解体工事の際に地中埋設物が見つかる理由とは?撤去費用の相場も紹介!

解体工事の際に地中埋設物が見つかる理由とは?撤去費用の相場も紹介!

家屋や建物の解体工事を行っていると、地中埋設物が発見されることがあります。施主としては追加費用の発生など、困った状況になることも少なくありません。なぜ自分の家の地中に地中埋設物があるのか気になるという方も多いでしょう。そこで今回は、解体工事の際に地中埋設物が見つかる理由について具体的にご紹介していきます。その他、解体工事と地中埋設物の関係や撤去費用などを含めて解説しますので、どうぞご覧ください。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体工事と地中埋設物の関係

最初に解体工事と地中埋設物の関係について解説を行っていきます。解体工事をして家屋や建物の撤去を終えると、地中に何らかのものが埋まっていることがあります。それらを地中埋設物と呼びますが、それらが見つかる理由が気になるという方もいるでしょう。

その理由や撤去が必要な理由を含めて、具体的な内容について確認していきましょう。

地中埋設物とは?

地中埋設物とは地中に埋まっている廃棄物やごみ、その他のもののことを言います。「地中障害物」と呼ばれることもあり、瓦やコンクリート、鉄くずなどが埋まっていることもあります。

いずれにしても地中から発見されるものが地中埋設物であり、実際に発見されることも珍しくありません。

なぜ地中埋設物が出てくるのか?

解体工事中や終了後に発見されることもありますが、その理由としては過去の解体工事がずさんに行われていた可能性が挙げられます。

過去の工事を行った業者がずさんな対応をしていた場合、解体工事に伴って発生したコンクリートがらや鉄くず、木材やプラスチックなどの建築廃材をそのまま地中に埋めていた可能性があります。

本来であれば解体工事を行った業者が責任を持って処分する必要がありますが、不法投棄という形で地中に埋めてしまうのです。現在では厳しい罰則も設けられていますが、かつては不法投棄を行う業者も少なくなかったことも原因の1つと言えます。

井戸や浄化槽が見つかることも

地中埋設物として井戸や浄化槽が見つかることもあります。古くから利用されてきた建物の場合、かつて使われていた井戸や浄化槽がそのまま放置されていたということも考えられます。

解体工事のずさんさとは関係なく、使われなくなった井戸や浄化槽を家主がそのまま放置してしまったということもあり得るでしょう。特に築年数が古い建物や、代々受け継がれてきた建物を解体する場合に井戸や浄化槽が見つかることがあります。

地中埋設物を撤去する理由

地中埋設物が見つかる理由について理解できたら、地中埋設物を撤去する理由について認識を深めていきましょう。地中埋設物をそのまま放置しておくと不法投棄の疑いがかけられるということもありますが、その他にも重要な理由があります。

それは、次に新しく家や建物を建てる場合に地中埋設物が障害になることがあるという部分です。実際に新築を建てる際に基礎の障害になることも多く、スムーズに工事が進まないことから撤去することが必要とされています。

そもそも地中埋設物を放置しておくと、地盤が軟弱になってしまうという理由も挙げられます。本来は土やコンクリートなどで固まっているはずの地中に余計なものが混ざっていると、地盤の強度が落ちてしまいます。

そうなると新しく建てる建物の安定感も失われてしまったり、自然災害に弱くなったりするリスクが出てきます。そうしたリスクを排除するためにも撤去することが重要です。

土地の売却にも影響

地中埋設物を撤去する理由としては、土地の売買も関係があります。土地の売却を検討している場合、地中埋設物が埋まったまま売却を行うことはできません。万一、放置したまま売却して後から地中埋設物の存在がわかった場合、買い主とのトラブルになることがあります。

買い主から指摘を受けた場合は、売り主の責任で撤去を行う必要があります。最悪の場合は裁判沙汰になることもあるので注意が必要です。新しく家を建てるにしても、土地を売却するにしても、埋設物の撤去が基本となることを理解しておきましょう。

地中埋設物の種類

ここからは地中埋設物の種類についてご紹介していきます。一言で地中埋設物と言ってもさまざまな種類があり、その特徴もさまざまです。基本的には以前の解体工事でそのまま埋められたものが見つかることが多いです。

その他にも意外だと思われるものが埋まっていることもあります。地中埋設物の具体的な種類について確認していきましょう。

瓦やコンクリートガラ

まず、地中埋設物の種類として瓦やコンクリートガラを挙げることができます。いわゆる建築廃材と呼ばれるものであり、コンクリートガラや瓦が埋まっていることは少なくありません。

以前の解体工事の際に建築廃材を適切に撤去していれば、地中から発見されることはないでしょう。しかし、何らかの理由で適切な処分を行わずに地中に埋めてしまっていると、それが新しい解体工事の際に見つかることになります。

瓦やコンクリートガラの他、木片や鉄くずなどが見つかることもあります。かつては建物の資材として利用されていたものをそのまま地中に埋めてしまう業者もあり、それがそのまま残ってしまったと考えることができます。

建物の基礎や杭

地中埋設物の種類としては、建物の基礎や杭も挙げられます。基礎や杭についても建物を建てる上では必要とされる資材であり、解体工事に伴って適切に取り崩され処分される必要があります。

しかし、瓦やコンクリートガラなどと同様に解体工事の際にそのまま地中に放置されてしまうことがあります。

基礎や杭に関しては、地中の奥深くまで地面を掘り下げたり打ち込んだりすることが一般的です。それは建物の沈下を防ぐために必要なことであり、住人たちの安心感を高めてくれます。

一方で、奥深くまで打ち込んである杭や地中の基礎を撤去するのは大変な作業でもあります。解体工事の際には当然撤去する必要がありますが、場合によってはそのまま埋め戻してしまうようなケースもあります。

建て替え工事などであえて残す場合はまだ良いですが、何の理由もなく放置されていることがあります。その場合も新たな解体工事に伴って基礎や杭が発見されることになります。

岩石

地中から岩石が見つかることもあります。これは解体業者の過失というよりも、自然発生的に見つかるケースがほとんどです。重機などを使って掘り起こしをしていると、大きな岩石が見つかることがあります。

あまりにも大きな場合、なかなか撤去できずにそのままにしてしまうということも珍しくありません。やむを得ず埋め戻しをすることもあり、なかなか対処が難しいタイプの地中埋設物です。

タイヤや衣服

解体工事をしていると、地中からタイヤや衣服が見つかることもあります。それほど多いわけではありませんが、住人や近隣住民が放置していた衣服がそのまま地中に埋め込まれてしまったということも考えられるでしょう。

適切に処分されなかった古タイヤなどが発見されることもあります。これらの埋設物も建築の妨げとなるものであり、取り除いて土地をきれいな状態にすることが重要です。

医療廃棄物

タイヤや衣服よりも稀なものとして、医療廃棄物が見つかることもあります。注射器などの廃棄物が見つかることもあり、医療器具は適切な許可を持った業者に処分を委ねることが重要です。

医療廃棄物はいわゆる感染性廃棄物と呼ばれるもので、認可を受けた専門業者に回収してもらうことが求められます。極めて稀なケースではありますが、医療廃棄物が見つかることもあると認識しておきましょう。

井戸や浄化槽

本文中でも触れましたが、地中埋設物として井戸や浄化槽が発見されることもあります。かつては自宅の敷地内に井戸を掘っている家もあり、その名残で未だに井戸を利用しているという家もあるでしょう。

まだ使用していたり適切に処分されていたりすれば問題ありませんが、中にはそのまま放置したり埋め戻してしまったりするケースもあります。そうなると、解体工事の際に古くなった井戸が見つかることになるのです。

浄化槽に関しても同様で、生活排水や汚水をきれいにするために設置されてきた経緯があります。しかし、近年は下水道設備が整ってきたため、かつてほど浄化槽が利用されなくなってきました。

その影響で使われなくなった浄化槽を放置してしまうといったケースも増えてきています。浄化槽自体が地中に設置されるものであり、適切に撤去を行わないと、いつまで経っても地中に埋め込まれたままになってしまいます。それが解体工事の際に発見されるという流れがあります。

湧き水

地下や地中に水脈がある場合は、湧き水が出てくることもあります。ひどいケースになると、湧き水の発生によって地上が水浸しになってしまうことがあります。そこまでいくことは珍しいですが、湧き水の発生源を抑えておかないと、また同じことの繰り返しになる可能性があります。

湧き水が見つかった場合は排水経路の確保など、適切な処置を講じることで二次被害を防ぐことが大切です。

その他

その他の地中埋設物の種類として、人骨が見つかるというような事例もあります。あまり見つかって欲しいものではありませんが、古くなった人骨や遺体が地中から発見される可能性もあります。

他には土管が埋まっていることもあります。井戸や浄化槽と似た類の埋設物ですが、使われなくなった土管が地中にそのまま放置されているケースがあります。

地中埋設物の撤去費用

ここからは、地中埋設物の撤去費用に焦点を当てて解説を行っていきます。ご紹介してきたように、解体工事を通して地中埋設物が発見されることは珍しいことではありません。それも、さまざまなものが埋まっている可能性があります。

その中で、施主としては実際に地中埋設物が見つかった場合にかかる費用について気になることもあるでしょう。その内実についてご紹介します。

基本的には追加費用

解体工事中や終了後に地中埋設物が見つかった場合、基本的には追加費用の対象となることを理解しておきましょう。最初から埋設物があることがわかっている場合は見積もりに組み込めますが、それはレアケースです。

地中埋設物の有無については工事が始まってからわかることがほとんどであり、最初の見積もり時点では請求金額に組み込まれていないことが多いでしょう。

そのため、地中埋設物が見つかった時点で新たな撤去費用を請求するのが解体業者のやり方であり、施主としても了承するしかありません。施主としては手痛い出費となりますが、仕方がない部分もあるので業者と交渉の上、最終的な費用を確認することが大切です。

費用相場

それでは、地中埋設物が見つかった場合の費用相場について確認していきます。追加費用に関しては業者によってさまざまな基準がありますが、ここでは地中埋設物の種類や量によって目安となる相場を取り上げます。

全ての業者に当てはまるわけではないので、あくまでも参考としてご覧ください。1㎥あたりの相場について以下の表にまとめていきます。

地中埋設物の種類撤去費用
木くず5,000円~/㎥
コンクリートガラ12,000円~/㎥
石膏ボード12,000円~/㎥
カーペット15,000円~/㎥
レンガ22,000円~/㎥
22,000円~/㎥
タイル25,000円~/㎥
サイディング25,000円~/㎥

地中埋設物の種類ごとに一定の相場を理解することができます。あるいは、ダンプやトラックの種類に応じておおよその目安を知ることもできます。業者によっては廃材に関係なく、用意するダンプカーやトラックに応じて費用を決めることもあります。その目安について、以下の表にまとめます。

トラックの種類費用相場
2tトラック18,000円~
2tコンテナ18,000円~
3tダンプ18,000円~
4tコンテナ18,000円~
4tトラック25,000円~

上記のような費用が1つの目安となります。最終的にかかる費用については、必ず解体業者に尋ねることが重要です。施主としても想定外の出費となることは間違いありませんが、双方が納得した上で捻出できるようにしていきましょう。

解体業者との交渉

地中埋設物が見つかった場合の費用相場について確認しましたが、施主としては解体業者としっかり交渉を重ねることも大切なポイントです。解体工事を行う際にはあらかじめ一定の予算を組んで工事を行うことになります。

その際に追加費用がかかる可能性があることも想定した上で、見積もり提示をしてもらうことが重要です。解体業者としても、やむを得ず追加費用を請求しなければならないということが多いでしょう。

地中埋設物の発見のような不測の事態が発生した場合は施主側の要望も交えつつ、柔軟な交渉を行うことがポイントです。

契約の時点で、地中埋設物が見つかった場合の対応について確認しておくこともおすすめです。施主として要望しておきたいことがあれば、きちんと伝えるようにしましょう。

解体前の地中埋設物の調査方法

ここからは、解体工事を行う前にできる地中埋設物の調査方法について取り上げていきます。地中埋設物は基本的に解体工事が始まってから見つかることが多いですが、事前に調べることも可能です。

実際にできる調査方法として地歴調査や非破壊検査、ボーリング調査の3種類を挙げることができます。それぞれの調査方法について理解を深めていきましょう。

地歴調査

まずは、地歴調査について確認していきます。地歴調査とは、過去に建っていた構造物などを調べて地中内の調査をする手法のことを言います。具体的には以下のような資料や図面を参考にしながら調査を進めていきます。

  • 古い地図
  • 地質図
  • 地理図
  • 地形図
  • 登記簿
  • 航空写真 など

上記のような資料や図面を用いながら過去の状況を追っていきます。例えば、かつてガソリンスタンドなどが建てられていた場合は、土壌汚染の心配もあります。そうした点からさらなる調査を進めて地質の状態や地中内を確認することがあります。

3つの方法の中では地歴調査が最もシンプルな調査方法であり、手軽に行うことができます。

非破壊検査

続いての調査方法として、非破壊検査を挙げることができます。非破壊検査とは、地中レーダー探査などを実施して埋設物の有無を確認することを言います。具体的にはアンテナを走査することで電磁波の照射を行うことで、地中にものがあるかどうか確認することができます。

地歴調査と比べてより実践的な調査方法であり、実際の現場に行って調査を行うため精度も高くなる傾向があります。

地歴調査との組み合わせによって非破壊検査を行うことも有効であり、何か埋まっていそうな土地であれば実施することがおすすめです。

ボーリング調査

最後にご紹介するのはボーリング調査についてです。ボーリング調査では地面に穴を掘って地中内の確認を行います。3つの調査方法の中でも最も精度が高い調査として知られており、地歴調査や非破壊検査を経た上で行われることが多いです。

地歴調査などを通して地下に何か埋まっている可能性が高いと判断された場合に、ボーリング調査を行うことがあります。土壌汚染等の土質検査も同時に行うことができます。

ボーリング調査を1ヶ所行うと10万円から20万円程度の費用がかかります。決して安くはないので実施するかどうか慎重に判断することも大切です。

地中埋設物の撤去に関する注意点

ここからは、地中埋設物の撤去に関する注意点についてご紹介していきます。工事中に地中埋設物が見つかった場合、解体業者とのコミュニケーションが上手くいっていないと、発見されてからのやり取りが大変になってしまいます。

工事開始前から工事中もしっかりと連携を取ることで、地中埋設物の取り扱いを上手く行うことが重要です。そのためのポイントや注意点について理解を深めていきましょう。

情報共有を大切に

まずは、情報共有を大切にすることがポイントです。施主が事前に知っている情報や解体業者が事前に知っている情報には乖離があることもあります。

長年にわたって住み続けていた場合、施主の方が解体現場の土地に詳しいこともあるでしょう。例えば、事前に井戸が埋まっていることを把握している場合は、その事実を解体業者に伝えることが重要です。

同様に解体業者からも必要な情報提供を受けられるように耳を傾けることが求められます。お互いが持っている情報を共有し合うことで、工事が始まってからトラブルが発生することを避けやすくなります。

悪徳業者には注意

地中埋設物の撤去に関して、悪徳業者には十分注意を払う必要があります。契約や見積もりの段階で不審な点がある場合は契約を結ばないようにしましょう。

悪質業者の場合、自分たちでわざと廃棄物などを地中に埋め込んで「地中埋設物が見つかりました」などと報告してくることがあります。自分たちで仕掛けたものを撤去して追加費用を得ようとします。

あるいは、施主に黙ったまま地中埋設物の撤去を行うケースもあります。本来であれば最初に事実を伝えることが基本です。

しかし、悪徳業者の場合は勝手に撤去を行って追加費用を請求してきます。事後報告では本当に地中埋設物があったのかどうかわかりませんし、どれくらいの埋設物があったのかもわかりません。

こうした手口に引っかからないように、定期的にコミュニケーションを取ることが重要です。また、見積もりの段階であまりにも安い金額を提示してくる場合は悪徳業者の可能性が高いので、注意しておきましょう。

契約書に追加費用の規定を記載

悪徳業者の手口に引っかからないようにするためにも、契約書に追加費用の規定を記載してもらうことが有効です。例えば、「地中埋設物が見つかった場合は、一度施主に報告をした上で対応を協議する」などと備考欄に書いてもらうこともおすすめです。

書面上で合意しておかないと、工事が始まってから修正することができません。口頭での約束では「言った言わない問題」に発展する可能性があるので、必ず契約書に規定を記載してもらうことが重要です。

事前に合意しておくことで、実際に地中埋設物が見つかった場合も慌てずに対処することができます。

地中埋設物の記録を残す

地中埋設物が見つかった場合は、その記録を残してもらうことも重要です。施主自身に時間があれば現地に行って確認することもできますが、仕事などが忙しい場合、なかなか時間が取れないことがあります。

その場合は、地中埋設物の様子を写真や動画に収めてもらい後で確認できるようにしてもらいましょう。解体工事が終わってから「地中埋設物を撤去しておきました」と言われても、なかなか納得し難い部分があります。

解体業者には「本当にこれだけの地中埋設物を撤去しました」という証拠が残るような形で、対応してもらうことが重要です。

追加費用の計算根拠を確認

追加費用の計算根拠を確認することも重要なポイントです。これは事前に確認することもできるでしょう。例えば、コンクリートガラが見つかった場合はどれくらいの費用がかかるなど、埋設物の種類と量に応じた相場を事前に教えてもらうということです。

解体業者によっては廃棄物を積み込むトラックの容量で金額計算を行うこともあります。

どういった形でも構いませんが、なぜその金額になるのかという根拠を提示してもらうようにしましょう。

まとめ

解体工事と地中埋設物の関係に注目をして具体的に解説を行ってきました。なぜ解体工事中に地中埋設物が見つかることがあるのか知っておくことで、施主としてもいざという事態に備えることができます。

できれば、埋設物が見つかることなく解体工事が終了して欲しいというのが施主に共通する願いでしょう。しかし、何らかの理由や事情によって地中から埋設物が見つかる可能性もあります。そうなった場合に適切に対処できるように、工事開始前からできることを積極的に取り組んでみることがおすすめです。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP