解体工事前にはネズミ駆除が必要?自力でネズミ駆除する方法も解説!

解体工事前にはネズミ駆除が必要?自力でネズミ駆除する方法も解説!

本記事では、解体工事とネズミ駆除の関係に焦点を当てて解説を行っていきます。家屋や建物を解体する際は大量のネズミが発生するケースもあります。その前にネズミに住み着かれないようにすることが大切ですが、どうしてもネズミが住み着いてしまうこともあります。その場合の対処方法やネズミ駆除方法についてご紹介します。ネズミの被害に遭いやすい建物や地域なども含めて解説していきますので、どうぞ参考にしてください。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体工事前にはネズミ駆除が必要

まずは、解体工事にはネズミ駆除が必要であるというテーマで解説を進めていきます。家屋や建物を解体する際は、少なからず近隣住民の方々へご迷惑をお掛けすることになります。

騒音や振動、粉じんの飛散や道路利用などを含めて、解体工事中は日常生活とは異なる状況が発生します。その中で、ネズミを含めた害虫の移動もご迷惑になる点の1つです。少しでも近隣の方へのご迷惑を減らすために、適切にネズミ駆除を行うことが重要です。

解体工事をするとネズミも大移動

解体工事を行うと、ネズミも大移動することがわかっています。床下や天井裏など、ネズミやゴキブリといった害虫が住み着いているケースも多く、それらが取り壊されそうになると、害虫は建物から逃げ出して新たな住処を探すことになります。

解体工事が始まると、重機をはじめとした大きな音や振動が発生します。ネズミたちは、その音や振動に驚いて建物から出ていくことになるのです。

そうなると、新たな住処や寝床を求めて、近所の住宅の床下や天井裏に引っ越しをすることになります。こうした状況が近隣の方々へご迷惑をお掛けするきっかけとなり、家や建物を腐敗させていくリスクも出てきます。

したがって、まずは、解体工事をすると住み着いているネズミが大移動することを理解しておく必要があります。

ネズミの生息調査から

解体工事をするとネズミが大移動をすることになりますが、それは、ネズミが該当の建物に住み着いている場合です。そもそもネズミが住み着いていなければ、解体工事をしても大移動することはありません。

そのため、解体工事を行う前にネズミの生息調査を行うことが有効です。自治体によってはネズミの生息調査を実施してから解体工事をするように定められているケースもあるので、事前に行政窓口に確認しておく必要があります。

たとえ、生息調査の義務がなかったとしても、主体的に生息調査を行うことがおすすめです。契約する解体業者に依頼すれば、調査を行ってもらうことができます。解体業者が調査できない場合は、別の業者に生息調査をしてもらうこともできるので、まずは相談してみることが有効です。

ネズミが住み着いていなければそれで良いですし、住み着いていれば事前に駆除することができます。どちらにしても、その後の行動につながっていくので、できるだけネズミの生息調査を実施することがおすすめです。

ネズミの駆除方法

ネズミの駆除方法としては、以下の2つの方法を挙げることができます。

  1. バルサンなどの燻煙剤や駆除剤を使用する
  2. ネズミ駆除業者に依頼する

バルサンなどの燻煙剤や駆除剤を使用すれば、自分たちでもネズミを駆除することができます。解体工事の時のみならず、普段から対策できる駆除方法として認識しておくことが有効です。

また、自分たちで駆除することが難しい場合は、ネズミ駆除業者に依頼することがおすすめです。ネズミ駆除業者に依頼すれば、基本的に全てのネズミを駆除してもらうことができます。

同じ箇所に再びネズミが発生した場合は、保証サービスを使って再び駆除してもらうことができるなど、徹底的にネズミを駆除したい場合に有効です。

万一、床下や天井裏などに大量のネズミが住み着いていることがわかった場合は、ネズミ駆除業者に駆除を依頼するのが賢明です。

ネズミ駆除の費用相場

それでは、ネズミ駆除の費用相場について確認していきます。費用相場としては、ネズミ駆除業者に依頼した場合、おおよそ3万円から5万円程度かかることが一般的です。

ネズミ駆除業者によってやり方は異なりますが、毒エサで処理をしたり粘着版を使って捕獲したりすることが多いです。あるいは、ネズミの出入り口をふさぐために侵入口をふさぐ工事をすることもあるなど、大掛かりな方法になることもあります。

いずれにしても、駆除方法によって費用が変わってくることがあるので、事前に見積もりを取るなどして、大体の金額を把握しておくことが大切です。

ネズミ駆除業者に依頼した場合、作業を行った場所のアフターケアには対応してくれますが、それ以外の場所で再びネズミが発見された場合は対応してくれないケースが多くなっています。

事前にどこまで保証してもらうことができるのか確認しておくことも大切です。解体工事をする場合は、できるだけ解体工事直前にネズミ駆除を行ってもらうことで、ネズミの大移動を阻止しやすくなります。

ネズミの被害に遭いやすい建物や地域

ここからは、ネズミの被害に遭いやすい建物や地域の特徴について解説していきます。ネズミは一度住み着くと、長期的にその場所を住処にする傾向が強い動物です。したがって、ネズミの被害に遭いやすい建物や地域の特徴を理解して、該当する場合は常に注意を払う必要があります。

自分たちで対策できることがあれば、1つ1つ丁寧に実施することが大切です。ネズミ被害に遭いやすい具体的な建物や地域の特徴について確認していきましょう。

飲食店の多い地域

まず、ネズミの被害に遭いやすい地域として挙げられるのが、飲食店の多い地域です。ネズミの特徴として、体が小さく体内に多くのエネルギーを貯め込むことができないという点が挙げられます。

そのため、基本的には食糧を求めており食べ続けていかなければ生き続けることができません。ネズミはこうした生態を持っているため、エサを食べ続けることができる環境であるかどうかを重視します。

そうなると、自然と飲食店の多い地域はネズミの住処として格好の場所となることがわかります。飲食店の周辺には残飯が多く、ゴミ箱をあさればネズミが食べられるエサが大量にあることも少なくありません。

飲食店にそのまま住み着くケースもありますし、飲食店近くの一般住宅に住み着くケースもあります。その場合は、自然と周囲の飲食店や住居にネズミ被害が及ぶことになります。

自然豊かな地域

ネズミの被害に遭いやすい地域として、自然豊かな地域も挙げることができます。家の近くに森があるなど、ネズミが生息場所として該当しそうな地域に住んでいる場合は、森林からネズミがやってくることもあります。

もともとは自然豊かなところで活動していたネズミも、エサがなくなってくると人間が住む地域にやってくることがあります。そこで、エサとなる食べ物や残飯を見つけると、そのままそこに留まり続けようとする傾向があります。

上記でもご紹介したように、ネズミはエサを食べ続けなければ生きていくことができません。そのため、少しでもエサがあると感じられる地域や建物があれば、そこに移り住んで定着しようとするのが特徴です。

築年数の古い家や空き家

築年数の古い家や空き家に関しても、ネズミ被害に遭いやすい建物の特徴として挙げることができます。特に空き家に関しては、そのまま放置しておくとネズミの格好の住処になってしまうことがあります。

ネズミ以外にもゴキブリやムカデといった害虫の住処になることがあり、害虫被害もどんどん進行していきます。

空き家にはエサとなる食べ物がないケースもありますが、寝床として利用する分には最適な環境です。空き家は人が住んでいないので、人為的に駆除される心配もありませんし、ネズミも安心して住処にすることができます。そのため、空き家を拠点として、近隣住宅や地域のゴミ回収所を荒らしてエサを探すネズミも少なくありません。

築年数の古い家に関しても、適切に管理していれば問題ありませんが、汚い環境を放置しておくとネズミが住み着きやすくなるので注意が必要です。

空き家でも築年数の古い家でも、定期的に窓を開けて換気をしたり、水道管の水を入れ替えたり、掃除を行ったりすることで害虫の駆除につなげることができます。ネズミなどの害虫が住み着いて、家の中で死んでしまうと、死体の腐敗臭が出てさらに害虫を呼び寄せることになります。

いずれにしても、定期的なメンテナンスが必要であり、それを怠るとネズミ被害に遭いやすくなります。

近くで解体工事があった場合

ネズミ被害に遭いやすい建物や地域としては、近くで解体工事があった場合も挙げることができます。

自分たちの家や建物にネズミが住み着いていなかったとしても、近隣住宅にネズミが住み着いているケースはあります。

ネズミが住み着いている家屋や建物を解体することになると、そこから一斉にネズミが移動することになり、被害に遭う可能性も高まっていきます。

これはどうしようもないことですが、とにかく自分たちの住まいや建物環境をきれいにしておくことが大切です。食べ物の残飯を放置していたり、エサとなりそうなものを外に出していたりすると、ネズミがやってきてしまいます。

日頃から丁寧に掃除をして、無駄な食糧廃棄をしないようにすることでネズミ被害を阻止しやすくなります。近くで解体工事があった場合だけでなく、火事が発生した場合は、建築工事を行っている場合もネズミが大移動することになるので、十分に注意が必要です。

冬場や雪国は注意

ネズミ被害に遭いやすい季節についても確認していきます。ネズミは年中生息していますが、特に冬場の寒い時期を中心にネズミ被害を訴えるケースが増えています。

これは、10月から11月頃の寒くなる季節にネズミが寒さをしのぐために民家に侵入することと関係しています。夏場でも民家に侵入するケースはありますが、温かい時期は民家に入らなくても生活することができます。

一方で、冬場の寒い時期や雪国などの寒さが厳しい地域では、外で生活することが難しくなります。少しでも暖かい環境を求めるのがネズミの特徴でもあり、特に冬場や雪国では注意を払う必要があります。したがって、寒い時期や地域では、建物内を意識的にきれいにしておくことが有効です。

ネズミの住処にされやすい場所

ここからは、ネズミの住処にされやすい場所について確認していきます。ネズミは寒さをしのぐことができて、安心して生息できる拠点を探しています。安心して生息するためには、人からの撃退や駆除を受けない住処を探すことが特徴であり、そこがネズミの住処にされやすい場所でもあります。

具体的には、以下がネズミの住処にされやすい場所として挙げることができます。

  1. キッチン
  2. 天井裏や屋根裏
  3. 床下

それぞれの場所の特徴について、理解を深めていきましょう。

キッチン

ネズミの住処にされやすい場所として、まずはキッチンを挙げることができます。キッチンは最もネズミのエサとなるものが見つかりやすい場所であり、ネズミにとっても格好の住処となります。

例えば、テーブルの上にラップをかけたまま無造作に放置されている食品は、ネズミのエサと認定されてしまいます。床や冷蔵庫の下、レンジ台の下などに落ちている食べかすもネズミのエサと認定され、そのまま住み着いてしまう可能性があります。

天井裏や屋根裏

天井裏や屋根裏も、ネズミが住み着きやすい場所として注意する必要があります。キッチンの場合は住処というよりも、エサを求めてやってくる場所という認識を持っておくのが有効です。寝床としての住処に関しては、天井裏や屋根裏の方が可能性が高くなります。

天井裏や屋根裏にエサがあるわけではありませんが、湿気が多く暮らしやすい場所としてネズミが住み着くことが多いです。天井裏や屋根裏は普段人が来るわけでもないので、駆除される危険性がなく、ネズミにとって安心して生息できる場所です。

天井裏や屋根裏に住み着かれてしまうと、駆除が難しくなるというデメリットがあります。駆除する場合はネズミ駆除業者に対応してもらうことが多く、経済的な負担も高まっていきます。

床下

ネズミの住処にされやすい場所として、最後にご紹介するのは床下です。床下に住み着くこともあれば、ネズミの侵入経路として利用されることが少なくありません。床下を通って住居内に侵入し、キッチンや屋根裏、天井裏に現れるといったケースが多くなっています。

通風口や基礎のすき間など、住宅には穴が多く、ネズミにとっては格好の出入り口となります。玄関のような形で利用されることもあります。そのまま床下に住み着くこともあれば、侵入経路としてだけ利用することもあるのが特徴です。

自力でネズミ駆除する方法

さまざまな場所に住み着く可能性があるネズミですが、ここからは自力でネズミを駆除する方法について解説していきます。

本来は住み着かれないように対応することがベストですが、どうしてもネズミが発生してしまうことがあります。その際に、自力で駆除する方法を知っておくことで、ネズミ被害の拡大を防ぐことにつながります。

いかにして、ネズミ駆除を行っていけば良いのか、その具体的な方法について確認していきましょう。

住み着かれる前に撃退

まず、基本的な考え方として押さえておきたいのが、ネズミに住み着かれる前に撃退するということです。ネズミは安心して生息できる場所を求めて移動を繰り返す傾向がありますが、ここが良いと思われてしまうと完全に住み着かれることになります。

住み着かれた後では駆除の難易度が上がってしまうので、そうなる前に撃退することが重要です。

普段の生活と比べて少しでも違和感を覚えたり、何かが動く音がしたりしたら、ネズミの発生を疑うことが重要です。早期の段階であれば撃退できる可能性も高く、住み着かれないようにすることも可能です。

ネズミに「ここは嫌な場所だな」、「安心して生活することができそうもない」と思わせることができれば、一度やってきたネズミもその場所を離れるようになります。そのために、以下のような時期には特に注意を払う必要があります。

  • 冷え込む時期
  • 近所で解体工事や建て替え工事がある場合

本文中でも触れましたが、上記の時期やケースではネズミが生息場所を探し求めて移動しやすくなります。これ以外の時期でも注意を払う必要がありますが、特に意識を向けておきましょう。

ネズミを撃退する具体的な方法については、この後ご紹介していきます。

忌避剤の使用

まず、自力でネズミを駆除する方法として挙げられるのが忌避剤の使用です。ネズミは嗅覚能力に優れていると言われており、人間の3倍もの能力で臭いをかぎ分けることができます。

その特徴を利用して忌避剤を使うことによって、家や建物をネズミから守ることができます。

忌避剤には刺激的なニオイや天敵のニオイが含まれているため、ネズミを恐がらせることができます。

ネズミがやってきたと思われる早期の段階で忌避剤を使用すれば、比較的簡単に撃退しやすくなります。

天敵の存在を意識させたり、嗅覚を鈍らせたりすることで、ネズミに近寄らせたくないという気持ちを抱かせ、他の場所に移動してもらうことがおすすめです。

超音波発生器の使用

続いてのネズミ駆除方法として、超音波発生器の使用を挙げることができます。ネズミは嗅覚が良いことも特徴ですが、聴力が優れているという特徴もあります。

動物の中でも可聴域が広いことがわかっており、人間では聞き取れないような周波数の高温も聞き取ることができます。

その特徴を利用して、超音波発生器を使用することで、ネズミだけに大きなストレスを与えて撃退することができます。超音波発生器から出す高音は人間には聞こえないので、人間がストレスに感じることはありません。

人間の聴力に影響はない

超音波は人間の鼓膜では感知できないほどの「細かい空気の振動」であり、人体や聴力に影響を及ぼすことはありません。そのため、ネズミ駆除方法として安心して利用することができます。

ネズミにとっては、常に高音で「キーン」と鳴り響いている状態になり、ストレスを感じやすくなります。また、周囲に天敵がいるかどうか確認するために必要な聴覚機能が遮断されることになるので、安心して生息することができなくなります。

そうした状況を作り出すことによって、自力でネズミを駆除することができます。

LEDストロボライトの使用

LEDストロボライトの使用も、効果的なネズミ駆除方法として挙げることができます。ネズミは天井裏や床下といった暗い場所を好む傾向があります。その暗闇の中でLEDストロボライトを使って強い光を当てることによって、ネズミに不快感や恐怖を与えることができます。

聴力や嗅覚の面では優れた能力を有しているネズミですが、視力に関してはそれほど強くありません。

弱い感覚しかない視覚に向かって、LEDストロボライトの強い刺激を与えることで、危険な場所なのではないかという警戒心を高めさせることができます。

使用方法としては、ネズミがいるのではないかと疑われる場所にLEDストロボライトの光を当てるだけです。天井裏などは普段なかなか行かない場所ですが、違和感を覚えたら、LEDストロボライトを使ってみるのが効果的です。

防鼠剤や殺鼠剤の使用

続いてのネズミ駆除方法として、防鼠剤や殺鼠剤の使用もおすすめすることができます。防鼠剤や殺鼠剤の使用はネズミの駆除方法として認知度の高い手法ですが、確実に駆除しやすい方法としても魅力的です。

ネズミは本能的に物やエサをかじったり食べたりする特徴があります。その特徴を利用して、罠を仕掛けてあげるのが防鼠剤や殺鼠剤の役割です。

ネズミには物やエサを食べ続けるのには、以下のような理由があります。

  • 飢餓に弱いので、毎日エサを食べ続けないと餓死してしまう
  • 一生前歯が伸び続けるため、何かをかじらなければならない

上記のネズミの特徴や習性を利用して、毒成分を含んだエサを食べさせるのが防鼠剤や殺鼠剤の使用目的となります。毒成分を含んだエサを食べさせることで、ネズミを弱らせたり殺したりすることができます。

それらを見た他のネズミも、ここは「危険な場所」だと認知するようになり、次第に移動するようになっていきます。ネズミがやってきて日が浅い頃に防鼠剤や殺鼠剤を使うことができれば、比較的スムーズに撃退することができます。

粘着シートや捕獲器の使用

粘着シートや捕獲器の使用もネズミ駆除には役立ちます。粘着シートや捕獲器はネズミの通り道に先回りして設置しておくことで、ネズミを捕獲したり警戒させたりすることができます。

特に床下などのネズミの侵入経路に粘着シートや捕獲器を設置しておくことで、ネズミに危険な場所だと思ってもらいやすくなります。これはネズミがやってくる前からできる対策なので、いつでもできる方法としておすすめです。

実際に、粘着シートや捕獲器の罠に捕まったネズミを殺駆除することができます。また、他のネズミの警戒心を高めるという意味でも効果的です。

罠に捕まったネズミは、助けを求めて鳴き声を出すことがあります。他のネズミはその声に驚き警戒心を持つようになり、その場から離れることがあるのです。粘着シートや捕獲器を設置しておくだけで駆除できるので、手軽にできる方法として実践してみることも有効です。

家の中や外の片付けを徹底する

自力でネズミを駆除する方法について確認してきました。上記で取り上げたいずれの方法でもネズミを駆除することが可能で、平穏な生活を取り戻すことができます。それと同時に意識しておきたいのが、家の中や外の片付けを徹底するということです。

普段からこまめに掃除をしたりきれいな環境を整えたりしていれば、ネズミが発生するリスクを減らすことができます。反対に汚いままの状態だったり、エサとなるような残飯や飲料が放置されたりしたままの状態では、ネズミをおびき寄せているようなものです。

ネズミもエサがないと感じれば、その場所を住処として選びにくくなります。反対にエサとなる食糧があると感じれば、そこを住処にする可能性が高くなります。

ネズミ対策のみならず、普段から住まいをきれいにしておくことが大切です。改めて家の中と外の片付けや掃除を徹底することを意識して、日頃の清潔な生活へとつなげていきましょう。

まとめ

解体工事とネズミ駆除の関係に焦点を当てて、具体的に解説を行ってきました。解体工事をする前には、ネズミの生息調査や駆除が必要であることを認識して、適切な形で対処していくことが求められます。

その他、ネズミの被害に遭いやすい建物や場所などを理解して、日頃からネズミ対策を実行しておくことが大切です。ネズミ駆除業者に依頼するのも悪くありませんが、自力でできる部分も大いにあります。普段から清潔な生活環境を整えつつ、いざという時にはネズミを駆除できる準備をしておきましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP