になることがあった場合にスムーズに対応しやすくするために必要な事項です。

特に施工業者の住所や連絡先は忘れずに記載しておくようにしましょう。挨拶状に関しては、不在者のポストに投函するだけではなく、直接対面できた方に渡しておいても問題ありません。

口頭での挨拶だけでは、相手側の勘違いが発生する可能性があります。あるいは、自分たちの説明不足によってトラブルやクレーム発生につながる可能性も否定することはできません。

そうした事態を招かないようにするためにも、最低限伝えるべきことは書面で提示することが有効です。そうすることで、無用なトラブル防止につなげることもできます。

挨拶文の例

それでは、挨拶文の例についても取り上げていきます。

ご挨拶

令和○○年 ○月 ○日

この度、近隣にて○○邸の解体工事を行うことになりました施主の○○と申します。

解体工事期間中は騒音や振動等の発生により、皆様には多大なるご迷惑をお掛けするかと存じますが、工事期中は安全、騒音等に万全の注意を払いますので、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

解体工事名称:○○邸解体工事

工事場所:東京都江東区○○

工事期間:令和○年○月○○日~令和○年○月○○日予定

工事時間:午前9時~午後5時まで

休日:日曜・祝日

発注者:○○

施工業者:株式会社○○建設

施工業者住所:東京都杉並区○○

施工業者担当者:○○

施工業者連絡先:03ー○○○○ー○○

以上

上記のような形で必要な情報をまとめておくことで、シンプルに解体工事の概要を伝えることができます。その他、解体業者から必要だとされる情報についてアドバイスをもらいながら、挨拶状を作成することがポイントです。

挨拶の際の粗品や手土産

ここからは、解体工事前の挨拶に伺う際に、粗品や手土産は必要なのかという点に注目をして解説を行っていきます。解体工事前に挨拶に行くことは重要であると認識して、適切に行動することが求められます。

その上で、さらに粗品や手土産についても配慮できるようになれば最適です。粗品や手土産は必要なのか、おすすめのものとしてはどんなものがあるのかを含めて確認していきましょう。

粗品や手土産は必要?

まず、解体工事前の挨拶の際に粗品や手土産は必要なのかという点についてですが、明確な決まりがあるわけではありません。粗品や手土産を持参しても良いですし、持参しなかったとしても何か問題が発生することはありません。したがって、施主や解体業者側の判断に委ねられるというのが正確な回答です。

ただし、施主の気持ち次第で粗品や手土産を持参することができます。工事期間中にご迷惑をお掛けすることを不憫に思い、粗品などを持っていくことで、少しでも誠意を伝えたいと思うこともあるでしょう。

実際に粗品や手土産を持参した方が丁寧な印象を与えることができますし、近隣の方々も工事に協力してあげたいという気持ちが芽生えやすくなります。もちろん、挨拶に行くだけでも工事への協力と理解を得ることは可能ですが、粗品や手土産を持っていくことで、より一層感情的な部分に訴えかけやすくなるということです。

施主自身が丁寧で誠実な人であるという印象を持ってもらうことができれば、工事期間中に多少ストレスを与えることがあっても、クレームやトラブル防止につなげやすくなります。そのため、粗品や手土産を持参することを迷っているのであれば、持参することをおすすめします。

粗品や手土産としておすすめのもの

挨拶に際して必ずしも持参する必要はない粗品や手土産ですが、持参する場合におすすめのものについてご紹介していきます。粗品や手土産として渡す際には、相手が受け取って困らないものを持っていくことが重要です。

どの家庭でも利用するようなものや食べ物を持参すると良いでしょう。以下、おすすめの例について具体的に取り上げていきます。

  • 洗剤(キッチン用洗剤や洗濯用洗剤)
  • 柔軟剤
  • サラダ油
  • ハンドタオルやフェイスタオル
  • 石けん
  • サランラップ
  • クッキーなどのお菓子
  • コーヒーギフト

上記のようなものを中心に粗品や手土産を選ぶと、相手にも喜んでもらうことができます。実用的なものであればあるほど、粗品としての役割を果たします。

あくまでも工事への協力を求める際に渡すものであり、それほど高価なものである必要はありません。謝罪の意思や誠意を見せるという意味で、粗品や手土産を用意するのが効果的です。

粗品に「のし」は必要?

粗品を渡す際に、「のし」は必要なのかという点が気になる方もいるでしょう。粗品には「ご挨拶」と書かれたのしをつけるのが一般的であり、解体工事前の挨拶で渡す場合もつけておくのが無難です。

のしには2種類あるので、理解しておくことが大切です。

  • 内のし紙:内祝いの際に利用。おめでたいことがあった場合に使うのし。
  • 外のし紙:幅広い用途で利用。包装紙の外側につけるのでどんな目的で贈るのかわかりやすい。

解体工事の場合はお祝いごとではないので、外のし紙を利用すれば問題ありません。大切なのは粗品を渡す際にのしが必要であると認識しておくことです。

近隣の方々へ丁寧な印象を与えるためにも、最後まで気を抜かずに必要な行動をしていきましょう。

まとめ

解体工事と挨拶の関係に注目をして、具体的に解説を行ってきました。解体工事期間中はどうしても近隣の方々へご迷惑をお掛けすることになります。その点に十分に配慮した上で、施主や解体業者としてできることを実践することが大切です。

解体工事前に挨拶に行っておくのと行かないのとでは、その後の近隣の方々の対応が大きく異なっていきます。挨拶なしで工事を開始するとトラブルやクレームにつながる可能性が高くなります。そうした点を十分に考慮しつつ、必要な対応を取っておきましょう。

安全かつ安心して解体工事を進めるために事前の挨拶は必要です。近隣の方々のご理解とご協力を得つつ、確実に工事を前進させていきましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP