無料見積受付中!
地域最安値をお約束

解体のことなら何でもご相談下さい!(平日10時~19時)

050-5267-8480

解体のことなら何でもご相談下さい!(平日10時~19時)

友だち追加

群馬県の解体工事を巡る状況

群馬県は関東地方の北部、日本のほぼ中央に位置する県で、上毛三山などの山々や尾瀬、利根川をはじめとする美しい清流など、豊かな自然環境に恵まれています。草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉の四大温泉をはじめ多くの温泉地があり、首都圏からのアクセスも良好なことから多くの観光客が訪れています。

全国で21番目、関東では栃木県に次いで2番目の面積を有する群馬県は、一極集中の都市は存在しなく、他県と比べると人口密度の低い市街地が広範囲に点在しています。そのため、自動車保有率や免許取得率は全国でもトップクラスであり、「車社会」の県として知られています。

しかし、高齢化が進行している群馬県では、このままの現状では通院や買い物などの移動がしにくく高齢者の住みにくい県土が形成されることが懸念されており、持続可能な都市構造への変換を目指した“まちづくり”が計画されています。これに伴い、今後は老朽化した建物の解体工事等も順次進められるでしょう。

群馬県の解体工事費の相場(平均坪単価)

一部の市町を除き、ほとんどの地域で人口減少が進んでいる群馬県では、高齢化等の原因による空き家や後継者不足等により閉店して空き店舗になっている建物などが多く見られます。また、高齢者が住む老朽化した住宅等も多く、空き家予備軍が各地に点在しています。

解体の対象となる建物は、主に「木造」「鉄骨造」「RC造」の3つの構造があります。ここでは、それぞれの構造の特徴や解体費用相場をご紹介しますので、自分の所有する建物の構造や周辺環境等を踏まえた上で参考にすることをおすすめします

木造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 3.7万円
20〜29坪 3.4万円
30~39坪 2.8万円
40~49坪 2.6万円
50~59坪 2.9万円

群馬県では、地域の住宅ストックの充実、特性を活かした住環境づくり、定住促進のための住宅供給などを図るため、「群馬県地域住宅等整備計画」を策定しています。老朽建築物等を除却し良質な住宅への建て替え促進、狭小敷地にある共同住宅の建て替え誘導などを進めており、県内の至るところで木造建物の解体工事が行われています。

木造住宅の解体工事は鉄骨造やRC造の解体と比べると比較的容易で、付帯工事の有無などにもよりますが工期は1週間~2週間程度です。道幅が狭く重機が入れないと手壊しの部分が多くなり、その分費用もかさんでしまいますが、群馬県は住宅が密集したエリアは比較的少なく、そういった心配はあまりないでしょう。

しかし、古い住宅の解体では外付けの鉄製階段、アルミ架けベランダ、ブロック塀などの撤去を伴うことも多く、これらの撤去工事は別に費用がかかります。業者との間の行き違いや説明不足により、見積もりに付帯工事費が含まれていないというケースもあるため、内容についてしっかり確認しておくことをおすすめします。

鉄骨造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪 0.9万円
20〜29坪 3.6万円
30~39坪 7.0万円
40~49坪  
50~59坪 2.9万円

鉄骨造の建物は骨組みが強固のため、木造建物の解体工事よりも手間がかかります。柱や梁、各パーツの重量があるため解体する際は特殊なアタッチメントが必要になるほか、廃棄物を運搬する回数なども多くなるため、木造建物の解体工事よりも高額になることがほとんどです。

鉄骨造には、ビル、マンション、店舗、工場など様々な建物があります。「ものづくり」産業が盛んな群馬県では、自動車製造業をはじめ、輸送用機械器具製造業、食料品製造業などの生産額が高く、県内には多くの企業や工場が立ち並んでいます。中には老朽化した建物もあり、今後は工業団地等での解体工事も増加するでしょう。

工場やオフィスビルなどの解体は、木造一戸建てや木造アパート等の解体と比べると工事の規模も大きくなり、騒音や振動など周囲に及ぼす影響も出てきます。近隣トラブルを避けるためにも、防音シートや養生パネル等を使用し、安全対策のためのガードマンを配置するなど、きちんと対策の取れる業者を選ぶようにしましょう。

また、建設リサイクル法により、解体する建物の延べ床面積が80㎡を超える場合には、着工する1週間前までに解体する建物がある市町村に届け出を行わなければなりません。こうした届け出を含め様々な対策を取れる業者かどうかを見極めることもポイントです。

RC造の解体費用相場

坪数 坪単価
10〜19坪  
20〜29坪 3.2万円
30~39坪  
40~49坪 3.9万円
50~59坪 3.7万円

RC造とは鉄筋コンクリート造のことで、鉄骨の枠組みとコンクリートを組み合わせた非常に強度の高い構造です。コンクリートを流し込んで造るためデザインの自由度も高く、一軒家からマンションまで幅広く用いられている構造体です。

群馬県は高齢化率の高い団地をはじめ、賃貸用のアパート、マンション等の空室が比較的多い地域です。今後も人口減少は続き、高齢化もますます進行すると予想されていることから、借り手がなく空室の目立つ物件も増えていくと思われます。RC造の解体工事の需要も必然的に高まることが考えられるため、建物の所有者は費用の相場などもしっかり押さえておきたいところです。

RC造の建物の解体は騒音・振動・粉塵などが発生するため、安全面や周辺環境に配慮して工事を進めていきます。近隣住民からの苦情が出るケースもあるため、住宅街やオフィス街など騒音や振動に敏感な地域で解体を行う場合は、ワイヤーソー工法など低騒音・低振動での解体を得意とする業者に依頼するという方法もあります。

ただし、こうした特殊な工法で解体を行う場合は費用が高額になることもあるため、複数の業者から見積もりを取りしっかりと検討しましょう。

群馬県で実際に行われた解体工事の費用事例

建物解体工事以外の案件や飲食店などの内装解体を行いたい方は、前述した費用相場を見てもピンとこないことでしょう。そこで、解体工事見積もり広場へご相談頂き、実際に受注にいたった案件の費用事例を随時ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 群馬県における解体工事の費用事例は現在作成中となっております。

群馬県で設備解体工事を依頼する前に知っておくべきこと

店舗やオフィスの設備を解体する工事の総称は内装解体

設備解体工事といっても人それぞれ認識が異なることが多く、業者への見積もり前にあらかじめ理解を深めた上で依頼することが大切です。

ここでは、主に店舗やオフィスで依頼することがある工事の種類や名称、その内容の違いなどについて解説していきます。

内装解体とスケルトン工事・原状回復工事・設備解体工事の相関図
クリックで画像拡大

内装解体

内装解体とは、スケルトン工事や原状回復工事の総称です。

具体的には、スケルトン工事や原状回復工事を行う際に、店舗・オフィス内の造作物(厨房設備やカウンターなど入居時になかった物)を解体して撤去する作業のことを言います。

スケルトン解体工事

スケルトン解体工事とは、建物の構造体以外は何もない状態へ戻す工事の名称です。

入居時の内装工事で造作した間仕切りや天井、壁や床などの造作物を全て撤去していきます。鉄筋コンクリート造のビルなどの場合、コンクリート打ちっぱなしの状態と表現されます。

スケルトン工事、スケルトン仕上げ、スケルトン戻し、などと呼ばれることがありますが、そのどれもスケルトン解体工事のことを指しており、意味は同じとなります。

原状回復工事

原状回復工事とは、店舗やオフィスなど物件を借りた際の元々の状態にまで戻し、貸主に返却するために借り主が行う工事です。

物件を借りた時点でスケルトン状態だったのであれば、原状回復工事はスケルトン工事となり、そうでなければ造作物など後から付けたものを撤去する工事となります。

例えば、飲食店など店舗として物件を借りる場合、スケルトン状態で借りていることが多く、オフィスや事務所として借りる場合、スケルトン状態ではないケースが多いでしょう。

※物件を借りた際の契約書に解約時の原状回復工事内容について記載されています。

設備解体工事

設備解体工事とは、一般的に工場などの設備を解体するプラント設備解体工事を指す場合がほとんどです。店舗やテナントの場合、借りた際にはなかった厨房などの設備を解体・撤去する工事の名称としてはあまり使われません。

そのため、飲食店などの店舗を移転・閉店する際に厨房設備などを撤去・解体したいのであれば、多くはスケルトン解体工事を依頼することになるでしょう。

また、飲食店の改装などで現場を解体・撤去してスケルトン状態にするために、消火用設備電源装置などの消防設備工事も必要なケースがあります。そういった場合は消防設備工事業務、整備業務、点検業務も同時に対応可能な解体業者に相談してください。

まずは間違いを起こさないために、賃貸借契約書などで解約時の工事内容について確認した上で、解体業者に見積もりを依頼しましょう。

群馬県の空き家の種類と件数

ここからは群馬県の空き家の種類や件数に基づいて、解体工事の需要を探っていきましょう。

総務省が5年毎に実施する住宅・土地統計調査によると、平成30年の群馬県の総住宅数は948,000件、空き家数は158,300件で、前回の調査時と比べると総住宅数は約46,000件、空き家数は約8,200件増加しています。空き家率は16.6%と全国平均の13.6%と比べても高く、空き家率の大きい順では全国で12番目になっています。

関東地方1都6県の空き家率を見ると、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県は10.2%~12.6%と比較的低い数字であるのに対し、栃木県17.4%、茨城県14.7%と、北関東で軒並み高い数字になっています。群馬県の空き家の内訳は、「賃貸用の住宅」が77,100件、「売却用の住宅」が3,900件、「二次的住宅」が14,800件、「その他の住宅」が62,600件で、賃貸用とその他の住宅で空き家全体の9割弱を占めています。

5年毎に行われる国勢調査で、群馬県の人口は平成7年に200万人を超えました。しかし、平成16年以降は減少し平成27年の調査では200万人を下回るなど、その後も人口は減少傾向にあります。

一方で、世帯数は一貫して増加が続いている状況で、その要因は三世代同居などの大家族が減少し、核家族化が進行していることにあると考えられます。高齢化率が全国水準よりも高い群馬県では、高齢夫婦世帯や高齢単身者世帯が増加しており、こうした理由から空き家も年々増加しているのでしょう。

また、群馬県では「ぐんま優良木材」を使って住宅を新築する場合に費用の一部を補助するなど、新築住宅取得の際の補助制度を設けていることもあり、持ち家における中古住宅の割合は6.2%と全国と比較しても低い状況です。住宅が余っているにも関わらず新築住宅が増加しているという状況も、空き家が増えている一因と言えるでしょう。

群馬県の空き家の破損状況を見てみると、腐朽・破損のある建物が32,000件あり、内訳は「賃貸用の住宅」が11,600件、「売却用の住宅」が800件、「二次的住宅」が900件、「その他の住宅」が18,800件です。空き家の数で見ると最も多いのは「賃貸用住宅」ですが、空き家の中でも破損等のある物件としては「その他の住宅」が最も多い状況で、中でも一戸建て住宅が大部分を占めています。

破損等のある空き家は周囲に悪影響を及ぼす前に、修繕や解体といった対処が必要です。一方で、破損等がなく活用できる物件は126,300件あり、中古住宅の流通が少ない群馬県では、賃貸用物件や破損等のないその他の空き家を利活用することも課題として挙げられます。

群馬県ではこうした状況を踏まえ、50歳以上の方のマイホームを借り上げ、ゆとりある住宅を求めている子育て世帯に3年の定期借家契約により貸し出す「群馬県空き家活用・住みかえ支援事業」を実施しています。

この制度を利用することにより、住宅所有者は最長で終身にわたり家賃収入を得ることができるほか、高齢夫婦のみの世帯や高齢単身者世帯は広すぎる住宅から適した広さの住宅へ住み替えができるなどのメリットがあり、空き家増加の抑制に繋がります。また、空き家の管理等に困っている方へ向け、県のホームページ上で空き家管理を行う事業者の情報や県内市町村の空き家バンク情報等を公開しています。

まとめ:群馬県の家・空き家の解体は地元の解体業者に相談を

群馬県の空き家数は年々増加傾向にあり、直近の調査では関東地方で2番目に高い空き家率を示しています。

空き家が増加している要因としては、人口減少および核家族化の進行、新築を促す住宅政策、狭隘道路に面していて建て替えが困難など、様々な事案が考えられます。また、所有者が不明、または遠方に住んでいて管理が困難などの理由で、劣化が進んだまま放置されている空き家も少なくありません。

住み手のない手付かずの空き家が増え続けると、倒壊の危険や景観が損なわれるという問題も発生します。そのような状況になってしまう前に、解体時期や業者を慎重に検討し、速やかに対処するようにしましょう。

解体費用
【無料】一括見積り

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

サイト内キーワード検索

群馬県の解体業者

エリアから解体業者を探す

安値で解体できます!

解体工事に精通しており、業者との折衝も日々行っている解体見積もり広場の専任スタッフが、
お見積もりから金額交渉・お断りまで「無料」で代行サポートさせていただきます。

お電話でもお気軽にお問い合わせください

050-5267-8480

平日 10:00 ~ 19:00

目的からコンテンツを探す

解体費用
【無料】一括見積り

【簡単1分で完了】全国数百社より厳選した優良解体業者から、
お客様に最適な解体業者へまとめてお見積り依頼が可能です。
「値下げ交渉」から「お断りの連絡」も弊社が代行いたします。

解体見積もり広場解体見積もり広場
閉じる

PAGE TOP