井戸を解体する際の手順とは?井戸のお祓いや息抜きについても紹介!

井戸を解体する際の手順とは?井戸のお祓いや息抜きについても紹介!

井戸の解体工事を行う場合の手順について、具体的にご紹介していきます。建物や家屋の解体工事については聞き覚えがあるという方でも、なかなか井戸を解体することに関する知識や経験がある方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は井戸を解体する際にどういった流れで進めていけば良いのか、井戸のお祓いや息抜きに関する情報も盛り込んだ上で解説を行っていきます。井戸を解体する際の費用相場や注意点も取り上げていきますので、どうぞご覧ください。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

井戸のお祓い・息抜きは必要?

まずは、井戸を解体する際にお払いや息抜きは必要なのかというテーマで解説を行っていきます。建物や家屋を解体する際に、地中に古井戸が発見されることがあります。また、もともと使っていた井戸を解体するケースも出てきます。

井戸には神様が宿っているという言い伝えもあるほどであり、解体工事の前にお祓いをしたり息抜きをしたりするという考え方があるのも事実です。その辺の真相について理解を深めていきましょう。

風習や習わしを優先

井戸のお祓いや息抜きに関しては絶対的に行わなければならないものというわけではなく、土地柄における風習や習わしを優先することがポイントです。土地や地域によって考え方が異なる部分があるので、身近な家族や親戚などに聞いてみるのも選択肢の1つです。

日本では古くから身の回りの多くのものに神様が宿っているという風習があり、井戸にも神様が存在していると考える傾向がありました。そのため、井戸の解体工事を行う時だけではなく、井戸掘りをする前にも祈祷やお祓いをすることがあったのです。

それだけ神聖な場所と考えられてきたのが井戸であり、解体に際してお祓いや息抜きを行う地域もあります。工事を安全に行うことができるようにという願いの意味を込めてお祓いや息抜きを行うこともあります。

これらは法律的に行わなければならないというものではなく、科学的な根拠があるわけでもありません。あくまでも、地域や地元の風習や習わしとして行うかどうかを判断することになります。

井戸には水の神様が宿っている

井戸の解体工事や井戸掘り、古井戸撤去の際にお祓いをすることがありますが、それは全ての井戸には水の神様が宿っているという考え方があるためです。古くから井戸の中には水の神様や霊が宿っていると伝えられており、「良い水を末永く安心して飲めるように」という願いを込めてお祓いや祈祷をする文化が育まれてきました。

井戸から得られる水に関しては、水の神様や霊が守ってくれており、そのおかげで人々はきれいで健康的な水を飲むことができるという考え方があったのです。

井戸の解体や撤去に際して、お祓いを行わないと罰当たりな行為に当たると考えられることもありました。それまで井戸の中の水を守ってくれて、安心して水を飲んだり利用したりできたのは水の神様や霊のおかげだったと考えるのが自然だったのです。

実際にお祓いをせずに井戸の解体や撤去を進めた後には、井戸の持ち主や工事関係者が病気や事故にあったという言い伝えも残されています。それだけ井戸は神聖な場所であり、水の神様や霊に対して感謝の気持ちを表現することが大切だとされるゆえんです。

お祓いや息抜きは誰に頼めば良いか?

井戸のお祓いや息抜きに関しては絶対に行わなければいけないというものではありませんが、風習や習わしを大切にして実際に行うケースも散見されます。その際に、お祓いや息抜きを誰に頼めば良いのかという問題も出てきます。

お祓いや息抜きに関しては、神社の神主やお寺の僧侶に依頼するのが一般的です。特にお祓いについては、神主か僧侶に依頼するのが賢明です。

息抜きについては解体工事の途中で行うこともできるので、工事業者にそのままお願いしても問題ありません。もちろん、神主や僧侶に息抜きまでお願いすることもできます。

お祓いや息抜きに関しては、神主や僧侶に依頼することで数万円程度の費用が発生することも少なくありません。

そうした行為は絶対に行わなければならないものではないので、費用面も考慮した上でできる範囲で対応していくことが賢明です。解体工事を依頼する業者も相談に乗ってくれることがあるので、そのアドバイスを参考にした上で最終的な結論を出せば問題ありません。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

井戸を解体する際の手順

ここからは井戸を解体する際の手順について確認していきます。井戸の解体については、基本的に解体工事業者にお任せするのが一般的です。その中でお祓いや息抜きを行うかどうかの判断を下すことになります。

使わなくなった井戸や古井戸がある場合は、一定の手順に則って解体を進めていけば大丈夫です。解体業者とのコミュニケーションを取りつつ、丁寧に解体工事を進めていきましょう。

解体前の魂抜き

まずは、解体工事に入る前に井戸の魂抜きから行うことになります。これがいわゆるお祓いに相当する部分の手順であり、実際に行うかどうかは依頼主や業者側の判断次第です。

これまで人々の安全を守ってきてくれた井戸に対しての感謝の気持ちや、神様に対する感謝の気持ちを魂抜きを通して表現することになります。

本文途中でもご紹介しましたが、神主や僧侶に魂抜きを依頼することもあります。万物には魂が宿っているという日本古来の考え方があるからこそ、解体工事に入る前に魂抜きをするケースは少なくありません。

井戸や水の神様に対する感謝の気持ちを持ちながら、実際の魂抜きと向き合うことが大切です。

井戸を埋める際の息抜き

魂抜きを終えることができたら、井戸を埋める際の息抜きへと移っていきます。井戸の解体や撤去に関しては、井戸自体を埋めることでその機能を停止させるのが一般的です。その際に息抜きと呼ばれる処置を施すことで、その後の埋め戻し作業を順調に進めることができます。

息抜きとは、井戸に宿る水神様が外に出られるようにという願いを込めて行われるものです。また、井戸の中に溜まっている湿気やガスなどを外に逃がしてあげるという役割もあります。息抜きの際はパイプをつけて行うことが多いです。最終的に井戸内の水分がなくなるまで行うことで、その後の作業を安全に進めることができます。

長期間使用していない井戸の場合でも水が溜まっている場合がありますし、水がなかった場合は内部にガスが溜まっていきます。そうした水分や湿気、ガスを蒸発させて外に逃がしてあげるのが息抜きに求められる役割でもあります。

基本的には解体業者が行う作業であり、神様への感謝の気持ちとは別のところでの実用的な作業とも言えます。井戸の内部に水やガスが溜まった状態で埋め戻しを進めてしまうと、地盤に悪影響を及ぼすこともあります。

したがって、井戸内部の水やガス抜きといった作業は確実に行っておく必要があります。

井戸の埋め戻し

井戸の魂抜きや息抜きを終えることができたら、いよいよ本格的な埋め戻しへと入っていきます。井戸の解体や撤去に関しては、埋め戻しという形で井戸の穴を塞ぐことによって工事の完了となります。

井戸が掘られている地下には地層ができあがっており、さまざまなタイプの土や砂が混ざっています。土や粘土、シルトや砂礫などが地層を構築しています。そうした地層に合った土砂を順番通りに埋め戻していくことができれば完璧ですが、なかなかそういうわけにも行きません。

そのため、井戸を埋め戻す時の考え方として、以下の点を意識しておくことが求められます。

  1. 井戸の底部分は砂や砂礫といった砂利や砕石で埋め戻して、地下水の流れを邪魔しないようにする
  2. 井戸の上方部分は、地表面から雨水などが直接入り込まないような土状のものを使って埋め戻す

上記の点を意識した中で井戸の埋め戻し作業を進めていくことで、順調に井戸の撤去を進めることができます。

また、井戸の土管については、取り除くことが基本となります。土管の周囲には空洞があるケースもあり、そのまま放置しておくと将来的に土地が陥没してしまうリスクも出てきます。しかし、土管を取り除くことによって解体費用が高くなることもあります。将来的に土地の売買を検討している場合は確実に取り除いた方が良いですが、そうでなければ無理に取り除く必要もありません。

解体業者の担当者とコミュニケーションを取りつつ、土管の対処方法についても慎重に検討していくことがポイントです。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

井戸を解体する場合の費用相場

ここからは井戸を解体する場合の費用相場について確認していきます。建物や家屋の解体と比較すれば、廉価な価格で行えるのが井戸の解体工事です。それでも一定の費用がかかってくることは間違いありません。

その目安となる費用や追加費用、お祓いにかかる費用などをまとめてご紹介していきます。見積もりの際のコツなども取り上げていきますので、実際に解体を依頼する際の参考にしてみてください。

目安となる費用

井戸の解体に関して、目安となる費用相場は10万円前後と言われています。もちろん、井戸の大きさや地中の深さ、立地条件などによって費用が変わってくることもあるので、あくまでも目安として受け止めておくことが重要です。

また、10万円前後という費用に関しては、最初から井戸があることがわかった状態での目安となります。井戸については、建物や家屋を解体している途中に見つかることもあります。その場合は3万円から5万円程度で解体を行ってくれるケースもあります。

いずれにしても、井戸の大きさや発見時の状況によって変わってくることがあるので、業者の方と綿密にコミュニケーションを重ねることが大切です。

追加費用やお祓いにかかる費用

井戸の解体工事に関しては、建物の解体途中に見つけて撤去しなければならないというケースも少なくありません。特に近年は井戸を使っている人が減ってきており、古くなった井戸が新たに発見されるというケースも出てきています。

そうした場合は、建物や家屋の解体工事とは別に追加費用が発生することになります。建物や家屋の下に井戸が見つかった場合は、基本的に追加費用の支払いに応じる必要があります。

現地調査の段階では、なかなかわからないこともあるのが井戸の存在です。そのため、建物の解体工事を進めていく中で井戸が見つかることもあるのです。工事の途中で井戸が見つかるなど、追加費用に関する規定は、工事を行う前に渡される見積書や契約書に記載されていることが一般的です。

その記載事項にしたがって追加費用を支払うことになります。建物や家屋を解体する場合は、地中に井戸がないことを願うばかりとなりますが、万一井戸が見つかった場合はその撤去費用もしっかりと支払いましょう。相場としては、上記で挙げたように10万円前後が多くなります。場合によっては、3万円から5万円前後の費用で済むこともあります。

また、お祓いにかかる費用としては、約1万円から3万円前後と言われています。お祓いは必ず行わなければならないものではありませんが、行う場合は神社の神主やお寺の僧侶に依頼することが一般的です。

そうした方に対するサービス料や出張費用として、1万円から3万円前後かかると想定しておけば問題ありません。この辺も地域によって違いが出てくることがあるので、改めて神社やお寺に問い合わせをしてみることが有効です。

井戸の解体事例と費用

それでは、実際の井戸の解体事例と費用について確認していきます。井戸の解体はお祓いや息抜き、埋め戻しなども含めて神主や僧侶、解体業者といった専門家に依頼することがポイントです。素人だけで簡単に撤去できるほど甘い作業ではありません。

その辺の認識を持った上で、然るべき業者やサービスを利用することが賢明です。その中で、一般的な業者に依頼した場合の井戸の解体費用について、以下の表にまとめていきます。ここでご紹介するのは井戸の直系が80cmで、深さが5mだった場合の埋め戻し費用です。

工種 費用
再生砂 2万5,000円
井戸ガワ撤去処分 1万円
水抜き 1万円
息抜きパイプ(塩ビパイプ) 5,000円
合計 5万円

上記のような井戸の解体事例があり、合計金額は5万円となっています。上記の事例では、お祓いが含まれていませんが、別途お祓いを行う場合は1万円から3万円前後の追加となることを認識しておけば問題ありません。

費用感については業者とのコミュニケーションを重ねつつ、適正価格を割り出していくのがおすすめです。

見積もりは複数業者に依頼

井戸を解体する際には、少しでも費用を抑えたいという気持ちが出てくることもあります。その場合の対策として、見積もりを複数業者に依頼することが挙げられます。建物や家屋の解体工事の場合もそうですが、井戸の解体や撤去に関しても業者によって費用感に違いが出てくることがあります。

1社だけに見積もりを依頼してそのまま発注してしまうと、その価格や作業手順が適正なものなのかどうか判断しにくいという問題点が発生します。したがって、見積もりに関しては少なくとも2社、できれば3社以上に依頼することがポイントです。

その中で費用的に満足のいく金額だったり、コミュニケーションに不安がなかったりする業者に依頼することが効果的です。

また、メールや電話だけで簡単に見積もりを終えてしまうような業者には注意が必要です。井戸の大きさや深さなど、実際に目で見て確かめないとわからない部分も多々あります。しっかりと現地調査を行った上で価格提示をしてくれる業者に対して、優先度を高めにしておくことがおすすめです。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

井戸を解体する際の注意点

ここからは、井戸を解体する際の注意点について取り上げていきます。井戸を解体したり埋め戻したりする場合は、水質保全や地中埋設物の確認といった作業を怠らないようにする必要があります。

素人が自分でやろうとして簡単にできるものではありません。一定の費用はかかりますが、しっかりとしたスキルや経験がある業者に依頼することで、注意点も意識した中で工事を進めてもらうことができるようになります。

依頼主としても基本的な注意点を頭に入れた上で、井戸の解体工事を見守っていくことが求められます。

水質保全の意識

井戸の解体や埋め戻しに関しては、以下の意識を持っておくことが大切です。

  1. 井戸は貴重な水資源であって、それを安易に埋めてしまうのはもったいないことである
  2. 井戸を適当に埋めてしまうと、地下水脈の川下に当たる地域の井戸水が汚れてしまうので注意が必要である

1点目に関しては、近年ではなかなか想定される注意点ではありませんが、昔の人々にとって水資源はとても貴重なものであったことから育まれてきた考え方です。現在のように蛇口をひねれば水が出てくる水道設備は少なかったこともあり、井戸はとても貴重な存在とされてきました。

そのため、安易に井戸を埋め立てたり解体したりするのはもったいないことであるという認識が広がっていったのです。

そして、現代の方がより意識しておきたいのは2点目です。井戸を適当に埋めてしまうと地下水の水質が悪化する恐れがあり、地下水処理施設での対応が難しくなってしまうことがあります。場合によっては地下水汚染の原因になることもあり、周囲の住民に対してご迷惑をお掛けしてしまう可能性もあります。適切な解体工事を進めることで、できるだけきれいな川を保ち、処理施設での対応を簡単なものにしてあげることが重要です。

現代において井戸を使って生活している人はそれほど多くありませんが、長年放置されている状態の井戸が発見されることはあります。そうした井戸を解体する際も適切な手順で行うことによって、水質保全の意識を行動で示すことが重要です。

井戸周辺の地層は砂や土など、さまざまな物質が入り交ざっており、適当に処理して解体できるようなものではありません。地下水として川に流れ込むという意識を大切にして、井戸の解体を進めることが求められます。

地下建造物や地中埋設物の確認

井戸を解体する際の注意点としては、地下建造物や地中埋設物の確認も挙げることができます。井戸の解体を進めていく中で、地下建造物や地中埋設物が見つかることもあります。

地下の建造物に関しては、それがあることによって周囲の地盤を支える役割を果たしていることもあります。したがって、解体作業を進める上では慎重に行うことが求められます。地下建造物や地中埋設物も含めて、井戸の周辺や地下はどういった状況になっているのか確認しながら作業を行うことが重要です。

できるだけ事前調査の段階で明らかにしておく必要がありますが、工事の途中で発見されることもあります。そうした際に、安易に取り壊しを進めてしまわないように注意を払うことが求められます。

建物や家屋が近くにある場合、地下建造物などを撤去すると建物自体が傾いてしまうリスクもあります。そうした点を考慮した上で、地下建造物や地中埋設物と向き合っていくことが大切です。

解体はプロに任せる

井戸の解体に関しては、プロに任せるという意識を持っておくことが重要です。ちょっとした井戸であれば、自分で埋め立てたり解体したりしようと考える方も出てきます。

しかし、素人が安易な考えで行えるほど簡単な作業ではありません。地下での作業については、地上と違って作業スペースが限られることがありますし、思うように重機を扱えない可能性もあります。

より的確で慎重な作業が求められるのが井戸の解体工事なのです。だからこそ、一定の経験や知識、スキルがあるプロフェッショナルに依頼することが重要です。闇雲に解体工事を進めるのではなく、1つ1つの作業を丁寧で確実に行っていくことが求められます。

まとめ

井戸を解体する際の手順や費用相場、注意点などについて具体的にご紹介してきました。また、お祓いや息抜きは必要なのかという視点での解説も行ってきました。本記事で取り上げたそれぞれの情報を参考にしつつ、実際の解体工事に活かしていくことが重要です。

現在では少なくなってきた井戸ですが、まだまだ放置されている井戸もあります。祖先が使っていた井戸や自宅近くにある井戸など、解体の必要性がある場合は業者と連携した上で工事を進めていきましょう。水質保全や地下建造物などの確認も含めて、安全に解体を進めていくことが求められます。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP