家を解体して更地にする場合の流れとは?更地にするメリットやデメリットも紹介!

家を解体して更地にする場合の流れとは?更地にするメリットやデメリットも紹介!

家を解体して更地にする場合の流れや費用相場、更地にすることのメリットやデメリットを中心に解説を進めていきます。それまで建っていた家を解体して更地にしたいというニーズが出てくることもあります。更地にした後にどういった活用法があるのか知っておくことも大切です。具体的な活用法や、更地を少しでも高く売るコツなどについても取り上げていきますので、どうぞご覧下さい。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

家を解体して更地にする場合の流れ

最初に、家を解体して更地にする場合の流れについて確認していきます。それまで住んでいた家を解体して、新たな事業展開を行ったり、売却したりしたいというニーズが出てくることもあります。その際に解体に関しての一定の流れを理解しておくことで、よりスムーズに行動することができます。

家を解体するだけが一連の流れではありません。事前準備から最終的な事務手続きも含めて、きちんとした対応をすることが重要です。まずは、家を解体して更地にする流れについて押さえていきましょう。

事前準備や情報収集

家を解体して更地にする流れとして、最初に行うのは事前準備や情報収集です。事前準備や情報収集とは、解体する際の流れや費用感、解体期間などについて把握しておくことを指します。家を解体するにしても解体業者への依頼が必要ですし、どのくらいの費用や期間がかかるのかという点も意識した中で、本当に更地にするのかどうか検討することが重要です。

やたらむやみに更地にしてしまうと、後で困ったことになる可能性も出てきます。本当に家を解体して良いのか、更地にした後にどういった手段でその土地を活用するのかといった点も含めて、しっかりとした結論を下してから行動を取ることが求められます。

更地にした後の活用法や売却の手段も含めて、事前準備の中で判断を下すことになります。解体してから後悔しても遅いのが家の更地化です。その点において事前の情報収集を入念に行い、複数の選択肢の中から最善の結論を下すことがポイントです。

解体業者の選定

事前準備や情報収集の結果、家を解体して更地にすることを決定した場合は解体業者の選定へと移行していきます。ちょっとした構造物であれば日曜大工的な感覚で自分で行うこともできますが、家の解体となると、然るべき業者に依頼して作業を行ってもらうことが一般的です。

解体業者にもさまざまな業者があり、費用的にもスケジュール的にもさまざまな提示をされることになります。その中で大切にしておきたいのは、複数の業者に見積もりを依頼するということです。

1社だけに依頼してしまうと、その金額が高いのか安いのか判断することが難しくなります。また、作業スケジュールや作業工程が適切なのかどうか判断することも難しいです。

そのため、少なくとも2社や3社程度から話を聞き、見積もりを依頼することで最適な業者選びにつなげていくことがポイントです。インターネット上で一括査定をしてくれるサイトもあるので、そうしたサイトを活用しつつ解体業者の選定を行っていくことがおすすめです。

近所への挨拶回りや不用品の処分

解体業者の選定を終えることができたら、近所への挨拶回りや不用品の処分といった段階へと移行していきます。家の解体工事期間中は、工事に伴う騒音や振動、粉塵の飛び散りや道路の利用など、少なからず近隣の方々へご迷惑をお掛けすることになります。

そのため、工事が始まる前に必ずご近所の方に挨拶をしておくことが重要です。工事が始まってからだと、なかなか時間が取れないケースや相手の都合がつかない場合も出てきます。事前に挨拶をしておかないことによるトラブルの発生も懸念される部分です。

そうした点を考慮して、確実に事前に挨拶回りをしておくことが求められます。場合によっては解体業者の方も一緒に挨拶に伺ってくれることがあります。いずれにしても、丁寧な形で工事に協力してもらえるように一言伝えておくことが重要です。

挨拶回りと同時に不用品の処分も行っておきたいところです。不用品の処分に関しては引っ越しの時と同じような感覚で、不要になったものをどんどん自分で処分してしまうのが有効です。

解体工事と同時に処分してもらうことも可能ですが、そうなると処分費用が別で取られることもあります。少しでも解体費用を抑えるために、自分で処分できるものは処分してしまいましょう。家電製品などはクリーンセンターに持ち込んだり、不用品買取業者に買取を依頼したりすることもできます。

また、配管や配線の撤去もこの段階で行っておきます。ガスや電気、インターネットといったライフラインの配管や配線は工事が始まる前に止めておきます。水道に関しては解体工事中も利用することがあるので、業者の方と相談しつつ撤去する日程を検討することが重要です。

解体工事と整地作業

続いては、いよいよ解体工事と整地作業へと移っていきます。メインの解体工事に入る前までにやるべきことを適切に終えておくことで、スムーズな形で解体工事へと入っていくことができます。最初は建物の内部にある床素材や壁、天井の断熱材や瓦などを手作業を中心に撤去することになります。

その後、重機を使って家本体の解体作業へと移行していきます。解体や取り壊しに際して、さまざまな廃棄物が出てきます。そうした廃棄物はきちんと分けた上で処分することが重要です。この辺は解体業者に任せることになりますが、依頼主としても適切に処理しているかどうか確認することが求められます。

最終的に家の解体工事を終えることができたら、整地作業を行います。解体したばかりの地面はでこぼこになっていたり、傷が目立ったりすることがあります。そうした状態をきれいに整えることで二次利用につなげやすくなります。

更地の売却を検討している場合も、整地まで含めて丁寧に行ってもらうようにしましょう。

廃棄物処理と清掃

家の解体や整地まで終えることができたら、廃棄物の処理と清掃へと移っていきます。近年は廃棄物の処理に関しても厳しい規定が設けられるようになってきており、廃棄物処理法に則った形で処分を行う必要があります。

家の解体工事を行うと、木くずやコンクリートガラ、鉄くずやプラスチック類、石膏ボードやガラス、陶器類など、さまざまなタイプの廃棄物が出てきます。そうした廃棄物については分別解体という形で、種類ごとに分けて処分を行う必要があるのです。

かつては、分別せずに一緒に処分できていた時代もありましたが、現在では分別して処分することが義務付けられています。分別した廃棄物を産業廃棄物中間処分場、もしくは産業廃棄物最終処分場に運搬することで最終的な処分が行われます。

ここまでしっかりとやってくれる解体業者に依頼することがポイントです。中には不法投棄をしてしまう業者も散見されるので注意が必要です。

廃棄物処理と同時に、工事現場の清掃も行います。工事に伴って出た粉塵やゴミなど、きれいにできる部分は依頼主も協力してきれいにしておきましょう。後々の二次利用に備えるという意味でも、できるだけきれいな状態にしておくことが求められます。

最終的な事務手続き

家を解体して更地にする流れとして、最後に行うのは事務手続きです。まずは解体業者から解体工事完了の報告を受けることになります。基本的には書面を通じたやり取りになりますが、依頼していた通りの作業を行ったのかどうか、地中埋設物の有無はどうかといったレベルの報告を受けます。

特に問題がなければ、双方で合意をした上で最終的な工事の完了となります。その後、依頼主としては、「滅失登記の手続き」を行う必要があります。

滅失登記の手続きとは、建物がなくなったことを受けて、建物の登記簿を閉鎖するための手続きのことです。基本的にこの手続きは建物がなくなってから1ヶ月以内に行う必要があります。法務局に行けば自分で手続きを行うことができます。

自分で行うのが難しい場合は、土地家屋調査士に有料で依頼することもできます。いずれにしても、家を解体して安心するのではなく、滅失登記の手続きまで終えて更地化を完了させることがポイントです。

家を解体して更地にする場合の費用相場

ここからは、家を解体して更地にする場合の費用相場について確認していきます。家の解体費用については、立地条件や家の構造、広さや解体に際して使う技術に応じて変わってくることがあります。

そのため、一概に決まった価格帯があるわけではありませんが、ある程度目安となる費用は提示することができます。最終的な費用については業者の方から話を聞く必要がありますが、おおよその目安として相場を頭に入れておくことが有効です。

家の構造による費用相場の違い

それでは、家の構造による費用相場の違いについて確認していきます。建物の種類としては、木造と鉄骨造、鉄筋コンクリート造の3つのタイプに分けることができます。それぞれの目安となる坪単価について一覧にまとめていきます。

建物の種類 坪単価(1坪あたりの平均費用)
木造 2万円~4万円
鉄骨造 3万円~5万円
鉄筋コンクリート造(RC) 4万円~6万円

同時に解体費用の目安として、30坪、50坪、70坪の相場も一覧にまとめていきます。

30坪 50坪 70坪
木造 80万円~120万円 100万円~200万円 140万円~280万円
鉄骨造 90万円~150万円 150万円~250万円 210万円~350万円
鉄筋コンクリート造(RC) 120万円~180万円 200万円~300万円 280万円~420万円

上記のような形で、基本的に木造よりも鉄骨造、鉄骨造よりも鉄筋コンクリート造という形で、解体費用が上昇する傾向にあります。それは、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の方が、解体により大きな労力や時間がかかるからです。

木造住宅の方が解体にかかる労力が少なくて済むので、解体費用も安くなる傾向にあります。家の解体だけではなく、庭や敷地内の樹木、ブロック塀といったものも解体する必要があります。それらを含めた総額が依頼主にかかってくるので、改めて業者の方とコミュニケーションを取りつつ、最終的な費用を把握することが大切です。

具体的な費目一覧

上記では、家の構造による費用相場の違いについて確認しましたが、ここではその費用の内訳についてご紹介していきます。大雑把な金額だけではなく、どういった作業に対してどのくらいの費用がかかるのか理解を深めておくことで、イメージも持ちやすくなります。

また、業者との値引き交渉を行う際も、費目ごとの相場を把握しておくことで、話し合いを多少有利に進めやすくなる部分も出てきます。その具体的な費目について、以下の表にまとめていきます。

作業内容 費用目安
内装解体 5,000円~1万円/坪
屋根解体 1,000円~3,000円/㎡
重機解体 3,000円~6,000円/坪
基礎撤去 3,000円~6,000円/㎡
樹木撤去 1万円~5万円/本
廃棄物処理 5000円~2万円/㎡
人件費 1万5,000円~2万円/人日
その他諸経費 数万円程度

具体的な解体費用の費目としては、上記のような作業内容にかかってくると考えておけば問題ありません。立地条件や解体時期なども含めて、費用相場よりも安くなったり高くなったりすることがあります。あくまでも目安として、費用相場や費目ごとの金額について頭に入れておくことがおすすめです。

更地にする場合に費用を安くするためのコツ

家の解体費用相場について確認することができたら、続いては、更地にする際に費用を安くするためのコツについてご紹介していきます。家の解体や更地化に向けて、少しでも費用を安くしたいと考えるのは自然なことです。

その際にできることを頭に入れておき、複数の選択肢を持っておくことが費用を少しでも安くするために必要な考え方だと言えます。依頼主側でできることを中心に、費用を抑えるコツについて確認していきましょう。

解体時期に注意

更地にする場合に費用を安くするためのコツとして、解体時期に注意をするという点を挙げることができます。解体業者にも繁忙期や閑散期があり、閑散期を狙って解体を依頼することで、値下げ交渉もしやすくなると考えることができます。

解体業者の閑散期については5月から6月頃にかけてと、9月から11月頃にかけてを挙げることができます。12月から3月頃にかけては公共工事が入ることも多く、依頼してもなかなか取り合ってもらえないことがあります。

ある程度解体の時期を調整することができるのであれば、解体業者のスケジュールに余裕がありそうな時期を狙うことが重要です。できるだけ早めに依頼しておくことで価格交渉やスケジュール交渉も行いやすくなります。その点において、依頼主側のスケジュールにも余裕を持たせておくことがおすすめです。

不用品の事前処分

続いて、解体費用を安くするコツとして、不用品の事前処分を挙げることができます。家を解体して更地にする場合の流れの箇所でも触れましたが、自分で処分できるものは自分で行っておくことが賢明です。

そうすることでスムーズに解体工事に入っていくことができますし、解体費用を抑えることにもつながるからです。家電製品はリサイクルショップやインターネットオークションなどを活用して、買い取ってもらうこともできます。

粗大ゴミに関しては、各自治体で処分方法が定められているので、その方法にしたがって処理を進めていくことが大切です。解体業者に処分を依頼すると、自分で処分するよりも高くつくことが多いです。そのため、不要なものや粗大ゴミは事前に処分してしまいましょう。

解体業者への直接依頼

解体費用を安くするコツとして、解体業者への直接依頼も挙げることができます。ハウスメーカーや工務店、不動産会社などを通して解体工事を依頼することもできますが、その場合は中間マージンを取られる可能性が高くなります。そもそもそういった会社や店舗では解体工事を行うことができないので、別の解体業者に依頼することになるからです。

解体業者に関しては、インターネットなどを利用して自分で調べて依頼するのが得策です。直接依頼であれば中間マージンを取られる心配がなく、費用を安くすることができます。

複数の業者に見積もりを依頼することで、ある程度の費用感も判断することができます。できるだけ中間マージンが発生しないような形で業者の選定を進めていくことがポイントです。

助成金の活用

助成金の活用も解体費用を安くするためのコツと言えます。全ての自治体で行っているわけではありませんが、自治体によっては古い建物や家屋を解体する際に、条件に合致すれば費用の一部を補助する制度を展開しているケースもあります。

例えば、東京都墨田区では「老朽危険家屋の除却費等助成制度」として、上限50万円までの補助金制度を用意しています。あるいは、大阪府堺市でも「老朽木造住宅除却補助」費用として、上限200万円までを支給してくれます。

こうした補助金を支給している自治体であれば、制度を活用することで自己負担を少しでも減らすことができます。まずは自分が住んでいる自治体に問い合わせをしてみて、制度があるかどうかを確認しましょう。その上で、制度があれば活用することがおすすめです。

家を解体して更地にすることのメリット

ここからは、家を解体して更地にすることのメリットについて確認していきます。古くなった家や使わなくなった土地を更地にして売り出すことを検討している方もいるでしょう。

その中で、更地にすることを選択した場合に得られるメリットを把握しておくことが重要です。後ほど更地にした場合のデメリットも取り上げますが、双方を天秤にかけた中で最終的な判断を下すことが求められます。

買い手が付きやすくなる

家を解体して更地にすることのメリットとしては、買い手がつきやすくなるという点を挙げることができます。建物付きの方が売れやすいという考え方もありますが、それは築年数によるところが大きいです。

築年数が10年以内の建物であれば買い手がつく可能性も高いですが、築年数が20年を超えてくると、なかなか買い手がつかなくなることがあります。それは、建物自体の価値が低下していくことと関係しています。

したがって、築20年を超えるような家をそのままにして売り出すのであれば、更地にしてから売り出す方がニーズに合いやすくなります。地価の状況にもよりますが、土地は何年経っても価値がなくなることはないので、更地にすることで売り出しやすくなることが大きなメリットです。

家を解体して更地にすることのデメリット

家を解体して更地にすることにはメリットもある一方で、デメリットもあります。ここではそのデメリットに焦点を当てて、解説を行っていきます。古くなった家を安易に解体して更地化してしまうと、思わぬ負担が発生することがあります。

更地にする場合はデメリットも踏まえた上で、最終的な結論を出すことがポイントです。

固定資産税が高くなる

まず、更地化することのデメリットとして、固定資産税が高くなるという点を挙げることができます。一戸建ての物件を解体して更地にすると、土地の固定資産税が最大で6倍ほど高くなることがあります。

固定資産税に関しては、以下のような優遇措置があります。

小規模住宅用地の特例

民家の建っている土地に対して、200㎡未満で6分の1まで固定資産税を減額するという優遇措置

つまり、家を解体して更地にしてしまうと、小規模住宅用地の特例を活用することができなくなり、結果的に年間にかかる固定資産税が高くなっていくということです。更地化した後ですぐに他者に引き渡すことができれば問題ありませんが、自分で保有し続ける場合は注意しておきたいデメリットです。

需要が低下することも

また、家を解体して更地にすることのデメリットとして、需要が低下する可能性があることも理解する必要があります。更地化することのメリットで取り上げたように、築年数が20年を超えるような建物に関しては、そのままにしておいても買い手がつかないことがあります。

一方で、比較的新しい物件や築年数が経っていても他に何か魅力がある物件であれば、建物付きで売った方が需要があるケースがあります。

このデメリットに対処するためには、更地にする前に一度不動産会社に相談することがおすすめです。家を解体する前でも土地の購入希望者を募ることは可能であり、購入希望者との話し合いの中で、家を解体するかどうか決めることも可能です。

安易に自分たちだけで判断することなく、不動産会社や購入希望者の意見も取り入れながら判断することが有効です。

新たな建物を建てられないリスク

さらに、家を解体して更地にすることのデメリットとして、新たな建物を建てられないリスクがあることも理解しておきたいところです。これは、更地にした土地が「市街化調整区域」に指定されていた場合に発生するデメリットです。

市街化調整区域

行政が都市計画に基づき、「市街化(建物を建てること)を抑制した区域」のこと

市街化調整区域では、公的な施設や土地、道路の整備、農林水産業に関する施設の整備などを行うことは可能です。しかし、上記以外の目的で新たに建物を建てたり増築したりすることはできないのが現状です。

事前に地域を管轄する自治体や行政に確認を取った上で更地化することを検討する必要があります。万一、 市街化調整区域に指定されていた場合は、安易に家を解体しないことも1つの選択肢です。

家を解体して更地にした後の活用法

それでは、家を解体して更地にした後の活用法について取り上げていきます。実際に家を解体して更地にした後の活用法が決まっていれば、ある程度安心して解体工事を進めることができます。

反対に、今後の活用法が決まっていない段階で更地化してしまうのはややリスキーと言えます。これから紹介する活用法の中で良いものが見つかれば、そこから選択肢を広げていくこともおすすめです。いずれにしても、将来のことを踏まえた中で更地化を進めていくことがポイントです。

売却する

まず、家を解体して更地にした後の活用法として挙げられるのが売却することです。売却にも2種類の方法があり、文字通り更地にした後の土地を売る方法と、中古住宅付きの土地として売り出す方法が挙げられます。

家を解体して更地にする場合にはデメリットがあることもご紹介しましたが、買い手がついていない状態で自分たちだけの判断で更地にしてしまうと、思ったように話が進まないことがあります。そのため、まずは買い手を見つけてから更地にするかどうかを判断するのが有効です。

家を解体してしまえば元に戻すことはできませんが、家をそのままの状態にして不動産会社に相談することで、どちらの方が需要があるか、買い手がつきやすいかアドバイスをしてくれます。その中で買い手が見つかったら、買い手のニーズを聞いてから更地にするか否かを検討するのです。

そうすることで、売り手側としてもリスクを最小限に抑えた中で、更地化計画を進めていくことができます。土地を売却するにしても2種類の方法があることを理解した上で、行動を取ることが重要です。

駐車場経営

更地化した土地を売却する以外の活用法としては、駐車場経営を挙げることができます。駐車場経営は土地活用の中でもメジャーな方法であり、手軽にできる投資法としても人気を集めています。

新たに建物を建てる必要がなく、初期コストも抑えやすいところに人気の秘訣があります。車の往来が比較的多い場所であれば、費用対効果的に見てもリターンを得やすくなります。土地を売却する気がない場合の選択肢として、駐車場経営はおすすめです。

アパート経営

家を解体して更地にした後の活用法としては、アパート経営もおすすめすることができます。近年は不動産投資も流行を見せていますが、土地保有者ならではの投資ビジネスとして優位性を持っています。

アパート経営をする場合は、家を解体した土地に再び建物を建てる必要が出てくるので、ある程度初期コストがかかります。また、100%確実に儲かるという保証があるわけでもないので、注意が必要です。それでも、長期的に見た場合の費用対効果のバランスが良く、節税効果があるという点でも魅力的な土地活用法です。

定期的なメンテナンスや広告宣伝活動、入居者へのサービス対応なども含めてやるべきことは多いですが、不動産ビジネスに興味がある方は1つの選択肢として持っておきたいところです。

トランクルーム経営

トランクルーム経営も更地にした土地を活用する方法としておすすめすることができます。いわゆる貸倉庫のような形で、家に入りきらなくなった荷物を預る施設として運用することができます。

特に都市部では需要が多く見込まれており、家の中に荷物が入りきらなくて困っている人たちの助けになることは間違いありません。アパート経営をするほどでもないけど、何らかの形で土地活用をしたいという場合に、トランクルーム経営を視野に入れておくのもおすすめです。

太陽光発電

最後にご紹介する土地活用法は太陽光発電です。それほど簡単にできる活用法ではありませんが、近年注目を集めているビジネスとして取り上げることができます。

地球温暖化が進む中で、日本を含めた世界中で再生エネルギーやクリーンエネルギーといったエネルギー分野に注目が集まっています。その中で、太陽光発電によって発生した電気を電力会社が一定の価格で買い取るという制度が確立されてきています。

こうした買取制度の新設に伴って、今後太陽光発電の需要はますます高まると予想されています。将来的な安定収入を得たいと考えている場合は、太陽光発電を開始しておくことで、ニーズを満たす可能性も高くなっていきます。

ハイリターンを期待できるビジネスではありませんが、堅実にリスクのない土地活用をしたいと考えている方にとっては、最適な活用法と言えます。

解体した後の更地を効果的に売る工夫

ここからは、解体した後の更地をより効果的に売る工夫について取り上げていきます。更地にした後で自分たちで何らかのビジネスを行う場合は問題ありませんが、土地を売却したいと考えている場合は、ちょっとした工夫をすることがポイントです。

一工夫を入れることによって、買い手がつきやすくなったり、売却価格の高騰につなげたりすることもできます。実際にどういった方法があるのかについて理解しつつ、できることがあれば取り組んでみましょう。

粗整地(あらせいち)

まず、解体した後の更地を効果的に売る工夫として、粗整地を挙げることができます。粗整地とは、家の解体工事に伴って発生した木材やコンクリート、鉄くずやガラス等を取り除いた後、重機を使って地面に圧力をかけて踏み固める整地方法のことを指します。

基本的な整地とそこまで変わりありませんが、整地技術に優れた業者であれば、粗整地だけでも十分に売れやすい土地に変えてくれます。

解体工事をした後のデコボコのままの土地では、なかなか買い手がつかないことがあります。最低でも粗整地をした上で、見栄えのきれいさを担保することが重要です。

砂や砂利を入れる

続いて解体後の更地を効果的に売る工夫として、砂や砂利を入れるという方法を挙げることができます。 粗整地だけでも視覚的には問題ありませんが、さらに地面に砂や砂利を入れることでより一層見栄えの美しさを表現することができます。

砂利を入れておけば、雑草対策としても効果的ですし、雨が降っても地面が緩みにくくなるというメリットもあります。第三者に売り出すことを検討している場合は、砂や砂利を入れてメンテナンスしておくのが有効です。

見栄えを意識

粗整地や砂、砂利の投入など、土地も視覚的な部分でのポジティブさをアピールすることで、より買い手を見つけやすくすることができます。

どんな商品や製品であっても見栄えの重要性は広く認識されている部分であり、それは土地においても変わることがありません。見栄えを意識した中でできることはやっておくことが賢明です。

個人でできることとしては、草むしりやゴミ拾いなどを挙げることができます。雑草が生えていたりゴミが落ちていたりすると、見栄えの良さにはつながらないので注意が必要です。

粗整地の際に地面が傾いていないことをしっかりと確認しておくことも大切です。平地にした状態で、きれいな土地に仕上げることが効果的に売るためのポイントです。

まとめ

家を解体して更地にする場合の流れや費用相場、更地にすることのメリットやデメリットなどについて確認してきました。更地にした後の活用法も踏まえた中で、更地にするかどうか検討することが大切です。

家の解体や土地の売り出しなどを含めて、不動産会社や解体業者との連携が欠かせない部分も多く出てきます。その中で適切なコミュニケーションを取って、最善の選択肢を取れるようにすることがポイントです。

今後、更地化を計画している方は改めて流れや費用相場などを確認しておき、適切な手順で計画を実行していきましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

解体費用
【無料】一括見積り

MARKET QUOTE

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP