スケルトン解体とは何か?スケルトン解体のメリットやデメリットもご紹介!

スケルトン解体とは何か?スケルトン解体のメリットやデメリットもご紹介!

建物や家屋を解体する際の工法として、スケルトン解体を挙げることができます。スケルトン解体という言葉に聞き覚えがあるという方だけではなく、あまり聞いたがことがない方やイメージが沸かないという方もいるでしょう。

そこで本記事では、スケルトン解体とは何か、そのメリットやデメリット、費用面に関する情報を詳しく取り上げていきます。家屋や建物を解体する際の参考として、どうぞご覧ください。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

スケルトン解体とは何か?

まず、スケルトン解体とは何かというところに注目をして解説を進めていきます。建物や家屋を解体する際はさまざまな工法や技術を用いて作業を進めていくことになりますが、その工法のうちの1つとしてスケルトン解体を挙げることができます。

スケルトン解体の考え方や方法、実際にスケルトン解体が行われるケースを確認する中で、理解を深めていきましょう。

スケルトン解体の考え方

それでは、スケルトン解体の考え方について見ていきます。まず、スケルトンとは建物を支える柱や梁、床などの構造躯体のことを指す言葉です。建物の根幹を成す構造躯体や骨組みと考えることが可能で、その骨組みだけを残して解体工事を進めるのがスケルトン解体の考え方です。

つまり、建物や家屋を全て解体してしまうのではなく、骨組みや構造部分は残しつつ、内装やその他の設備を取り壊すのがスケルトン解体の基本となります。

店舗やマンションなどの場合は、コンクリート打ちっぱなしの状態にすると言えばわかりやすいでしょう。建物の構造物や骨組みが残っていますが、中身が何もなくなった状態にすることがスケルトン解体の考え方です。

スケルトン解体の中にも2種類の状態があり、店舗や物件など、借りる前と同じ状態に戻すことは「原状回復」と呼んでいます。一方、建物や家屋の構造物以外全てを解体し、内装などは何も残さない状態のことを「スケルトン解体」と呼んで区別することがあります。

スケルトン解体の方法

実際のスケルトン解体の方法としては、「内装解体」と同じような方法で行うことができます。内装解体とは、壁や天井、柱や床といった建物の構造物以外の内装を解体する工事のことを指しています。

つまり、構造物に関しては特に何も手をつけずに、家具や什器、パーテーションや配管といった内装設備を取り除き、中身を空っぽの状態にするのがスケルトン解体の方法です。

スケルトン解体を通してどのような状態にするのかについては、解体業者と依頼主の話し合いによって決めることもできます。店舗などの場合、配管や配線はそのまま残しておいて欲しいといった要望を出すこともできます。構造物以外の部分について、どこまで解体工事を進めるのか話し合った上で、依頼主としてのニーズを満たすことがポイントです。

スケルトン解体が行われるケース

実際にスケルトン解体が行われるケースについても確認していきます。基本的に建物や家屋、マンションなど、さまざまな建築物でスケルトン解体を行うことができます。

その中でも多いのが飲食店や店舗の解体工事です。特に下記のような飲食店や店舗でスケルトン解体が行われることがあります。

  • ラーメン店や居酒屋
  • カフェやレストラン
  • アパレルショップやコンビニ
  • 雑貨店
  • 塾や予備校

店舗や飲食店の場合は、工事後に入るお店側の意向で原状回復になることも少なくありません。内装や設備の全てを解体してしまうのではなく、一部引き継げるものはそのまま残しておくこともあります。

その他のケースとしては、企業のオフィスや事務所、マンションや一般住宅の解体工事も挙げることができます。マンションや一般住宅に関しては、リフォームの依頼があった場合に一度スケルトン解体をして、新しい内装に変えるという工事もよく行われます。

多くの建物や家屋でできるのがスケルトン解体の特徴であり、実際に依頼する家主や建築業者も多くなっています。

スケルトン解体のメリット

ここからは、スケルトン解体のメリットとデメリットについて確認していきます。さまざまな建物や家屋でできる解体工法として需要のあるスケルトン解体ですが、良い部分もあればそうではない部分もあります。

双方の部分について、家主や建築業者としてスケルトン解体を依頼する際は頭に入れておくことが大切です。まずは、スケルトン解体のメリットからみていきましょう。

メリット1:費用が安い

まず、スケルトン解体のメリットとして費用が安いという点を挙げることができます。スケルトン解体については、建物の構造物や骨組みは残した中での解体工事となります。柱や梁、床や屋根、外壁などはほとんど手をつけることがありません。

そのため、建物や家屋全体を解体する場合と比べて、工事にかかる時間や作業負担もそれほど重いものとはなりません。解体工事をした際に発生する廃棄物の処理費用に関しても、建物全体を解体した場合と比べてそこまで高くなるわけではありません。

したがって、総合的に解体費用を安くできるのがスケルトン解体のメリットです。建物や家屋を解体する場合は次に利用できるニーズがないか確認した上で、スケルトン解体を視野に入れるのもおすすめです。

メリット2:利便性が向上する

続いてのスケルトン解体のメリットとして、利便性が向上するという点を挙げることができます。スケルトン解体をした後は、次の店舗や飲食店、住宅や事務所として新たに内装設備を整えていくことになります。

その新たな工事を通して、新しい設備の導入、配管や配線の張り替え、耐震性の強化や防音といった

利便性を得やすくなります。工事前にどういったニーズがあるのか業者の方とコミュニケーションを取っておくことで、そのニーズに見合う建物にしてくれます。

耐震強度に不安があるという方であれば、柱や梁、屋根部分といった構造体について耐震化を進める工事をしてもらうことも可能です。建物や家屋全体で見た時に、以前よりも利便性や快適さを高めた状態で利用できることがスケルトン解体のメリットです。

メリット3:間取りを変えられる

スケルトン解体のさらなるメリットとして、間取りを変えられるという点も挙げることができます。マンションや一般住宅の場合であれば、壁やドア、ふすまなども撤去して空っぽの状態にすることになります。例えば、それまでは2DKであった部屋でも、次の解体後の工事を通して、1DKや2LDK、3DKといった間取りに変えることも可能です。

1つ1つの部屋の広さを取るのか、それとも部屋数を取るのかといった部分でニーズを満たしやすくなるのがスケルトン解体のメリットです。これは店舗や飲食店、オフィスや事務所でも同じことであり、どこにパーテーションを設置するのかによって空間の広さや部屋数の増減につなげやすくなります。

スケルトン解体のデメリット

次に、スケルトン解体のデメリットをみていきましょう。

デメリット1:視覚的な変化は期待できない

スケルトン解体にはメリットもある一方で、デメリットもあるので注意しておきたいところです。デメリットの1つ目として、視覚的な変化は期待できないことが挙げられます。スケルトン解体の基本でもありますが、建物や家屋の構造物はそのまま残しておくことになります。

屋根や柱、梁や床、外壁などの骨組みはそのままの状態になるので、外見上の大幅な変化を期待することはできません。あくまでも内装や中の設備に変化を加えるのがスケルトン解体の基本となるので、外見上の変化に期待するのは難しいものがあります。

どうしても外見の変化を期待したいという場合は、外壁の塗装や屋根の素材を変えることでちょっとした変化をもたらすことは可能です。しかし、その分費用がかさむことになるので注意が必要です。

デメリット2:内部の腐食や建物の老朽化

スケルトン解体のデメリットとして、内部の腐食や建物の老朽化を挙げることもできます。これはスケルトン解体に限った話ではありませんが、築年数の古い建物を再利用し続けることで、どうしても内部の腐食や建物の老朽化が進んできてしまいます。

内装自体は新しくすることができますが、基本的な構造物に関しては古くなったものをそのまま使い続けることになります。新たな補強や補修工事を通して老朽化を抑えることはできますが、その分費用も高くなります。

築年数が古い建物や家屋をスケルトン解体する際には、腐食や破損なども含めて慎重にその後の状態を管理し続ける必要があります。

スケルトン解体の費用と安くする方法

ここからはスケルトン解体を行う場合の費用と、できるだけ費用を安くする方法について解説していきます。スケルトン解体は比較的費用を抑えやすい工法として人気のある解体工事です。費用目安としては、延べ床面積と建物の種類による違いから計算することができます。

実際に工事を行う場合は、解体業者とのコミュニケーションを通して具体的な解体費用を把握しておくことが大切です。

延べ床面積による費用の違い

まず、スケルトン解体の費用として、延べ床面積による違いを挙げることができます。具体的には、以下のような相場をイメージすることができます。

延べ床面積 解体費用
約11坪 12万円
約12坪 35万6,000円
約30坪 89万円
約70坪 42万円
約95坪 55万8,000円

上記で挙げた解体費用に関しては、実際のスケルトン解体工事の事例を参考にしています。坪数によって解体費用が変わっていきますが、その他、建物の構造や種類によって費用が変わることもあるので注意が必要です。

一概に延べ床面積が大きいからと言って、解体費用がそのまま高くなるわけではありません。その辺は解体業者からの見積もり提示によって判断することが重要です。

建物の種類による費用の違い

続いては、建物の種類による費用の違いについて確認していきます。延べ面積によっても違いが出てくるスケルトン解体の費用ですが、建物の種類によっても目安となる費用は変わっていきます。参考となる目安費用を下記の表にまとめていきます。

建物の種類 坪あたり 平米あたり
一般住宅 1万5,000円~4万5,000円 5,000円~1万5,000円
アパート 1万3,000円~3万9,000円 4,500円~1万3,000円
マンション 1万3,500円~4万円 4,500円~1万3,000円
一般的な店舗 1万1,000円~4万円 3,500円~1万3,000円
カフェ/喫茶店 1万2,000円~3万6,000円 4,000円~1万2,000円
居酒屋/スナック 1万3,000円~3万9,000円 4,500円~1万3,000円
美容室/エステサロン 1万4,000円~4万2,000円 4,500円~1万4,000円
オフィス/事務所 1万2,000円~3万6,000円 4,000円~9,000円

上記のような形で、建物の種類によってもスケルトン解体の費用相場は変わってくることを理解しておきたいところです。

これらはあくまでも目安の単価であり、実際にはさらに高くなったり安くなったりすることがあります。立地条件や建物の構造、建物が位置する都道府県や占有面積、廃棄物の量やアスベスト含有材の有無によっても費用が変わってくることがあります。

改めて解体業者からの見積もり提示を参考にした上で、最終的な解体費用の目安とすることが大切です。

解体業者への直接依頼

スケルトン解体の目安となる費用相場を確認することができたら、できるだけ工事費用を安くするための方法についてご紹介していきます。費用を安くする方法にはいくつかありますが、まずは、解体業者への直接依頼を挙げることができます。

オフィスや店舗などのスケルトン解体を行う場合、入居する際に紹介してもらった不動産会社を経由して解体業者を紹介してもらうこともあります。その場合ですと、不動産会社に対しての中間マージンが発生するため、純粋な解体工事費にさらに上乗せされる形で費用請求されることになります。

そうではなく、スケルトン解体を行ってくれる業者を直接探して依頼することで中間マージンの支払いをなくすことができます。不動産会社を通さずに、自分たちで探せるという場合は自分たちで探すことで、少しでも費用を安くすることができます。

複数業者への見積もり依頼

スケルトン解体の費用を安くする方法としては、複数業者への見積もり依頼を行うことも挙げられます。これは費用を安くすること以外にも、確実に行っておいた方が良い対応です。

と言うのも、1社だけに見積もり依頼をしてしまうと、その提示金額が高いのか安いのか判断することができません。そうなれば、当然価格交渉をすることも難しくなりますし、他社との比較の中で業者選びを進めることができなくなってしまいます。

また、実際の解体工事の工程が正しいのかどうか判断することも難しくなります。見積もりを依頼する中で、どの程度のスケジュールでどういった工事を行っていくのか話し合うことになります。その際も、1社だけだとその内容が適切なのかどうか判断しかねる部分が出てくるのです。

したがって、スケルトン解体を行う際は、確実に2社以上の業者から見積もりを取ることが重要です。その中で少しでも費用が安かったり、質の良い工事を行ったりしてくれる業者に依頼することがポイントです。

自分自身での不用品処分

自分自身で不用品処分をすることも、スケルトン解体の工事費用を安くするための方法です。一般住宅やマンションなどもそうですが、店舗やオフィスなどにはさまざまな家具や備品が置かれています。

そうした家具や備品などを業者を通して処分してもらうと、実質的な解体工事費用以外にも費用がかさむことになります。そうでなく、解体工事に入る前にできるだけ自分たちで家具や備品を処分しておくことがポイントです。

自分たちでクリーンセンターに運んだり、リサイクルショップで買い取りをしてもらったりすることで、余計な費用を発生させずに済むようになります。

こうしたちょっとした努力が無駄な出費を省くことにつながります。店舗やオフィスの場合、従業員たちの協力も得ながら自分たちでできる部分は自分たちで対処していくのが賢明です。

まとめ

スケルトン解体とは何か、そのメリットやデメリット、費用相場や安くする方法について具体的にご紹介してきました。建物や家屋を解体する場合の工法として、スケルトン解体と呼ばれる工法があることを知っておくことが大切です。

その上で、ニーズがあればスケルトン解体によって、建物や家屋の二次利用につなげていくことが効果的です。そうすることで建物の全てを解体することなく、スムーズに次の利用につなげていくことができます。費用的な部分で見ても安くしやすいのがスケルトン解体のメリットです。その他のメリットも含めて、スケルトン解体を効果的に活用していきましょう。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP