石川県で解体工事
をお考えの方

石川県内の解体工事実績豊富な企業と提携。石川県の解体工事相場がすぐにわかります。

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

ご利用までの3ステップ
3 STEPS TO USE

なぜ安くできるの?
WHY CAN IT BE CHEAP?

ハウスメーカーに依頼した場合:解体工事に特化していない為、依頼により工事費10~20%の費用が発生 当サービスを利用した場合:解体工事のみをまとめて依頼するため相場よりも安く依頼可能

ハウスメーカーや工務店に依頼する方が多いですが、
解体業務に特化しておらず外部業者に依頼する際にどうしても費用が発生してしまいます。
当サービスを利用すれば解体業務に特化した業者に直接依頼ができるので、
大幅なコストカットが可能になり、その分解体費用が安くできるのです!

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

石川県でオススメの解体業者に相談を!解体工事を依頼した場合の費用相場も解説

石川県

石川県の解体工事を巡る状況

石川県は本州中央の日本海側に位置し、日本海に突出した能登半島、海岸から白山山系までの広がりを持つ加賀地域など変化に富んだ地形が特徴です。

世界農業遺産に認定された能登の里山里海をはじめ、肥沃な加賀平野、加賀の白山など雄大な自然に恵まれており、歴史・文化・自然が調和した安らげる街並みを形成しています。2019年の「住みよさランキング」では石川県から7市がトップ20にランクイン、「幸福度ランキング」では全国3位になるなど、全国でもトップクラスの暮らしやすさが魅力の県です。

平成27年に金沢に北陸新幹線が開業して以来、劇的に観光客が増加し、金沢駅前から中心部にかけて次々とホテルなどの大規模施設の建設が続いています。一方で、県全体の人口は減少傾向にあり、新幹線開通により一時的に減少率が縮小したものの、近年の減少率は再び拡大傾向にあります。

こうした中、金沢市に隣接する野々市市では区画整理による住宅地整備で若い世帯が増加しており、住宅の建て替え工事等も頻繁に行われています。

石川県の解体工事費の相場(平均坪単価)

持ち家の一軒家率が高く、木造の建物が多い石川県ですが、金沢市などには非木造のマンション等も多く見られます。

北陸新幹線の開業以来、建て替え工事が次々と行われていますが、建物の所有者にとって解体にかかる費用は最も気になるところでしょう。解体費用は建物の構造によって大きく異なりますが、道路状況や隣家との距離など周辺の状況によっても金額が変わります。

建物には、大きく分けて「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類の構造があります。構造ごとに解体の際の注意点、解体業者を選ぶ際のポイント等があるため、所有する建物の構造や環境を踏まえた上で参考にすることをおすすめします。

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 16.2万円
20〜29坪 2.7万円
30~39坪 2.5万円
40~49坪 2.5万円
50~59坪 2.1万円

全国の共同住宅の住宅数は30年間で2倍以上に増加し、建物の非木造化が進んでいます。石川県も同様に共同住宅や非木造の建物が増え、一戸建て率や木造率が低下していますが、平成30年の住宅・土地統計調査では防火木造を含む木造率は74.4%と全国13位になっており、木造建物の割合は全国と比べて高い状況です。

石川県の住宅は1住宅あたりの延べ面積が全国6位、1人あたり居住室の畳数が全国3位と、広い住宅が多いという特徴があります。一般的に、広い敷地の中にある建物は重機が入りやすいため解体しやすく、手壊し作業等必要もないため追加費用等が発生することもないでしょう。

一方で、坪数の大きい家屋は廃材も多く出るので、その分費用が高くなる場合もあります。業者との打ち合わせの際には、追加費用等がどのくらいかかるのかなどもしっかりと把握しておくことをおすすめします。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪  
20〜29坪  
30~39坪  
40~49坪 7.7万円
50~59坪  

石川県では、中心都市の金沢市を筆頭に再開発事業が進められており、屈指の商業集積地である金沢駅周辺の幹線道路沿いで建て替え工事が頻繁に行われています。2019年から2020年にかけては築年数の経過したオフィスビルなどが解体され、続々とホテル等の建設が行われています。

鉄骨造は木造に比べて造りが頑丈な分、解体費用も高くなりますが、優れた解体業者を選ぶことができれば打ち合わせや手続きもスムーズに進み、結果的に費用も納得できるものになるでしょう。解体工事は騒音や振動も大きくなるため、周辺住民への事前説明や安全対策をきちんと行ってくれる業者を選ぶことが大切です。

業者選びは見積金額の安さに釣られてしまいがちですが、解体工事業等の資格の有無、これまでの経験・実績等も十分に考慮して選択することが重要です。また、古い鉄骨造の建物にはアスベストが使用されていることが多いため、解体に伴うアスベスト除去の経験があるかどうかも確認しておくことをおすすめします。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪  
20〜29坪  
30~39坪  
40~49坪  
50~59坪  

石川県では、金沢市を中心に高齢化率の高い団地をはじめ、賃貸用のアパート、マンション等の空室が比較的多くあります。今後は人口減少・高齢化が進行すると予想されていることから、借り手のない物件も増えていくと思われます。RC造の解体工事の需要も必然的に高まることが考えられるため、建物の所有者は費用の相場などもしっかり押さえておきたいところです。

RC造の解体には大型重機の使用が必須で、振動や騒音による周囲への影響も出てきます。また、床面積が80平方メートル以上の建物を解体する場合は、工事着手の7日前までに解体する建物のある市町村に必要書類を提出しなければなりません。RC造の解体工事を依頼する場合は、こうした対応をきちんと取れる実績のある業者を選ぶようにしましょう。

相場よりはるかに安い金額を提示する業者などは、工事の質が悪かったり、後から追加費用を請求されるといったケースもあります。費用が安いからといってすぐに依頼せずに、複数の業者から見積もりを取って細かな項目まで比較することをおすすめします。

石川県の空き家の種類と件数

ここからは、石川県に空き家はどのくらいあるのか、また、空き家に関する県の取り組み等を紹介していきます。

総務省統計局が5年毎に行う住宅・土地統計調査によると、平成30年の石川県の住宅総数は535,800件、空き家総数は77,800件です。5年前の調査時と比べると、住宅総数は15,400件、空き家総数は900件増加しています。空き家率は14.5%と前回と比べると0.3ポイント低下し、空き家率の高い順から見ると全国で21番目です。

空き家の内訳は、「賃貸用の住宅」が36,300件、「売却用の住宅」が1,100件、「二次的住宅」が2,700件、「その他の住宅」が37,600件で、賃貸用とその他の住宅に分類される空き家が約95%を占めている状況です。

石川県は人口の集中している金沢都市圏に賃貸マンションやアパートなどの共同住宅が多く、地方部の県としては持ち家率が69.3%と比較的低くなっています。とはいえ全国に比べると高い方で、能登地域では持ち家率が90%を超える市町が多いなど、地域によって住宅環境が大きく異なります。

石川県の空き家は「その他の住宅」が最も多く、その大部分が一戸建て住宅という特徴があります。特に能登地域では高齢化が著しく進んでおり、今後も利用される可能性の少ない空き家が増加していくと考えられます。

空き家と聞くと、劣化が進んで人の住むことのできない建物を想像する人も多いと思いますが、空き家の中には破損等がなくまだまだ活用できる物件も多くあります。石川県の空き家のうち、腐朽・破損等のある建物は22,100件、破損等がなく利用可能な建物が55,700件で、空き家の7割以上は問題のない物件と言えます。

しかし、空き家の権利関係の問題、所有者が高齢で意思能力がない、中古住宅の需要が少ないなど、所有者の問題や石川県の特性等により市場に流通していない空き家が多く、今後は住宅市場の活性化が課題となるでしょう。

石川県の空き家のうち、腐朽・破損等のある建物の内訳は「賃貸用の住宅」が8,300件、「売却用の住宅」が300件、「二次的住宅」が500件、「その他の住宅」が13,000件です。破損等のある建物でも、賃貸物件や売却物件は管理がきちんとされている建物が多いですが、「その他の住宅」においては放置された物件も多いことが考えられます。積雪量の多い石川県では、屋根雪による家屋崩落や屋根雪落下による通行人等への被害の危険もあることから、劣化の進んだ空き家は早急な対処が求められます。

石川県ではこうした状況を踏まえ、平成27年に県と市町で構成する「空家等対策連絡会議」を設置し、他県の空き家対策の事例や補助金制度についての情報提供、空き家対策へ向けた取り組みの意見交換等を行っています。また、各市町の空き家バンクに登録された物件をデータベース化し、石川県へ移住・UIターンしたい方への情報サイト「いしかわ暮らし情報ひろば」で情報提供を行っています。

まとめ:石川県の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

幸福度ランキングで毎回上位に入るほど魅力のある石川県ですが、県の人口は減少が続き、高齢化も進行している状況です。

北陸新幹線の開通により金沢都市圏では賑わいを見せているものの、能登地域における少子高齢化や過疎化は深刻な問題であり、今後は空き家や空き店舗が一層増加することが懸念されます。県では移住・定住の促進のため、石川県内へUIターンし、移住支援金対象法人に就業された方に支援金を支給するなど移住支援事業を行っていますが、依然として人口の減少に歯止めがかからない状況です。

空き家の所有者にとっては、リフォームして賃貸・売却物件として再利用することが難しい、解体する資金を捻出できないため放置しているなど、様々な事情があるでしょう。しかし、空き家を放置したまま劣化が進むと、近隣に悪影響を及ぼしたり、税金が高くなるなどの問題が生じます。

解体を少しでも考えている場合は、まずは信頼できる解体業者を探してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

エリアから解体業者を探す
FIND A DEMOLITION COMPANY

解体工事
カンタン相場見積もり

MARKET QUOTE

5つの項目を入力するだけで、相場に合ったプランをご案内いたします。
相場を見て依頼したくないと思った場合はお断りOK!

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP