フェンスの解体費用はどれくらい?フェンス解体の流れも紹介!

フェンスの解体費用はどれくらい?フェンス解体の流れも紹介!

建物や家屋の解体工事以外に、フェンスの解体もお願いしたいというケースがあるでしょう。建物自体を引き払う場合もそうですが、古くなってきたフェンスの交換や修理目的で工事を依頼することもできます。そこで今回はフェンスの解体に注目をして、必要とされる費用目安や解体の流れについて具体的にご紹介していきます。解体した方が良いフェンスの特徴や解体時に注意した方が良いトラブルなども取り上げていきますので、どうぞご覧ください。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

フェンスの解体にかかる費用相場

それでは、フェンスの解体にかかる費用相場からご紹介します。家屋や建物の解体工事を行う場合もそうですが、フェンスの解体に際しても目安となる費用相場があります。フェンスを撤去するのか、あるいは交換するのか、修理するのかによっても金額が変わるところが特徴です。

最終的な金額については解体業者に問い合わせることが大切ですが、あらかじめ目安を知っておくことがおすすめです。フェンスの種類も合わせて費用相場について確認していきましょう。

フェンスの種類

まずは、フェンスの種類から確認していきます。フェンスは庭などに設置することが多く、自分たちのプライバシーを守る目的で設置することが一般的です。人の身長の高さか、それに匹敵するぐらいの高さのフェンスを設置することが多く、外部から室内の様子を見えないようにする働きがあります。

また、庭の様子を隠す役割としても重宝されています。多少ではありますが、フェンスを設置することによって防音効果にも期待できます。こうした理由でフェンスを設置するケースが多くなっています。

そのフェンスの種類としてはアルミ製のものと木製のもの、メッシュ製の3種類が挙げられます。それぞれの特徴について確認していきましょう。

アルミ製のフェンス

まず、アルミ製のフェンスに関してはより頑丈なところに特徴があります。構造的に頑丈なつくりとなっておりので、風雨にも耐えやすい素材としておすすめです。

色やデザインといった視覚的な部分もおすすめで、鮮やかな色やデザインを取り入れることも可能です。木目調の柄やデザインを採用することも多く、塀や柵としての役割を十分に果たします。

アルミ製のフェンスの中でもラティス格子やルーバータイプといった種類があり、自分たちの好きなようにアレンジできる楽しさもおすすめのポイントです。

木製のフェンス

アルミ製のフェンスを目にする機会も多いですが、昔ながらの木製のフェンスを好んで取り入れているという家庭も少なくありません。

木製のフェンスには大きく分けて純粋な木製と人工木製の2種類があります。人工木製を採用すれば塀や柵の部分が樹脂でつくられているので、維持管理にかける手間を省くことができます。

メンテナンスにかける時間や費用を削減したいという方には人工木製のフェンスがおすすめです。

木製のフェンスは全体的に趣があって、独特のにおいなどを楽しむこともできます。自然と調和するような感覚を楽しみたい方には木製のフェンスがおすすめです。

メッシュ製のフェンス

フェンスの種類としてはメッシュ製のフェンスも挙げられます。メッシュ製のフェンスは針金の網のような特徴を持ったフェンスで、最近では目にする機会も増えてきています。

素材としてはスチールが採用されていることが多く、針金に樹脂素材を塗膜しているところに特徴があります。また、メッシュ製のフェンスは耐久性に優れており、長年にわたって安定的に使用できるところも魅力的です。

強風や自然災害などが発生しても耐えられる力があることから、メッシュ製のフェンスを好む方も増えてきています。

フェンス撤去の費用目安

それでは具体的なフェンス撤去の費用目安についてご紹介していきます。フェンスの撤去や解体に関しては専門の業者に依頼することもできますし、建物の解体工事と同時に解体業者に依頼することも可能です。

フェンスだけを撤去してもらうこともできるので、解体工事と同様に複数の業者に見積もり提示をお願いしてみると良いでしょう。

フェンスの撤去に関しては、以下の費用が目安となります。

  • フェンスの撤去費用:約3万円~10万円

フェンスを撤去する場合は3万円から10万円程度が相場だと認識しておきましょう。費用は業者によっても異なりますし、フェンスのサイズや高さなどによって変わることがあります。

解体費や撤去費、処分費も合わせて10万円を超えなければ相場の範囲内だと言えます。

フェンス交換の費用目安

続いてはフェンスの交換費用について見ていきます。フェンスを交換する場合は、撤去費用とプラスして交換にかかる費用が発生します。その具体的な金額については以下の通りです。

  • フェンスの撤去費用:約3万円~10万円
  • フェンスの交換費用:約1万2,000円~2万5,000円/枚

まず、フェンスの撤去に3万円から10万円の費用がかかり、その上でフェンスの交換費用が必要となります。交換に際しては1枚当たりの料金を提示してくる業者が多く、枚数が増えれば料金も高くなっていきます。

フェンスの本体価格が高くなると交換費用も高くなるので注意しておきましょう。

フェンス修理の費用目安

続いてはフェンスを修理する場合の費用目安について確認していきます。フェンスの撤去や交換ではなく、今あるものを使い続けたいというニーズが出てくることもあるでしょう。その場合は修理を依頼することでニーズを満たすことができます。

フェンスが取れてしまったり折れてしまったりした場合も、修理という形で対応してもらえます。あまりにも損傷の程度がひどい場合は交換という扱いになることがあります。

修理を行う場合の費用目安は以下の通りです。

  • フェンスの修理費用:約1万5,000円~2万5,000円/枚

フェンスの修理に関しても1枚当たりで料金計算が行われることがほとんどです。フェンスの状態によっては交換を提案されることもあるので、その辺は業者との話し合いが必要です。

フェンスのコア抜きの費用目安

最後にフェンスのコア抜きを行う場合の費用目安についてです。フェンスのコア抜きとはブロックに支柱を指すための穴を開ける工事のことで、フェンスを設置する上でも欠かせない工事となります。

フェンスの安定感を高める意味でもコア抜きは重要であり、交換や修理の際に新たに行ってもらうことも可能です。その際の費用目安は以下の通りです。

  • フェンスのコア抜き:約3,000円~9,000円/箇所

1箇所あたりの費用目安が3,000円から9,000円ほどとなっています。既存の場所だけではなく、別の場所にもフェンスを設置したくなることがあるでしょう。そういった場合も、コア抜きを依頼してからフェンスを設置することでニーズを満たせます。

フェンス関連の工事はさまざまなものがあると理解しておきましょう。

自治体によっては補助金もある

フェンスの撤去や交換、修理などに関しては一定の費用が発生することがわかります。その中で、自治体によっては補助金を提供してくれるケースもあります。家屋や建物を解体する際に補助金を支給してくれる自治体は複数ありますが、同様にフェンスの撤去などの補助を行ってくれるのが補助金制度です。

まずは、撤去を行う自治体に補助金制度があるのかどうか確認しましょう。制度がある場合は以下の流れで補助を受けることができます。

  1. 自治体への申請
  2. 自治体の担当者による現場確認と審査
  3. 自治体からの撤去の認可
  4. 解体工事の実施
  5. 完了報告書の作成と審査
  6. 補助金の振込

上記のような流れで補助金を受けることができます。制度を利用するためには、自治体が設定している審査や条件にクリアする必要があります。条件に関しても自治体によってさまざまなので、事前に確認しておくと良いでしょう。

特に老朽化が激しいフェンスに関しては審査に通りやすくなることがあります。地域や周辺環境に悪影響を与えていないかどうかが基準になることも多く、審査に通れば一定の補助金を受け取ることができます。

自治体ごとに補助金額が定められており、全額負担をしてもらえることは稀です。工事代金の3割から5割程度に設定されていることが多いので、具体的な支給金額も合わせて確認しておくと良いでしょう。

フェンス解体の流れ

ここからはフェンス解体の流れについてご紹介します。家屋や建物の解体工事と比べて、フェンス解体の場合は比較的シンプルな形で作業を進めることができます。

ただし、素人の方が自分で解体しようと思っても難しいことは確かです。基本的に専門業者に解体を依頼して作業を見守ることがおすすめです。その一連の流れについて理解を深めていきましょう。

基礎コンクリートを掘り起こす

フェンス解体に際しては、最初に基礎コンクリートを掘り起こす工程からスタートさせます。1つ1つの支柱にコンクリートの基礎部分が土中に埋まっていることが多く、基礎を掘り起こすことによってフェンス本体の撤去を進めやすくなります。

いきなりフェンスの部分から引きはがそうとするのではなく、地中の部分から作業を開始することが求められます。業者であれば問題なくできることですが、自分で撤去しようとする場合もこの流れは必ず押さえておきましょう。

金網と金属支柱を引きはがす

基礎コンクリートを掘り起こすことができたら、続いて金網と金属支柱をひきはがす工程へと移っていきます。上手く基礎コンクリートを引きはがせれば、その上の金網や金属支柱の部分の撤去も行いやすくなります。

基本的には専用の工具を使って引きはがし作業を行います。素人が行おうとすると手を切ってしまうなど、怪我をするリスクもあるので注意が必要です。

金網は小さく折りたたむ

金網と金属支柱を引きはがすことに成功したら、金網を小さく折りたたむことを意識しましょう。フェンスの残骸となる金網部分に関しては、そのまま普通ごみとして回収してもらうことができません。

粗大ごみとして回収してもらうことになりますが、その際も回収しやすいようにできるだけ小さく折りたたむことが大切です。ここまで終えれば基本的な解体の流れは完了です。

フェンス解体は意外と難しい

フェンスの解体であれば自分でもできるだろうと考える施主の方もいるでしょう。しかし、安易な考えで作業に取り掛かるのは避けておいた方が無難です。

フェンスの解体は意外と難しく、素人が行うと怪我をするリスクすら出てきます。基礎コンクリートの掘り起こしや金網と金属支柱の引きはがしに関してはそれなりの経験が必要であり、素人がやって簡単にできるようなことではありません。

金網部分に手を当ててしまって怪我をしたり、傷ついたりすることもよくあることです。多少の費用負担は発生しますが、決して無理をすることなく専門業者に工事を依頼することがおすすめです。

解体した方が良いフェンスの特徴とは?

ここからは解体した方が良いフェンスの特徴について取り上げていきます。個人的にそろそろフェンスを撤去しようと思うこともあるでしょうが、なかなかフェンスを解体しようという気持ちにならないこともあります。

どういった視点を持ってフェンスの解体と向き合っていけば良いのか、一度考え方を整理することも重要です。特に、長年にわたって使用している場合は解体が必要となることもあります。そうした特徴について理解を深めていきましょう。

不安定で傾いている

まず、解体した方が良いフェンスの特徴として、不安定で傾いていることが挙げられます。ぱっと見た時に安定感がなかったり、傾いていたりするようなフェンスをそのまま放置しておくのはとても危険です。

そのまま放置しておくと、ちょっとした雨や風でフェンスが吹き飛んでしまう可能性もあります。長年利用していると、コンクリート基礎の部分を含めて老朽化してくることがあります。自然災害などでフェンスが飛散して第三者や他の建物に被害を与えた場合、フェンスの所有者が責任を問われることになります。

そうしたリスクを回避するためにも、不安定で傾いているフェンスはできるだけ早く解体することがおすすめです。

ひびが入っている

ひびが入っているフェンスに関しても解体した方が良いと言えます。フェンスにひびが入ることはそれほど多くありませんが、長年使用していると部分的にはげてきたり強度が落ちてきたりすることがあります。

その目安となるのがひびの有無であり、ひびがある場合は経年劣化が進んでいる証拠だと認識しておくと良いでしょう。そのうちに傾きが出てきたり、ぐらついてきたりすることがあります。そうした状況になる前に早めに手を打つことで、フェンスの安定感や強度を高めることが有効です。

築年数が古い

築年数が古いフェンスに関しても、解体を検討した方が良いと言えます。特に木製のフェンスに関しては3年から5年程度で強度や耐久性が落ちてくることがあります。

アルミ製やメッシュ製のフェンスに関しては耐久性が高いので、数十年単位で利用することもできるでしょう。それでも30年や40年を経過してくると、もろさが出てくることがあります。

風雨や雪、地震や台風など、さまざまな自然災害にさらされていると、強度が落ちてくるのも仕方ありません。

フェンスの税務上の耐用年数としては10年という規定があるので、1つの目安としておくこともおすすめです。ある程度古くなってきたと感じたら、修理や交換を含めて何らかの手を打つと良いでしょう。

フェンスの解体はトラブルに注意

ここからは、フェンスの解体工事を行う際にトラブルに注意した方が良いという視点で解説を行っていきます。家屋や建物を解体する場合もそうですが、フェンスを解体する場合の第三者の存在に気を遣う必要があります。

特にフェンス解体に関しては、隣家とのコミュニケーションが重要になることがあります。それは、フェンスの所有権を巡ってトラブルになることも珍しくないからです。あらかじめできることは行った上で工事に着手することがポイントです。その具体的な内容について確認していきましょう。

フェンスの所有権を確認

フェンス解体に際してよく発生するトラブルとして、フェンスの所有権が誰にあるのかという問題が挙げられます。本当に自分のものであることを証明した上で工事をできれば問題ありませんが、誰のものかよくわからないうちに解体してしまうと問題につながることがあります。

それは、後になって隣家の住人とトラブルになる可能性を含めた問題です。隣家との間にあるフェンスに関して、所有権がどちらにあるのかわからない場合は話し合いをすることが大切です。

フェンスを設置する際に、お互いが折半して工事を行ってもらうこともあります。誰が所有権を持っているのかによって、解体工事を行う際の費用負担も変わってきます。

  • 自分が所有者:自分で費用を負担する
  • お互いが所有者:費用を折半にする
  • 隣人が所有者:隣人に負担してもらう

上記のような形で解体費用の負担者や負担割合が変わっていきます。隣人が所有者で、フェンスに傾きや不安定感が見られる場合は、隣人にかけ合って工事を依頼することがポイントです。

隣人が所有権を持っているフェンスを自分の判断で勝手に壊してはいけません。まずは所有権を誰が持っているのか確認した上で、次のアクションを起こすようにしましょう。

業者立ち会いのもとで意思疎通を

隣人との話し合いを行う上では、業者立ち会いのもとで意思疎通を図ることも重要です。特に隣人がフェンスの解体を望んでいない場合、専門的な見地から解体の必要性を伝えてもらうことがおすすめです。

素人同士で話し合っていても、なかなからちが明かないことがあります。そうした状況においても、専門知識を持った第三者を加えることで話し合いがスムーズにいくことがあります。

自分が所有権を持っていればそこまでする必要はありませんが、相手と半々だったり、相手が所有権を握っていたりする場合は相手の同意も得る必要があります。

フェンスがいかに危険な状態であるのか、交換や修理が必要な状態であるのかといった点を専門業者に説明してもらえば、同意も得やすくなるでしょう。

自分が所有者の場合も、工事中に隣家に影響が出ることがあります。騒音や資材の飛散などを含めて、ご迷惑をお掛けする可能性がないとも言い切れません。そうしたケースでも業者に協力してもらいながら、隣家に丁寧に説明することが重要です。

隣家の解体工事で自宅のフェンスが傾いた場合

ここからは、隣家の解体工事で自宅のフェンスが傾いた場合の対応についてご紹介します。自宅の解体工事やフェンスの解体工事を行っていなくても、隣家が解体工事をすることがあるでしょう。

隣家の解体工事の影響で自宅の構造物に影響が出たり、被害を受けたりする可能性もあります。その中の1つとしてフェンスが傾く可能性があることも否定できません。実際に被害を受けた場合の対応についてまとめていきます。

写真撮影を行う

まずは、傾いたフェンスの様子を写真に収めることが重要です。できれば、傾く以前のフェンスの写真もあった方が良いでしょう。以前の写真を自分たちで撮影できていない場合は、不動産会社に取り合うなどして提供してもらうことが重要です。

と言うのも、隣家の解体工事によってフェンスが傾いたことを証明する必要があるからです。傾いた後の写真だけを提示しても、本当に解体工事の影響で傾いたのかどうか判断することが難しくなってしまいます。

客観的に見て比較できる状況を作り出すことで、自分たちに有利な展開に持ち込むことができます。いずれにしてもフェンスが傾いた場合は、最初に写真撮影を行うことを頭に入れておきましょう。

施主との話し合い

写真撮影を行ったら、続いては施主との話し合いに移ります。施主は基本的に解体工事を行っている隣家の住人となるケースが多いので、隣家に行って事情を説明するようにしましょう。

まずは施主に事情を伝えて、施主経由で解体業者に話が行くようにすることが一番です。いきなり解体業者に伝えてしまうと、施主との関係がこじれる可能性がありますし、解体業者も工事が忙しくて取り合ってくれない可能性があります。

まずは、隣家の解体工事によって自宅のフェンスが傾いたという事情を伝えた上で、施主がどういった対応に出てくるのか様子を伺うことがポイントです。

解体業者への連絡

施主に事情を伝えたら、解体業者への事情説明を行います。施主から話を伝えてもらえていれば、比較的スムーズに話を聞き入れてくれるでしょう。

フェンスが傾いた原因が解体業者にあると断定できれば、解体業者の責任でフェンスの修理を行う必要があります。すぐに自分たちの過失を認める業者もあれば、なかなか認めようとしない業者もあるでしょう。

その辺も含めて相手の出方を慎重に見極めることがポイントです。場合によっては、施主も含めて三者間で協議を行うことも有効です。まずは、話し合いによって解決の方向性を見出せるのかどうか協議してみると良いでしょう。

解体業者の対応

解体業者への連絡を終えたら、解体業者側で対応を検討してくれます。解体工事前と解体工事開始後のフェンスの写真などを提示して業者側に過失があると判断されれば、その後の補修工事にも応じてくれるでしょう。

スムーズに補修に応じてもらえれば特に問題ありません。フェンスが直るのを待っていれば良いでしょう。

一方で、業者側がなかなか過失を認めず補修工事をしようとしないケースもあります。その場合は業者が納得するまで話し合いを重ねる必要があります。

自分たちが折れても構いませんが、その場合は自分たちの負担でフェンスを修理してもらうことになります。どこまでであれば妥協できるのかを含めて、話し合いの場を重ねることが重要です。

最後は弁護士への相談を

解体業者が過失を認めずに補修工事にも応じてくれない場合は、最終的に弁護士に相談することが有効です。自分たちだけでは解決できないと思った場合は、専門的な知識を有した第三者に頼ることが一番です。

中には建設工事や解体工事をはじめとした建設業界の問題に強い弁護士もいます。そうした弁護士を見つけて依頼することで、納得感のある解決策を提示してもらいやすくなります。

明らかに解体工事によってフェンスが傾いたことを証明できるのであれば、弁護士を利用してでも解決に向けた話し合いを行うことがおすすめです。

まとめ

フェンスの解体工事に注目して、解体にかかる費用相場や解体の流れなどをご紹介してきました。古くなってきたフェンスの解体や、建物の解体工事に伴ってフェンスを撤去することもあるでしょう。その場合は専門業者に依頼をして確実に解体してもらうことがおすすめです。

自分たちで解体しようと思ってもなかなかスムーズに進まないことがあります。DIYに慣れている方でも難しいと感じた場合は、業者に依頼するようにしましょう。

また、フェンスの解体は所有権を巡ってトラブルになることもあります。自分たちが解体工事を行う場合も、隣家が解体工事を行う場合も事前に話し合いの場を設けることが有効です。さまざまな視点を持ちつつ、安全かつ確実にフェンスを撤去できると良いでしょう。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP