ビニールハウスを解体する場合はどうすれば良い?解体費用相場も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビニールハウスを解体する場合はどうすれば良い?解体費用相場も紹介!

206view

ビニールハウスの所有や管理をしている方で、それまで使っていたビニールハウスが不要になるということもあるでしょう。その際には解体という選択をすることができます。そこで今回は、ビニールハウスの解体に注目して具体的に解説を行っていきます。ビニールハウスの場合は業者に解体を依頼することもできますし、自分で解体することも可能です。業者に依頼する場合の費用相場やDIYでの解体方法を中心に解説していきます。その他、移転や転売も含めてご紹介しますので、どうぞご覧ください。

ビニールハウスの解体の考え方

それでは最初に、ビニールハウスの解体の考え方について解説していきます。家屋や建物を解体する場合もそうですが、ビニールハウスの解体に関しても大掛かりな工事になることは間違いなく、簡単に取り壊せるわけではありません。

そのため、基本的には専門の業者に解体を依頼することがポイントです。業者によっては解体によって発生した廃棄物を買い取ってくれるケースもあります。その辺も含めて、ビニールハウスと解体の考え方について確認していきましょう。

業者に解体を依頼

まず、ビニールハウスの解体を検討した場合は、業者に依頼することが第一の選択肢として挙げられます。自分で解体することも不可能ではありませんが、確実性や安全性といった部分を重視するのであれば業者に依頼することがおすすめです。

ビニールハウスの解体だけを専門に行っている業者はそれほど多くないので、一般的な家屋や建物の解体工事を行っている業者に相談してみると良いでしょう。ビニールハウスの場合は建物ほど複雑な工事が必要となるわけではなく、比較的多くの業者に請け負ってもらうことができます。

解体費用に関しては後ほどご紹介しますが、一定の費用がかかることは間違いありません。それでもまずは、業者に解体を依頼するという選択肢を持っておくことが大切です。

廃棄物の買い取り

業者に解体を依頼すると解体費用がかかりますが、場合によっては廃棄物を買い取ってくれるケースもあります。ビニールハウスの面積にもよりますが、解体には数十万円から数百万円程度の費用が発生することも珍しくありません。

その中で工事によって発生した廃棄物を買い取ってもらうことで、少しでも経済的な負担を緩和しやすくなります。特に鉄くずを買い取ってくれる業者は多く、1kgあたり12円~20円程度で売れることがあります。

基本的に工事で発生した廃棄物は処分されることが多いですが、再利用可能だと判断されれば買い取りに応じてくれる業者もあります。鉄くずの他、土砂やコンクリート、木材やプラスチックなどの買い取りに応じてくれる可能性もあります。

契約時の交渉段階で廃棄物の買い取りは可能かどうか聞いておくと良いでしょう。鉄くずなどは鉄工所などでも買い取ってもらえるので、その辺の話し合いをしておくこともおすすめです。

ビニールハウスの解体には建設業の許可が必要

ビニールハウスの解体を検討する場合は、業者に依頼することを主眼に置いておくと良いでしょう。ただし、どんな業者でもビニールハウスを解体できるわけではありません。解体工事を行うには、建設業の許可と呼ばれる許可を受けている必要があります。

この記事のポイント
建設業の許可

建設工事の完成を請け負うための営業をするには、その工事が公共工事であるか民間工事であるかに関わらず、建設業法第3条に基づき建設業の許可を受ける必要があります。

建設業の許可は、国土交通大臣や都道府県知事から発行してもらうことができます。

  • 2以上の都道府県で営業する場合:国土交通大臣の許可が必要
  • 1つの都道府県のみで営業する場合:都道府県知事の許可が必要

いずれにしても、勝手に解体業者や工事業者を名乗って解体工事を行うことは不可能であり、然るべき許可を得ている必要があります。許可を得ている業者は専用の許可証を有しているので、それを見せてもらうことも大切です。

近年は少なくなってきましたが、未だに許可を得ずに違法営業を行っている業者もあるので、そうした業者には依頼しないように注意しておきましょう。

軽微な工事は対象外

基本的には許可が必要となる解体工事や建設工事ですが、例外もあります。いわゆる軽微な工事は対象外であり、許可を得ていなくても行うことができます。具体的には、以下のような工事が対象となります。

  1. 工事1件の請負代金が1,500万円未満の工事または延べ面積が150㎡未満の木造住宅にかかる工事
  2. 工事1件の請負代金が500万円未満の工事

1番目の条件に関しては木造住宅が対象であり、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の工事は対象となりません。また、住宅用の建物が対象であり、延べ床面積の2分の1以上をオフィスや店舗として利用している場合も対象外です。

ビニールハウスの解体に関しては、請負代金の総額が500万円未満であれば、建設業の許可を得ていない業者にも依頼することができます。この辺を頭に入れた上で、適切な業者に工事を依頼することがポイントです。

ビニールハウスの解体費用相場

それでは、費用相場について見ていきましょう。業者に工事を依頼する場合は一定の費用がかかりますが、おおよその目安を認識しておくだけでも計画的に資金を捻出しやすくなります。

一般的な建物の解体工事と同様に、ビニールハウスの場合も面積によっておおよその費用が決まります。また、工事によって発生した廃棄物の処分にもお金がかかります。その辺も含めて、ビニールハウスの解体にかかる費用相場について理解を深めていきましょう。

解体費用の目安

まず、解体費用の目安についてですが、ビニールハウスの解体に関しては1坪あたり5,000円~1万2,000円程度が相場と言われています。例えば、1坪5,000円と見積もって50坪のビニールハウスを解体する場合は、25万円の費用が必要となります。

これは単純に解体工事にかかる費用であり、廃棄物の処分費用や運搬費用が別途かかるので注意しておきましょう。中には一般的な単価よりも安い金額で工事を行ってくれる業者もあります。

ここで提示している坪単価はあくまでも目安であり、地域によって事情が異なることもあります。ビニールハウスの大きさだけではなく、構造や種類、立地条件など、さまざまな状況を考慮した上で最終的な金額が判断されます。

具体的な費用事例

一般的な目安として、1坪あたり5,000円~1万2,000円程度の費用がかかるのがビニールハウスの解体です。そのイメージをより膨らませていくために、具体的な費用事例についてご紹介します。

ビニールハウスの規模 解体費用
ビニールハウス1棟24坪 35万円(坪単価:約1万4,500円)
ビニールハウス3棟60坪 84万円(坪単価:約1万4,000円)
ガラスハウス1棟18坪 63万円(坪単価:約3万5,000円)

主な費用としては、上記のような事例を挙げることができます。ビニールハウスの種類や構造によって費用には違いが出てきます。ガラスハウスのような頑丈なつくりになっている場合は、1坪あたりの費用も高まっていきます。

最終的な金額に関しては、改めて業者に確認を取ることが大切です。

廃棄物の処分費用も

ビニールハウスの解体自体にも費用がかかりますが、その他、廃棄物の処分に関しても費用がかかります。工事を行うと、コンクリートガラや木くず、鉄くずやプラスチックごみなどの廃棄物が発生します。

そうした廃棄物の運搬や処分にかかる費用も基本的には施主の負担となります。中には、鉄くずを買い取る代わりに解体費用を安くしてくれるような業者もあります。

さまざまな業者から話を聞いた上で、金額面を含めて最終的に納得できる業者に工事を依頼することがポイントです。

解体業者によって費用はさまざま

廃棄物の処分費用などを含めて、ビニールハウスの解体にかかる費用は業者によってさまざまだと考えることができます。最初にもお伝えしたように、ビニールハウスの解体工事だけを専門で行っている業者が多いわけではありません。

中には家屋や建物の解体工事ばかりを行っている業者や、ビニールハウスの解体を一度も行ったことがないという業者もあるでしょう。安全性や確実性、そして費用面での負担を少しでも緩和するためには、できるだけビニールハウスの解体経験がある業者を探すことが重要です。

それほど慣れがない業者や得意ではない業者に依頼してしまうと、解体に時間と手間がかかり余計な費用負担を強いられる可能性が出てきます。

ビニールハウスの解体に慣れている業者であれば、スムーズに見積もりを出してもらうこともできますし、工事も順調に進む可能性が高いでしょう。解体業者は数多くあるので、その中から少しでも信頼できそうな業者を見つけることが重要です。

複数業者からの見積もりを

上記でもお伝えしたように、ビニールハウスの解体に関しては業者によって費用がばらばらになることが想定されます。また、解体経験の有無という点でも、業者によって違いが出てくることでしょう。

工事によって発生した廃棄物の買い取りに応じてくれるかどうかという点も含めて、業者によって考え方はさまざまであり、施主としても費用負担に大きな違いが出てきます。

そこで意識しておきたいのが複数業者から見積もりを取るということです。業者によって費用に違いが出てくることがわかっているのであれば、比較対象を作ることで選択肢を絞っていくことがおすすめです。

2社や3社程度から話を聞くことで、解体に対する慣れや工期、費用感などを比較することができます。その中から納得感がある業者や信頼できそうな業者に工事を依頼することで、施主としても安心して工事を任せることができるでしょう。

1社だけに見積もりを依頼してそのまま発注してしまうのはあまりにもリスキーなので、複数業者から見積もりを取ることが重要です。

ビニールハウスをDIYで解体

ビニールハウスの解体に関しては、DIYで行うことも可能です。つまり、解体業者などの第三者に工事を依頼するのではなく、自分で解体してしまうということです。普段から日曜大工など、ちょっとした経験がある方や工具を持っている方などであれば、比較的スムーズに取り組みやすい面もあります。

DIYでビニールハウスを解体する場合の手順についてもご紹介していきます。基本的には業者に依頼することがおすすめですが、自分で解体する場合の参考として確認していきましょう。

DIYでも解体可能

ビニールハウスの解体に関しては、DIYで行うことも可能です。1つ1つの解体手順を確認しながら丁寧に作業を進めていくことで、ご自身でもビニールハウスを取り壊すことができるでしょう。資金的に余裕があれば業者に依頼することが確実ですが、自分で作業を行うことで経済的な負担を和らげることができます。

これまでも自身でちょっとしたものを作ったり壊したりした経験があれば、比較的スムーズに対応できることもあります。解体の際に必要となる道具もあわせて理解することで、確実に作業を進めていくことがポイントです。

解体の手順

それでは、解体の手順について確認していきます。自分で解体作業を行う場合は、解体業者が作業するよりも時間がかかることを視野に入れておきましょう。1つ1つの作業を丁寧に行うことが重要であり、業者のようにスムーズに進まないこともあります。

安全性や確実性を最優先に据えながら作業を進めることが重要であり、最初からスピードを求めることは避けましょう。多少時間がかかっても良いので、少しずつ解体を進めていくことが賢明です。また、それぐらいの心のゆとりがある時に作業を行うことがおすすめです。

作業環境を整える

まず、解体前に行っておきたいこととして、作業環境を整えることが挙げられます。普段から使用しているビニールハウスであればそれほど問題ありませんが、長期間にわたって使用されていなかったり放置されていたりする場合、周辺の状況が悪くなっていることがあります。例えば、雑草が生えていて足場が悪くなるなど、状況が良いとは限りません。

そうした状況の中で作業を行おうとすると、思わぬ怪我や事故に巻き込まれるリスクが高まるため、まずは作業環境を整えることが重要です。ビニールハウスに草が巻き付いていると作業をしにくくなるというデメリットもあります。

その場合はまず、手作業や機械などを使って除草を行い足場を良くしたり、ビニールハウスの周囲をきれいな状態にしたりすることが有効です。周辺を含めた作業環境を整えることによって、その後の作業もスムーズに行えるようになります。

ビニールを剥がす

作業環境を整えることができたら、続いてビニールを剥がす作業へと移行していきます。ビニールを剥がす際にはビニールの留め具を外してから作業を行うようにしましょう。

多くのビニールハウスはビニールがパイプに固定されている状態が一般的です。その固定部分を外すことで、ビニールを簡単に剥がすことができます。規模の小さなビニールハウスであれば比較的短時間で作業を終えることができますが、規模が大きくなるとなかなか作業が終わらないこともあります。

場合によっては数日がかりの作業になることもありますが、事故や怪我に気をつけつつ慎重に作業を進めることがポイントです。

支柱を解体する

全てのビニールを剥がすことができたら、続いて支柱を解体する作業を行います。ビニールハウスのビニールを全て剥がすと骨組みだけが残ります。支柱となっている箇所の留め具を外すことによって、さらに解体を進められます。

規模の小さなビニールハウスであれば留め具を外した段階で、ある程度作業の終了が見えてきます。一方で、規模の大きいビニールハウスの場合は、アーチ部分の撤去に手間がかかることがあります。規模にもよりますが、支柱の解体や取り外しにも一定程度の時間がかかります。

また、ビニールハウスがさび付いていたり老朽化していたりすると、留め具を外すことに苦労するケースがあります。その際は、手作業ではなく電動ドライバーなどの機械を使って外すことが有効です。

支柱を引き抜く

支柱の解体まで終えたら、最後に支柱を引き抜いて完全に解体が完了という形になります。支柱の引き抜きに関しては、なかなか簡単にいかない部分があります。それはビニールハウスの安定感を保つため、地中の奥深くまで差し込んでいること多いからです。

そのため、まずはスコップなどを活用して周辺の掘り起こし作業を行うことがポイントです。支柱を固定してあるケースでは、力ずくで引き抜こうとしてもなかなか抜くことができません。

固定されている場合は、電動丸のこや電動のこぎりなどの機械に頼ってパイプを切断する必要があります。ビニールハウスの状況にもよりますが、機械に頼らざるを得ない部分も出てくるので、しっかりと認識しておきましょう。支柱の引き抜きまで終えることができたら全ての作業が完了となります。

解体に必要な道具

DIYでビニールハウスを解体する場合は、主に以下の工具を用意しておくことがおすすめです。

  • 作業着
  • ヘルメット
  • 防塵マスク
  • 防塵ゴーグル
  • 電動のこぎり
  • 電動ドライバー
  • パイプ抜き器
  • 軍手

まずは、最低限必要な道具として上記のものをそろえてから作業に取り掛かることが有効です。ビニールハウスの解体では安全第一を意識することが重要であり、作業着やヘルメット、軍手といったものを装着して身を守ることが求められます。

また、ビニールハウスを放置しておくと、ほこりやサビが溜まってしまうことも珍しくありません。作業中にほこりや鉄粉が飛散することが多く、目や口に入ると健康被害につながるリスクも出てきます。そうしたリスクを未然に防止するために、防塵マスクや防塵ゴーグルを装着した上で作業を行うことが重要です。

電動のこぎりや電動ドライバー、パイプ抜き器などはビニールハウスの状態によって必要性が分かれます。支柱が鉄パイプなどで固定されており、手作業ではどうにもならない場合に電動ドライバーや電動のこぎりを活用します。

また、パイプが地中に埋まっている場合はパイプ抜き器を使うことでスムーズにパイプを引き抜くことができます。あらかじめビニールハウスの状態がわかっているのであれば、それに応じて使う道具を準備しておくと良いでしょう。

その他の道具

他にもあった方が便利な道具があります。

  • サビ落とし
  • ペンチ など

例えば、上記のようなもので、サビ落としやペンチが重宝されるシーンも珍しくありません。ビニールハウスを長年にわたって利用していると、留め具やネジなどがサビ付いていてなかなかスムーズに外れないことがあります。そうした場合にサビ落としを使ってきれいにしてから作業をすると、外しやすくなることがあります。

また、留め具などを手作業で外すことが難しい場合、ペンチがあると上手くいくことがあります。家にある道具で活用できるものがあれば、積極的に活用することがポイントです。

自分で解体する場合の注意点

DIYによって自分でビニールハウスを解体することも可能ですが、その際には注意しておきたいこともあります。それはビニールハウスの解体だからと言って甘く見ないことです。

確かに、一般的な家屋や建物に比べれば取り壊しやすいものであることに間違いありません。しかし、実際には長い時間がかかることも珍しくなく、ビニールを剥がすだけで数日かかってしまうこともあります。

規模が大きくなればそれだけ多くの時間を要することになり、夏場や冬場などは暑さや寒さで身体的なダメージを受けることも往々にしてあります。したがって、できるだけ作業を行いやすい季節を選び、なおかつ時間的な余裕がある時に作業を行うことが賢明です。

早く終わらせようとすると作業を焦ってしまい、思わぬ怪我や事故につながるリスクが増大します。そうしたリスクを回避するためにも、作業スケジュールには余裕を持たせることがポイントです。

また、可能であれば助っ人を連れてくることもおすすめです。1人で作業を行うよりも複数人で作業を進めた方が効率的なので、依頼できる人がいれば頼んでみると良いでしょう。

ビニールハウスは移転や転売も可能

不要になったビニールハウスに関しては解体することもできますが、移転や転売といった選択肢を持つことも可能です。まだ使えるものや比較的新しいビニールハウスであれば、二次利用につなげることができます。

場所を変えて自分たちで使いたい場合は移転すれば良いですし、第三者に使ってもらいたい場合は転売によってニーズを満たすことができます。それぞれ解体以外の選択肢として頭に入れていきましょう。

ビニールハウスの移転

ビニールハウスをまだ使うことができる場合、移転という選択肢を取ることがおすすめです。何らかの事情で同じ場所にビニールハウスを設置し続けることができなくなったり、もう少し規模を大きくしたりしたい場合など、移転によって状況を改善することも可能です。

移転に関しては、一度ビニールハウスを解体してから新しい場所に再度組み立て直すことが一般的です。そのため、解体にかかる費用に加えて新たに設置するための費用も必要とされます。

どちらもDIYで行うことができるので、その際は最低限の費用だけで済むでしょう。ビニールハウスの新設を業者に依頼する場合は、1坪あたり2万円前後が相場です。例えば、30坪のビニールハウスを組み立ててもらう場合は、60万円程度の費用がかかると想定しておきましょう。

費用に関しては業者によってまちまちです。解体工事の場合と同様に、複数の業者から見積もり提示を受けることで最適だと思える業者に依頼すると良いでしょう。解体と新設をセットで依頼することで、多少値引きに応じてもらえることもあります。その辺も業者と相談しつつ、移転を進めることがポイントです。

また、ビニールの状態が良ければそのまま活用できますが、古くなっていたり状態が悪くなっていたりすると、ビニールの張り替え作業も必要となります。その際も別途費用が必要となるので、頭に入れておきましょう。

ビニールの張り替えに関しては、1坪あたり500円から数千円程度が相場と言われています。移転によって得られる利益と天秤にかけて必要な経費を判断することが有効です。

ネットオークションの活用

移転の他に、転売によってビニールハウスの処分を進めることも可能です。具体的には、ネットオークションやフリマアプリなどを活用して買い手を見つけることができます。

意外とビニールハウスを欲しいと思っている方は多く、状態が悪くなければスムーズに買い手を見つけることも可能です。ビニールハウスの売り方としては以下のようなケースが挙げられます。

  • 買主に解体工事をお願いしてビニールハウスを引き取ってもらう
  • 解体した状態のビニールハウスを売却する
  • すでに設置されているビニールハウスをそのまま買い取ってもらう など

売り方としては複数の方法がありますが、買い手との交渉次第でお互いの利害を上手く調整することができます。どれくらいの値段で売れるかについては、ビニールハウスの状態や面積などによって変わってきます。

また、本当に不要で処分したいと考えている場合は、無料で提供することもおすすめです。業者に解体工事を依頼すると費用がかかることを考慮すれば、無料でも引き取ってもらえる方に提供した方が良いでしょう。

ビニールハウスの処分に関してはさまざまな選択肢を持っておくことで、その中から最適な判断を下すことが有効です。

まとめ

ビニールハウスの解体に注目をして具体的に解説を行ってきました、不要になったビニールハウスを取り壊す場合も、基本的には建物の解体と同様に業者に依頼することが最初の選択肢です。複数業者に見積もりを依頼することで、適正価格や標準的な工期も見えてきます。この辺は通常の解体工事と同じであり、施主としてやっておきたい部分でもあります。

それ以外にビニールハウスの場合は自分で解体したり、移転や転売といった方法を取ったりすることも可能です。最終的にビニールハウスをどういう状態にしたいのか検討することで、方向性を定めていくと良いでしょう。自分や他者にとって何が一番メリットになるのかを考えることで、最適な選択肢を見つけて行動へとつなげることがおすすめです。

東京都の解体業者を探す

戻る