店舗の解体工事の仕上げ方とは?店舗解体にかかる費用相場もご紹介!

店舗の解体工事の仕上げ方とは?店舗解体にかかる費用相場もご紹介!

店舗の解体工事に焦点を当てて、その仕上げ方や解体費用相場、内装解体におけるポイントなどを具体的にご紹介していきます。店舗の解体に関しては管理者との合意も必要であり、管理者の意向が重視される傾向もあります。その中でどういった仕上げ方があるのか理解しておくことが大切です。また、解体費用を抑えるためのポイントも解説していきますので、どうぞご覧下さい。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

店舗の解体工事の仕上げ方

それでは店舗の解体工事に関して、仕上げ方から確認を進めていきます。基本的に店舗は賃貸として建物の管理者から借りることが多いです。その中で、店舗運営を終えて管理者に事務所やテナントを返却する際には解体工事を通して、適切な状態に戻す必要があります。

テナント管理者や物件オーナーの意向も踏まえつつ、よりきれいで元通りの状態に戻して返却するのが一般的です。そのための具体的な仕上げ方について確認していきましょう。

店舗内装解体

まずは、店舗内装解体を挙げることができます。店舗内装解体とは、店舗や事務所などの内装部分の解体作業や撤去作業を行うことを言います。後ほど取り上げますが、いわゆる原状回復工事の一部にあたるのが店舗内装解体で、基本的には借りた時の状態に近い仕上がりで返却することが求められます。

内装全体を解体、撤去することが基本で、間仕切りやカウンターといった内部造作についても撤去することがあります。

テナント管理者や物件オーナーの指示で間仕切りやカウンター、その他の内装などを残すことはあります。それは次の物件利用者が使いやすいようにするといった点や、テナント管理者のニーズとして考慮されている点だと考えることができます。

基本的にはテナント管理者やオーナーの意向に沿って、解体や撤去作業を進めていきます。その結果、不要なものは全て取り除いた状態にするのが店舗内装解体の考え方です。

原状回復

続いての店舗解体の仕上げ方として、原状回復を挙げることができます。

原状回復

店舗やオフィスの退去時に入居前の状態に戻すこと。賃貸契約を結ぶ際に、契約前の状態に回復させてから明け渡すことが借主に定められた条件であることが多い。

店舗解体の仕上げ方としても、この原状回復が多く見られるものです。店舗の借主が契約前の物件の状況に戻して明け渡すことが基本であり、物件オーナーやテナント管理者としてもその状態を望むことが少なくありません。

具体的には、契約後に独自に設置した設備や内装は全て撤去することになります。また、電気やガス、水道や空調といった設備も基本的には撤去していきます。契約前からあった既存の設備については、そのまま残しておくことになります。

原状回復についても、店舗内装解体と同様に、オーナーやテナント管理者との話し合いでどこまで戻すのか決められることがあります。どの範囲までを解体、撤去するのか、あるいはどのように修繕工事を行うのかといった部分についても入念に確認することが大切です。

また、店舗解体の場合は、契約期間内に原状回復工事完了を求められることもあります。一般的な住居用の賃貸物件の場合は契約期間満了後に原状回復を求められますが、店舗やオフィスの場合は時間的な猶予がないということです。

契約期間内に原状回復工事を終えて返却する契約となっている場合は、その期限も意識しながら工事を進めていく必要があります。

スケルトン解体

続いての店舗解体の仕上げ方として、スケルトン解体について確認していきます。スケルトン解体とは、内装解体をさらに進めた形の工事であり、構造体以外の全ての内装を解体、撤去することを言います。

最終的に残っているのは壁や柱、天井や床、配管や排気設備といった構造体のみであり、建物として最低限必要なものが残っている状態となります。

スケルトン解体を行う意義としては、店舗やテナント返却時の痛みや傷がないかを確認することにあります。天井や柱、壁などに傷がついていたり、痛みがあったりする場合は、新しいものに変えて耐震性や強度を高めることもあります。

いわゆるコンクリート打ちっぱなし状態と同類と言えるのがスケルトン解体であり、中身が空っぽの状態になるのが特徴です。

店舗の返却期日に注意

店舗解体工事の仕上げ方について確認してきましたが、店舗を返却することを決めたら、いずれかの方法できれいな状態に戻すことが大切です。その中で意識しておきたいことに、店舗の返却期日を挙げることができます。

店舗を返却する場合は、物件オーナーやテナント管理者との話し合いの上、契約上の返却日が設定されることになります。もともとの契約締結の段階で、契約期間や契約上の返却日が設定されていることもあります。

その返却期日を意識して、しっかりと期日を守ることが求められます。つまり、返却期日から逆算して解体業者を見つけて、解体工事を進めてもらう必要があるということです。

内装解体にしても原状回復にしても、スケルトン解体にしても、期日ギリギリになって慌ててできるような工事ではありません。ある程度ゆとりを持った中で、どこまで解体、撤去を進めていくのかを決定して解体業者の方に伝える必要があります。

返却期日ギリギリで工事を行ってしまうと、無理な突貫工事になることもあり、仕上がりも粗雑なものになってしまう可能性が高まります。そうなると、物件オーナーとしても不満が残りますし、再工事を余儀なくされる可能性も出てきます。

いずれにしても、返却期日が決まったら、その日を意識してゆとりを持った中で解体スケジュールを組むことが大切です。解体工事自体に3日~1週間程度かかることもあるので、その辺を意識しつつ、業者の選定を進めることもポイントです。

廃棄物にも注意

店舗解体に際しては、廃棄物にも十分な注意を払う必要があります。廃棄物に関しては、廃棄物処理法に基づいて適切な形で処分されることが求められています。

解体業者の中には安い金額で工事を受注して、廃棄物を不法投棄してしまうようなケースもあります。それは違法行為ですし、場合によっては工事を依頼した施主にも処分が下ることがあります。具体的には、「5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金、またはその両方が課される」可能性があるので、十分に注意を払う必要があります。

廃棄物の管理方法や処分方法については、マニフェストと呼ばれる書類にきちんと記入して、それを施主にも発行してくれるような業者を選ぶことが大切です。

店舗解体に際しても、大量の廃棄物が出ることがあります。そうした廃棄物を適切な形で処分して、気持ち良く店舗を返却できるようにしましょう。

仕上げ方は管理会社の方針で決定

返却期日や廃棄物の処理にいたるまで、店舗解体を行う際は、十分に注意を払いつつ工事を進めていくことがポイントです。その中で3つの仕上げ方をご紹介しましたが、基本的には管理会社の方針によって仕上げ方が決まると考えておけば問題ありません。

店舗やテナント借り手自身の意向で、原状回復や内装解体、スケルトン解体といった仕上げ方を決めるのではなく、物件管理者やオーナー、管理会社の意向によって決まるということです。

工事の仕上げ方については、借り手側とオーナー側で話し合いの上、どの範囲までどのような形で戻すのか決めることになります。基本的には契約書に記載がある条件に基づいて工事を行うことになりますが、細かい部分については話し合いが必要です。

その点を踏まえて、管理会社の意向に沿う形で解体工事を進めていくことが求められます。

店舗解体の費用相場

ここからは、店舗解体の費用相場について確認していきます。物件オーナーやテナント管理者との協議の上、仕上げ方を決めることになりますが、店舗を解体したり内装を撤去したりする際には相応の費用がかかることになります。

ある程度目安となる費用相場を認識しておくことで、資金調達を進めておくことが大切です。また、業者選びの際の目安としても役立つ部分があります。実際の内装解体事例なども取り上げていきますので、費用相場について理解を深めていきましょう。

店舗の原状回復の相場

それでは、店舗の原状回復の相場について確認していきます。店舗の原状回復に関しては、坪単価で1万6,000円から2万5,000円程度と言われています。

坪数 費用相場
20坪 32万円~50万円
50坪 80万円~125万円
100坪 160万円~250万円

上記の費用が相場となっており、店舗の形状や立地などによって費用が上下することがあります。飲食店よりは小売店の方が解体費用を安く抑えられる傾向があります。

飲食店の場合は、排気ダクトや無煙ロースターといった設備を撤去しなければならないこともあり、解体費用の高騰につながることがあります。

もちろん、上記の金額は相場であり、絶対的なものではありません。最終的な金額については複数の業者に見積もりを依頼して、その中から決めることが大切です。

どの範囲まで解体、撤去するのか、廃棄物はどのくらい出そうかといった点でも費用が上下します。立地条件や重機使用の有無なども含めて、総合的な視点を持つことが求められます。

オフィスの原状回復の費用相場

続いては、オフィスの原状回復の費用相場について確認していきます。店舗ではありませんが、オフィスも物件管理者やオーナーから借りて事業用に利用するという意味では一緒です。

オフィスの返却についても、原状回復や内装解体、スケルトン解体といった手法がメインとなります。その中で、原状回復にかかる費用相場についてご紹介します。オフィスの場合は、一般的に坪単価として、2万5,000円から3万円程度が相場と言われています。

坪数 費用相場
20坪 50万円~60万円
50坪 125万円~150万円
100坪 250万円~300万円
200坪 500万円~600万円

店舗を原状回復する場合の費用相場よりは高めの相場となっています。オフィスの場合は、店舗よりも面積が広いことも多く、総額としてかかるコストも高くなる可能性が出てきます。

机や椅子の撤去、間仕切りの撤去、OA機器や配線の撤去など、手間のかかる作業も多くなります。事前に社員でできることがあれば、自分たちで行ってしまうこともおすすめです。

原状回復費用の高騰

店舗やオフィスの原状回復にかかる費用相場について確認してきました。実際に原状回復を行う機会があれば、上記で取り上げた金額を参考にしつつ、業者選びを進めていくことがポイントです。

その中で意識しておきたいこととして、原状回復費用の高騰を挙げることができます。昨今の建設業界に関しては人手不足が叫ばれていますが、解体工事を含めた建設需要については拡大傾向にあります。

そのため、原状回復を含めた解体工事についても、年々費用の高騰が進んできています。原状回復のための坪単価も上昇傾向にあり、トータルでかかってくる費用の上昇にもつながっています。

場合によっては、オフィスの解体で坪単価10万円を超えるようなケースも出てきています。もちろん、全ての工事や業者で高い費用を請求されるわけではありませんが、費用相場としては上昇傾向にあると理解しておくことが大切です。

契約内容やどういった工事をするのか、残置物の処分や廃棄物の量などによって変わってくる部分もあります。その辺は複数の業者と交渉しつつ、費用の適正化を図っていくことがポイントです。

店舗の内装解体費用事例

それでは、実際にあった店舗の内装解体費用について、事例をご紹介していきます。解体費用の高騰も懸念される昨今の情勢ですが、実際にどのくらいの費用がかかるのかイメージを持っておくことも大切です。

所在地や延床面積なども合わせて紹介しますので、解体時の参考にしてください。

所在地 建物と延床面積 解体期間 解体費用
神奈川県横浜市 飲食店 30坪 4日間 約39万9,000円
埼玉県蕨市 パチンコ店 78坪 12日間 約325万5,000円
東京都新宿区 漫画喫茶 95.6坪 5日間 約55万8,000円
大阪府大津市 飲食店 12.1坪 4日間 約23万円
大阪府大阪狭山市 携帯電話ショップ 14.5坪 3日間 約32万8,000円

上記のような形で、所在地や建物の特徴、延床面積や解体期間によって、解体費用も大きく変化していくことがわかります。実際の解体費用については業者からの提示を確認する必要がありますが、いずれにしても大きな負担になることは間違いありません。

数十万円から数百万円単位の費用がかかることを念頭においた上で、店舗の返却や解体工事の依頼を行うことが大切です。

建物の立地条件やグレードも考慮

店舗の解体についてはさまざまな条件や状況が考慮されて、最終的な解体費用の決定が下されます。その中で意識しておきたいこととして、建物の立地条件やグレードも挙げることができます。

例えば、近年隆盛を迎えているインテリジェントビルと呼ばれるようなビルでは、解体費用の高騰につながることがあります。

インテリジェントビル

事業の情報化やOA化に対応するべく、電力や通信、配線などの設備を強化した高付加価値ビルのこと。

店舗はもちろんのこと、オフィスでもインテリジェントビル仕様の建物が増えてきており、こうしたビルで解体工事を行う場合は、今までの常識が通用しないことがあります。それだけ解体に手間や労力がかかるということであり、より多くの費用が必要になることを念頭に置いておく必要があります。

店舗やオフィスとして借りているビルのグレードも押さえつつ、解体工事を依頼することがポイントです。

見積もりの際の査定ポイント

店舗の解体に際しては、さまざまな形で費用負担が発生することになります。その中で、見積もりの際の査定ポイントについても意識しておきたいところです。

店舗によっては解体費用が高くなることもあれば、反対に費用を抑えられるケースもあります。例えば、巨大な冷蔵庫やコンロなどの厨房設備が多い飲食店の場合は、解体にかかる費用も高騰しがちです。

反対に、エステサロンや物販店など、機材の撤去がメインで複雑な造作物がない場合は解体費用も抑えやすくなります。

また、解体現場の特徴にも目を向ける必要があります。解体時に発生する廃棄物や資材を積み込むトラックを駐車するスペースがあるかどうか、あるいは上階の解体の場合、エレベーターがあるかどうかといったところも焦点になります。

重機を使って解体する場合は、重機が入れるスペースがあるかどうかなども重要なポイントです。手作業による解体や撤去が増えると、その分作業員の数も多くなり、手間もかかるので費用負担が高まりがちです。

こうした諸々の条件や特徴によって、最終的な費用額が決定されることになります。したがって、まずは店舗内外の特徴を確認しつつ、解体業者の話も聞きながら納得感のある金額を導き出すことが重要です。

店舗の解体費用を抑えるポイント

ここからは、店舗の解体費用を抑えるポイントについて確認していきます。家屋や建物を解体する場合もそうですが、店舗の解体に関しても少しでも費用負担を軽減したいと考えるのが自然なことです。

実際にどうすれば解体費用を軽減することができるのか、その考え方について取り上げていきます。費用負担を抑えるという点については注意点もあるので、理解を深めておくことが大切です。店舗を解体する際の基本的な考え方として確認していきましょう。

解体費用と店舗の関係

まずは、解体費用と店舗の関係について見ていきます。店舗の形状や面積、立地条件などによって解体費用が変わることは、これまでもご紹介してきました。実際に工事を依頼する際は、自分たちの店舗がどういった特徴を持っていて、どういった場所に立地しているのか確認することが大切です。

例えば、間仕切りや造作物が多い店舗では解体費用が高くなりやすいですし、反対に間仕切りや造作物が少ない店舗では解体費用も安くなりやすいと言えます。

また、排気ダクトが多いケースでは解体費用が高くなりやすいです。什器や設備機器、その他の重量物について、場合によっては買取に応じてくれるケースもあります。

その他、店舗や建物内にアスベストが使用されている場合は別途追加費用の発生対象となります。電気や配管周りの細かい解体工事や解体後の店舗への仮囲いの設置など、さまざまな状況や条件によって、解体費用は変わっていきます。

そうした諸々の条件を考慮しつつ、自分たちの店舗の特徴を解体業者に理解してもらうことが優先事項です。

相見積もりが有効

実際に店舗の解体費用を抑えるポイントとしては、相見積もりを挙げることができます。一般的な費用相場を理解していても、実際に自分たちの店舗に当てはめて計算してみると相場とは異なる金額提示をされることもあります。

相場より高い場合でも安い場合でも、その金額が適正なのかどうか判断するためには比較対象があることが重要です。その点において、少なくとも2社以上、できれば3社程度から見積もりを取ることによって、適正価格を判断しやすくなります。

単純に値切り交渉をするというのではなく、なぜそのくらいの費用がかかるのか、廃棄物処理も含めて納得感を高めることが重要です。そうすることで、支払う費用に見合った形で工事を進めてもらうことができます。

複数の見積もりを確認することで、工数の違いや不必要な工事項目などの判断もしやすくなります。そうした視点を持って交渉に当たることで、適正範囲の中で工事を行ってもらいやすくすることができます。

安すぎる解体費用には注意

店舗の解体費用を抑えるポイントとして、相見積もりの有効性をご紹介しましたが、安すぎる解体費用を提示された場合には注意が必要です。解体工事は主に人件費と廃棄物処理費用がメインになってかかってきますが、いずれにしても適正価格というものがあります。

その価格よりも大幅に低い費用を提示された場合は、手抜き工事や違法工事、不法投棄などを行う業者である可能性を否定することができません。そうしなければ会社としての利益が上がらず、工事を行うたびに赤字になってしまうからです。

提示された金額が安すぎるかどうか判断するという意味でも、相見積もりを行うことの価値が出てきます。1社だけに見積もりを依頼してしまうと、その金額が高いのか安いのか判断できません。2社や3社程度見積もりをとって、明らかに低い金額を提示された場合は、疑いの目を持つようにしましょう。

解体費用は安ければ良いというものではなく、適正範囲の中で行ってもらうことが重要です。

店舗解体のセットサービスもおすすめ

カフェやレストラン、ラーメン店や居酒屋など、店舗と呼ばれる物件についてもさまざまな種類があります。その中で、解体費用の低減につなげるためのポイントとして、セットサービスを利用するのもおすすめです。

解体業者の中には、店舗の種類に合わせて「コミコミパック」や「コミコミサービス」といったプランを用意しているケースもあります。そうしたサービスを利用することで、解体工事から不用品の運び出し、処分費用もまるまる含めた工事を行ってくれます。

セットサービスとして契約することで、多少の値引きに応じてくれることもあり、全体的な費用軽減につなげやすくなる部分もあります。

こうしたセットサービスを行っている業者については、店舗解体に慣れがあるという点も意識しておきたい部分です。セットサービスを提示するほど経験が豊富だと考えることも可能で、解体工事における一連の流れをスムーズに行ってくれる可能性も高いです。

選択肢の1つとして、セットサービスの活用も視野に入れておくことが有効です。

店舗の内装解体におけるポイント

ここからは、店舗の内装解体におけるポイントについて解説を行っていきます。店舗の解体工事には複数の仕上げ方がありますが、その中でも共通して意識しておきたいポイントがあります。これは、施工業者としても大切な部分ですし、工事を依頼する施主としても意識しておきたいポイントです。

安全で丁寧な工事を進めていく中で、具体的にどういった点を意識していけば良いのかについて理解を深めていきましょう。

事前準備と安全性の確保

まず、店舗の内装解体におけるポイントとして、事前準備と安全性の確保を挙げることができます。解体現場で作業を行う前には、作業範囲や手順、安全状況を確認した中で工事を開始することが大切です。

重機の取り扱いや実際の工事に関しては、有資格者が主導権を持って進めていくことがポイントです。

事前準備においても、天井や床、壁や柱などに傷をつけないようにすき間のない形で養生を行うことが求められます。

その他、必要に応じて防音シートを設置するなど、解体工事を行う上で求められる事前準備を着々と進めていくことが重要です。

騒音や振動対策

続いて、店舗の内装解体におけるポイントとして、騒音や振動対策を挙げることができます。店舗の解体に限らず、解体工事に際しては騒音や振動が発生することが多く、近隣の方々へご迷惑をお掛けすることも少なくありません。

その中でいかに対策を進めていくかが、解体工事の際に求められる部分です。事前準備の箇所でも触れましたが、養生や防音シートを設置するなどして、適切な形で騒音や振動への対策を取ることが重要です。

近隣住民への配慮や気配り

近隣住民への配慮や気配りも大切にしたいポイントです。騒音や振動対策、粉じんの飛散を防ぐための対策も含めて実行することが求められます。

工事の時間帯や期間を意識しつつ、隣接する店舗や住宅などに迷惑がかからないように作業を進めることが大切です。工事は解体現場だけが良ければ良いというものではなく、周囲の方々や地域の方々も含めて社会性を意識することが重要です。

その中で安全性や住民への気配りを意識しながら工事を進めることです。また、ビルの一部店舗が内装解体中であっても他の店舗は営業を続けています。ガスや電気、水道といったインフラ関連は他の店舗も利用するものであり、常に細心の注意を払って工事を続けることが必要になります。

既存設備の保全・管理

店舗の解体工事に際しては、既存設備の保全や管理も意識しておきたい部分です。ビル内で営業をしている場合もそうですが、電気や給排水、空調やスプリンクラーといった既存設備の切り離しや保全に関しては細心の注意を払う必要があります。

そのまま残す場合は、既存設備に傷をつけないような形で配慮しながら作業を進めることが求められます。撤去する場合も、その他の店舗やオフィスに迷惑が掛からないような形で作業をする必要があります。

こういった部分に関しては、経験や慣れが重要になってくる面もあります。既存設備への対応も含めて信頼できる業者に依頼することが賢明です。

工事終了後の清掃と廃棄物処理

店舗の内装解体に関して、解体工事が終わって全てが終了というわけではありません。工事終了後の清掃と廃棄物処理も含めて、現場をきれいな状態に整えることも意識しておくべきポイントです。解体工事を終えるとほっと一安心する部分もありますが、そこから先も重要なフェーズが待っています。

特に廃棄物に関しては、廃棄物処理法に則った形で適切に処分される必要があります。不法投棄などを行うと、解体業者のみならず施主も罰せられる可能性があるので注意が必要です。

また、解体現場の清掃も丁寧に行い、ホコリやゴミなどが残らないようにすることも重要なポイントです。これは解体業者に求められる部分であり、施主としてもきちんと見届けていく必要があります。

まとめ

店舗の解体工事に焦点を当てて、工事の仕上げ方や費用相場、解体費用を抑えるポイントや内装解体におけるポイントについて具体的にご紹介してきました。1つ1つの考え方やポイントを頭に入れておくことで、冷静に店舗解体と向き合っていくことができるようになります。

また、解体業者に求められる部分を理解しておくことで、施主として見るべきポイントを意識しやすくなります。そうした部分を念頭に置きながら業者の選定に役立てていくことが大切です。店舗の解体を行う際の参考として、改めて工事の際のポイントを理解しておきましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP