解体工事の際のゴキブリ対策とは?空き家に害虫が出やすい原因も解説!

解体工事の際のゴキブリ対策とは?空き家に害虫が出やすい原因も解説!

解体工事の際のゴキブリ対策に焦点を当てて、解説を行っていきます。自分の家を解体する場合もそうですが、隣家の解体工事によってゴキブリが大量発生することもあります。その際に具体的にどういった対策を取れば良いのか、理解を深めておくことが大切です。また、ゴキブリをはじめとした害虫が出やすい家の特徴や、空き家に害虫が出やすい原因についても解説していきます。そうした特徴や原因を知って、事前に対策できることがあれば対策することも有効です。解体工事とゴキブリの関係について総合的に理解しやすい内容となっていますので、どうぞご覧下さい。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体工事の際のゴキブリ対策

それでは早速、解体工事の際のゴキブリ対策について確認していきます。家屋や建物を解体した時に、何も害虫が出てこなければ良いですが、大量にゴキブリが発生することもあります。そうしたケースで、具体的にどういった対策をすることができるのか知っておくことが大切です。

保健所への相談やゴキブリ防止策の実行、市販グッズの活用や業者への駆除依頼など、できることから実践していくことが求められます。そうした1つ1つのゴキブリ対策について理解を深めていきましょう。

保健所へ相談

解体工事の際のゴキブリ対策として、まず挙げられるのが保健所への相談です。公共の相談窓口として活用することができる保健所については、ゴキブリに対する悩み相談も受け付けています。保健所自体が具体的な対策を行ってくれるわけではありませんが、害虫駆除業者などを紹介してもらえることがあります。

市町村や自治体によって名称が異なることも多いので、事前にインターネットなどで調べておくのもおすすめです。「保健福祉事務所」や「福祉保健所」、「健康福祉センター」や「保健福祉センター」など、さまざまな名称で保健所としての役割を果たしていることがあります。

自分では対策を思いつかない場合、まずは保健所に行って相談することで、具体的な行動を提示してもらうことができます。ゴキブリが発生した場合の最初の手段として、保健所への相談を念頭に置いておくのがおすすめです。

侵入防止策の実行

続いての解体工事の際のゴキブリ対策としては、侵入防止策の実行を挙げることができます。これは、自分自身でできる具体的な対策ですが、玄関や台所、ベランダやエアコンのドレンなど、ゴキブリが侵入してきそうな部分に、市販のホウ酸団子を設置したり、殺虫剤スプレーを撒いたりするなど、ゴキブリの侵入を事前に防ぐような対策を講じることが有効です。

反対に、ゴキブリが侵入してきそうな箇所や部分ががら空きになっていたり、ゴミが放置されていたりすると、ゴキブリの大量発生につながることがあります。

日頃から侵入防止策に力を入れると共に、こまめに掃除を行ってゴキブリの餌となるようなゴミやホコリなどを露出させないことが重要です。これは自分自身でもできる対策なので、意識を高く持っておくことがポイントです。

市販グッズの活用

侵入防止策の実行と重なる部分もありますが、市販グッズの活用によってゴキブリ対策を行うことも有効です。一般のドラッグストアやスーパーなどでは、ホウ酸団子やゴキブリホイホイ、殺虫剤スプレーなどを購入することができます。

家屋や建物の周り、ゴキブリの侵入経路にそうした市販グッズを置いたり撒いたりするだけでも、ゴキブリの発生を防ぎやすくなります。

通気口や台所のすき間など、ゴキブリが好みそうな箇所に関しては養生テープやテープ付き養生シートなどでふさいでしまうのも1つの方法です。

特に、夏の暑い季節はゴキブリが家の中に侵入しやすい時期でもあります。そうした期間限定で養生テープやシートを活用するのもおすすめです。

隣家に相談

解体工事の際のゴキブリ対策としては、隣家に相談するのも選択肢の1つです。ゴキブリが数匹程度発生するのであれば対策できることもありますが、あまりにも大量に発生する場合は、隣家の解体工事が原因になっている可能性もあります。

解体工事ではなくても、日頃のお手入れの程度によって隣家が原因となってゴキブリが大量発生しているケースもあります。もちろん、まずは自分の家の対策を適切に講じる必要がありますが、それでも改善しない場合は隣家に相談してみることです。

隣家の人の考え次第で対応は変わってきますが、ゴキブリが大量発生しているという事実を伝えることが重要です。場合によっては、隣家の人が害虫駆除業者に駆除を依頼するといった対応を取ってくれるケースもあります。

ただし、場合によっては話がこじれて関係が悪化する可能性もあるので、相談する際は慎重に行うことが重要です。

ビル解体の際は業者に駆除依頼を

解体工事の際のゴキブリ対策として、ビルを解体する場合は害虫駆除業者に駆除依頼をすることが賢明です。独立した家屋や建物ではなく、テナントやオフィスが複数入っているビルの場合、ビル全体にゴキブリの巣ができてしまっていることがあります。

その状態で解体工事を行ってしまうと手に負えなくなる可能性があるので、解体工事に入る前にゴキブリを駆除しておくことが重要です。

特にビルの1Fや地下でスーパーや飲食店などを運営している場合は、ゴキブリの棲み家になっている可能性が高くなります。ビル全体への配慮という点でも、業者に依頼してビル全体で駆除を行ってもらうことが大切です。

他の店舗やオフィス、働く人や住んでいる人たちへの影響を考慮した中で、最善の選択をすることが求められます。

空き家の解体とゴキブリの関係

ここからは、空き家の解体とゴキブリの関係に焦点を当てて具体的に解説を行っていきます。人が住んでいる家屋でもゴキブリの巣ができることがありますが、空き家の場合はさらにゴキブリの巣ができやすいことがあります。

長年にわたって放置されている空き家の場合、ゴキブリをはじめとしてさまざまな害虫が住み着いてしまっている可能性もあります。さまざまな害虫が引き起こす被害を含めて、空き家とゴキブリの関係について確認していきましょう。

空き家に住み着きやすい害虫

それでは、空き家に住み着きやすい害虫について確認していきます。空き家を長年にわたって放置しておくと、建物の劣化や老朽化が進み、害虫にとって最適な棲み家となることがあります。

具体的には、以下のような害虫や動物が住み着きやすくなります。

  • ゴキブリ
  • ハエ
  • ネズミ
  • シロアリ
  • ネコ

こうした害虫や動物が住み着いてしまうと、空き家自体にも大きな被害が出ますし、近隣住民の方にとっても迷惑な事態となります。その具体的な被害についても理解しておくことが大切です。

ゴキブリが引き起こす被害

実際に、ゴキブリが住み着くことによって引き起こす被害について確認していきます。ゴキブリが引き起こす被害としては、精神的なダメージが大きいと言えます。

ゴキブリ自体が人に危害を加えることはそれほど多くなく、噛まれたり刺されたりすることは少ないです。それでも、やはり視覚的に気持ち悪いと感じる人は多く、衛生的にも不潔さがあるのがゴキブリの特徴です。

ゴキブリは餌を求めてさまざまな家を移動することになりますが、空き家に関しては敵が少ないので巣を作りやすいという特徴があります。そこで卵を植えつけて繁殖することになると、あっという間に大量のゴキブリが発生することになります。

大量のゴキブリを目の当たりにすると、衛生面での被害や精神的な被害が大きくなり、ノイローゼになってしまうこともあります。平穏無事な生活を送ることができないという点でも、大量のゴキブリを目にすることの影響は大きなものがあります。

ネズミが引き起こす被害

続いては、ネズミが引き起こす被害について確認していきます。空き家をそのまま放置しておくと、ネズミの棲み家になることもあります。ネズミもゴキブリと同様に不衛生な動物と見なされており、さまざまな菌を持っていることでも知られています。

見た目的に気持ち悪いという部分もゴキブリと共通する点です。また、ネズミの場合は、壁や床などに損傷をもたらしたり、穴を開けたりすることもあります。場合によっては電線コードを食いちぎるなどして、具体的な被害をもたらす可能性があるのもネズミならではの特徴です。

ネズミは哺乳類でもあり、食べ物に困って空き家の中で大量に死んでしまうと、そこから悪臭が立ち込めることになります。その状態が長く続くと、空き家内に留まらず、近隣の家や施設などにも悪臭が広がり、日常生活に支障をきたすことになります。

そうした状況になる前に一刻も早くネズミを処理する必要がありますし、空き家自体を放置してしまうことがリスクの始まりとなります。

シロアリが引き起こす被害

続いて、シロアリが引き起こす被害について確認していきます。空き家にはシロアリも発生しやすく、特に木造の空き家の場合はシロアリが住み着きやすくなります。

シロアリは木材を食べることで生き延びる害虫であり、特に湿気の多い木材を好む傾向にあります。空き家の場合は手入れされていないので、木材が湿っていることも多く、シロアリの格好の棲み家になってしまいます。

シロアリに侵食されてしまうと、建物全体の強度が低下して倒壊するリスクも出てきます。そうなれば、近隣の家に危害を及ぼす危険性も高まりますし、地域住民が安心して生活できなくなってしまいます。シロアリは移動性がないので、1つの場所に留まる傾向があります。

同じ空き家に大量のシロアリが生息し続けることで、土台や柱の耐久性や耐震性が低下しやすくなることが大きな被害と言えます。

ハエが引き起こす被害

空き家には大量のハエも出現しやすくなります。ハエはゴキブリと同様に餌を求めて家を転々とする傾向があり、空き家の中に巣を作ったり卵を植えつけたりすることもあります。

ハエ自体が人間に危害を加えることは多くありませんが、視覚的な気持ち悪さや不衛生さという点は、他の害虫と似たような特徴があります。

大量のハエを目の当たりにすることで、精神的なショックを受けるケースもあります。餌がなければ他の家に出現することになりますが、当面の間の棲み家として空き家に住み着くことは珍しくありません。

蜂が引き起こす被害

最後に、蜂が引き起こす被害についても確認していきます。夏から秋にかけて発生しやすいのが蜂であり、軒先や立木、屋根裏などの見晴らしの良い場所に巣を作ることが多いです。

蜂の巣に関しては、駆除しない限りどんどん拡大を続け、蜂の数も一気に増えていく傾向があります。蜂は人を刺すこともあり、場合によっては病気や死に至ることもある危険な生き物です。

空き家の前をたまたま通りがかった近隣住民の方や、子供が蜂に刺されるというケースも珍しくありません。それだけ周辺環境に被害をもたらすリスクがあると考えることができます。

もはや、空き家は所有者や管理者だけではなく、地域全体として対応することが必要な建物だと言えます。

害虫が出やすい家の特徴

空き家に住み着きやすい害虫とその被害について確認してきましたが、害虫が出やすい家の特徴についても解説していきます。害虫が出やすい家の特徴を知っておくことで、対策を講じることもできます。

普段から生活している家の快適さを保つという意味でも、害虫が出やすい家の特徴を知って、改善できる部分があれば、少しでも改善することがおすすめです。その具体的な特徴に関しては、以下の通りです。

  • 庭やベランダに植木鉢がある
  • 排水溝の髪の毛を掃除していない
  • コンロやシンク周りの油汚れ
  • ダンボールを室内に置いたままにしている
  • 玉ねぎやじゃがいもを常温保存している
  • 空き缶や空き瓶を洗わずに放置している
  • 玄関マットが剥がれている

ゴキブリをはじめとした害虫に関しては、水気や食べ物のカス、湿気が多いところを好む傾向があり、卵を産み付けすい部分でもあります。

そうした環境を作らないように日頃から気をつけておくことで、害虫の発生を防ぎやすくすることができます。完全に害虫が来ないようにすることは難しくても、その頻度や回数を減らすためにできることを行っていくことがポイントです。

空き家に害虫が出やすい原因

ここからは、空き家に害虫が出やすい原因について確認していきます。害虫が出やすい家の特徴も紹介しましたが、空き家に害虫が出やすい原因を知っておくことで、対策を進めることも重要です。

そもそも空き家を作らないようにするための抜本的な対策が必要ですが、どうしても空き家が出てしまうことがあります。そうした空き家にはなぜ害虫が発生しやすいのか、原因を知っておくだけでも役立つことがあります。

具体的にどういった原因があって害虫が発生しやすくなるのかを確認して、理解を深めていきましょう。

湿気によるカビの発生

空き家に害虫が出やすい原因としては、湿気によるカビの発生を挙げることができます。日本は気候的にも湿度が高く、湿度が高くなりやすいですが、人の出入りがなく手入れもされていない空き家に関しては、ますます湿度が高くジメジメとした環境になりやすくなります。

定期的に換気している建物であればまだ良いですが、空き家となると換気されていない可能性の方が高いです。そうなると、湿気によってカビが発生し、カビの発生によって木材が腐敗しやすくなります。

腐敗した木材については、シロアリの格好の餌となり、その他の害虫も含めて住み着きやすくなる傾向にあります。シロアリの食害に遭ってしまうと、建物全体の耐震性や耐久性も損なわれていきます。

天敵が少ない

空き家に害虫が出やすい原因としては、天敵が少ないことも挙げられます。例えば、普段生活している住居にゴキブリが発生した場合、殺虫剤スプレーを撒いたり、ホウ酸団子を置いたりして何とか駆除しようと行動を取る方が多いでしょう。

ハエや蚊などの害虫もそうですが、人が住んでいる住居に行くと餌を得られるというメリットがある反面、駆除されてしまうというリスクも抱えています。

一方で、空き家の場合は害虫を駆除しようとする人間がいません。害虫にとって一番の天敵は人間であり、その人間がいない空間というのは、安心して巣を作ることができる格好の場所でもあります。そのため、空き家を見つけて巣を作り、そこを棲み家として生活する害虫も少なくありません。

水道管の乾燥

空き家に害虫が出やすい原因として、水道管の乾燥を挙げることもできます。空き家の最低限の管理として、戸や窓を閉じて、害虫が中に入ってこないようにするケースがあります。それはそれで有効な対策ではありますが、水道管まで閉じるというのはなかなか珍しいケースです。

下水道を閉じる処置を講じてもらうこともできますが、なかなかそこまで手が回らなかったり、考えが及ばなかったりすることもあります。空き家の場合、長期間にわたって水道を使用しないことになり、その分、水道管が乾燥して干上がることになっていきます。

干上がった水道管に関しては害虫の格好の侵入経路となり、そのまま空き家に住み着いてしまうケースも少なくありません。

定期的に水が流れている水道管であれば、基本的に虫が上がってくることはありませんが、そうでないと害虫の移動経路の1つとして利用されることになります。

ほこりの発生

ほこりの発生に関しても、空き家に害虫が出やすい原因の1つです。これは空き家に限らず、人が住んでいる建物でも同じことが言えます。定期的に掃除をしてほこりや汚れを取っていれば、それほど害虫が頻繁に発生することはありません。

しかし、空き家などで掃除をすることなくそのままの状態が長く続くと、自然とほこりも発生することになります。ほこりが発生すると、ダニやノミが出てきて、ほこりを餌として住み着くようになっていきます。

基本的に害虫は汚れが目立っていて、餌がある環境を好んで生息するようになります。空き家の場合は手入れができていないので、害虫にとっては最適な環境になってしまいます。

家具や建材の老朽化

空き家に害虫が出やすい原因としては、家具や建材の老朽化を挙げることもできます。害虫は湿気を好む傾向にあり、日当たりや風当たりの悪い場所を好む傾向にあります。その点において、誰も住まなくなった空き家については、換気や通風が行われることもなく、家具や建材がどんどん老朽化していきます。

そうなると、シロアリにとっては最適な環境になっていきます。土台や柱などの建材、壁や床、天井や畳、断熱材や家具、コンクリートといった部分にまで侵入してどんどん侵食を進めていきます。

その他の害虫にとっても、湿度が高くジメジメした空間はとても暮らしやすい環境となるので、ますます多くの害虫が発生することになります。

解体工事と害虫駆除の流れ

ここからは、解体工事と害虫駆除の流れについて確認していきます。害虫が発生しやすい家の特徴や、空き家に害虫が発生しやすい原因を知ることで、実際に害虫駆除に向けてできることをやっていきたいと考える人も多いでしょう。

自分で対策できる部分もあれば、業者に依頼することで駆除してもらうのも1つの手段です。害虫によって利用する薬剤や対策が異なることもあります。自分でできる部分と業者に任せる部分を分けて検討した上で、具体的な対策を講じることがポイントです。

害虫駆除の流れ

空き家をはじめ、解体工事を通して害虫が発生してしまうケースなど、害虫に悩まされることは少なくありません。その中で害虫駆除を検討することもありますが、駆除の流れについて理解しておくことも大切です。

実際に害虫を駆除する流れとしては、どういった害虫が生息しているのか確認する生息調査から開始していきます。

その後、害虫ごとの駆除プランの作成と害虫駆除の実行という流れになっていきます。簡単に流れをまとめると、以下の通りになります。

  1. 生息調査の実施
  2. 害虫駆除プランの作成
  3. 害虫駆除の実行

自分自身で対応できる範囲であれば、対応すれば問題ありません。しかし、害虫が大量に発生した場合、素人ではなかなか手に負えない部分も出てきます。そうしたケースにおいては、専門業者に依頼をして、完全に駆除し切ってもらうことがおすすめです。

害虫駆除のコストと費用相場

それでは、害虫駆除にかかるコストと費用相場についても確認していきます。害虫駆除の専門業者に駆除を依頼する場合、どれくらいの費用が発生するのかという点についても気になる部分です。

基本的には、駆除する害虫の種類と駆除する範囲によって費用が変わっていきます。広い家や建物の方が駆除範囲も広がっていくので、その分コストがかさみやすくなります。

また、ゴキブリよりもネズミの方が駆除料金が高いといった傾向もあります。同じ蜂であっても、スズメバチよりアシナガバチの方が駆除料金が高くなるという特徴もあり、まずは業者の方に見積もりを依頼することが重要です。

害虫ごとの一般的な費用相場について、以下の表にまとめていきます。ここでは、一般的な住宅の広さとなる80平米ほどの費用相場を取り上げていきます。

害虫の種類 費用相場
ゴキブリ 1万5,000円~3万5,000円
ネズミ 3万円~15万円
シロアリ 1万円前後
ミツバチやスズメバチ 2万5,000円~5万円
アシナガバチ 5万円前後

解体工事前の害虫駆除に関しては1回の処理で行うため、コストも割高になる傾向があります。一方で、現在住んでいる住居に関して害虫発生の悩みがある場合は、年間契約を結ぶのも1つの選択肢です。

信頼できる業者と年間契約を結ぶことで、多少1回あたりの害虫駆除コストを抑えることができます。まずは、自分で害虫対策を行い、その後の手段として専門業者を頼るのも有効です。

解体工事前に害虫駆除を

ここからは、解体工事と害虫駆除の関係について具体的に解説していきます。ゴキブリをはじめとした害虫が出やすい家の特徴や、空き家に害虫が発生しやすい原因などを確認してきました。

その中でどうしても害虫が発生してしまい、害虫駆除をしなければならない状況になることもあります。その際の一番の基本として据えておきたいのが、解体工事前に害虫駆除を行うことです。

家屋や建物を解体することを決定した場合、害虫が発生しているのであれば最初に駆除してもらいましょう。そうしないと、取り返しのつかないことになることがあります。害虫駆除をせずに解体してしまうと、それまで住み着いていた場所から害虫が大量に移動することになります。

そうなると、近隣住民の方や地域の方にご迷惑をお掛けすることになるので、解体工事を行う場合は最初に害虫駆除をすることが求められます。

空き家のままにしない

解体工事を行う場合は、解体工事前に害虫駆除を行う必要がありますが、それと同時に頭に入れておきたいこととして空き家のままにしないという点を挙げることができます。

空き家の数も年々増え続ける傾向にありますが、本来は建物の所有者や管理者が責任を持って処分する必要があります。

誰の手も入らず、掃除や換気が行われることもない空き家は害虫たちの格好の棲み家になってしまいます。

空き家になってしまいそうな場所があれば、家族や親族に相談をして住んでくれそうな人を探すことが重要です。あるいは、賃貸物件として貸し出したり、民泊営業ができる物件として申請するという選択肢もあります。

いずれにしても、長期間にわたって人の手が入らないような状況を防ぐことが大切です。現在では、空き家の所有者と入居希望者のマッチングを自治体や委託団体がサポートする「空き家バンク」と呼ばれる制度も存在しています。

そうした制度も活用しつつ、できるだけ空き家を出さないように努力する姿勢を見せることが大切です。

空き家の管理方法

解体工事を行う前に害虫駆除を行うことが大切ですが、それと同時に空き家のままにしないという意識を持っておくことも重要です。どうしても空き家が発生してしまった場合は、適切な形で管理することが求められます。

空き家が発生した場合は、空き家に住む人を見つけるか解体することを念頭に置くことがポイントです。それが害虫に対する抜本的な対策につながりますし、環境面から見ても良いことです。

しかし、そう簡単に住む人を見つけたり解体工事を行ったりすることができないこともあります。その場合は、定期的に最低限のお手入れをすることが重要です。

空き家であっても定期的に人の手を加えることで、害虫の棲み家になるような最悪の事態を避けることができます。換気や通風、通水や清掃など、人の手によってできることを1つずつ丁寧に行っていくことがポイントです。

窓・戸などの全てを開放

最低限の管理を行うことで、空き家に害虫を住み着かせないようにすることができますが、その手順について具体的に確認していきます。

まず、意識しておきたいポイントとして、換気や通風を挙げることができます。空気の入れ替えを行わず、ジメジメとした環境を作ってしまうと、害虫にとって最適な空間になってしまいます。そうした環境を作らないため、室内の窓や戸を全て開放して、空気の入れ替えを行うことが有効です。

窓や戸に限らず、タンスなどの収納や物置き、押入れなども開放して湿気を取り除きます。家具や収納に関しては、無人の時でも開放しておくことがおすすめです。

湿気の多い状態を作らないようにすることで、害虫を留まらせないようにすることができます。貯蔵庫や床下収納なども同様に、換気することを意識しておきましょう。

水道管の水を入れ替える

続いて、意識しておきたいポイントとして、水道管の水を入れ替えることが挙げられます。台所や浴室、洗面所やトイレなど、水道管がある場所を定期的に通水させることが重要です

通水作業をしないと、水道管のサビや乾燥につながり、害虫の移動経路として利用されやすくなってしまいます。

通水作業に関しては、蛇口をひねって3分間程度水を出し続ければ問題ありません。ずっと水を流し続けるわけではないので、3分を目安に水を流すのが賢明です。

水道管の中に溜まっている水を入れ替えるための作業となるので、基本的には全ての水道管の通水作業をすることが求められます。そうすることで害虫の発生を抑え、水道管のサビや乾燥も避けやすくなります。

清掃でホコリや虫の死骸を取り除く

清掃でホコリや虫の死骸を取り除くことも大切なポイントです。換気や通風、通水作業をすることができたら、続いては部屋の床や手すり、家具、窓の桟など、ホコリや汚れが溜まりやすい箇所を入念に掃除していきます。

虫の死骸がある場合もしっかりと除去することが重要です。ホコリや虫の死骸については、害虫の餌となり、害虫がその場所に留まる原因になってしまうことがあります。そのため、徹底的に除去することが大切です。

ほうきや掃除機を使って一通りきれいにした後、濡れ雑巾などを使って拭き掃除をするのもおすすめです。

こうした換気や通風、通水や清掃などの一連の作業を月2回程度行うことで、害虫による被害を食い止めやすくなります。この流れや頻度を意識して空き家の管理に努めることがポイントです。

近隣住民への事前連絡

空き家の適切な管理を行いつつ、最終的には家族や親族、友人や知人などに住んでもらうという選択をすることもできます。一方で、なかなか住む人が見つからない場合は、空き家の解体工事を行うという決断にいたることもあります。

その場合は、近隣住民への事前連絡を欠かさずに行うことが大切です。一般的に、家屋や建物の解体工事を行う場合は、近隣の方や地域の方に挨拶を行うことが通例となっています。

解体業者の担当者と連携を取りつつ、一軒一軒の家を回ったり、住民説明会という形で解体工事に関する理解を求めたりすることがあります。それは空き家を解体する場合も同様であり、近隣の方々のご理解とご協力を得る必要があります。

空き家の場合、解体工事によって害虫が発生するわけではなく、そこに住み着いていた害虫が工事によって近隣に逃げ出してしまうことがあります。そのため、事前に説明を行い、もしかしたら害虫が逃げ出すかもしれないと注意喚起をしておく必要があるのです。

解体工事に関しては、ただでさえ騒音や振動、粉じんの飛散や道路の利用など、近隣の方々にご迷惑をお掛けすることになります。その上で、害虫が大量に逃げ出す事態になると、近隣の方のフラストレーションも一気に高まってしまいます。その対応を適切に行うことが重要です。

害虫駆除専門業者への依頼

空き家の解体によって、そこに留まっていた害虫が大量に逃げ出すことがあります。それは近隣の方にとって大迷惑であり、ストレスが溜まる要因にもなります。

そうした事態を避けるため、空き家の解体工事を行う前に害虫駆除専門業者に害虫の駆除を依頼することが有効です。害虫駆除をしないまま解体工事を始めてしまうと、どんな形で害虫が大量発生するかわかりません。

そうなれば、周囲の方や近隣の方に多大なるご迷惑をお掛けすることになります。そうした最悪の事態を避けるために、害虫駆除専門業者に依頼をして心配の種を取り除いておくことが重要です。

害虫の種類や空き家の広さによって費用は変わっていきますが、近隣トラブルを避けるという点でも事前に駆除しておくことが大切です。自分たちのことだけではなく、近隣の方のことも考慮した中で、最善の選択をするようにしていきましょう。

まとめ

解体工事の際のゴキブリ対策というテーマで、解体とゴキブリの関係、空き家に害虫が出やすい原因、害虫駆除の流れなどを具体的にご紹介してきました。夏の暑い時期になるとゴキブリが大量発生することもあります。

特に空き家は害虫の棲み家にもなりやすく、そのまま放置しておくと甚大な被害につながることもあります。害虫が出やすい家には特徴があることも紹介しましたが、害虫が好む環境を作らないことが大切です。

日頃からできることをやっていくことで、害虫が住み着かない状況を作り上げることができます。自分たちで手が回らなくなった場合は、害虫駆除業者を頼ることが賢明です。そうして人間らしく生活できる環境を整えていきましょう。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP