解体工事は大安に行った方が良い?解体工事の日程選びについて解説!

解体工事は大安に行った方が良い?解体工事の日程選びについて解説!

建物や家屋の解体を依頼する際に、大安や先勝といった六曜は気にした方が良いのかと疑問に思う方もいるでしょう。そこで今回は、解体工事は大安に行った方が良いのかというテーマで解体工事の日程選びについて解説していきます。日常的に日柄や六曜を気にするという方もいれば、そこまで気にならないという方もいるでしょう。解体工事の他、新築物件を建てる際や引っ越しの際の考え方にも触れていきます。日程選びの参考として、どうぞご覧ください。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体工事は大安に行うのが良いのか?

それでは早速、解体工事は大安に行うのが良いのかというテーマで解説を進めていきます。日本では、大安や先勝、友引や先負などの六曜と呼ばれる日柄があり、冠婚葬祭の際に気にされるという方も多くなっています。その名残もあって、解体工事の際も日柄を意識した方が良いのではないか、できるだけ良い日柄の日に解体工事を行いたいと考える人も出てきています。

実際に、どれほど日柄や六曜を意識した方が良いのか理解しておくことが大切です。その具体的な考え方について確認していきましょう。

新築ほど気にしなくて良い

まず、単刀直入に申し上げると、解体工事の日程選びに関してそこまで六曜や日柄を意識する必要はありません。もちろん、絶対に大安の日に解体工事を開始したいといった信念を持っていても問題ありませんが、特に気にしなくても何か悪いことが起きるようなことはないでしょう。

新築物件の場合は現在でも日柄を気にして大安や友引といった日柄を選ぶ人がいますが、解体工事の場合はそこまで日柄を意識している人も多くありません。一方で地鎮祭や棟上げといった特別な日には、仏滅や赤口を避けて大安や友引を選択するという人もいます。

いずれにしても、解体工事を行う施主や家族、親族の考え方次第であり、大安に行っても良いですし、その他の日柄の日に行っても問題ありません。正解はないというのが実際のところであり、強いて言うならば新築を建てる時ほど気にしなくて良いという考え方を持っておくことが有効です。

そもそも六曜とは?

解体工事を行うのは大安が良いのかという問題についてですが、そもそも六曜とは何かという点についても確認していきましょう。日柄として使われる六曜には主に以下のものがあり、結婚式や葬式といった冠婚葬祭の時に気にされることが多くなっています。

  • 大安:一日中吉で万事に良しと言われ、何事にも良いとされる日。
  • 友引:朝と夕は吉だが、昼頃は凶。本来は何事も勝負がつかない日という意味。
  • 先勝:午前は吉、午後からは凶。自分から物事を始めれば吉。
  • 先負:午前は凶、正午から吉。勝負事などは避けた方が良い。
  • 赤口:正午頃は吉で他は凶。大事を行うには良くない凶日。特に祝い事には凶。
  • 仏滅:一日中凶。万事に凶とされ、特に祝い事やお祭り事といった大事は避けること。

六曜には上記のような言葉と考え方があり、日本では明治時代以降に取り入れられたと言われています。現在のように広く認知されるようになったのは第二次世界大戦後とも言われ、現在でも六曜を気にする方は一定数存在します。

また、六曜が広まった経緯として、勝負事に関する内容が多いことから賭場で広まったのではないかと推測される部分もあります。仏滅や友引など、仏事と関連のあるように見える言葉が多いことから、仏教との関係があるのではないかと考えている人もいます。しかし、実際には仏教とは全く関係なく、当て字の影響で仏事と関連性があるように見えているだけです。

総じて六曜を気にする人は気にしますし、気にしないという方はさほど気にしません。かつては、結婚式は大安や友引に行った方が良いという風潮も世間的な流れとしてありましたが、現在では自分たちの都合を優先するという方も増えてきています。解体工事の日取りも含めて、それほど神経質になる必要はないと言えるでしょう。

親族への確認は必要

解体工事は大安に行った方が良いのか、そもそも六曜とは何かという点も含めて、解体工事の日程選びの参考として理解しておきたいところです。六曜を気にするという方もいれば気にしないという方もいるのが実際のところですが、解体工事を行う場合は注意しておきたいこともあります。

それは、親族へのスケジュール選びの確認を行うということです。年齢を重ねていれば重ねているほど六曜を気にするという方もおり、親族の中でも六曜を意識して生活されているという方がいるかもしれません。

そういった方の気持ちに配慮するために、日柄を気にするかどうかを確認して、強い要望があればその意向を汲むという選択をすることも重要です。気にしない人にとってはたかが日柄と考えることもありますが、気にする方にとって日柄はとても大切なものです。

親族に確認をして誰も気にしていない場合は、都合の良いスケジュールを選べば問題ありません。親族の中に六曜を気にするという方がいた場合は、その方の気持ちを優先的に考えてあげることがおすすめです。

解体工事前に行うお祓い

解体工事を依頼する際には六曜を意識することもありますが、それと同時にお祓いについての考え方を理解しておくことも大切です。解体工事前や後にお祓いを行う方もおり、これまでお世話になった家や家材にお礼の気持ちを伝える場にする人もいます。

解体工事前に行うお祓いに関しては「解体式」と呼ばれることもあり、長年にわたってお世話になった家や家材にお礼を言い、それらに宿っている気や魂を抜くことを目的として行います。

また、家とは別に、井戸や仏壇、神棚を所有している場合は、それらのお祓いを行うこともあります。一般的に井戸や仏壇、神棚には魂が宿っていると言われることが多く、「魂抜き」という名称でお祓いを行う家庭も少なくありません。

仏壇の場合はお寺にお祓いを依頼し、神棚の場合は神社にお祓いを依頼することが一般的です。井戸や家に関してはお寺と神社のどちらにお祓いを依頼しても問題なく、都合のつく方に連絡を入れると良いでしょう。

仏壇や井戸などの他にも、個人的に思い入れがある品や家族で大切にしてきたものがあれば、それを対象にお祓いを行ってもらうこともできます。その辺は、神社やお寺の方と相談してみることがおすすめです。

お祓いの費用相場としては2万円から3万円前後と言われており、高くても5万円前後を見ておけば問題ないでしょう。

解体工事後に行うお祓い

続いては、解体工事後に行うお祓いについて見ていきます。解体工事前にお祓いを行う家庭もあれば、解体工事後にお祓いを行う家庭もあります。両方ともお祓いをするという家庭もありますが、解体工事後のお祓いに関しては、「地鎮祭」と呼ばれることがあります。

地鎮祭

解体工事が終わり、更地になった状態でこれから始まる工事の安全や今後の家の繁栄を祈り、今までの家に感謝を伝え、悪いことが起きないようにお祈りする儀式のこと。

特に解体工事を行った後の更地に新築物件を建てる場合などに、 地鎮祭を行うことが多くなっています。 地鎮祭の歴史はとても古く、最古の地鎮祭は弥生時代にまで遡ると言われています。それぐらい古くから伝わるのが地鎮祭であり、長年にわたって土地の神様を信仰して儀式を重んじてきた歴史があります。

地鎮祭では新たに家を建てる土地に祭壇を設置して、神主やお坊さんが安全を祈願して、祝辞を述べたりお焼香をしたりします。新築工事が無事に執り行われることや、家族の健康を祈願する儀式として地鎮祭を行う家庭は多くなっています。

地鎮祭の費用相場に関しては、お供え物の料金やご近所への菓子折り、関係者の方へのお弁当代といった出費がメインで、合計で約10万円から20万円程度となります。決して安くはない金額なので、地鎮祭を行うかどうかも含めて家族でしっかりと話し合う必要があります。

お祓いはしなければならないのか?

解体工事前や解体工事後に行うお祓いについて確認してきましたが、お祓いを絶対にしなければならないのかと疑問に思う方もいるでしょう。この辺は六曜の考え方と同じであり、気にするのであればやった方が良いですし、特に気にしないという方であれば無理して行う必要はありません。

家族や親族の意見も聞きつつ、お祓いをやった方が良いという方がいるのであれば、その意見を尊重するのが無難です。反対に、誰もお祓いをやった方が良いと思う人がいないのであれば、無理をして行わなくても大丈夫です。お祓いを神社やお寺に依頼すると一定の費用がかかることもあり、経済的な面から見ても無理をする必要はありません。

ただし、日本人は特に神への感謝や祈りを大切にしてきた伝統や風習があることも理解しておくと良いでしょう。お祓いをしなかったために工事中に事故やトラブルが起きてしまったり、新しい家に住んでから病気や事故に遭ってしまったりするといったケースもあります。そうすると、お祓いをしておけば良かったと後悔することもあるかもしれません。

お祓いをしておけば絶対に事故やトラブルが起きないというわけではありませんが、できるのであればしておいた方が良いという考え方もできます。あくまでも個人や家庭の判断となりますが、しっかりと話し合いをして結論を出すと良いでしょう。

解体工事の日程選び

ここからは、解体工事の日程選びに焦点を当てて解説を行っていきます。大安などの六曜を気にするという方の場合、まずは大安を探して優先的に日程に当てはめていくことになります。その場合は選択肢も絞られていきますが、それほど六曜を気にしないという方であれば、他の考え方をすることもできます。

解体工事の日程選びに関しては、柔軟な考え方を持っておくこともおすすめです。自分の都合や解体業者の都合も踏まえつつ、最適な日程選びを進めていきましょう。

自分の都合を優先

解体工事の日程選びに関して、特に六曜を気にしないという方であれば、自分の都合を優先させてしまって構いません。六曜のいずれの日柄でも良いと考えているのであれば、自分にとって都合の良い日に工事を着工してもらうことで、仕事にもプライベートにも影響を及ぼすことなく工事を進めてもらえます。

最初にも述べましたが、解体工事の日柄についてはそこまで神経質になって気にする必要はありません。仏滅や赤口といった日柄に工事を開始したからと言って、工事中に必ず事故やトラブルが発生するということもないでしょう。

反対に大安に工事を開始したからと言って、必ず無事に工事が終わるとも限りません。あくまでも人々の考え方や風習であり、物事に「絶対」はないと割り切っておくことが大切です。そのため、自分の都合を優先して日程調整をしていくことも選択肢の1つと言えます。

解体業者の都合も確認

解体工事の日程選びとしては、解体業者の都合も確認しておく必要があります。施主側がいくら大安に工事を開始して欲しいと依頼しても、解体業者側の都合と折り合わない可能性もあります。大安にこだわりすぎることで、工事着工が遅れることになる可能性もあるので注意が必要です。

また、解体工事を行う建設業界においては、毎年年末の12月から3月にかけてが繁忙期になると言われています。この時期は会社の決算と重なったり、公共工事の発注が増えたりする時期であることから、建設業界全体が忙しくなる傾向にあります。

そのため、12月から3月にかけて解体工事を依頼しようとしても、なかなかスケジュール調整ができないと言われてしまうこともあります。そうなると自分の都合を優先するどころか、六曜を気にして発注するどころの話ではありません。

どうしても六曜を意識して工事を発注したいというのであれば、建設業界が比較的閑散期だと言われている4月から6月にかけて依頼することが有効です。

いずれにしても、施主側の都合ばかりを押し付けていてもなかなかスケジュールが決まらないので、解体業者側の都合も確認することが大切です。あらかじめ解体することが決まっている場合は、解体日の2ヶ月から3ヶ月程度前から業者探しをしておくと良いでしょう。

あまり直前になってから業者を探そうとすると、思ったような日程で工事を進められないことがあります。比較的スケジュールに余裕を持ちつつ、解体業者に連絡を入れることがおすすめです。

時期によって費用に差が出ることも

解体工事の日程選びに関して、時期によって解体費用に差が出ることもあると理解しておくことが大切です。解体業者にとっても繁忙期は会社全体としての稼ぎ時であり、反対に閑散期は少しでも多くの工事を受注したいと考えるものです。

そのため、繁忙期に関しては多少高い費用でも発注してくれる個人や会社の工事を請け負おうと考えることが多くなります。一方で、閑散期については多少値引きをしてでも、工事の件数を増やそうと考えることがあります。

つまり、解体工事を依頼する側としても、時期によって解体費用に差が出てくると意識しておくことが賢明です。閑散期であれば多少の値引き交渉に応じてくれるかもしれませんが、繁忙期には全く応じてくれない可能性があります。反対に、繁忙期は一般的な解体費用相場よりも高くなることも珍しくありません。

その辺も考慮しつつ、どの時期に解体工事を依頼するのが良いのか意識しておくようにしましょう。

大安にこだわり過ぎない

解体工事の日程に関しては、幅広い視点を持って柔軟に検討することが大切です。あまりにも大安にこだわり過ぎると、自分で自分のことを苦しめる結果につながりかねません。もちろん、大安にスタートすることで安心感を得たいという気持ちも理解できますが、必要以上にこだわり過ぎない方が良いでしょう。

「大安に解体工事を開始できたらラッキー」ぐらいの心持ちでいた方が、日程選びに関して苦労せずに済みます。他の日柄で工事を行うと必ず事故が起きるというのであれば別ですが、決してそのようなことはありません。事故が起きる時はどうしても起きてしまいますし、反対に何事もなく工事が完了することもあります。

日頃から柔軟な意識を持って行動することができるように、心構えを変えていくと良いでしょう。どうしても大安にこだわりたい場合は、スケジュールに余裕を持って解体業者との話し合いを進めていくことがポイントです。

複数の業者に見積もりを

解体工事の日程選びの面でもそうですが、費用面に関しても考慮すると複数の解体業者に見積もりを依頼することが重要です。1社よりも2社や3社程度の話を聞くことによって、おおよそのスケジュール感や費用感を把握することができます。

大安にこだわりたいのであれば、スケジュールに柔軟に対応してくれそうな業者を探すことがポイントです。そこまで日柄を気にしないという方であれば、解体費用の面で交渉を進めていくことが有効です。

そもそも1社だけに見積もりを依頼すると、その工事スケジュールが適正なのかどうか、提示された解体費用が適正なのかどうか判断することができません。比較対象があることによって、初めて適切な判断を行うことができるようになります。そうした点も考慮すると、解体工事を依頼する際は確実に複数業者に見積もりを依頼することがポイントです。

新築や引っ越しの場合

ここまで解体工事を行う場合の日柄や日程選びについて確認してきましたが、ここからは新築や引っ越しの場合の考え方について見ていきます。解体工事の際に六曜を気にするという方もいますが、新築や引っ越しの際に六曜を気にするという方も少なくありません。

特に引っ越しの場合は、引っ越しに良いとされる日や引っ越しには良くないとされる日があることも事実です。解体工事の時と同様にどこまで気にするのかによって、判断が分かれてくる部分があります。具体的に、新築や引っ越しの場合の日柄について確認していきましょう。

新築では仏滅や赤口を避ける人も

新築物件を建設する際は、仏滅や赤口といった日柄を避けて着工日を選択するという人もいます。解体工事と比較して、新築の方が日柄を意識するという方も多いのが特徴です。解体工事の場合は、それまで住んでいた家を取り壊すことになるので、そこまで何かを意識しなくて良いのかもしれません。

一方で、新築の場合はこれから居住する住まいを建てるということもあり、これからの安全や安心を願うという意味で日柄を気にするという方もいるのが実際のところです。

特に仏滅や赤口は縁起の悪い日柄として知られているため、それ以外の日柄でお願いしたくなるという気持ちも理解できます。もちろん仏滅や赤口に着工したからと言って、必ず悪いことが起きるわけではありません。この辺も個人や家族の考え方次第ですが、仏滅や赤口を避ける人がいるという事実を認識しておくと良いでしょう。

引っ越しでは大安を選ぶ人も

引っ越しの場合に関しては、大安を選ぶ人も多いと考えることができます。大安とは「大いに安し」という意味合いがあり、六曜の中でも最も良い日柄とされています。引っ越しのみならず、結婚や結納などのお祝い事を行うにも適した日柄として選ばれる傾向にあります。

引っ越しに関して言えば、引っ越し先での新しい生活を無事にスタートさせたいという意味で、大安を選ぶ人も多くなっています。日本人は他の国の人と比べると縁起担ぎを好む民族だと言われている部分もあり、その兆候として大安を選択する人が多いと考えることもできます。

特に意識しなければいつでも構いませんが、少しでも縁起を担ぎたいと考えているのであれば、大安に引っ越しをするのも良いでしょう。

大安以外の引っ越しに良い日

引っ越しに関しては、大安以外にも良いとされる日柄があります。具体的には「友引」と「先勝」、「先負」の3つの日柄を挙げることができます。それぞれ確認していきましょう。

友引

友引に関しては「勝つことも負けることもない平穏な日」と解釈することができます。引っ越しに関しては特に何かを争うわけではないので、向いていると考えることができます。一般的に、葬式に関して友引は避けられる傾向にあるので、良くない日と考えている方が少なくありません。引っ越しに関してはそこまで深く考える必要はなく、ポジティブな日柄だと捉えて良いでしょう。

先勝

大安以外に引っ越しに良い日としては、先勝も挙げることができます。先勝は「先んずれば勝つ」という意味合いがあり、万事に急ぐのが良いことを表しています。午前中は吉で午後は凶とされているので、午前中で終えることができるような短時間の引っ越しであればおすすめです。反対に午後からスタートしたり、午後までかかったりするような引っ越しにはおすすめできません。

先負

先負も引っ越しに適した日としてご紹介することができます。先負に関しては、基本的に先勝の反対の意味だと考えておくと良いでしょう。「先んずれば負ける」というニュアンスがあり、勝負事はなるべく避けて、万事急がず静かに控えめが良いとされる日柄です。

先負の場合は、午前中は凶で午後が吉となっています。したがって、午後からの引っ越しであれば特に問題ないでしょう。反対に、午前中に引っ越しを行うのは避けておきたいところです。

引っ越しには良くない日

引っ越しに良いとされる日柄もある一方で、引っ越しには良くないとされる日柄もあります。具体的には、「仏滅」と「赤口」が引っ越しには良くない日とされています。それぞれの特徴について確認していきましょう。

仏滅

仏滅に関しては、「仏も滅するような厄日」と言われており、全てにおいて凶とされる日です。そのため、特にお祝い事や新しいことを始めるには適さないと考えられています。引っ越しも同様に避けておいた方が良いでしょう。

以前は「物滅」と書かれており、古いものが滅びて新しい物事が始まるというニュアンスもありました。その意味で捉える場合は、新生活を迎える引っ越しに適していると考えることもできますが、基本的には避けておいた方が無難です。

赤口

引っ越しには良くない日として、赤口も挙げることができます。赤口の「赤」という文字には血や火を連想させることがあり、火事や刃物の取り扱いには要注意と言われています。お祝い事にも大凶であり、正午前後以外の時間帯は凶となります。

赤口は仏滅以上に縁起が良くないものを連想させることがあり、引っ越しにも適さない日柄だと考えられています。反対の視点から見ると赤口はあまりにも人気がない日柄なので、費用交渉の際に有利になる可能性があります。

大安は絶対的ではない

解体工事や新築、引っ越しなど、多くの物事の開始の日柄を気にしたいという方もいますし、特に気にならないという方もいます。引っ越しの際もおすすめの日柄やそうではない日柄がありますが、総じて気にし過ぎる必要はないと考えておくのも良いでしょう。

大安は万事において縁起の良い日だとされていますが、大安に引っ越したら必ず新生活が順調にスタートするというわけではありません。

また、大安に引っ越したいという人は多く、引っ越し業者の予約が取りにくいといった状況になることもあります。特に土日の大安は人気であり、数ヶ月前から予約で埋まってしまうこともあります。そうなると、なかなか自分の思う日程で引っ越しができないということもあるでしょう。

費用面においても大安には多くの人が予約を入れるので、価格が高くなるというデメリットがあります。また、引っ越し業者としても忙しい1日になるので、作業の質が低下して引っ越し業者とのトラブルが発生するということも考えられます。

こうしたことを考慮すると、必ずしも大安にこだわり過ぎる必要はないでしょう。大安は絶対的なものではないので、より柔軟な考えを持って日程調整をすることがおすすめです。

まとめ

解体工事は大安に行うのが良いのかというテーマで、その他の日柄も含めながら具体的に解説を行ってきました。本文中でも取り上げましたが、必ずしも日柄を気にし過ぎる必要はなく、より柔軟な視点を持って日程調整を進めていくことがポイントです。

日本人特有の感覚や伝統的な文化によって日柄を気にするという考え方が醸成されてきましたが、特に気にしないという方も少なくありません。1つの考え方として六曜を意識するのは悪くありませんが、あまり意識し過ぎると日程調整が窮屈になってしまいます。

解体工事だけではなく、新築や引っ越しの際も六曜を意識することがあるでしょう。意識することは問題ありませんが、あまりにも捉われすぎると自分で自分の首を絞める可能性が出てきます。六曜も意識しつつ、総合的な視点を持ってスケジュール調整を行っていくことがおすすめです。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP