解体工事を行う4つのメリットと3つのデメリット

解体工事を行う4つのメリットと3つのデメリット

家屋や建物の解体工事を依頼する際に、どういった特徴があるのか気になるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、解体工事のメリットとデメリットに焦点を当てて具体的に解説を行っていきます。解体工事を行う場合は、メリットやデメリットを総合的に把握した上で最終的な決断を下すことが求められます。業者探しの特徴や空き家を解体する場合の考え方についてもご紹介していきますので、どうぞご覧ください。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体工事を行うメリット

それでは、解体工事を行うメリットからご紹介します。居住する人がいなくなったり、手放したいと思ったりした場合に解体工事を選択する人が多いでしょう。家屋や建物を取り壊せば、それまであったものがなくなります。

そうすることで、今までよりも身軽になった感覚を手に入れることも可能です。その他、解体工事を行うことの複数のメリットについて理解を深めていきましょう。

管理するための時間や費用が不要になる

まず、解体工事を行うことのメリットとして、建物を管理するための時間や費用が不要になるという点を挙げることができます。自分たちが住んでいる住宅などであれば別ですが、誰も住んでおらず、本来は必要ないと思っている建物を管理することほど大変なことはありません。

定期的に建物を訪れて掃除や換気をしたり、庭の手入れをしたりするなど、時間的にも費用的にも無駄な出費を続けることになります。それは管理人にとって大きなストレスにつながり、建物を所有し続けることのデメリットだと感じることになるでしょう。

すでに使っておらず、今後も使う予定がない建物であれば、早々に解体工事を行ってしまうことがおすすめです。そうすることで、建物を管理するために感じていたストレスを解消することができるでしょう。

売却しやすくなる

解体工事を行うことのメリットとして、売却しやすくなるという点も挙げられます。誰も住んでいなかったり、ご自身でも手放したいと思ったりしている物件の場合、第三者から見ても価値が低くなっている可能性が高いです。

自分でも住みたいと思わない物件について、第三者が住みたいと思ってくれる方が珍しいでしょう。それだけ市場価値が低い物件や建物をそのままにしておいても、なかなか買い手を見つけることはできません。周辺の相場と比べて相当安い値段にすれば買い手がつくこともありますが、そこまでして売却するメリットがない可能性もあります。

その場合は、建物を解体して更地になった土地を売却するという選択肢があります。建物が建った状態の土地では買い手がつかなくても、更地であれば買い手がつくという可能性は十分にあります。

解体費用は施主の負担となりますが、土地を含めて手放したいと考えている場合は、まず建物を取り壊すと良いでしょう。そうすることで、よりスムーズに買い手を見つけやすくなります。

老朽化や倒壊を防げる

老朽化や倒壊を防げることも、解体工事を行うことのメリットと言えます。築何十年も経過している物件の場合、そのまま放置しておくと老朽化によって周辺環境に悪影響を及ぼすリスクがあります。

特に木造住宅の場合、湿気によって腐食が進んだりシロアリが繁殖したりすることもあります。害虫や害獣の棲み処になる可能性もあり、周辺住民にとっては大迷惑です。また、老朽化が進んで強度が弱くなっていくと、倒壊や全損といったリスクも高まっていきます。

管理が行き届いていないと不法侵入者が出入りしたり、犯罪者たちの拠点として活用されたりしてしまう恐れもあります。使わなくなった建物を放置しておくと、社会的に見てもマイナスな部分が多いことがわかります。

老朽化や倒壊、その他のリスクを避けるために解体工事を行うことが重要であり、管理人としても社会に迷惑をかけずに済む方法として意識しておきたいところです。

建て替え工事ができる

解体工事を行うメリットとして、建て替え工事ができるという点も挙げられます。空き家の場合もそうですが、現在居住している建物であっても、ある程度築年数が経過していくと住みにくさを感じる部分が出てくるでしょう。

その際の選択肢となるのが建て替え工事です。リフォームやリノベーションといった方法で建物を新しくすることもできますが、やはり建て替え工事の方が新築感もあって機能的にも充実させやすくなります。

それまで住んでいた場所からは離れたくないけど、家自体を新しくしたいという方には解体工事がおすすめです。既存の家を取り壊すことによって、新たな環境を作れるところに解体工事のメリットがあります。

解体工事を行うデメリット

ここからは、解体工事を行うデメリットに焦点を当てて解説を行っていきます。家屋や建物を取り壊すことにはメリットがある一方で、デメリットがあることも事実です。双方についてしっかりと確認することで、最終的に解体工事を行うのかどうか判断することが重要です。

メリットだけに目を向けて安易に解体工事を選択することは危険です。デメリットに関しても理解を深めた上で、冷静な判断を下せるようにしていきましょう。

解体費用がかかる

まず、解体工事を行うことのデメリットとして解体費用がかかることが挙げられます。当然のことと言えば当然ですが、建物の解体は無料で行えるわけではありません。一般的には複数の解体業者に見積もりを取り、その中から良いと思った業者に工事を依頼することになります。

建物の規模や構造、周辺環境などにもよりますが、数十万円から数百万円単位の工事になることも珍しくありません。それだけまとまった費用が必要になることもあり、なかなか解体工事に踏み切れないという施主がいることも事実です。

自治体の中には解体工事用の補助金や助成金を用意していることがあります。また、空き家を解体する場合も独自の補助金を用意しているケースがあります。一度、物件がある自治体に補助金制度があるかどうか問い合わせてみることがおすすめです。

全額負担してもらうことは難しいですが、条件を満たせば解体費用の一部を負担してもらえることがあります。いずれにしても、まずは自分たちで資金を用意することを念頭において解体工事の実施を検討することがポイントです。

減税措置が受けられなくなる

解体工事を行うことのデメリットとして、減税措置が受けられなくなることも挙げられます。土地の上に建物が建っている場合、固定資産税と都市計画税をそれぞれ最大で6分の1と3分の1まで減税してもらうことができます。

しかし、建物を解体して更地にしてしまうと、税金に関する特例措置を受けることができなくなり、それまでよりも高い税金を支払わなければならなくなります。

このデメリットも解体工事を行うための大きなハードルとなっており、なかなか取り壊したがらない施主が多くいることも事実です。更地にして税金が高くなるのであれば、そのままにしておこうと考える人も少なくありません。

このデメリットに関しては、解体工事後の土地の活用方法を決めておくことで解決できます。土地を売却するのか、建て替え工事を行うのか、駐車場経営を行うのかなど、次の選択肢を用意しておけば思い切って解体工事に踏み切ることができるでしょう。

買い手がつきにくくなる

解体工事を行うことのメリットと相反することですが、買い手がつきにくくなる可能性もあります。解体工事を行えば土地の売却をしやすくなるというメリットがある反面、建物をそのままにしておいた方が売れやすかったかもしれないという可能性も出てきます。

中には古家に住んでみたい、古家をそのまま受け継いでリノベーションしたいという考えを持っている方がいるかもしれません。実際に古家に対する需要は高まってきており、そのまま住むという方もいれば、リノベーションをして別荘にするという方もいます。

どういった買い手と出会うことになるかわかりませんが、建物を解体することで、本来出会えるはずだった買い手をミスミス逃してしまう可能性もあります。最初に建物付きのまま買い手を募集してみて、それでも見つからなければ解体して土地を売るという手順を踏むこともおすすめです。

空き家の解体工事を行うメリット

ここからは、空き家の解体工事を行うことのメリットについて解説していきます。現在の日本社会は少子高齢化が一段と加速しており、空き家の数も年々増加傾向にあります。2040年頃には国内の住宅のうち、3軒に1軒は空き家になるという試算もあるほど深刻な問題となっており、早々に対策を打たないと手遅れになってしまう可能性があります。

そんな中で、空き家の解体工事を行うメリットを知っておくことには大きな価値があります。今は空き家の所有者ではなくても、将来的に所有する可能性がある方もいるでしょう。そうした方も含めて、空き家解体のメリットについて確認していきましょう。

管理しなくて済む

空き家を解体することのメリットとしては、管理しなくて済むという点が挙げられます。通常の解体工事でも言えることですが、空き家の場合は特にこのメリットを享受しやすいでしょう。空き家と言えども、定期的にお手入れをしなければどんどん劣化が進み、あっという間に老朽化してしまいます。

定期的に管理していないと、庭の草がぼうぼうに生えてきたり、湿気が充満したり、汚れや臭いがきつくなったりする恐れがあります。そのうちに害虫や害獣が目立つようになり、中に入るのもやっとという環境になりかねません。

そうした状態になることを防ぐために定期的に管理することが重要ですが、その手間や時間が大きなストレスになるという方もいるでしょう。空き家が近くにあればまだ良いですが、遠方に済んでいる方の場合、わざわざ空き家まで来て手入れをしなければなりません。

そうした苦労やストレスを考慮すると、速やかに解体してしまった方が自分のためになると言えるでしょう。

損害賠償のリスクがなくなる

空き家の解体工事をすることのメリットとして、損害賠償のリスクがなくなることも挙げられます。空き家を管理せずに放置していると、害虫や害獣の棲み処になったり、老朽化が進んだりしてしまいます。それだけであればまだ問題ありませんが、その状態が長く続くと、周辺住民の方に悪影響を及ぼす可能性があります。

実際に下記のような影響を挙げることができます。

  • 害虫や害獣の離散
  • 強風や地震などによる倒壊
  • 放火や火災
  • 犯罪集団のアジト

上記のような事象や出来事が発生して、実際に第三者に危害を加えたり事件が発生したりすると、空き家の所有者が損害賠償責任を負う可能性が出てきます。空き家を適切に管理していなかったことが問題視され、数千万円から数億円単位の損害賠償を請求される可能性も否定できません。

第三者に被害をもたらすレベルまで空き家を放置しておくのは大変リスキーです。そうなる前に速やかに解体工事を行うことで、ご自身の身を守ることが重要です。

効果的な土地活用ができる

空き家を解体することのメリットとして、効果的な土地活用ができることも挙げられます。空き家を更地にすることで、その後の選択肢も増えていきます。例えば、以下のような土地活用をすることができます。

  • 駐車場やコインパーキングにする
  • 自動販売機を設置する
  • 農園として貸し出す・自分で使う
  • 太陽光発電を行う
  • マンション経営やアパート経営を行う
  • 更地を売却する
  • 事業用の土地として貸し出す

空き家を解体して更地にすれば、上記のような形で二次利用につなげることができます。空き家がある状態のままだと、なかなか次の一手を打ち出すことが難しくなることがあるでしょう。

管理者自身の動きを身軽にするという意味でも、まずは解体工事を第一の選択肢に置いておくことがおすすめです。

空き家の解体工事を行うデメリット

ここからは、空き家の解体工事を行うデメリットについてご紹介していきます。空き家の解体工事に関しては、メリットもあればデメリットもあることが事実です。双方に対する理解を深めた上で、最終的な決断を下すことが求められます。

通常の家屋や建物を解体する場合もそうですが、空き家を所有している場合もさまざまな決断を下す機会が出てきます。解体工事という選択肢を含めて、適切な判断を下せるように知見を深めていきましょう。

解体費用がかかる

空き家の解体工事を行うデメリットとしては、解体費用がかかることが挙げられます。一般の家屋や建物を解体する場合も同様ですが、空き家の取り壊しにも一定の費用が発生します。老朽化が進んでいる場合は、倒壊などを防ぐためにより慎重に作業が行われます。

そのため、解体費用が高額になる恐れがあります。そうしたリスクを避けるためにも、解体工事をするのであればできるだけ状態が良いうちに行うことがおすすめです。売却するにしてもリフォームするにしても解体工事を行うにしても、その決断が早いに越したことはありません。

また、空き家解体の場合は自治体からの補助金や助成金を受けられるケースが増えてきています。最初に自治体への問い合わせを行ってから、解体工事の検討を行うと良いでしょう。

税金が高くなる

空き家を解体することのデメリットとして、税金が高くなることも挙げられます。一般的な建物に関しても言えることですが、建物が建っている場合は土地にかかる固定資産税と都市計画税がそれぞれ減額されます。

しかし、空き家を解体して更地のままにしておくと、減額の特例措置を受けることができなくなるので、結果的に支払う税金が高くなったように感じることがデメリットです。

空き家対策特別措置法

一方で、空き家対策特別措置法によって「特定空き家」と見なされた場合は、そもそも税金の特例措置を受けることができません。

空き家対策特別措置法

倒壊の恐れがある空き家など、「特定空き家」と認められた物件について、行政が主導して撤去や修繕などを命じることができる規定。空き家の所有者が命令に応じない場合は行政代執行も行うことができる。

空き家の老朽化が進み、周辺住民や周辺環境に悪影響を及ぼすと判断された空き家については、「特定空き家」と見なされ、行政からの指導や勧告を受けることになります。特定空き家と見なされた時点で税金は高くなるので、建物が建っていても特に意味はありません。

行政からの指導にしたがって状況を改善すれば再び特例措置の対象になりますが、解体工事を選択した方が良いケースもあります。

税金が高くなることに縛られて身動きが取れなくなるようであれば、最初から空き家を取り壊して次の活用方法を検討する方が効果的だと言えるでしょう。

解体工事以外の空き家の活用法

ここからは、解体工事以外の空き家の活用法についてご紹介します。空き家問題を解決するために、解体工事を第一の選択肢に持っていくことは悪くありません。社会のことを考えても、空き家が少なくなっていた方が良い状況になることは間違いないでしょう。

そんな中で、解体工事以外にも空き家の活路を見出すことは可能です。需要があれば空き家はいくらでも活用することができます。実際にどういった活用法があるのか確認していきましょう。

賃貸として貸し出す

解体工事以外の空き家の活用法として、まずは賃貸として貸し出すことが挙げられます。近年は古民家ブームも高まってきており、あえて古家に住みたいという方も増えてきています。都会から離れて、田舎暮らしを堪能したいという方も増えてきており、味のある空き家であれば需要があるでしょう。

賃貸サイトや賃貸物件を取り扱う業者に掛け合ってみて、どのくらい需要がありそうか確認してみることがおすすめです。賃貸として貸し出しできそうであれば、解体工事をしなくても効果的に空き家の二次利用につなげることができます。

賃貸にするメリット

空き家を賃貸にすることのメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 解体工事をしなくて済む
  • 将来的に住むことも可能
  • 借り手が見つかれば家賃収入を得られる
  • 空き家の所有権は自分にある

空き家を賃貸にすることのメリットとしては、上記のようなものがあります。解体工事をしなくて済むので、解体費用を浮かせることができます。それだけでなく、物件のオーナーとして家賃収入を手に入れることもできるようになります。

さらに賃貸であれば所有権を渡すわけではないので、将来的に自分で住むこともできますし、リノベーションや内装工事なども行えます。さまざまな選択肢が広がるところにメリットがあり、空き家を賃貸として貸し出す選択肢をする所有者の方も増えてきています。

賃貸にするデメリット

一方で、空き家を賃貸にすることにはデメリットもあります。具体的には、以下のような点が挙げられるでしょう。

  • 借り手を見つけるために修繕やリフォームが必要
  • 借り手が見つからなければ収入が得られない
  • 借り手との間でトラブルが生じる可能性がある

空き家を賃貸にしたからと言って、すぐに借り手が見つからない可能性もあります。ある程度魅力的な物件だと思ってもらうことができなければ、需要を見込むことも難しくなっていきます。借り手を見つけるために物件のリフォームや修繕を行う場合、その費用を負担する必要があります。

せっかく借り手が見つかっても、何らかのトラブルに巻き込まれたり、家賃滞納といったリスクに悩まされたりすることもあるでしょう。さまざまな障害があることを理解した上で、賃貸として貸し出すかどうか判断することが重要です。

空き家を売却する

解体工事以外の選択肢としては、空き家の売却も挙げられます。賃貸として貸し出すことも魅力的ですが、売却することができれば管理人としての手間を省くこともできます。賃貸の場合と同様にどのくらいの需要があるのか確認する必要がありますが、選択肢の1つとして持っておくことは悪くありません。

空き家を売却する場合も、どういったメリットやデメリットがあるのか確認していきましょう。

空き家を売却するメリット

それでは、空き家を売却するメリットについて見ていきます。具体的には、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 解体工事をしなくて済む
  • 管理人としての役割を終えられる
  • 一定の収入を得られる

空き家を売却することで、解体工事をしなくて済むようになります。管理人としての役割を終えることにもなるので、定期的なメンテナンスや掃除、補修や修繕といった対応を取らなくても問題ありません。

また、空き家を売却すれば一定の収入も得られます。どのくらいの価格で売却できるかは対象となる空き家の需要にもよりますが、買い手が見つかるのであれば安くても売ってしまった方がメリットになることがあるでしょう。解体工事にかかる費用を考えれば、売却すること自体に価値があります。

空き家を売却するデメリット

一方で、空き家の売却に関してはデメリットがあることも事実です。具体的には、以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 買い手が見つからないことがある
  • 買い手が見つかるまでは自分で管理しなければならない
  • 想定よりも売却価格が安くなることがある

空き家を売却しようと思っても、それほどスムーズに買い手が見つからない可能性があります。いくら古民家ブームが到来していると言っても、全ての空き家が順調に売れるわけではありません。買い手が見つかるまでの間は、空き家の所有者が適切に管理を行う必要があります。

また、せっかく買い手が見つかったとしても、想定していたより大幅に安い金額になってしまう可能性もあります。売れないよりは売れた方が良いですが、最初から売却価格の使い道などを検討していると残念な気持ちになりかねません。想定よりも売却価格が安くなってしまうことがあると認識しておくことが大切です。

解体工事業者をサイトで探すメリット

ここからは、解体工事業者をサイトで探すメリットについて解説を行っていきます。解体工事を行う場合は、専門の業者に見積もりを取って依頼することがほとんどでしょう。その中で現在ではインターネットを活用して、さまざまな業者の特徴を比較しながら検討することができます。

一括見積もりサイトなども充実してきており、実際に利用する方も増えてきています。サイトを利用することのメリットやデメリットを把握した上で、実際の行動へとつなげていきましょう。

簡単に見積もりを取れる

解体工事業者をサイトで探すメリットとしては、簡単に見積もりを取れることが挙げられます。特に一括見積りサイトを利用すれば、一度の登録で複数の業者の見積もりを簡単に取ることができます。

自分で解体業者を探す場合は、1社1社に連絡を入れて日程調整などをしなければなりません。そうした手間が省けるところにサイト利用の価値があります。

仕事やプライベートが忙しくてなかなか時間が取れないという方や、自分で解体業者を探すのは大変だと感じる方は見積もりサイトなどを利用してみると良いでしょう。

業者と直接やり取りしなくて良い

解体業者をサイトで探すことのメリットとして、業者と直接やり取りしなくて良いという点も挙げられます。自分で探す場合はメールや電話での連絡を含めて、直接やり取りしなければ見積もりを提示してもらうことができません。

その点において、一括見積りサイトなどを利用すれば、サイトの担当者が解体業者との間に入ってやり取りを進めてくれます。現場立ち会いなどは自分で行う必要がありますが、それまでの過程に関して第三者が進めてくれるところに魅力を感じる方も少なくありません。

現場立ち会いの日程調整なども含めて、一連の流れをサイトの担当者に一任できるところにサイトを使って業者探しをすることのメリットがあります。

第三者による無料相談

業者と直接やり取りしなくて済む他、サイトを利用すれば第三者による無料相談を受けられる可能性もあります。サイトにもよりますが、場合によっては専任の担当者がついて解体業者選びのコツやポイントを教えてくれることがあります。

また、価格交渉や契約書の精査、契約後の流れなど、解体工事が初めてでよくわからないという方にも適切なアドバイスを与えてくれます。自分1人で業者探しをして契約を結ぶのは不安があるという方にはおすすめのサービスです。

悪徳業者のリスクを避けられる

サイトを利用して解体業者探しをすることで、悪徳業者のリスクを避けられるというメリットも享受できます。近年では減ってきていますが、それでもまだ悪徳業者と呼ばれる業者が存在することがあります。不法投棄や手抜き工事、違法工事などを行っている業者が悪徳業者と呼ばれますが、そうした業者に工事を依頼してしまうと最終的には施主が困ることになります。

サイトを利用すれば、そうした業者に引っかかる確率を減らすことができるでしょう。運営サイト側としても、悪徳業者が混ざっていると利用者からの評判が悪くなるため、事前に審査を行ってから紹介する業者を決めているケースが多いからです。

場合によっては、利用者からの口コミなどを確認して紹介する業者の選別を行っているケースもあります。少なくとも、自分で業者を探すよりは悪徳業者に引っかかる確率を下げることができるでしょう。より安心感を持って解体工事の依頼をできるところに、サイトを利用して探すことのメリットがあります。

解体工事業者をサイトで探すデメリット

ここからは、解体工事業者をサイトで探すデメリットについてご紹介します。何事もそうですが、解体業者探しにおいてもメリットがあればデメリットもあります。双方の考え方や価値観を踏まえた上で、どのように業者探しを行うか決定することがポイントです。

デメリットも踏まえることで、より慎重に業者探しをすることができます。その具体的な内容について確認していきましょう。

サイトによって質が異なる

サイトを利用して解体業者探しをすることについては、サイトによって質が異なるというデメリットが挙げられます。解体業者の斡旋サイトや一括見積りサイトは乱立状態にあり、サイトによってサービスの質はさまざまです。

本当に施主に寄り添って優良なサービスを提供してくれるサイトもあれば、名ばかりのようなうさん臭いサイトがあることも事実です。解体工事や解体業者選びに関しては一定の専門知識が必要であり、業界に対する知識も必要です。

経験豊富なアドバイザーがいるサイトや運営実績の長いサイトであれば、ある程度信頼できるでしょう。

一方で、最近できたばかりのサイトや専門知識を有した担当者がいないサイトなどの場合は、自分で探した方が良いケースもあります。サイトによって当たり外れがあることを意識しておくと良いでしょう。

中間マージンの発生

解体工事業者をサイトで探すことのデメリットとしては、中間マージンの発生も挙げられます。中間マージンとは、簡単に言うと仲介手数料のことです。一括見積りサイトにしても斡旋サイトにしても、解体業者を紹介する代わりに紹介料を上乗せしているケースがほとんどです。

紹介料に関しては施主から徴収するのではなく、解体業者から徴収しています。解体業者がサイト運営者に手数料を支払うことになりますが、結局、その費用は解体費用に上乗せされることになるので、最終的に負担を強いられるのは施主です。

解体業者の紹介サイトに関しては、請負金額の10%から15%程度の紹介料を徴収しているという言い伝えもあります。その分、施主の経済的な負担が重くなっています。こうしたデメリットがあることも頭に入れつつ、紹介サイトを利用することがポイントです。

業者と直接やり取りできない

サイトを利用して解体業者探しを行うと、業者と直接やり取りできないというデメリットも生じます。これはメリットと表裏一体の関係ですが、解体業者と直接コミュニケーションを取れないことで、わからないことや聞きたいことを直接聞けないというデメリットにつながります。

紹介サイトを利用すれば第三者が業者との交渉を進めてくれますが、解体工事に関する専門的なことや工期の面、どういった重機を利用するのかなど、具体的なことはなかなか聞くことができません。

サイトの担当者を経由して解体業者に問い合わせてもらうことは可能ですが、それだと時間がかかることも多くなるでしょう。今すぐに聞きたいことがある場合に、サイトを経由して業者探しをすることの不便さを感じることがあるかもしれません。

解体工事業者を直接探すメリット

ここからは、解体工事業者を直接探すことのメリットについてご紹介します。一括見積りサイトや斡旋サイトを利用して解体業者を探すこともできますが、施主自らの手で探すことも可能です。

解体業者を直接探すことには、どういったメリットやデメリットがあるのか気になるという方も多いでしょう。そういった疑問を解決するべく、双方の特徴について確認していきましょう。

中間マージンが発生しない

まず、解体工事業者を直接探すメリットとして、中間マージンが発生しないことが挙げられます。サイト経由で業者探しをすることのデメリットとして中間マージンの発生を挙げましたが、直接業者を探せば第三者を経由しないので、余計な手数料の支払いが発生することはありません。

その分、解体費用を安くできる可能性が出てきますし、施主のコスト削減にもつながります。自分で解体業者を探すのは手間がかかる分、費用を浮かせられるというメリットがあります。

業者と直接やり取りできる

解体業者を直接探せば、業者と直接やり取りできるというメリットも享受できます。サイトを経由して業者を探す場合は、解体業者との間に第三者を挟んだ形でやり取りすることになります。間に担当者が入ることで断りやすいといったメリットや、価格交渉をしやすいというメリットがあることも事実です。

一方で、解体業者と直接やり取りしたい、疑問点が出てきた場合は直接聞きたいというニーズがある場合、そのニーズを満たすことはできません。施主自ら解体業者を探せば、直接業者とコミュニケーションを取ることができるので、不明点や疑問点は即座に解決することができるでしょう。

また、提示された金額に関しても、なぜそのくらいの金額になるのかすぐに確認することができます。工期に関してもどういったスケジュールで作業を行っていく予定なのか、具体的な部分まで確認することができます。

直接やり取りできた方が、お互いのわだかまりをなくした状態で契約できるという方も多いでしょう。そうしたメリットを享受できるところに、解体業者を直接探すことの魅力があります。

スピーディーにやり取りできる

業者と直接やり取りできる点と重なる部分はありますが、スピーディーにやり取りできるところもメリットと言えます。サイト経由の場合、間に第三者が入るので、業者とのやり取りにタイムラグが発生することが多くなります。

その点において、直接業者とやり取りしていれば、電話やメールですぐに問い合わせをすることができます。その辺も直接解体業者を探すことのメリットであり、自分で業者を探す施主がいる要因だと言えます。

業者手配の経験値が上がる

解体業者を直接探すことによって、業者手配の経験値が上がるというメリットも挙げられます。人生の中で解体工事を何回行うかは人それぞれですが、一度業者を手配することができれば、その方法やノウハウを自分のものとして取得できます。

将来的に解体工事だけではなく、内装工事や外構工事、リフォームやリノベーション工事など、さまざまな形で業者と取引する可能性があります。

そういった状況になった時に、業者探しをすることがより手軽なものになると想定されるでしょう。1回経験しておけば、2回目や3回目は容量良く業者探しをすることができます。どういった業者が良いのか見抜く力をつけるという意味でも、自分で手配する経験を持つことはおすすめです。

解体工事業者を直接探すデメリット

ここからは、解体工事業者を探すことのデメリットについてお伝えしていきます。メリットもあればデメリットもあるのが世の常であり、解体業者選びに関しても同様のことが言えます。

自分で探す場合もメリットだけに目を向けるのではなく、デメリットも把握した上で最終的な結論を下すことが重要です。そのために、直接業者探しをすることのデメリットについて確認していきましょう。

やり取りの手間がかかる

まず、解体業者を直接探すことのデメリットとして、やり取りの手間がかかることが挙げられます。そもそも解体業者を一から探さなければならないので、最初に多くの時間を取られます。

見積もりサイトなどであれば、ある程度業者を絞った段階で紹介してもらえますが、自分で探す場合はそういうわけにもいきません。いろいろな業者のサイトを訪問して情報収集を行い、良さそうな会社にメールや電話で問い合わせをする必要があります。

そうした手間がかかることを面倒だと感じる場合は、自分で探すのではなく、見積もりサイトなどを利用した方が良いでしょう。直接探すことにはいろいろなメリットがある一方で、自分の時間を費やすというデメリットが生じることを覚悟する必要があります。

悪徳業者に依頼する可能性がある

自分で直接解体業者を探すと、悪徳業者に依頼する可能性が出てくることも大きなデメリットです。紹介サイトや見積もりサイトなどであれば、ある程度業者の選別を行い、悪徳業者が混じらないように調整してくれています。そうしないと、紹介サイト自体の価値や評判が落ちてしまうからです。

一方で、自ら情報収集をして業者探しをしようとすると、どの業者が優良業者でどの業者が悪徳業者なのか見分けがつかないことがあります。悪徳業者ほど、問い合わせをした時に優しい口調で語りかけてきたり、料金を安くすると言ってきたりすることがあります。

そうした甘い罠に引っかかってしまうと最終的に困るのは施主であり、思ったような解体工事にならない可能性があります。そうした業者に引っかからないようにするためにも、複数業者に問い合わせを行ってから見積もりを取ることが重要です。

業者の言いなりになる可能性がある

自分で解体業者を探すと、業者の言いなりになる可能性もあります。特に解体工事を初めて行うという方や知識がないという方は、業者が言っていることが全て正しいと思ってしまう可能性もあるでしょう。

業者側としてはより多くのお金を取りたいのが正直なところであり、いろいろと都合をつけて高い費用を提示しようとしてくることがあります。第三者を交えて交渉を行えば、そこまで業者の言いなりになる心配もありませんが、個人対業者で交渉を行うと、どうしても業者側が有利になる傾向があります。

そうしたリスクを避けるためにも、必ず相見積もりを取ることが重要です。複数業者の料金や工期を比較すれば、それぞれの適正値が見えてくるはずです。あくまでも施主が選ぶ側の立場にいることを忘れずに、勇気を持って交渉に臨むことがポイントです。

追加料金の有無は事前に確認を

業者の言いなりになるリスクを防ぐためにも、追加料金の有無は事前に確認を行っておくことが大切です。解体工事では工事の途中で追加料金を請求してくるケースもあります。それは違法なことではなく、例えば、地中から障害物やごみが見つかった場合に、その撤去費用を請求するといったことはよくあることです。

地中障害物の発見のように、実際に工事をしてみないとわからないことに関して追加料金が発生するのは仕方のないことです。

一方で、悪徳業者の中にはわざと見積もり提示を安くして後から多くの追加費用を請求しようと考えているケースもあります。施主がわからないような専門用語を使ったり、工事に遅れが生じたなどと言ったりして追加費用を取ろうとするのです。

そうした業者に騙されないように、あらかじめどういったケースで追加料金が発生するのか確認しておくことが重要です。きちんと書面に提示をお願いして、最初に追加費用がかかるケースを確認しておきましょう。それが施主自身を守ることにつながり、安心して解体工事の進捗を見守ることにもつながります。

まとめ

解体工事のメリットとデメリットに注目をして、具体的に解説を行ってきました。解体工事を行うことにはさまざまなメリットやデメリットがあることを理解した上で、最終的にどういった選択をするのか決めることが重要です。

また、解体業者を紹介サイトで探すのか直接探すのかといった部分でも判断が分かれることがあります。それぞれ良い面もあれば、悪い部分もあるのが実態です。最終的に判断を下すのは施主ですが、それぞれの特徴を理解した上で結論を出せると良いでしょう。最後は自分が納得できると思える形で、業者の手配や解体工事を進めていくことがおすすめです。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP