解体工事でローンを組むことは可能か?解体工事に活用できるローンもご紹介!

解体工事でローンを組むことは可能か?解体工事に活用できるローンもご紹介!

解体工事とローンの関係に注目をして、解体工事に向けた資金調達方法について解説を行っていきます。現在の日本国内では空き家が増加しており、空き家の存在が問題化している部分もあります。空き家のみならず、一般的な家屋や建物を解体したいと考えることもあるでしょう。その際に手持ちの現金があれば問題ありませんが、なかなか持ち合わせていないこともあるのではないでしょうか。そういった場合にローンを組むことができるのか、実際に利用できるローンの種類も取り上げていきますので、どうぞご覧下さい。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体工事とローンの関係

それでは、解体工事とローンの関係について確認していきます。家屋や建物、空き家などを解体したいと思った場合、現金で支払うことができれば一番良いですが、現金だけでは足りないこともあります。

その際に活用したいのがローンの存在です。そもそも解体工事の際にローンを組むことはできるのか、具体的にどういったローンを利用できるのかといった疑問を持った方は少なくありません。その概要について理解して、実際の行動へつなげていきましょう。

解体工事でローンは組めるのか?

解体工事でローンは組めるのかという疑問に対する答えは「イエス」です。解体工事では住宅ローンや解体ローン、プロパーローンやフリーローンといったローンサービスを利用することができます。

それぞれのローンの概要や特徴については後ほど解説しますが、いずれにしても、解体工事の際に利用できるローンがあることを知っておくことが大切です。現金支払いしか対応できないのではないかと思っていると、なかなか行動に移すことができません。

そうではなく、ローンを組んで少しずつ返済することで解体工事を行えると知っておくことが、実態を伴った行動につながっていきます。

解体ローンの仕組み

解体工事の際に組むことができるのが解体ローンですが、その仕組みとしては、住宅を購入する際に組む住宅ローンと同じような考え方をすることができます。地方銀行や信用金庫などに相談をして、建物を解体するために融資を受けるのが解体ローンの考え方です。

その名称はさまざまであり、プロパーローンやフリーローンといった形で融資を行ってくれるケースもあります。金融機関によって融資の条件や金利、借入期間や借入可能額が異なるので、相談しながら確認する必要があります。

また、1社に頼る必要はないので、複数の金融機関で内容を比較した上で最終的に融資を受ける金融機関を決定することが有効です。

中には、空き家を専門にした解体ローンの融資を行っている金融機関もあります。空き家は社会問題ともなりつつあり、解体費用を工面しやすいのが特徴です。空き家を解体する場合もローンを活用して工事を進めていくことがおすすめです。

時間がかかるので注意

解体工事の際にローンを組むことは可能ですが、注意しておきたい点として、時間がかかることが挙げられます。

銀行や信用金庫で融資を受けるためには、書類の準備や申込書の作成など、やるべきことも多くあります。実際に支店や本店に足を運ばなければならないこともあり、想定していた以上に時間がかかってしまうことがあります。

そうなると、解体工事を予定通りに開始できないことがあるので注意する必要があります。最初からローンを組んで解体工事を行おうと考えている場合は、早めに金融機関に相談することがポイントです。

解体業者によって支払いのタイミングが異なることがありますが、中には手付金という形で工事開始前に一部費用や全額費用の負担を求める業者もあります。

いずれにしても、早め早めにお金を準備しておいて困ることはありません。融資開始には時間がかかることを念頭に置いた上で、工事開始から逆算して手続きを進めることが求められます。

解体工事に活用できるローン

ここからは、実際に解体工事に活用できるローンについてご紹介していきます。解体工事に関しては、費用が数十万円から数百万円単位になることも珍しくなく、まとまったお金が必要になります。

その際に頼りになるのが、さまざまなローンの存在です。自分たちが解体する際に最適なローンは何か選択肢を持っておくことが有効です。住宅ローンやプロパーローン、フリーローンなど、さまざまな種類のローンがあるので、その1つ1つについて確認していきましょう。

住宅ローン

まずは、住宅ローンから解説していきます。一般的に住宅ローンとは、マンションや一軒家などの分譲住宅を購入する際に組むものです。それだけではなく、解体工事においても利用することができる可能性もあります。

それは、家の建て替えを行うケースです。解体工事を終えた後の土地を利用して、新たに建物を建設する場合に、建物の解体費用を建築費用の中に組み込むことができます。

つまり、住宅ローンを組んで解体工事を行う場合は建て替え工事とセットになることを理解しておく必要があります。基本的に住宅ローンで解体工事のみを行うことはできません。

銀行などに住宅ローンの相談をする際に、解体費用がわかる見積書を持参するのもおすすめです。銀行とハウスメーカーが提携している場合は、銀行から直接お金を振り込んでもらうこともできます。

解体工事と新築物件の建設を別々の業者が行う場合は、一度施主が解体費用の融資を受けて解体業者に支払うという流れになります。

一般的に住宅ローンの場合は、建物が完成した時点で融資を受けられることが多くなっています。そのため、中には住宅ローンによる工事の受注を嫌がる解体業者もあります。解体費用の支払い時期が後回しになるからです。

そうした事情もあるので、事前に解体業者と支払い方法の確認をしておくことが大切です。住宅ローンによる支払いでも良いか確認した上で、ローンを組むようにしましょう。

解体ローンと住宅ローンの違い

ここでは、解体ローンと住宅ローンの違いについて解説を行っていきます。まず、大きな違いとして、解体ローンの場合は解体工事のみを行う場合でも利用できるという点が挙げられます。住宅ローンの場合は上記でも触れたように、建て替えをする前提で解体工事にかかる費用を融資してもらえる仕組みとなります。

さらに、融資を受けるための条件や保証人に関する違いもあります。

  1. 解体ローンの方が融資を受けるための条件が緩いことが多い
  2. 解体ローンは保証人や担保が不要であるケースが多い
  3. 解体ローンの方が金利が手頃なことが多い

全ての金融機関で当てはまるわけではありませんが、解体ローンと住宅ローンの違いとしては、上記のような点を挙げることができます。

どちらのローンに関しても審査が必要なことは変わりありませんが、条件的に審査に通りやすいと感じるのは解体ローンの方です。これは住宅購入にかかる費用と解体工事にかかる費用を比べた時に、解体工事にかかる費用の方が安いケースが多いこととも関連しています。

したがって、住宅ローンを組めるほどの経済的余裕がない場合でも解体ローンの申請をあきらめる必要はありません。比較的緩い条件で審査を行ってくれることも多いので、まずは金融機関に相談してみることがおすすめです。

プロパーローン(無担保ローン)

続いては、プロパーローンの概要や特徴について確認していきます。無担保ローンと言われることもあるプロパーローンですが、多目的に利用できることが特徴のローンです。解体工事を行う人の中には、新築物件の建て替えを行う人もいれば、解体工事だけを行うという人もいるでしょう。

解体工事だけを行う人は住宅ローンを組むことができないので、このプロパーローンを活用するのがおすすめです。プロパーローンであれば、解体工事だけであっても融資を受けることができます。

また、プロパーローンの特徴として保証会社や保証人なしでも申し込み可能という点を挙げることができます。これは、借入予定の方の信用度を重視するという意味でもあり、本当にローンの支払いを行ってくれると判断してもらうことができれば、金融機関がお金を貸してくれます。

したがって、保証人がいなくて困っているという方でも審査に申し込みやすいという点でおすすめのローンです。

ただし、保証人や保証会社がつかない分、審査がとても厳しいことを頭に入れておく必要があります。ローンを組む際は何度も金融機関に足を運んで話し合いをしたり、審査を受けたりすることになります。

そのため、実際に融資を受けるまでの期間として、最初の書類提出から2週間から1ヶ月以上かかることもあるので注意が必要です。

解体工事開始予定日から逆算して計画的に準備を進めないと、どんどんスケジュールが後ろ倒しになってしまう可能性もあります。その辺を踏まえた上で借入を検討しましょう。

プロパーローンの概要

  • 借入可能額→10万円から500万円程度
  • 借入期間→半年から10年
  • 担保不要
  • 保証人不要
  • 金利→変動金利か固定金利の選択
  • 年齢→満20歳から満65歳(満70歳まで借入可能な銀行もあり)
  • 必要書類→見積書、契約書、所得証明(源泉徴収票でも可)、免許証(健康保険証でも可)
  • 融資開始までの期間→最初の書類提出から2週間から1ヶ月程度
  • 利用できる主な金融機関→三菱UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行など

フリーローン

続いては、フリーローンについて確認していきます。プロパーローンも多目的に利用することができますが、フリーローンも幅広い用途に利用できることが特徴のローンとなっています。解体工事のみならず、何かまとまった資金が必要な際に利用できるところに魅力があります。

空き家の場合であれば、空き家解体ローンという形でローンを組みやすい面もありますが、空き家ではない場合、解体ローンが組みにくくなるというケースもあります。

その際に活用したいのが、プロパーローンやフリーローンといったタイプのローンです。フリーローンの場合は、住宅ローンと比較した時に借入可能額が低く設定されているところがデメリットです。

三菱UFJ銀行や三井住友銀行といった大手金融機関でも、最大300万円までの融資となっています。その他、ゆうちょ銀行では500万円まで融資を受けることができます。

解体工事のみの費用をまかなうと考えれば、問題ない範囲と言うこともできます。フリーローンも含めてさまざまなローンがあると知っておくことで、多少心のゆとりを持つことができるでしょう。実際に解体工事を行う際は、自分に合ったタイプのローンを組むことが有効です。

主な銀行のローンサービス

それでは、主な銀行のローンサービスについて、具体的にご紹介していきます。解体工事を行う際は住宅ローンや解体ローンだけでなく、プロパーローンやフリーローンといったタイプのローンもあることをご紹介しました。その中で複数の金融機関のサービスを知っておき、選択肢を持っておくことがおすすめです。その内容について確認していきましょう。

三菱UFJ銀行

まずは、三菱UFJ銀行のローンサービスについてまとめていきます。下記の表を参考にして、理解を深めていきましょう。

ローンの種類 フリーローン(無担保)
借入可能金額 10万円~300万円
借入可能期間 1年~10年
担保・保証人 不要
金利 変動金利方式、固定金利方式
借入可能年齢 満20歳~満70歳の誕生日
条件 前年度税込年収が200万円以上、勤続1年以上

三井住友銀行

続いては、三井住友銀行の融資サービスについて確認していきます。

ローンの種類 フリーローン(無担保)
借入可能金額 10万円~300万円
借入可能期間 1年~10年
担保・保証人 不要
金利 変動金利方式、固定金利方式
借入可能年齢 満20歳~満65歳以下
条件 前年度税込年収が200万円以上、現在安定した収入がある方、プロミス株式会社の保証を受けられる方、契約時に来店できる方、日本国内在住の方

みずほ銀行

続いては、みずほ銀行の融資サービスについて確認していきます。

ローンの種類 多目的(無担保)ローン
借入可能金額 10万円~300万円
借入可能期間 6ヶ月~7年
担保・保証人 不要
金利 変動金利方式、固定金利方式
借入可能年齢 満20歳~満66歳(最終返済時年齢が満71歳未満)
条件 勤続年数2年以上、前年度税込年収200万円以上で継続した安定収入が見込める方、保証会社の保証を受けられる方

ゆうちょ銀行(スルガ銀行)

最後に、ゆうちょ銀行の融資サービスについて確認していきます。ゆうちょ銀行は、スルガ銀行のローンを代理業者として媒介しているところに特徴があります。

ローンの種類 スルガ銀行フリーローン(無担保型)
借入可能金額 10万円~500万円
借入可能期間 6ヶ月~7年
担保・保証人 不要
金利 固定金利方式
借入可能年齢 満20歳~満70歳(最終返済時年齢が満77歳未満)
条件 満77歳までに返済可能な方

ローンを組むメリット

金融機関ごとにさまざまなローンサービスがあるわけですが、解体工事を行う際にローンを組むことのメリットについても確認していきます。ローンを組むことになると、固定金利や変動金利を問わず、金利の上乗せ分も含めて返済を行う必要があります。

そのため、トータルの返済額は融資を受けた額より増えることが一般的であり、一見すると損をしているように感じる部分もあります。それでも、ローンを組むことによって、日常生活の安定というメリットを享受することができます。

数十万円から数百万円、場合によっては数千万円単位のまとまった費用を現金で支払える余裕がある方であれば、それほど問題ではありません。現金一括で支払うことによって余計な金利負担もなくなりますし、解体工事をスムーズに開始してもらうことができます。

しかし、現金一括で支払いをすると、日常生活に困ってしまうという人もいるでしょう。解体費用を現金で支払って、普段の生活が苦しくなってしまうようでは本末転倒です。

そうならないようにするための制度がローンであり、金融機関から融資を受けることのメリットです。トータルで支払う金額は大きくなりますが、それでも毎月の負担を平均的にしていくことで、日常生活に無理のない範囲で返済を続けることができます。

また、解体工事では追加費用も含めて、予想外の支出があることも少なくありません。そうしたケースでも慌てずに対応するために事前にローンを組んでおくことがおすすめです。日常生活における支出を頭に入れつつ、ローンを有効活用していきましょう。

補助金の活用も

解体工事において少しでも資金を節約したいと考えている場合は、補助金制度の活用もおすすめすることができます。全ての自治体で補助金制度があるわけではありませんが、地域を管轄する自治体や行政に問い合わせてみることで、補助金を利用できるケースもあります。

特に、空き家に関しては社会問題化していることもあり、市区町村レベルで補助金を用意していることがあります。まずは、空き家が存在している自治体に相談してみることがポイントです。

解体費用に関して、補助金を準備している自治体とその補助内容をご紹介していきます。

市区町村 補助内容
福島県南会津郡南会津町 補助対象経費の3分の2以内(非課税世帯=限度額80万円)、課税世帯は補助対象経費の2分の1以内(限度額50万円)
茨城県笠間市 解体費用の3分の1(限度額30万円)
埼玉県行田市 解体費用の2分の1(限度額50万円)
東京都足立区 解体費用の2分の1(木造限度額50万円・非木造限度額100万円)
神奈川県愛川町 対象経費の2分の1(限度額30万円)
群馬県高崎市 対象経費の5分の4(限度額100万円)
静岡県沼田市 解体費用の3分の1(限度額20万円)
愛知県刈谷市・西尾市 限度額20万円
富山県黒部市 解体費用の2分の1(限度額50万円)
新潟県燕市 解体費用の2分の1(限度額50万円)
兵庫県姫路市 解体費用の5分の1(限度額30万円)
和歌山県和歌山市 空き家の解体費用の3分の2(限度額60万円)
佐賀県みやき町 対象経費の2分の1(限度額50万円)
大分県大分市 対象経費の5分の4または市の定める額(限度額160万円)

解体費用の補助金がある一部の自治体について、ご紹介してきました。補助内容や制度に関してはその都度変わることがあるので、改めて自治体に問い合わせをしてみることが大切です。

上記で取り上げた市区町村以外にも補助金制度がある自治体もありますし、新たに制度が創設されるケースもあります。最新の情報を入手した上で、適切な行動へつなげることがポイントです。

空き家解体の場合のローン

ここからは、空き家を解体する場合のローンについて解説していきます。空き家に関しては、通常の建物と比較してローンを組みやすい傾向にあります。

フリーローンやプロパーローンといったタイプのローンを組んで対応することもできますが、「空き家解体ローン」というサービスを利用できることもあります。その内実について確認していきましょう。

空き家解体ローンの活用

空き家の解体に関しては、2015年5月に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」が大きな役割を果たしています。

空家等対策の推進に関する特別措置法

管理されていない空き家に関しては放置しておくと危険性や衛生上の影響が大きくなるため、所有者に対して適切な処理を求めるように促すための法律。

空き家が放置された状態になっていると、景観が損なわれるという問題点も出てきます。いずれにしても、空き家をそのままにするのではなく、所有者に対して適切に管理するか解体するか選択するように迫っているのが「空家等対策の推進に関する特別措置法」の考え方です。

この法律の施行によって、各自治体が特定空き家の解体に対して補助金を出したり、金融機関が空き家解体専用のローンを用意したりするようになってきました。

空き家の解体を目的としてローンを組む場合、金利が安く設定されていて担保も必要ないケースが多くなっています。利用対象者によって条件が異なることや融資限度額、融資期間、金利が異なることもあるので、まずは相談に行ってみることが大切です。

また、全ての金融機関で解体ローンを取り扱っているわけではありません。事前に調査した上で、取り扱いがありそうな金融機関の店舗に行って相談することがおすすめです。

空き家の放置は社会問題

空き家に関しては社会問題になっている部分もあるので、理解を深めておく必要があります。少子高齢化や核家族化、地方の過疎化などが進み、空き家は増え続ける一方となっています。適切に管理されている空き家であれば問題ありませんが、そもそも所有者は誰なのか、管理する人がいるのかどうかすらわからない空き家も少なくありません。

その中で、空き家が老朽化していくと地震で倒壊したり、強風や台風によって屋根材や壁材が吹き飛ばされたりしてしまうリスクがあります。

そうなると、近隣住民の方や他の住宅、ビルなどに危害を加える恐れもあり、リスクが高まります。

つまり、もはや空き家は所有者だけの問題ではなく、地域や社会全体として対処しなければならない問題へと昇華しているのです。2015年には「空家等対策の推進に関する特別措置法」も制定されましたが、今後ますます人口減少が進む日本社会において、空き家対策は喫緊の課題となっています。解体ローンやフリーローン、補助金制度なども活用しつつ、順次解体工事を進めていく必要があります。

空き家解体にも補助金制度が

空き家の解体工事に関しても補助金制度が用意されているケースがあるので、市区町村に問い合わせをした上で、活用できそうなものがあれば活用するのがおすすめです。

例えば、大阪府大阪市では「木造住宅の解体費用の一部補助」という形で、解体費用の3分の2まで負担してくれる制度があります。戸建て住宅の場合は上限100万円まで、集合住宅の場合は上限200万円までという形で、解体費用の一部を補助してもらうことができます。

全ての自治体で補助金制度が用意されているわけではありませんが、まずは確認してみることが大切です。少しでも解体費用負担を抑えるという意味では、補助金を含めて工事を進めていくことがおすすめです。

まとめ

空き家の解体工事に関しても補助金制度が用意されているケースがあるので、市区町村に問い合わせをした上で、活用できそうなものがあれば活用するのがおすすめです。

例えば、大阪府大阪市では「木造住宅の解体費用の一部補助」という形で、解体費用の3分の2まで負担してくれる制度があります。戸建て住宅の場合は上限100万円まで、集合住宅の場合は上限200万円までという形で、解体費用の一部を補助してもらうことができます。

全ての自治体で補助金制度が用意されているわけではありませんが、まずは確認してみることが大切です。少しでも解体費用負担を抑えるという意味では、補助金を含めて工事を進めていくことがおすすめです。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP